ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル、ロイスをモンスターにするつもり!!!ドイツ紙《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。






トゥヘルはロイスを“モンスター”にするつもり!


20160206191501c48.jpeg


この発言はただ事ではない。

ドルトムントの監督トーマス・トゥヘルは土曜日のヘルタ戦で再びスター、マルコ・ロイスを計算に入れている。筋肉の問題は大丈夫なようだ。しかし、トップの状態になるには、ほんの少しばかりまだかけているようだ。

スポンサーリンク



entry_img_859.jpeg


トゥヘルの発言によると、“彼にとってはこの事は長期的なものだ。我々は、特にマルコに関してだけど、彼がモンスターになるためにすべてをするつもりだよ。”


トゥヘルはロイスをモンスターにするつもりのようだが、彼の真意はどういうものだろうか?


このミッドフィルダーのスターは先週プライベートジェット機で元バイエルン・ドクターのハンス・ヴィルヘルム・ミュラー・ヴォールファールトの診療所を訪れ、スター、ドクターであるフーブ・ヴェストホーフェンの下で検査を受けた。今後も彼の下で引き続き治療が行われるようである。



目標は:度重なる負傷の後で、ロイスが自分の体を完全に信頼する事ができるようにするためである。フィールド上で爆発することができるように!!トゥヘル:“我々は一緒になって医学的な打開策を見つけるつもりだよ!”



すでに今日その結果がでるだろうか?もし今日ドルトムントを追うベルリンに勝利すれば、3位との差を13ポイントにすることができる。それによって2位はほぼ確実になり、チャンピオンズリーグもほぼ確実という事になるだろう。


20160206191459043.jpeg


トゥヘル:“我々はその事を十分にわかっているし、それが我々の目標だよ。それによって大きな一歩を達成することができるね。”



重要なのは勝利によってバイエルとの差をある程度保つことだろう。ミュンヘンでの争いについては:“もちろんその情報はこっちにも、あまり期待を高くして、気がそれたら意味がないと思う。それにこのことがミュンヘンをさらに強くしないとも限らないしね。”






以上です。

管理人もぜひともモンスターとなったロイスを見てみたいですね。そしてダービーでのゴールパフォーマンスもそれにちなんだものを期待したいです。

“ミュンヘンでの争い”というのはグアルディオラをめぐる問題の事ではないかと想像します。最近もグアルディオラが記者会見で“監督が十分に尊敬されていない”というような発言をしていましたから。

グアルティオラの記者会見を見て思いましたが、グアルディオラのドイツ語は結構上達しましたね。仕事をやりながらこの上達はなかなか大したものだと思います。それからミキタリアンもドルトムントのインタビューを片言ながらドイツ語で答えていて、大きく話題になっていました。

個人的には香川選手には一日も早くドイツ語でインタビューに答えてほしいところです。多くのドイツ人の尊敬を勝ち取るには、ドイツ語を話すことが最も手っ取り早いです。結果を出せば関係ないという意見も聞かれますがが、レヴァンドフスキーを始め、リベリ、ロッベンと結果を出している選手がドイツ語を進んで話していますので、それに対するドイツ人のハードルはかなり高いです。余談になりました・・。

[ 2016/02/06 19:18 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(10)
ロイス。ドバイキャンプの時点で、表情や雰囲気が変わっていたように感じていました。強く精悍で健康的になったというか。

言葉に関しては、圧倒的に神がかり的に上手い選手であれば、言葉ができなくてもOKなんでしょうけど、
そうでないのなら、やはり受け入れてもらうために喋れたほうが良いんでしょうねえ。

しかしドイツ語は本当に難しそう。(^_^;) 低い声のドイツ語だと、聞き取ることも難しい。
[ 2016/02/06 19:50 ] [ 編集 ]
ドイツ語の件は驚きました。
正直、結果が出せてコミュニケーションがとれたらいいのかな位に思ってたので・・・甘かったですね。
でも香川がイマイチ軽く扱われるのもそういう原因があるなら納得ですし現地で生活してる管理人さんが言うんだから日本しか知らない海外は旅行くらいしか知らない自分たちが何を言おうが説得力が違います。
香川にはドイツ語頑張ってほしいですね!
それにしてもマルコは大好きですが正直、ドルトムントでの実績、活躍を全て香川と比べても香川の方が貢献してるのに、何なんでしょう、この差はww
ドイツ人でスターなのは承知の上で実力も解ってますし自分も大好きな選手ですがトゥヘルの発言のデリカシーの無さには呆れます。
選手にベストパフォーマンスをさせる事も監督として一番と言っていいくらいの資質だと思います。
この発言に嫉妬する事もあるでしょうね、微妙な立場の選手なら。
自分も20代はスポーツで生計を立ててたのでスポーツ選手の幼稚な部分、ナイーブな部分は解りますので、なんでこういう発言したのかが理解できません。
上手くモチベーションの維持、本当の競争心をだせる環境を作ってもらいたいです。
[ 2016/02/06 20:55 ] [ 編集 ]
管理人さんと同じく自分もいつになったらドイツ語をマスターするのだろうと気になってました
トゥヘルと意思疎通ができてないのもそれが原因の一つではとさえ考えています
長谷部がフランクフルトで絶対的に信頼されてるのもそういうドイツ文化に染まっていこうとする姿勢も評価されているのだと思います
英語が多少話せることでドイツ語を覚えなくてもいいと考えてなければいいんですが・・・
[ 2016/02/06 21:13 ] [ 編集 ]
やっぱりドイツ語話した方が良いですよね。
特に現地メディアの受けも違うと思うし。
ドルサポもいつだったかまだ香川はドイツ語話せないのかというコメントを読んだ事がある。
[ 2016/02/06 21:14 ] [ 編集 ]
今日の試合香川ベンチにもはいらないみたいだがなんかあった?
[ 2016/02/06 22:42 ] [ 編集 ]
怪我とかの情報出てますか?
[ 2016/02/06 23:06 ] [ 編集 ]
職種関係なく外国人がドイツでドイツ企業に雇用されるならドイツ語はマストですよね。サッカー選手はまた別物かと思っていましたがなんかの記事でチーム側もゆくゆくはドイツ語を習得するように望んでると読みました。日本人の私からすればドイツ語は難しいですし、本業はサッカーだし、と思えますがドイツ人からしたらブランクを考慮してもドイツ生活長いんだからそろそろ話せるんじゃないのぐらい思われてそうですよね。

なんかの番組で香川選手がコーヒーを注文するところ見ましたが長く住んでるのにこのレベルはちょっと、と正直思ってしまいました。もちろんドイツ語で注文してるのは素晴らしいことですけどね。
[ 2016/02/06 23:34 ] [ 編集 ]
ついにトゥヘルは香川をベンチの外に追いやったみたいですね。

ついこの間までは、数試合ベンチなだけで移籍とかは時期尚早だよって思ってましたけど・・・

はっきり言ってもう呆れ果てました。あんだけ結果を出していながら、ベンチ外なんて
選手にしたら侮辱以外のなにものでもありませんよ。トゥヘルは一体何を考えているんでしょうか?
しかも移籍しようにも、もう冬の移籍市場はしまってしまいましたしタチが悪いです。

香川であれば引く手あまたでしょうし、このまま不当に干され続けるなら、
真剣に夏の移籍を検討すべきです。
[ 2016/02/06 23:55 ] [ 編集 ]
 日本語はアルタイ語に類別される言語で、韓国語は同じ仲間ですが、ヨーロッパのほとんどの言語とは全く異なる種類です。
 日本語でインタビューで受け答えが出来るヨーロッパやヨーロッパを宗主国とする世界中の元植民地生まれの人々が少ないように、英語でのインタビューにも通訳が必要な日本人選手が大多数です。
 一つには失敗への寛容度が低い国民性がハードルをあげているのと、喋ることの訓練を受けることがない日本の学校教育(家庭教育でも顧みられていません)のせいでもあると思います。
 
[ 2016/02/07 00:41 ] [ 編集 ]
チームメイトとはサッカーを通じて意志疎通ができますから求められる語学力もそう高くはないでしょう。ただ監督コーチ、クラブ上層部、記者とのやり取りでドイツ語を上手く話せないのは過小評価に繋がる恐れがありますね。
[ 2016/02/07 01:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。