ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ポルトに快勝!香川の評価は分かれる!寸評と採点②《ドイツの反応》

寸評と採点の②になります。①はこちらをご覧ください。





entry_img_878.jpeg


【西ドイツアルゲマイネ】



ビュルキ 3.5

このキーパーは前半は33分に軽いシュート打たれた、たった一度しかボールを受け止めなかった。彼はボールを確実、かつ落ち着きをもって散らしていた。74分にはコーナーキックにたいして飛び出したが、あまり良くなかった。

スポンサーリンク




フンメルス 2

狭いスペースでも非常に安定しており、ボールのトラップも安定していた。彼が攻撃においてボールを散らすことで彼の良い時間的な感覚が示されていた。(注:この記者の意図がよくつかめず。)




ソクラティス 3

フィールド上ではどちらかといえば目立っていなかった。あまりすることがなく、ボールを確実にさばいていた。




ピスチェク 2

コーナーキックでの守備は弱弱しかった。しかし彼はチャンスを得た。ミキタリアンのコーナーキックの後で、ゴールを決めたのだ。最初はキーパーに防がれたが、ボールがピスチェクの頭に戻って来て、それをゴールに入れた。




シュメルツァー 2.5

4分に大きなチャンスを得た。彼は戦い中へと入りこみ、ボールを空中で受けた。角度のないところから放ったゴールは外側からネットを揺らすだけとなった。69分にはゴール前にいたが、正しく当たらなかった。




ヴァイグル 3.5

努力していたが、しばしば不安定だった。彼のクロスはいつもたどり着いたわけでなく、安定感が欠けていた。29分には相手の攻撃の起点となってしまった。なぜならボールを相手にあげてしまったからである。




シャヒン 2.5

彼の2015年2月28日以来、初めてとなる試合。彼は355日もプレーしなかった。良いパフォーマンスを示し、ボールに対して戦った。力強いカムバック。

20160219065344482.jpeg



ミキタリアン 1.5

良いアイデアを持ち、ボールを確実にフィールド上に散らしていた。ヘディングからのボールを受けたが固くなりすぎ、ボールは空中へと飛んで行った。71分にボールを直接ロイスへとパスした場面は力強く、美しいアシストとなった。83分には素晴らしい走りを見せ、もう少しでアシストとなるところだった。




マルコ・ロイス 1.5 

良いスタートをみせ、開始1分には、ミキタリアンに良いパスを送った。22分位放ったフリーキックは、相手の壁を超えたが、ゴールも超えた。彼の62分のフリーキックは非常に正確に放たれた。64分には彼の弱点を示した。ボールを香川が失敗した横へとそれてしまった。71分には彼の長所を発揮し、ミキタリアンから受けたボールをゴールに沈めた(2:0)。最後まで戦い84分にはアルミニウムを直撃した。

201602190522161fd.png


香川 3.0

非常に素早く機敏であった。しかしボールの扱いが確実である事をいつも示したわけはなかった。彼がゴール前フリーでボールを受けた時には、チャンスもろとも外してしまった。70分にはPエリア内へドリブルを見せ、ロイスのゴールをアシストしたミキタリアンへとパスを送った。



オバメヤン 3.0

良く走り、長い距離にわかって素早さを見せた。彼は確実にボールを中央へとパスしたが、もっとやることができただろう。84分にはゴール前でボールを触ったが、弱弱しかった。




ライトナー 3

64分に相手ディフェンダーを超えるパスを、香川の走りこむ場所にパス。78分にはエヴァンドロのひどいファールを受けた。





以上になります。

今日は香川選手をトップ下にし、ポルト相手にプレッシングが良く効いていたと思います。どちらの地元紙の寸評にもそれらについてまったく触れられていませんでいしたが、ほとんど相手に攻めさせることがなかった事、相手がポルトであることを考えると、良い試合だと思いました。

得点に結びつかなかったのが残念ですが、最近あまり見られなかったゴール前での連携も少し見られるようになりましたね。

採点に関しては両紙かなり開きがありますね。スカイの実況者は今シーズンベストの試合の一つと絶賛していましたが、それと比べるとルーアナッハリヒテンの採点の低さが際立っています。西ドイツアルゲマイネ新聞の記者はいつも同じ人が書いていたのですが、今日はカトリン・アゲンダという別な記者が採点していました。いつもの人はシャルケ戦を見ているのかもしれませんね。


採点と寸評①はこちらをご覧ください。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_0234_convert_20160219073107.jpg


豚肉料理
酢漬けのキャベツとパン団子が添えてありボリューム満点。見た目以上にとても美味しいです。
こっちの方が妥当
[ 2016/02/19 07:34 ] [ 編集 ]
ロイスの足首ひんまがったときには生きた心地がしなかったぜい
[ 2016/02/19 07:49 ] [ 編集 ]
後半戦は守備が安定して何よりも負けてない
これは評価に値すると思うな
ワクワク感は減ったけど
ヴァイグルの調子がイマイチでしたね
[ 2016/02/19 08:15 ] [ 編集 ]
評価の開きはやっぱりシュートじゃないですかね
自分は今季前半戦のドルトムントは前3人でしか勝負出来てないと感じていたので、今日のドルトムントのほうが好きですね
香川がシュートを外したのも前半戦で安全なプレーに終始し、それで評価されていたのが影響していたと思います
今日のようなプレーを続ければ以前の香川が戻ってくると期待します
[ 2016/02/19 08:18 ] [ 編集 ]
こっちの採点も納得は出来ますね。
相手が調子悪いとしてもポルト。
香川、マルコにはガッツリマークついてましたし、いかんせん当たりの強さもスピードも最近の相手とは段違いでしたし、管理人さんが言うようにポルトということを考えればokなのかなと思います。
ただこの戦術だとオバのゴールは激減しそうなのと消耗が激しいのでまた怪我人が前線で増えそうなのが心配です。
今日は勝ちましたが、やはり4231はオプションの一つにして前半戦の433を基本にしたほうがメンバーを見てもフィットして更に強いドルトムントで居られると思います。
オバ、香川、マルコは消えがちになりますしマッツ、ギュンの両方が調子悪い場合は得点すら難しくなると思いますので。
とにかく、中1日のレバークーゼン戦も引き続き注目ですね。
[ 2016/02/19 08:50 ] [ 編集 ]
3.0は妥当だ。
2ゴールに絡みつついくつかの失策とゴールを決めきれなかった。
ルールナハって新聞は地元誌のくせにやたらと厳しいな。
管理人さんが言うように記者の問題化?
[ 2016/02/19 09:02 ] [ 編集 ]
めっちゃ肉美味そう!!
[ 2016/02/19 09:33 ] [ 編集 ]
起点や展開に繋がるパス多めだった反面ロストもあったけど4.5は酷いかな
3.0が妥当。
[ 2016/02/19 11:02 ] [ 編集 ]
 香川は決定機を外してるので、そこを重視すれば評価が低めになるのは仕方ない。シュートを決めるか否か、目立つミスがあるかどうか、といったものはは分かりやすいので採点に響きやすい。しかし、本当に重要なのはそれらではない。

 私のMVPはシャヒンです。シャヒンのおかげで安定してリズムを作り出せていましたし、なにより守備で非常に効いていました。頼りになりますね。良い形でボールを奪えるので体力の消費も少なく90分安定したチームパフォーマンスを発揮できたと思います。個人的には、試合に勝った事よりもシャヒンが良い状態で復帰したことが嬉しいです。
[ 2016/02/19 13:09 ] [ 編集 ]
真ん中の左よりにロイス、右より香川で面白いなと思いました
TOP下の勘も徐々に取り戻してきたようですがゴール決めれず残念...決まればのってくるのに...泣
2点リードしてから香川が下がり目になって、やはり生き生きしてましたね
[ 2016/02/19 13:16 ] [ 編集 ]
前線のリズムはここ最近では一番連動してた。たぶんだけど、香川が効いてたと思います。でもまぁ、ロストや決定機も外したし、妥当かなと。
[ 2016/02/19 14:17 ] [ 編集 ]
ドルホームなのにやたら選手がつるつる滑ってる印象があるんですが、水撒き過ぎ?
[ 2016/02/19 15:46 ] [ 編集 ]
まあ、今日は点取られなければいいゲームだったんだし、そういう意味ではみんなちゃんとゲーゲンやって抑えてたんだけどね。シャヒンが戻ってきて中盤安定させて香川がボランチ潰しながらフリーで走るっていうドルトムント本来のゲームができてた。あとはこれの精度を上げてもらえればシーズンの後半に面白いものが見れるかもね。今年はタイトルは正直期待してなかったんだけどひょっとすると一つくらいなんとかなるかもしれないって思わせるゲーム展開でした。
[ 2016/02/19 18:16 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。どうしてあんなにみんな転ぶんですか?ズッコケるって感じで、ホームなのに水まきすぎ?オーバもかなり転んでた!芝がかなりグ二グ二!改善して欲しいです。
[ 2016/02/19 18:39 ] [ 編集 ]
香川選手、
相手を背負って
キープしてからパスとか
ありましたね

あれ?っと思いました

いつもは
相手に寄せられる前に
ポーンとはたくイメージが
あったのですが

闘うかんじがしました

その分、ロストもあるわけですが
たくましさは感じました

ポルト相手に完勝
シャヒン復帰
いい結果ですね

それにしてもカシージャス
2失点とも反応してました
1失点目はいちど止めてるし
2失点目は味方に当たって
コースがかわりました
いまだにすごい!
[ 2016/02/19 20:46 ] [ 編集 ]
今ドルはバイエルン(というかペップ)のような戦術をとろうとしてるように見える。クバやヤヌザイはまだ必要だったかもね。香川はより前で力強く、正確なプレーが求められている。頑張って期待に応えて欲しいね。
[ 2016/02/20 02:10 ] [ 編集 ]
0点に押さえて勝つのが大事だから2-0で勝てた事で全員それなりに高めで良かったと思う
香川個人に関して言えばゴール前で戯けた所があったから採点低くなるのは仕方ない
決めて4-0に出来た試合を次で逆転の余地を残す2-0にした責任を考慮すれば厳しくしてもいい
[ 2016/02/20 03:14 ] [ 編集 ]
逆転の余地を残す2-0にした責任とか恐ろしい採点基準考えだすもんだw
採点はその試合単体で評価されるべきだろう普通
[ 2016/02/20 18:04 ] [ 編集 ]
香川選手の評価は割と厳しめかなと感じる。
確かに1ゴールでも決めていればもっと高かっただろうけど、香川個人のデータやタッチ集を見てみると多くのチャンスを作っているし、らしいプレーは幾つも見られた。
ただ、もっと良い時を知っているので厳しくなっちゃうのかなと思う。

ロストが多いというコメを目にするが海外では香川が倒されてもなかなかフエを吹いてもらえない。
それを回避するためワンツーを使ったり少し下がってフリーでボールをもらったり工夫していたが、今はトップ下で監督からも下がるなと制限をかけられてるように見られる。

いろいろ厳しく難しい状況だが、負けずにがんばって欲しい。
[ 2016/02/20 19:01 ] [ 編集 ]
「決めて4-0に出来た試合を次で逆転の余地を残す2-0にした責任を考慮すれば厳しくしてもいい」
とか頓珍漢なコメントしてる人がいますが
何故、香川だけがその責任を負わなければいけないのでしょうか
サッカーはチームでプレーするスポーツですし
香川はセンターフォワードではありません
[ 2016/02/21 10:17 ] [ 編集 ]
上記の方のコメント、ロストが多いというコメを目にするが〜
興味深かったです!私はそこまでサッカーに詳しくはないので、教えてもらえてよかったです。
全てのプレーはちゃんと意味付けがあるんですね。結果だけをどうしても見てしまいますから
勝手な思いですが、香川選手には、香川選手らしさを無くしてほしくはないです。
香川真司は唯一無二の存在だと思っているので、
kagawa shinjiのプレイスタイルに、魅了されている世界中のファンのためにも

今は監督の要求に、必死で応えようとしてがんばっている香川選手を応援します
香川選手が気持ちよくサッカーを楽しんでプレイできますように
そして勝利に貢献できますように!
[ 2016/02/21 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。