ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ボアテンからインモビレまで!ドルトムント地元紙が歴代最低の移籍を発表!《ドイツの反応》

昨日、当ブログで歴代最高の移籍を発表しましたが、今回はそれと逆のランキングになります。






【西ドイツアルゲマイネ新聞】

entry_img_856.jpeg



15位
ケヴィン・プリンス・ボアテン (2009)

2009年にトッテナムからローンで移籍。彼はイングランドで巨額の給与を受け取っていたが、BVBもその大部分を負担しなければならなかった。2009年はたった10試合に出場。またヴォルフスブルク長谷部の頭部を蹴りレッドカードで出場停止となった。最終的には1ゴールも挙げず、ドルトムントも買い取り金を払えず、そのまま去ることに。



14位
ユリアン・シーバー (2012)

ドルトムントスタジアムで最も力強かったパフォーマンスは4:4とクレイジーだったシュトゥットガルト戦だった。それによって550万ユーロでバリオスの代わりにドルトムントへとやってきた。

スポンサーリンク





13位
フィリップ・デーゲン (2005~2008)

ブンデスリーガ68試合に出場し1ゴール。彼は右サイドでアクセントをもたらすことはできなかった。しかしそれでも2008年にはリヴァプールが彼を獲得。



12位
フラヴィオ・コンセイソン (2003~2004)

このブラジル人の評判は高かったが、レアル・マドリッドか彼を2500万ユーロで獲得した時のような力を示すことができなかった。



11位
アンドレ・ベルクデルモ (2003~2005)

彼は2002年にノルウェー最優秀選手に選ばれたが、BVBで力を発揮できなかった。



10位
バチルー・サルー (1998~1999)

このストライカーにドルトムントは420万ユーロを払った。25試合で5ゴールという成績の後で、ドルトムントは彼をアイントラハトフランクフルトへ売った。そしてされに360万ユーロで買い戻した。



9位
サンデイ・オリセー (2000~2005)

サンデイはナイジェリアで最も人気が高かった選手で、750万ユーロで移籍してきた。しかしBVBファンは彼の芸術的なテクニックを見ることはあまりできなかった。彼はボーフムへローン移籍したが、チームメートの鼻をなぐって、契約破棄となりBVBに戻ってきた。しかしその後は11試合に出場するにとどまり2005年にはKRCゲンクに移籍してそこで引退した。



8位
スティーブン・ピーナール (2006~2007)

彼はロシツキーを補うためにアヤックスから2006年にやってきた。しかしこの南アフリカ人はブンデスリーガで力を発揮することはできなかった。25試合に出場した後、彼はエヴァートンへと移籍した。いずれにせよドルトムントは彼を売って275万ユーロ獲得している。



7位
ケヴィン・カンプル (2015)

昨シーズンの冬に残留争いをしていたBVBに救世主としてやってきた。ドルトムントはザルツブルクに1200万ユーロも支払った。カンプルは後半戦13試合に出場し、フル出場は2試合にとどまり、1ゴールも挙げなかった。トーマス・トゥヘルがやってくると同時に彼のBVBでの幕は閉じだ。ロガー・シュミットが彼を1100万ユーロで獲得した。

20160205055836741.jpeg



6位
デルロン・バックリー (2005~2009)

彼もBVBで力を発揮できなかった。ビーレフェルトからやってきた彼は、ビーレフェルト戦で1ゴールを挙げただけだった。彼はその後ローンに出され、戻ってくるという事を繰り返した。



5位 
マシュー・アモアー (2005~2007)

彼は代表選で負傷し、そのままBVBへとやってきた。移籍前の彼は174試合で61ゴールを挙げたがBVBでは17試合で1ゴールもできなかった。



4位
ルネー・シュナイダー (1996~1999)

この代表選手をBVBは1996年に230万ユーロで獲得した。しかし彼はリハビリの時間が長く、何度も怪我に悩まされた。




3位
ヴィクトア・イクペバ (1999~2002)

このアフリカ最優秀選手はBVBでタイトルを獲得したかった。1999年にモナコから600万ユーロでやってきたが、移籍がうまくいくことはなかった。彼は以前の力を出すことができず、30試合に出場して3度ゴールを挙げた。




2位
トーマス・ヘスラー (1998~1999)

過去25年で最大の失敗はこのワールドカップ優勝者だ。なぜならプレーメーカーとしてのポジションがすでにアンドレアス・メッラーで埋まっていたからだ。そのため彼はたいていベンチとなった。そうして彼は18試合で2ゴールをあげただけとなった。彼はその後1860ミュンヘンに移籍し再び花開いた。

20160205060311e19.jpeg



1位
チーロ・インモビレ (2014~2015)

ドルトムントの歴史の中で最大の誤解。このイタリアの得点王は1850万ユーロでレヴァンドフスキーの後継者として移籍してきた。しかしリーガ24試合で3ゴールと非常にがっかりさせる成績だった。彼は移籍後にBVBの助けの少なさを批判し、ひどい最後となった。

20160205060003531.jpeg






以上です。

個人寸評は10行ぐらいのものを管理人が3,4行にまとめました。

結構知らない名前もありましたが、やっぱり2005年付近が多いですね。しかし堂々と1位に輝いたのはやはりインモビレでした。やっぱり批判したのは良くないですね。2位のトーマス・ヘスラーはワールドカップとユーロで優勝し、代表に100試合以上出た数少ない選手ですが、ドルトムントではうまくいかなかったようですね。

最近ドイツではオリンピック金メダリストを集めていろいろ競わせるというテレビ番組がスタートし非常に人気を集めていますが、ヘスラーもそれに出ています。ほぼ金メダリストと、かなり実績がある選手を厳選していますので、結構見ごたえがあって面白いですよ。

[ 2016/02/05 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(16)
1位のために発表したようなもんだ。
[ 2016/02/05 08:58 ] [ 編集 ]
やっぱりベストとワーストは記憶の近いところからになりがちですね。
でもそれでもインモービレは酷かったしヤヌザイも印象悪いですね。
[ 2016/02/05 09:04 ] [ 編集 ]
ピーナールはなあ
在籍中普段のトレーニングから誰とも口利かなかったって本人が言ってたな
プレミアでは上手く馴染んだようだけど何が問題だったのか
[ 2016/02/05 09:35 ] [ 編集 ]
昨季はとても困難な1年だったので、誰であっても新加入の選手がフィットするのは厳しかったと思います。
シーズンを通して好調を維持できたのはオーバくらいでしたし、一時は最下位まで落ちて、組み合わせやフォメをあれこれ試す余裕はありませんでしたからね。
なのでインモービレには同情する気持ちもあったんですが、クラブやチームメイトがもっと自分をサポートすべきだった、という主張にはさすがに呆れてしまいました。
イタリアに戻るみたいですが、今でもまだ同じことを思っているなら、もう海外移籍はせず、国内限定でやった方がいいと思います。
[ 2016/02/05 15:04 ] [ 編集 ]
元フロンターレのティンガとか入ってないのか
[ 2016/02/05 16:12 ] [ 編集 ]
アモローゾが入ってないのが意外。セリエA得点王の鳴り物入りで失敗したのはインモだけじゃないのに。
[ 2016/02/05 16:32 ] [ 編集 ]
カンプルは移籍してよかったですよね
ランキング入りはしてますが
[ 2016/02/05 17:21 ] [ 編集 ]
堂々の1位インモービレはあまりにネットで人気者になってしまいましたね
きっとずっとネタにされるんでしょう
サッカーの成績はともかく、不名誉な形で記憶に残ってしまいました。

でも正直発言がいじける女子高生みたいで面白かったぜ
[ 2016/02/05 17:28 ] [ 編集 ]
>アモローゾが入ってないのが意外。セリエA得点王の鳴り物入りで失敗したのはインモだけじゃないのに。

え?え?え?
ブンデス得点王にまでなったのにそれで失敗って一体何をすれば失敗じゃないんで?
[ 2016/02/05 17:30 ] [ 編集 ]
レヴァの変わりに獲得したインモービレが加入直後からカーンとか元ドイツ代表選手何人もにドルトムントに合ってないと言われてたからな
これは合ってる合ってないの問題でしょ
クロップもそれで苦労したんだから
[ 2016/02/05 18:06 ] [ 編集 ]
はっきりいって昨シーズンのFWの補強は失敗だった。二人のうちせめて一人でもフィットしてくれればもう少し楽だったと思う。そもそもレヴァに依存しすぎて有能なサブがいなかったのが痛かった。今もオバとラモスとの差は大きい。トゥヘルも4231をやりたいのなら夏の補強は考えるだろうね。
[ 2016/02/05 18:44 ] [ 編集 ]
インモービレはセビージャで結果残せばまだドルに対する批判も自身で証明できたのに
セビージャでも同じ結果でイタリアへ帰ったのは反論の余地はないですね。
間違いなくいい選手だけど使いかたが限定されてしまう選手なのかも知れない。
[ 2016/02/05 18:54 ] [ 編集 ]
ラモスも個の能力は間違いなく素晴らしいんだけど、ドルトムントではなかなかフィットしませんね。
最近は見ていて辛く感じます。。
違うクラブに行った方が輝く選手だと思います。

[ 2016/02/05 20:44 ] [ 編集 ]
ラモスはシュート能力は素晴らしいと思うけど、トラップとかパスとかがあきらかに他の選手に劣ってるんだよなぁ、守備したらボールに絡まず、まっさきにトップに上がって欲しい。
[ 2016/02/05 21:16 ] [ 編集 ]
ピーナールはエヴァートンで成功して良かった
[ 2016/02/06 01:43 ] [ 編集 ]
インモビレがまさかの1位ですかひどかったけど歴代で1位とは驚きです・・・最近だけに印象点が高い気もするので7年後には3位ぐらいにはなるような気もしますw
[ 2016/02/08 17:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。