ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントの至宝プリシッチ!早速代表争奪戦か‼?《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。





【ビルト】


BVBの至宝をめぐる争い。

クリンスマンがプリシッチを奪いにかかる。


entry_img_855.jpeg

スポンサーリンク



スーパー・ボーイ、クリスティアン・プリシッチは2:0で勝利したインゴルシュタット戦でブンデスリーガ・デビューを飾った。出場時間はたった21分間だったが、USAとクロアチアからの興味には十分だったようである。



このBVBの至宝をめぐる争い:クリンスマンがプリシッチを奪いにかかる!

ビルトの情報によると:2011年からアメリカ代表の監督を務めるユルゲン・クリンスマンは、一日でも早くこのドルトムントの未来のスターをA代表に召集するつもりのようだ。

プリシッチは、すでに次のワールドカップ予選となるガテマラ戦のための招待状をクリンスマンから受け取ったようである。



201602042328527b2.jpeg


急いで決断することが求められている。とある理由から。なぜならプリシッチの祖父はクロアチア人だからである。なのでこのミッドフィルダーは現在2重国籍を持っている。理論的にはクロアチア代表としてプレーすることも可能なのだ。プリシッチは2013年からアメリカのU17代表としてプレーし34試合で20ゴールを挙げている。またその前はU15代表で10試合2ゴールの活躍だ!


彼のメルヒェンのようなキャリアはペンシルベニアクラシックで始まった。2014年の7月、当時15歳だったプリシッチは彼の父と共にドイツへとやってきたのである。


すでにトゥヘルの前任者であったユルゲン・クロップの下で彼はプロ選手と共にトレーニングに参加し経験を集めることができた。後半戦の準備トレーニングからプリシッチはフェリックス・パスラックとともにプロチーム入りしている。


アメリカかクロアチアか?このBVBの至宝をめぐる争いに買ったほうが、ダイヤの原石を手に入れることになるだろう






以上です。

アメリカかクロアチアか?これは非常に興味のある選択ですね。

ただ冷静に記事を読んでいると、動いているのはアメリカだけで、クロアチアが動いたとはどこにも書いてません。もう招待状も受け取っているようですし、このままだと普通に次のガテマラ戦でアメリカA代表入りしてそうな感じですよね。

このような話を聞くとヤヌザイが思い出されますが、まだ17歳ですからそっと見守っていきたいところです。


[ 2016/02/04 23:30 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(6)
二重国籍ならどこでも確保はしておきたいでしょうね
ドルでスターにしたらマーケティング効果多きいので
スポンサーゲットできるといいですね。

ただ、育ったらもっと市場が大きいプレミア行き推奨されるのがミエミエですが
[ 2016/02/04 23:43 ] [ 編集 ]
ん?と思ったので調べてみた

年代別代表公式戦出場前までに重国籍者(複数国籍保持者)になった選手は、
たとえ年代別代表公式戦出場歴があっても、国際Aマッチ公式戦出場歴が無ければ、
既に保持している他の国籍のA代表を一度だけ選択することが出来る。
[ 2016/02/05 00:58 ] [ 編集 ]
スボティッチもそうでしたね
[ 2016/02/05 01:51 ] [ 編集 ]
メンツ的にクロアチア代表と一緒にやりたがるんじゃないかなー
[ 2016/02/05 02:10 ] [ 編集 ]
プリシッチは本当に良い選手ですね。
今年のテストマッチから観て驚きました。
パスラックも負けてない才能があると思っていますが、完成度は今のところプリシッチですかね。
プリシッチもパスラックもドンドン経験を重ねてワールドクラスの選手になってもらいたいですし、大切に育てればなれると思ってます。
とにかく期待してますし楽しみです。
[ 2016/02/05 05:58 ] [ 編集 ]
争奪戦という文字が目に飛び込んできたので、またバイヤンかよ、と思ってしまいました。代表の話でよかった。アメリカのアンダーでプレーしてるのならアメリカを選ぶでしょうね。
彼は本当に楽しみです。ずっとBVBでいてほしい。
[ 2016/02/05 10:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。