ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【香川ベンチ外ドイツ報道⑤】「香川に警告!8番をめぐる争い!」《ドイツの反応》

 週末の試合までは時間がありますので、香川選手のベンチ外後に取り上げられたドイツの記事をできるかぎり取り上げたいと思います。最終的にドイツでどのぐらいの騒ぎになったのか判断する材料にしていただければ幸いです。
 これまですでに地元紙ルーア・ナッハリヒテン、全国紙ヴェルト、専門誌キッカー、サッカー専門サイト90Minの記事を紹介しましたが、今回はスポーツチャンネル“ユーロスポーツ”の記事になります。






【ユーロスポーツ】2月9日12時更新

BVBで香川に警告:競争は休まる事なし。


entry_img_868.jpeg

ボルシア・ドルトムントの香川真司は驚くべきことに、ベンチ入りしなかった。これは香川のパフォーマンスの向上を要求するトゥヘルの解釈です。ポカールでのシュトゥットガルト戦は試練となるだろう。なぜなら競争相手である、シューティング・スターのクリスティアン・プリシッチがその差をつめたからだ。

スポンサーリンク



火曜日の夜に行われるポカール準々決勝のシュトゥットガルト戦ではラモスが残ることになった。ボルシア・ドルトムントはアドナン・ヤヌザイやヨナス・ホーフマンを放出したにもかからわず、トーマス・トゥヘル監督は毎試合、攻撃選手の誰を連れて行かないか考えなければならない。



ピエール・エメリック・オバメヤンの現在の素晴らしいフォームを考えればラモスを連れて行かない事は納得できるが、それに対して0:0の引き分けに終わったヘルタ戦に香川を連れていかなかった事は驚きだった。


トゥヘルはそれに対して非常にドライにこう答えている。

“フィールド選手は16人しか選べないからね。”



この日本人が怪我のためにベンチ外になったのではないか、という質問に対しては、彼がただ“いいえ”と答えるだけだった。


そのサインは明らかだ。香川はもっと頑張らなければならないという事だ。トゥヘルはこの日本人にパフォーマンスの向上を要求している。彼はBVBではもはや触れることができない領域にいるわけではなくなったのだ。


それにはいくつかの理由があるだろう。どうやらこの26歳は冬のトレーニングの後で2015年の状態に近づくために苦労しているようだ。彼は昨年はブンデスリーガで8ゴール13アシストを記録しており、彼がドルトムントで12ゴール、そして同じぐらいたくさんアシストをし、優勝に貢献し、マンチェスターユナイテッドへと移籍した2011/2012シーズンを思い出させる活躍をしていた。


しかしこの冬はどういうわけかそれが消えてしまったようである。インゴルシュタット戦では彼はそのチャンスをものにすることがなく、彼の動きにはやる気が見られなかった。そして55分には交代させられてしまった。グラートバッハ戦とベルリンでは出場する機会すらなかった。



8番をめぐる戦い

香川をベンチ外としたことはBVBの攻撃陣の競争がいかに激しいものかを示している。トゥヘルの433(4141)での攻撃における6つのポジションのうち、5つはすでに埋められている。もしヘンリク・ミキタリアン、マルコ・ロイス、そしてオバメヤンの状態が良ければ(注:怪我していなければ)、だれも彼らを脅かすことはないだろう。
 6番のポジションではまもなくヌリ・シャヒンが帰ってくるとしてもユリアン・ヴァイグルが完全にレギュラーとみられている。そして8番のポジションはイルカイ・ギュンドガンがレギュラーに定着している。
 そうなるともう一つの8番のポジションが空いているだけになる。そのポジションをかけて香川、カストロ、ライトナーそしてプリシッチが争わなければならない。
 そしてそのうちの3人ともパフォーマンスを伸ばしてきた。カストロはトゥヘルの万能兵器で、確実なパス、一対一の強さなどが強みだ。モーリッツ・ライトナーは冬の驚きで、本来トゥヘルは彼の移籍を考えていた。この監督はライトナーに対し、“本来なかったはずのチャンスをものにした。”と語っている。そのご褒美はインゴルシュタット戦で香川と交代した事だ。


またまだ17歳のクリスティアン・プリシッチがすでに重要なメンバーとなっている。トゥヘルは“彼をそばに置いておくことは大きな喜びだ。彼はチームの確かな一員だ。”と語っている。しかしこの若い才能とどのようにして接していくかはまだこのオープンである。:“僕はすべての事をオープンにしておくには十分なぐらいオープンだよ。彼とは他の若い選手と同じように、常に対話している。我々は互いに感じていることを繰り返し説明しなければならないね。”


香川はベルリンのベンチ外で警告された。このベンチ外はトゥヘルによると“特別な理由はない”とのことだ。そしてそれと同時に“二人の関係が悪くなった”わけでもないようである。(インタビューの内容なので中略)


香川の幸運:ベルリンでは誰もが香川がいたらよかっただろうと思ったことだ。ベルリンで、リーガ最高の攻撃力を誇る攻撃陣は今シーズン初めて無得点だった。中盤では守備が固いヘルタに対して創造性が欠けていたのだ。


だからシュトゥットガルト戦でも香川が再びスタメンにもどる可能性はあるだろう。





以上です。

こういう記事を読んでいて思う事ですが、いかに物事を自分の目で確かめずに印象で決めてしまう記者が多いか、という事ですね。

本来は試合のプレーをみて評価すべき事だと思いますが、実際にはベンチ外になった、グラートバッハ戦に出場しなかったという事実だけで、パフォーマンスが落ちたと考える記者が多いようです。せめて実際に確認してから書いてほしいですが、そういう記者は非常に稀ですね。残念なことです。


何事も自分の目で確認するのは大切だな、と思わせられる今日この頃です。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_5927.jpg


ドイツのパン ブレッツェル
細いところがカリカリ歯ごたえがあって美味しいです。
[ 2016/02/11 06:00 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(64)
トゥヘルの言ってることをなぞってるだけというか、全面的にトゥヘルの考えに賛同しているかのような記事ですね
プレー面の具体的な話がないですし
[ 2016/02/11 06:20 ] [ 編集 ]
印象操作が行われてるという事ですね。
でも、ドルにあんま興味なくなってきて移籍しようやモードだから、サポに全く怨まれないような報道してくれて逆にありがたいとか思える。移籍するにしてもドルサポだけは気にするでしょうし。
あとからギャーギャー言われても、ヤヌザイが全くトゥヘルのコメントに反応しなかったようにドイツ国内でだけで盛り上がってても、数日で忘れる。
移籍理由とか本人が語るニュースのほうが結局はでかい。

印象操作はヘルタ位にはあっさり勝ってから言うべきでしたね。
香川はこの程度のニュースはまるで気にしないでしょう。メガクラブにいて騒動も
耐性ついててよかったですね。

あとやっぱりプリシッチ君おしてアメリカスポンサーゲット☆ってシナリオはできてるみたあで頑張ってください
[ 2016/02/11 06:22 ] [ 編集 ]
これはパフォーマンスがおちたと考える記者が多いのではなく、そういうストーリーで記事かけって依頼があるからこうなるんですよ。キーワードが共通しててテンプレートな記事は間違いなくドル広報主導ですね。

こうして香川が悪いことにして、トゥヘルのダメージコントロールしてるんですよ
[ 2016/02/11 06:27 ] [ 編集 ]
インゴルシュタット戦てロイスもギュンもいなかったよね?
言うなればBチームみたいなものだったと思うんだけど・・・
当然その中での連携不足は十分考えらるし、4-3-3からのシステム変更が伴えば尚更連携が大事になると思うのだがそこにいつもの二人がいない・・・
結果香川一人に負担がかかり中盤の展開を考えるあまり下がって組み立てに参加、それがトゥヘルは気に入らなかった!
傍で見てればあのまま前にいてもボールは来ないだろうし、益々攻撃がなりたたなくなったんじゃないのかな?
って思うのでパフォの問題とは考えにくいんですがねぇ
現にシュツット戦では終了間際とは言え投入後すぐにアシスト未遂といえるチャンスも演出するくらい周りは見えてるし状態も決して悪く見えなかったのだから・・・
状態の良し悪しではない何かがあるのでは?と勘ぐってしまう・・・
[ 2016/02/11 06:43 ] [ 編集 ]
この監督は物事を最初に予定立てて決めてそのとおり実行しようとする人だな。
そして予定のラインから外れることをひどく嫌い、パニックになるタイプ。
香川に関しては予定外に活躍されてしまった・・というところか・・・?
[ 2016/02/11 07:11 ] [ 編集 ]
やる気がないとか不調とかの記事には腹が立ちますね。しかし裏を返せばそれでなければ香川がベンチ外になる理由がないと思ってる訳ですが。戦術的理由が一番ですが香川くらいの選手になるとそれもないだろうという。

とにかく今回のベンチ外騒動の報道の大きさをみても香川の価値が分かりますね。
とはいえ香川は自分らしくわずかな出番でもしっかり準備して全力を尽くせば良いと思います。香川なら必ず道は開けるはず。
[ 2016/02/11 07:25 ] [ 編集 ]
異常に騒ぎすぎな気がする
バイエルンだってミュラーをベンチに置いたり先発だったとしてもミュラーを交代させてしまうのは良くあるよ、それでペップも批判されてた
ゲッツェだってほぼベンチスタート、ドイツ代表スタメン選手なのにね
ペップも実力が少し落ちてるにも関わらずお気に入りの選手を常に使うしレーヴだって毎回ポドルスキーをメンバーに入れる、監督だって人間好き嫌いも有るでしょう
ただツゥヘルはペップのマネをしてるのかなと思う時がある
[ 2016/02/11 07:28 ] [ 編集 ]
インゴルシュタット戦で酷かったのはラモスとヴァイグルとトゥヘルなのになぜ香川の問題になってるのか
[ 2016/02/11 07:29 ] [ 編集 ]
インゴルシュタットの特別な理由はないってのは、もうそういう使い方って意味だし、
自由な動きができてないってのは、新戦略に抵抗示してて相応しい動きができてないってことでしょうな。
ロイスが良く抜けてた時はカストロが入って6人固定な感じだったけど、1枠を4人で争うならあまりいい環境じゃないね。
前みたいにいい環境を捨てるのは反対だけど、これならマンU時代と似てきたから、チャンスあれば出た方がいいかもな。
[ 2016/02/11 07:30 ] [ 編集 ]
まず疑うのは試合を観てないのではということですが、
記事というのは依頼されて書くこともありますし、
更に思うのはドイツ人の好みと違うから、要するに嫌いなプレースタイルだから先入観でネガティヴな印象を持たれやすいのかなと思ったりもしますが、そのあたりはどうなんですか?
[ 2016/02/11 07:34 ] [ 編集 ]
この記者ダメだわ(笑)

今のドルトムントはどう見てもドイツ伝統の守備的サッカーやってるんだけどね。サイドのハーフ二人をディフェンスで酷使してこぼれ球をバックが縦に1発でフォワードに出すというね。ベッケンバウアーからゲルトミュラーへロングパス1本というあれです。要するに組み立てで中盤省略すると。試合中たまに中盤でボール回したりしてますけどあんなの見せかけです。ボールの受け手が次のプレーにつながるパスがほとんどない。つまりビルドアップしてないってことです。

こうなると香川のようなタイプはフォワードになってシュートをポコポコ決めるか、守備で足がつりそうになるまで頑張るとかしないといけないんだけど、今年チーム内での役割変えた選手が半年もたたないうちにまた変えられるもんじゃないです。

選手は監督のロボットじゃないんだから(笑)まあ、監督はそうしたいんだろうけど(笑)出来なかったら選手のせいにしてればいいんだし(笑)そういえばこの監督さんマインツ時代に似たようなことしてたような記憶があるけどね
[ 2016/02/11 07:34 ] [ 編集 ]
シーズン序盤は香川はベストな布陣で出せてもらっていたような記憶があります
最近、スタメンでも微妙な選手と組み合わせられたりなんか嫌がらせとしか考えられない感じがします
シーズン序盤は香川をベストな状態に導くとかボールを持ったら香川を見よとかの発言もありましたが
最近香川に対してネガティブな発言というか面倒臭いから聞くなみないな雰囲気ですよね
ヴォルフスブルク戦の決勝ゴールもチームの勝利には喜んでいたものの香川のゴールには全く触れず、それどころかその後もまさかのベンチ、まぁこの辺りから気付いてましたよ
トゥヘルと香川の微妙な関係、もう修復不可能でしょう
[ 2016/02/11 07:54 ] [ 編集 ]
香川の市場価値が他の5人に比べて低すぎるってネタの時、サポからもそういう声多かったけど、
フタを明けてみれば市場価値通りの扱いだったね。
[ 2016/02/11 07:55 ] [ 編集 ]
香川だけパフォーマンスが悪かった。もっと頑張らないといけない。と言われることに違和感を感じます。
今年に入ってからはインゴルシュタット戦の55分とポカールで5分の出場しかしていません。
ドバイでのPSMでもゴールやアシストの結果も残していました。
何も知らない人は記事を鵜呑みにしてしまいます。
これだけ騒ぎになったのは香川がドイツでスター選手なこともありますが、何かフロントの思惑もあるのかもしれません。試合を見ているのか疑問になるような記事や話が出ているのを見ると色々と疑心暗鬼になってしまいますね。

[ 2016/02/11 08:06 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。

冷静さを欠いたヒステリックなコメが多くて残念です。監督の采配が自分の思うものと違ったとしても、推測でそこまで非難できるなんて。。

ドルトムント、香川、トゥヘル、頑張って下さい‼
[ 2016/02/11 08:09 ] [ 編集 ]
>>バイエルンだってミュラーをベンチに置いたり先発だったとしてもミュラーを交代させてしまうのは良くあるよ、それでペップも批判されてた。ゲッツェだってほぼベンチスタート、ドイツ代表スタメン選手なのにね


バイエルンの場合は代わりに出てる選手がほぼ同格だから問題ない。でもプリシッチやライトナーはもちろんカストロだって香川より明らかにレベルの落ちる選手。前半戦の活躍を考えればギュンドガンよりも重要な選手なんだから今回の件は異常。
[ 2016/02/11 08:10 ] [ 編集 ]
トゥヘルのドルトムントに、夏の補強で来る選手がいるんだろうか?
[ 2016/02/11 08:19 ] [ 編集 ]
管理人さんの仰るとおりこの記者は自分の目でみて記事を書いてないと思います。
まず433(攻撃時343)から4231(4141)に戦術が変更されたこと
攻撃におけるポジションは6でなく5になっていること
もう一つの8番のポジションは今はなくて10番のポジション争いであること
香川選手にはシーズン前半とは違う役割が求められていること
毎試合、戦術理解や遂行力、心身ともにコンディション含めベストなメンバーを選ぶとなると前半のような固定にはならないと思います。
香川選手を毎試合みたい気持ちは変わりませんが・・・
[ 2016/02/11 08:23 ] [ 編集 ]
不調でも使い続ける選手いるよね
決定的チャンス5回に一回でも点取ればいいんだもんな
[ 2016/02/11 08:23 ] [ 編集 ]
管理人さん、ドイツでこのブログをドイツ語でアップしてくれないかなぁ
せめてドルサポには、報道を丸呑みしてほしくないよ
香川が慢心してるとか、手を抜いてるとか思われたら悔しい
[ 2016/02/11 08:29 ] [ 編集 ]
なんだこの記事(笑)
冒頭部は、トゥヘルの意味不明の言い訳を間に受けて、“これは公平な競争の元に起きた事なんだ”的な言い方をしているにもかかわらず、突然「トゥヘルの433(4141)での攻撃における6つのポジションのうち、5つはすでに埋められている。もしヘンリク・ミキタリアン、マルコ・ロイス、そしてオバメヤンの状態が良ければ(注:怪我していなければ)、だれも彼らを脅かすことはないだろう」って。あまりにも無茶苦茶でしょ。
彼らの残している成績や数字、そもそもチームの勝ち点に香川がどれだけ貢献しているのか解らないのであれば、移籍するのもありなんじゃないでしょうか。いなくなって初めて、その存在の有難さに気付くかもね。あの赤いクラブのサポーターのように。
[ 2016/02/11 08:37 ] [ 編集 ]
やっぱろくに選手経験の無い監督は戦術変更の大変さがわかってないのかな
[ 2016/02/11 08:43 ] [ 編集 ]
確かに途中出場で結果を出しても微妙だったし香川も何か変だとは薄々感じてたと思う。
こうなったら短い時間でも結果を出すしかない。内容なんて結果を見てから書いてる記者が多いですからね。
[ 2016/02/11 08:52 ] [ 編集 ]
クロップリバポの試合も見てるし、またクロップとやりたいっていう香川のインタビューから
トゥヘルとの関係が変わったと思うんだよな
トゥヘルとしては自分が香川を復活させたって感じがあったんだと思うけど、
香川は依然としてクロップの選手って感じだったから、
何かその辺が嫌になったんじゃないの
[ 2016/02/11 08:52 ] [ 編集 ]
このへんは、毎試合手のひら返しをするマスコミですから、絶賛評価があれば酷い評価もある、あの延長記事みたいなものでしょうかね。

プレーを見ればわかる、と思いがちですけど、毎試合の6段階評価も、本当に見てるのか?と思うようなものがある事を思えば、こんなものなのかな、と思って来ました。

印象操作とか、そんな大げさなものではなく、これ書くと面白いとか、そんなノリの記事で、価値もないけど、自分でプレーを見て判断しない人にとっては、香川に対する評価の対象になって、あ~彼はパフォーマンスが落ちていて外されてるんだな、って思うんでしょうね。

悲しいけど仕方がないですね。
この記事を、また日本の記者もどきが翻訳してYahooあたりに載せるのかな~と思うと虚しい。
[ 2016/02/11 09:01 ] [ 編集 ]
香川がドルトムントごときで触れられない領域じゃないとか、まじでどこのビッグクラブだよ……笑 いらないならハッキリそう言え
[ 2016/02/11 09:16 ] [ 編集 ]
現地の記者の想像があたかもトゥヘルの考えかのようにすり替わって、また別の新しい記事になっているのが怖いですね。
あと一部の人がトゥヘルのケツキックにまでアレコレ言い出したことにビックリです。
あれはどう考えても「良くやったお疲れ」以外の何でもないでしょう…。
[ 2016/02/11 09:20 ] [ 編集 ]
管理人様、いつも貴重な翻訳をありがとうございます。毎回楽しみに読ませていただいています。

ポカールの準決勝相手はヘルタに決まったとか。さて、トゥヘルはどう出るでしょう。お試し中のシステムでは、パスの供給源を徹底して止められ壁を作りはね返されカウンター。フィニッシュの精度を欠いて救われたシーンが多々。結局インゴルもヘルタも守備が固く攻撃陣までボールが届かず。まともに機能してるとは思えない。もともとドルの攻撃も怒涛のチャンスメイクがあってこその大量得点なので前線への効果的なパスが減れば得点力も落ちて当然。策士殿の腕が試される試合になりますね。

また、リーグでは今後ますます引き分け狙いのベタ引きチームが増え、崩しが求められるときが必ずくるはず。それでも香川の優先順位が低かったり外したりをやり続けるならば躊躇することなく移籍を選んだ方がいいと考えます。香川のもったいない使い方はマンUだけでたくさんです。
[ 2016/02/11 09:22 ] [ 編集 ]
ボール来ないポジションで監督に何もさせてもらえなかっただけでも低評価なのはやるせない
カストロもその被害に遭ってるし今のドルにトップ下を置くフォーメーションは本当に無理がある
トゥヘルがそれを選手のせいにしてる限り補強はお先真っ暗だな
[ 2016/02/11 09:22 ] [ 編集 ]
トゥヘルが選手を悪者にしながら自分の選択を正当化しようとし、詳しく分からない記者がそれに沿った報道をする。

正直こういう監督の下で続けるのは無理だと思いますね。
[ 2016/02/11 09:28 ] [ 編集 ]
最近の香川選手のいろいろ、凄く気になっています。ここはとても丁寧に訳して下さっているので更新楽しみにしてます。
釈明会見全訳読んで、ショックを受けました。トゥヘル監督にはごまかしたい一方的な私怨を感じたからです。たぶん多くの人がそう感じたから、逆にわざと気がつかないふりをして何事も無かったように元に戻すように、少し皮肉を込めた現状を書いたと、この記事を読みました。
最後の 「香川がスタメンに戻る可能性はあるだろう」が、この記者のメッセージかなと。
昔紹介くださったトゥヘルの性格から推察したら、こういうふうにある程度監督を立てて元に戻すしか無いと思っています。
[ 2016/02/11 09:28 ] [ 編集 ]
管理人さんありがとうございます 記事をいちいち訳すなんて大変だとは思いますが、私たちはそれに甘えるしかありません

香川に関しては監督とのイザコザよりも、管理人さんがおっしゃってるように適当な印象だけで語られてしまってることのほうがよっぽど気分が悪いですね

日本の記者もそうですがそんなことならなんで記者になったのか問い詰めたいです
[ 2016/02/11 09:36 ] [ 編集 ]
>またクロップとやりたいっていう香川のインタビュー
ソース教えて。読んだことないので読んでみたい。
[ 2016/02/11 09:58 ] [ 編集 ]
香川選手の扱いが凄いですね。
ベンチ外で特集を何本も組まれるとは・・・
香川選手外しはそれ程センセーショナルだったのでしょう。
それぐらい香川選手がスーパースターなんだと思いました。
早く楽しい週末に戻って欲しいです。

[ 2016/02/11 10:25 ] [ 編集 ]
全く管理人さんのおっしゃる通り。
[ 2016/02/11 10:28 ] [ 編集 ]
こないだの試合を観てても、トゥヘルの好みは全体の連携で攻守を行うトータルフットボールというよりも、後ろは守備だけ、攻撃陣は前で攻撃だけやっとけ、っていう、個でゴリ押ししていくスタイルなのかな、と思いました。

その方がある意味、スター願望のある選手は扱いやすいでしょうね。
ロイスに対する発言もそんな感じだし。
正直、日本人には色々とキツい戦術だと思います。
まぁ、このスタイルって、完全に個での力勝負
になるので、個で勝る格上のチームには通用しないんでしょうけど。
格下相手には勢いよくいけるんでしょう。

連携で崩していく、中盤がタクトをふるうサッカーは、今は(強豪では)バルサやアーセナルくらいしかないのかも…。
MFにはキツい時代ですね。

自分は子どもの頃からバルサが好きで、今まで十数年以上(現在もですが)、リーガとCLを中心に観てきました。
ソシオで、現地にも何度も観戦にも行ってます。
恥ずかしながら、日本代表の試合もJの試合もあまり見たことがないので、香川のことは最初は知りませんでした。
バルササポの知人が、ドルトムントがけっこう面白い試合やってる、と教えてくれて、初めて興味本意で見た試合が、香川が初めて出たルールダービーでした。
そこで初めて、『このチーム日本人いるんや。面白いスタイルの選手やな』と。
以来、ドルのスタイルが好きで、(いつもバルサの裏なので録画でw)試合を見続けています。
なので、今まで一切、香川のことを“日本人だから”という視点で見たことはありません。
正直、バルサに入ってレギュラー獲れる実力かといえば、難しいと思います。
でも他のトップクラスの選手と横並びに見ても、個性や世界観が際立ってる選手だと思うんですよね。
本当に面白い。
MFでもFWでもない、世界見渡しても、なかなかいない、ポジションの枠に囚われないのにチームプレーができるっていう、珍しいタイプの選手だと思います。
だから、クロップやファーガソン、モウリーニョやベンゲルまで、名将と言われる人たちが自分の下で扱ってみたいと思うんでしょう。
ただ、本当に珍しいタイプなんで、扱いが難しいんですよね。
今までは、ドル=香川のスタイル、だったから良かったんだと思いますが。

でも、自分は香川のスタイルが好きです。
これからどうなるかはわかりませんが、もちろん監督やチームに合わせる努力も必要ですが、香川にしかない個性を押し殺してまで無理やり周りに合わせるのは、結局は香川自身の価値も下げてしまうと思います。
頑張ってほしいですね。
[ 2016/02/11 10:33 ] [ 編集 ]
結局調子悪い日があっても使い続けてる選手は出て行ってほしくない選手だよ。
ロイスオバムヒ牛丼この辺りはよほど悪くない限り揺るがんだろう
ということは散らかし監督にとって香川別にいなくてもいいということだ。
これだけの成績残しても要らないわけだから単純に好みではないのだろう。
今後試合出れても結果出し続けないといつでも外されるわ。
今季は強豪相手に無双でもしない限り黙らせることはできんかな。
選手が居る今は調子乗ってるけど、牛丼が移籍したら泣きながらすがりついてくるんじゃないかな。
[ 2016/02/11 10:35 ] [ 編集 ]
残念ですねー。
確かに最近のドルトムントは組み立てで、香川とギュンドアンにかかる負担が重すぎたので、香川とギュンドアン不調だと叩かれそうな気もしてましたが、まさか監督から叩かれるとはw
トゥヘルはマインツの頃も突然フォーメーション変えて干された選手いましたよね。
その結果不調に陥ったのに断じて自分の責任は認めなかったし、そういう人間性なのだと思います。
スポディッチと香川は残念だけどクロップ色強すぎてトゥヘルは受け入れられないのでしょうね。(神経質で尻の穴が小さそうな人間なので)
前回の移籍には大反対でしたが、ドルトムントは現在若手も出て来て、香川に対してそこまでひき止める要素もないので、今度こそドルトムントを去るべきタイミングなのだと感じます。

ドルトムントを離れて飛躍して欲しいです。
[ 2016/02/11 10:39 ] [ 編集 ]
最後の管理人のコメントに同意します。記事自体は推量で逃げてますが、そもそも試合を見てたらこういう記事は書けないと思いますけどね。
[ 2016/02/11 10:53 ] [ 編集 ]
このインゴルシュタット戦で香川だけが悪かったみたいな論調はマジでやめて欲しいですね
で、ヘルタ戦で同じ役割して結果出せなかったカストロより序列下なのはどう説明するんですかね
カストロがベンチ外になった事ありませんよね?
特に理由もなくリーグ戦でベンチ外ってのが選手にとってどれ程屈辱なのか分ってるのかな
[ 2016/02/11 11:00 ] [ 編集 ]
香川は無二の選手で、競争相手はドルトムントには存在しません。
イニエスタやエジルならサブでも理解できますが、相手がカストロや17歳の選手って流石にその言い訳は通用しないです。
香川の能力が他者より劣るから16人には選べないと言っている理由もわからないでし、贔屓目に見ても客観的に見てもあり得ないです。
ハッキリ言ってめちゃくちゃな監督の発言にめちゃくちゃな記事ですよ。
[ 2016/02/11 11:34 ] [ 編集 ]
ドイツ語のメディア情報をいつもありがとうございます。

現在、いろいろな憶測があるのはわかりますが、あくまでも憶測にすぎません。

香川選手には、記事やファンの悲観的なコメントなどを目にすることで、悪い運気にに流されてほしくないです。
ふてぶてしく開き直るという堂々さではなく、今まで通り、明るく自信に満ちたさわやかな笑顔でまたよい運気を運んできてほしいと思います。

先日bbcでshinjidream のニュースを見ました。個人的なイベントをこの媒体が、しかも世界的にみてプライムタイム(イギリス時間ランチタイムごろ、東南アジア時間 夜6時から8時ごろ)にニュースとして放送するなんて、ワールドワイドに認知度が高く人気がある選手にしか起こりえないことだと思います。日本以外の人気は、純粋に香川選手のプレーから来ているんです。そのことを胸に自信をもって前を向いてほしいです。


[ 2016/02/11 11:51 ] [ 編集 ]
あるプランの下にスタメンを組み、その中に香川が入っていなかったとしても、普通コンディションに問題ない主力クラスの選手をベンチ外にしますか?
しかもまだ試合に出られないシャヒンやベンダーすら帯同したのに、香川だけあえてSB三番手のパクと共にドルトムントに置いて行ってるんですよね。
騒ぎ過ぎという意見もありますが、同じような扱いを受けた主力選手はこれまで一人もいないし、キッカーの指摘通り異例の措置であったことは間違いないと思います。
ペップバイエルンを例に出している方もいますが、ドルトムントは控えだけでもリーグ上位に入れそうなクオリティの選手層を持つチームではありません。
実際香川の代わりにベンチ入りしたのは、前半戦までベンチメンバーですらなかった、そしてこの先もしばらく主力になるとは思えない選手たちです。
トゥヘルは否定していましたが、やはり何か公にはしにくい、感情的なものが根底にあるような気がします。
[ 2016/02/11 12:02 ] [ 編集 ]
トゥヘルの件で飛躍したコメントが確かに多くなっているのは事実です。しかしそう思わせるほど不信感を抱かせたのも事実で。まあ監督もいちいち弁解する必要は無いとは思いますが、行動に一貫性がないのが問題なんですよ。
[ 2016/02/11 12:08 ] [ 編集 ]
1試合ベンチ外で騒ぎすぎとか言っても次もサポやメディアが騒ぐからとお情けの3分出場ですよ
その後のトゥヘルのコメントも冷酷なもんだし
騒ぐなっていうほうがおかしい、おかしいからメディアもサポも騒いでいるのに
[ 2016/02/11 12:16 ] [ 編集 ]
管理人さんいつも本当に翻訳をありがとうございます。
最初はショックで冷静に見てられなかったのですが、この前、最後に出てきた香川さんの顔を見ていたら
なんかすっきりしていて少し安心しました。どんな報道されようが香川さんは大丈夫のような気がしてきました。
試合には当分、出れないとしてもです。
これぐらいの報道なら日本も変わりません。印象操作なんてどの国でも一緒だと思います。
でも周りにいる人たちは、ちゃんと見ていると思います。
香川さんには堂々と自分を貫き通してほしいです。焦る必要はないと思うようになってきました。
[ 2016/02/11 12:21 ] [ 編集 ]
前回、香川がドルトムントを去った時は、華々しくマンUへ移籍したイメージだったが、当時のドルトムントは10番のゲッツェ押しとロイスの加入で、香川の年俸を抑えて残留への配慮に欠き、移籍への決定打となった。ただし、人気があった香川の移籍で起こるサポーターの怒りを、移籍は香川自身の強い意志とする事で抑制した経緯があった。
今回のベンチ外や終了5分前からの出場から、ドルトムントのアメリカでのファン開拓への野望が感じ取れる。
今後、スタメン出場できるチームを探す必要があるのだろうか?
[ 2016/02/11 12:28 ] [ 編集 ]
残念だけどIHでは本職のギュンドアンの方が勝っているように思います。
逆にトップ下では香川はドルトムントでは、だれにも負けないでしょう。
ましてやマリを取る位なら、香川を活かせと。
やはり、トップ下で突き抜けて欲しいです。
チームのシステムやバランスは監督に任せておけば良いです。
どうせまた、気が向いたら戦術を変えてきますよ、この監督は・・・
中田英寿だってバランスを取るようになって自分のプレーが出来なくなったと言っています。
自己中くらいでちょうど良いのでは。

[ 2016/02/11 12:33 ] [ 編集 ]
戦術的に外されたとしても、カストロが変わりに出るのはよく分からないな。
香川にあってカストロにないものは多いけど、カストロにあって香川にないものは少ないと思う。
あるとすれば、ポジショニングの差だけだと思う。
香川が下がって組み立てに参加することを嫌がる監督はいると思うから、監督の言うことを聞けば、すぐにスタメン復帰出来るではないかな。
[ 2016/02/11 13:23 ] [ 編集 ]
>せめてドルサポには、報道を丸呑みしてほしくないよ

「試合後は、出番のなかった選手とともに約20分間のトレーニング。
サポーターから自身の応援歌を歌われて、手を上げて応じる場面もあった。」
↑9日付けの毎日新聞(スポニチ)のネット記事にこういうのがあったよ
これを見ても分かるけど、香川が怠慢なわけじゃないと地元のサポーターは分かってると思う
読んでて本当にジーとした
こんな風に応援してくれるサポーターがいるというのは本当に素晴らしいよね
香川のこれまでの努力とプレーで魅せてきた結果だと思う
本人のキャリアを考えたら今後移籍という話もあるかもしれないけど
ドルトムントでまた大活躍してスタジアムで歌われる香川チャントが聞きたいと改めて思ったよ
[ 2016/02/11 13:32 ] [ 編集 ]
ウィンターブレイク前とウィンターブレイク後だと明らかに中盤を飛ばした攻めをしてるよね。
ボランチがサイドのロイスかムヒに縦パスで後は完全に個人の力で打開みたいな。
プレスも相手に上手くかけれなくなってて、ブンデスの中堅チームと同じような戦い方。
おかげでヴァイグルの良さも見れなくなっているし。
チームにギュンドアンがいなくなったら、点を取れなくなりそうなことしてると思った。
[ 2016/02/11 13:35 ] [ 編集 ]
香川は想像してる以上にサッカーIQが高い。
高いが故にビルドアップ苦労してるなと感じれば降りてくる。1ボランチ&インサイドハーフやってる今シーズンはなおさらだ。
そうなればスコアポイント付く機会は必然的に減るわけで、その中にあっても今シーズンのスコアポイントはたいしたもの。
[ 2016/02/11 14:00 ] [ 編集 ]
 日本の記者のように情報を故意に歪曲してるわけではないので記者が悪いというわけではないと思います。
 トゥヘル監督がぼかした説明をすることで好き勝手に記事を書ける状況を作ってしまっただけです。名将ファーガソン監督が同じような選手起用をしてもこんなことにはなりませんでした。ファーガソン監督は、彼を起用べきだった、と失敗をあっさり認めたりもしてます。メディアから選手を守る対応の上手さが、多くの優れた選手を維持し、長い黄金期を築けた要因の一つです。戦術だけ考えていれば良かったマインツと世界的に注目されるBVBでは違うのです。
[ 2016/02/11 14:18 ] [ 編集 ]
彼の宿命でしょうか?
結局のところ「個」でハッキリと打開出来る選手の方が評価し易いんでしょうね。香川の良さはトゥヘルだって当然理解している。でも彼はシュートの意識だったり精度だったりをもっと上げていかないといけないと思う。これはシーズン前にも本人が言ってた事だと思うけどね。
才能は誰もが認めるところ。しかしワールドクラスと認めるには得点力が足りないでしょうね。どんな状況下になろうとも揺るがない地位を確立するためにはやはり得点が必要でしょう。香川はギュンドアンではなくミキタリアンを意識する必要があると思う。
[ 2016/02/11 14:33 ] [ 編集 ]
いくらなんでも、またクロップとやりたいとまでは言ってないだろう
[ 2016/02/11 14:55 ] [ 編集 ]
なんだ、ドイツ紙も結局は机と会話してるのか
[ 2016/02/11 15:45 ] [ 編集 ]
単純に戦術変更によるベンチ(外)なんじゃないの?って意見がありますけど、それだと会見で語った言葉は丸々全て必要ないと思います。
遅刻したんじゃない?って意見もどこかで見かけましたが、毎回チーム練習の前に体を呼び起こすためにじっくりとストレッチをしてから練習に臨むとインタビューで答えていました。クラブハウスで、です。
そして練習後にもトレーナーと体を解しにジムに向かう姿がテレビで放送されていました。
悔しくてしょうがないのが、そういう印象を与える余白のある言葉があの会見に多々見られたことです。
そしてそれを元にこういった憶測で断定したような記事が出てしまう。

EL予選でサブだった時、トゥヘル監督はサブでもどういう意図か説明をしてくれたと話していました。
ですが、フランクフルト戦でベンチスタートだった時には説明はあったかを聞かれて、「ない」と言っていました。
年末からの流れとこういう細かい変化が、ファンが何かを疑いたくなる要素なんでしょうね。
(戦術的なことで外れるということならば、クロップ監督がCLで外した時もあり、その時は「特に説明はなかった」と答えていました。いつもがどうだったかは記憶になくてすみません。そして説明などないのが普通なのかもしれません。)

ロイス・ミキ・オーバメヤン・ギュンドアン・フンメルス・シュメルツァー・ピシュチェクは、今のスカッドでは代わりが居ない選手です。
なので、毎回選ばれることに何の疑問もありませんし、選ばなければそれこそ怒ります。
ポカールでの戦術で香川選手がメンバーに入らなかったのも不自然なことはありません。
戦術が研究されて変えなければならないのも疑問はないです。
(SBが高い位置をとって2バック気味になってもバルセロナは変わらず強いですが、あれは化け物です。)
「他の選手も不審に思う」ということはないと思います。
誰かにとって素晴らしいことは、誰かにとってはそうではないということは、たくさんあります。
何かを好きな時点で、自分は公平な視点を持っているという自負など捨てています。
何れの立場であるにしても、自分の信じるものが正しく、信じられないのは愚かだと妄信的になるのもまた愚かなことです。

一方でクラブが正しいと思っていても、レヴァンドフスキが何故出て行ってしまったんだろうと時々考えてしまいます。

管理人さんのように冷静な視点でなければなりませんね。
長々々とすみませんでした。
[ 2016/02/11 16:06 ] [ 編集 ]
ベンチ外云々より、ぽっと出のプリシッチやライトナーと比べられている事が信じられませんよ……カストロもそうですが、トレーニングでいくら良くても、実戦で遥かに大きな成果を挙げてるのは彼等よりも香川選手でしょう?
と、トゥヘルやメディアに言いたいですね!
[ 2016/02/11 18:10 ] [ 編集 ]
今シーズン、初めてインサイドハーフとして出場し続けていた香川。
バルセロナが大好きでバルセロナのサッカーを参考にしていると語っていた。
そこにきて、急な戦術変更。
色々と戸惑う事もあるし、気持ち的にも切り替えるのが大変なのは当然だろう。
今は適応するための整理をしている最中なんだと思う。
でも香川は賢い選手。
(※ムヒタリアン、ロイスも香川を第一に「賢い選手」だと言っていた。)
きっとこの試練を乗り越え、さらに進化したスーパーな香川を見せてくれると信じている。


シュツットガルト戦の後、ピッチにいる香川に向かって、ドルトムントサポーターが応援歌を歌ってくれたそうだ。
本当に愛されているし、鼓舞されたことだろう。
[ 2016/02/11 18:40 ] [ 編集 ]
マンチェスターユナイテッドはファーガソン時代じゃ出場時間とコンディションで先発決めていたんだっけ
だからあの日程でも3つのタイトルを争う事が出来た
トゥヘルは3つのタイトルを取るジレンマの最中にいるんだろう
あんなに前線でずっと攻めるサッカーはEL(水曜か木曜の試合)じゃ無理が祟るし、香川が出場する場合
としない場合でサッカー替えられるキーマンとして本人納得しないだろうけど評価はされていると思うけどな
ギュンドガンとムヒタリアンは退団、オーバメは得点王タイトルの可能性あるとして出場させて他は大切に
使おうと休ませたりしてると見てる
[ 2016/02/11 19:01 ] [ 編集 ]
大震災のときドイツ国内での日本に関する報道の酷さは一部日本にも伝えられました。ドイツ人の日本研究者が「専門家を除いてドイツ人記者は日本のことなど知らないから元々の偏見とネット情報で適当なことを書いているだけ」とコメントしていて、ドイツの記者のレベルはその程度かと呆れた記憶があります。ですから印象だけで事実を歪めて報道されていることについては驚きません。
[ 2016/02/11 20:52 ] [ 編集 ]
今だに休ませただけとか言ってる人は、昨年末くらいからの香川の使われ方(試合)を、みてないんだろうな
12月くらいからはほとんど途中出場で香川はそれでもアシストやゴールをしたり結果は出してましたよ
だから100歩譲って最低でもベンチには入るべき選手です(私は先発にするべきだと思います)
決して病気怪我以外でベンチ外にする選手ではないし、だからメディアが騒いでいるのです
[ 2016/02/11 21:18 ] [ 編集 ]
記事の内容は管理人様がおっしゃる通りで試合を見ていないものの意見ですね。
試合を改めて見ましたが、香川選手はパスでしっかりと土台を築いた上で崩すタイプで、その点がこの記事で取り上げられているライバル達との大きな相違点だと感じます。

ただ、この記者と同様に普段の練習や選手と監督の対話を聞いていないのは私達もです。
やれ移籍しやすくなった、など実際に本人の思いを聞いたかのように書いているのはどうかと思います。
[ 2016/02/11 21:19 ] [ 編集 ]
構想外(ベンチ外)にしたのに、そう伝えずに、言い訳して飼い殺しにする(5分起用)事がこの二試合でハッキリした。
すぐに香川は移籍する。もう決断していると思う。モイーズのときの優柔不断は繰り返さない。

[ 2016/02/12 16:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。