ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ドルトムント、インモビレが負担となり赤字に!!」470万ユーロ損失《ドイツの反応》


2月19日付のスポーツビルトからの記事になります。





【スポーツビルト】



2016022206251432d.jpeg

失敗に終わったストライカー、チーロ・インモビレ選手への高い投資のために、ブンデスリーガで2位に位置するドルトムントは赤字となった。シーズン2015/2016の前半において、この株式上場しているクラブは470万ユーロの損失を記録した。昨シーズンの前半においてはBVBは約400万ユーロの黒字となっている。


スポンサーリンク




インモビレは2014年の夏に約1850万ユーロの移籍金でドイツへとやってきたが、落胆させた挙句、2015年に約1400万ユーロでクラブを去っていた。



ヨナス・ホーフマンのグラートバッハ移籍で得た800万ユーロの移籍金は次の決済に入れられる。


今シーズンはチャンピオンズリーグの収益1億4千350万ユーロがなかったが、移籍で得た金額はその前年と同レベルとなった。BVBは約6600万ユーロと、明らかに多くの金額をチームの選手に使っている(前年度は5700万ユーロ)。目標は新たにチャンピオンズリーグに出場する事としている。




【トランスファーマルクト】

前略

インモビレの完全移籍で得た移籍金と、ヨナス・ホーフマンのグラートバッハ移籍で得た800万ユーロは次の決済に入れられる。

後略





以上になります。

このほかにフォーカスなども同様の記事を掲載していましたが、どのメディアもインモビレによる損失が原因であると伝えていました。

ただトランスファーマルクトの記事だけが、インモビレの完全移籍で獲得した1400万ユーロは今回は決済に入っていないとしており、意見にばらつきがありました。これによって大きく変わってくることになりますが、いずれにせよホーフマンの800万ユーロはまだ含まれてはいないようですね。

選手に使った6600万ユーロというのは、おそらく移籍金を除いた給料の事ではないかと思います。これの増加は仕方がないと思いますが、こうして赤字になってしまうと、これ以上の給料アップは厳しいのかとも思ってしまいます。

[ 2016/02/22 17:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(18)
 給料アップが難しいとなるとビッククラブから声がかかる選手を留めておくのは困難でしょうね。収益を増やそうにもクラブ単体で出来ることは限られている。地元サポーターさん達の事を考えると、チケット価格の値上げ以外で増収してほしいところですが、それはヴァツケ氏も承知の上での苦渋の決断なのだろうと推察します。
[ 2016/02/22 17:30 ] [ 編集 ]
チケット代をもっと高くすれば儲けが出るんだろうけど、それはドルトムントのクラブ精神に反するんでしょうね
[ 2016/02/22 17:43 ] [ 編集 ]
しょぼいな
バイエルンと比べたら全くダメ
2番手キープするしかないわ
[ 2016/02/22 17:48 ] [ 編集 ]

CLに出れなかったけども、出れなかった場合にということで保険かけてたんじゃなかったですっけ?
それでCLに出れなかった分の収入は多少穴埋め出来たとかなんとかって話を見た気がするんだけども……
まぁそれをふまえてのマイナスだったら「何にどんだけお金使ったんだ?」って思いますが……w
[ 2016/02/22 17:51 ] [ 編集 ]
インモービレに関しては予想以上に高く売れたので損失はそれほどでもないよ
ロイスの新契約に伴う昇給のほうが負担度からいえば上だね
もしフンメルスとミキタリアンが契約更改すれば同じくらいの出費を強いられるだろうね
ギュンドアンは売却するしかないと思う、本人も望んでるんだろうし。
[ 2016/02/22 18:01 ] [ 編集 ]
えぇ~・・・インモビレ・・・・もうなんかお互い踏んだり蹴ったりだと思ってるんじゃないかな・・・
[ 2016/02/22 18:59 ] [ 編集 ]
言うほどひどい選手とは思えんのだよなあ・・・

CLでは結構点とってたし
オーバメヤンがスーパーになっちゃったから
途中出場で流れ変える的な選手でもないから
ってのはわかるけど。
[ 2016/02/22 19:15 ] [ 編集 ]
なるほど、毎試合8万人超の観客で世界一を誇るBVBでも黒字にならないということは、純粋なフースバルの収益ではもはやクラブは賄いきれないんですかね。放映権料でボロ儲けのプレミアみたいなリーグが近隣にあると、選手引き留めのためにはどうしても支出が増えちゃいますよね。何か間違ってる気がするけど。。フースバル人気を高めるには選手や監督の質もどんどん高めなくちゃいけないから、やむを得ないのかな。
しかし、すぐ憶測してしまうんですが(笑)、損金計上して売却額は繰り越しているのなら(トランスファーマルクト ケース)、上半期を赤字に見せたい理由がクラブにはあるんでしょうねぇ、、、入場料値上げ反対騒ぎを受けた理論武装??それとも、下半期に契約延長交渉する選手との交渉ネタ??
[ 2016/02/22 19:22 ] [ 編集 ]
トゥヘルがいろいろ試してますが、このままCLに行くと選手層が薄くて不味いですね。
この話を聞くとチケットの値上げも多少はしょうがないのかな
新たなスポンサーも獲得してもらいたいところです
[ 2016/02/22 19:43 ] [ 編集 ]
管理人様更新お疲れ様です

なるほどー
赤字の原因が謎だったけど
これで解消しました
インモービレの存在
すっかり忘れてましたねw
[ 2016/02/22 19:55 ] [ 編集 ]
やはり経営的な部分で現状以上を目指すのは何とも難しい感じですね。
戦力維持もギリギリっぽいし大型補強で戦力増強なんてのは無理筋かな・・・。

そうなると有望な若手育成は最重要事項。
難しい状況でもライトナー、プリシッチを積極起用するのはそういった背景もありそうですね。

複数ポジ&戦術で生きる選手少ないし登録人数を考慮するとかなりの難問。
戦術、アクシデント対応、モチベ維持、育成、って登録人数もうちょい増やして欲しくなる。
[ 2016/02/22 20:43 ] [ 編集 ]
とんだ置き土産まで残していったね…
[ 2016/02/22 23:56 ] [ 編集 ]
チャンピオンズリーグに出ると1億ユーロ!もらえるのか?
バブルバブルしてるな
[ 2016/02/22 23:57 ] [ 編集 ]
謎だったのがまさかの
インモービレw
存在を忘れてましたw
[ 2016/02/23 00:06 ] [ 編集 ]
ドルトムントほどのクラブですら、たったひとりの選手の移籍金で赤か黒かになるとはシビアですね。
それにしてもCLの収入は大きいですね! それゆえにCLの無し、かつスター選手を手放さなかったこの状況下でこの損失額はマシなのかなぁ…と思わないでもありません。
マンUなんて来季のCL逃すとなるとどのくらいの損失なんだ…。
[ 2016/02/23 01:06 ] [ 編集 ]
マンUは逃したらスポンサー収入が減るだけだよ。
ただ、スポンサー収入が他とはケタ違いだから、ダメージでもない
ドルはスポンサー収入がないのがこれかの課題だろうね。
[ 2016/02/23 07:07 ] [ 編集 ]
ドルトムントが悪いんじゃなくて他のクラブが悪い
バイエルンとドルトムントだけ価値が高くて
2位以下の他のブンデスクラブが弱いから
いつまでもブンデスリーグのブランド価値が上がらない
[ 2016/02/23 12:05 ] [ 編集 ]
ここは大人が意見をしっかり言える唯一の場所だと思い、いつも感謝しています。
こういう話題も変な意見ではなく良い意見が載っているし。
管理人さんがしっかり管理されてるから良質なブログになってると痛感しています。
他の、というか日本では直ぐに関係ない話題からも香川、ドルトムントの悪口が飛び交うしTwitterでも悪意があるものも見られます。
そういう子供みたいなのには辟易してましたが、ここのコメント蘭をみてまた元気になりました。ありがとうございます。
記事に関係ない事を長々すみません。
赤字の件は少し予想してましたが、現実に目の当たりにすると考えものですね。
個人的にはbvbもそろそろ次のステージに行って欲しいのでフロントに頑張って貰いたいです。
先ずはスポンサーからかなと思いますがチームの魅力、強さも更に上げることも大切だと思います。
全ては、結果と内容は収支とチーム力に結び付いてますしループしてると思いますので最近の内容には不満です。
とにかく更に強いドルトムントになってくれる事を期待しています。
[ 2016/02/23 17:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。