ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB対レヴァークーゼンに1:0で勝利!監督が退場拒否で試合中断!ドイツでも大騒動に!選手採点《ドイツの反応》

本日行われましたドルトムント対レヴァークーゼン戦ではBVBが1:0で勝利しましたが、試合中にレヴァークーゼン監督が退場を拒否し、試合が一時中断する場面がありました。このような出来事は非常にめずらしく、ドイツでも早速各紙で話題となっていましたので紹介します。




entry_img_883.jpeg

【ルーア・ナッハリヒテン】


プロとコントラ


試合を中断!ツヴァイヤー(審判の名前)の措置は正しかったか?

ドルトムント:日曜のレヴァークーゼン戦で大スキャンダルが!審判のフェリックス・ツヴァイヤーがロガー・シュミットの声高な苦情に対して退場を命じた。しかしバイヤーの監督はそれを無視した。ツヴァイヤーはそのため試合を中断し、チームに控室へ戻る指示を出した。その9分後に再び笛が吹かれたが、ロガー・シュミットの姿はベンチにはなかった。ツヴァイヤーの措置は正しかっただろうか?

スポンサーリンク




正しかった:審判と言えど、いつも気に入られる必要はない。

フェリックス・ツヴァイヤーが徹底した対処をしたことは尊敬に値する。彼は規則にのっとって、ロガー・シュミットが退場となったことを、キャプテンのキースリングを通して伝えた。このバイヤーの監督が、審判の判断に従う事を拒否したため、ツヴァイヤーはシュミットが競技場の内部(フィールドとベンチを含めた場所)から去るまで試合を中断した。

審判といえども、みんなに気に入られる必要はない。ツヴァイヤーは昨日(注:明日の朝刊のため?)、それをはっきりと示した。シュミットの行いは間違ったものであったが、この一歩は非常に勇気があるものであった。なぜならツヴァイヤーはこれの中断によってブンデスリーガに新たな歴史を刻んだのだから。

20160222015311762.jpeg


監督の行いは品位を落とすものであった。



まず誤解にならないように:BVBのゴールはフリーキックが規則にのっとって行われなかった結果生まれたという、シュミットの審判の決断に対する怒りは理解できる。しかし彼のこの日見せた態度は非常に傲慢で、どのリーガだろうが、こうした態度はふさわしくない。



間違っていた:ツヴァイヤーは必要とされる権威がなかった。

たとえフェリックス・ツヴァイヤーの試合中断を含むロガー・シュミット監督に対する判断が規則的には正しいものだったとしても:このような審判の大スキャンダルは、シュミット同様に、悪い印象を与えるものとなった。

もし審判にフィールド上で起こったことを掌握するための自然な権威がないのであれば、この仕事に相応しくないだろう。ブンデスリーガには審判が傲慢だと言われるには理由がある。




自分の意見を押し通すだけのものが必要

審判は物事を貫徹する能力が必要だ。その点でみればツヴァイヤーは、普通の方法で対処することができず、負けてしまった。さらに第4審判は、恥ずかしいほど自分をコントロールできない監督を抑制すべく、彼にはっきりと退場をわからせるべきであっただろう。ここまでやらなければならなかったことは最悪だ。




【ルーア・ナッハリヒテン】フロリアン・グレーガー

ビュルキ 3
ピスチェク 3
ソクラティス 2.5
フンメルス 2.5
ドゥルム 3.5
ベンダー 4
ギンター 3.5
ミキタリアン 4
ライトナー 4
プリシッチ 4
オバメヤン 3.5
ロイス 3


201602220153136fb.jpeg



【西ドイツアルゲマイネ】

ビュルキ 4
ピスチェク 4
ソクラティス 2
フンメルス 2
ドゥルム 3.5
ベンダー 3
ギンター 3.5
ミキタリアン 3
ライトナー 4.5
プリシッチ 4
オバメヤン 2.5
ロイス 2.5



【ビルト】

ビュルキ 3
ピスチェク 4
ソクラティス 3
フンメルス 2
ドゥルム 3
ベンダー 3
ギンター 4
ミキタリアン 3
ライトナー 3
プリシッチ 4
オバメヤン 2
ロイス 3



20160222015309874.jpeg






以上になります。

今日も勝てて良かったですね。ソクラティスの怪我が心配ですが、ある程度メンバーを入れ替えても勝てたことが良かったです。0:0だったら香川選手の出番があるかと思ったのですが、先制し、ソクラティスの負傷もあったので残念ながら出番はありませんでしたね。ポルト戦での先発を期待します。

さて試合中断ですが、結構な騒ぎになっています。これからスカイ90というトーク番組が始まるので、どうなるか興味津々です。


リスタートの時はあ、やり直しだなと思ったらそのまま流したのでゴールが決まってびっくり。
ちょうど数メートル分レバークーゼンの選手が追いつけてないのがなんとも言えない。

スボティッチのリバポ行きは間違いなんでしょうが、まじで守備陣どうするんだろう
[ 2016/02/22 04:00 ] [ 編集 ]
やっぱり香川でませんでしたね。チチャもいるしプリシッチスタメンでアメリカ向けの興業として生放送でもあったのでしょう。
あと、レーブが来てたのでドイツ代表選考もあった感じで、ドゥルムとギンターは残るといいですね。
ユーロとオリンピックが今年の夏にあるし、ドイツ代表大丈夫?という印象は私でもあるし
審判の感じといいホジソンが視察に来てた試合のファーガソンユナイテッド時代を思い出しましたから、長いシーズンでこういう試合は
あるよな、という感じでしたね。こういう試合は香川が一番経験してるので慣れてるでしょう。

香川はアップ中から他の選手と違って下は短パンで、いつでも投入できるような準備してましたがパパの怪我で
3枚目投入できなかったぽかったですね。

プリシッチ、ライトナーがスタメンなのに、と怒る人もいるかもしれませんが、ライトナーの替わりにでてたら、
香川はプリシッチを使うことができるのでアメリカで勘違いが出てくる可能性もあるので、トゥヘルも結構辛辣なんだな、
と思ってしまいました。
[ 2016/02/22 04:09 ] [ 編集 ]
早速の翻訳有難うございますっ!
判定自体は比較的妥当に見えるものであったにも関わらず、しかもまだ1点差でその後の展開も考えると、シュミット監督の行動もその結果も含めて非難されても仕方ない気がしますね^^;
審判としては...どうなんでしょう、退場宣告などを受け入れなかった場合にどうしたらいいか...は何かしら公式に見解が欲しいですね。ルールブックにはあるんでしょうか...。
強制的に〜とはいかないでしょうし、受け入れなかった方をその時点負けに〜みたいなのは審判自身も望まないでしょうし。
権威が、と言えば微妙な対処な気はしますが悪くない対処なのではないかな〜と中継見てて感じました。相手(ドルトムント)チームまで割を食らっちゃいましたが;
トーク番組での見解も気になります!
そして、結果温存になった香川のポルト戦での活躍に期待っ!!
[ 2016/02/22 04:20 ] [ 編集 ]
結果的にTOがうまくいってるんだけど、ホントに予想できないね毎試合。
そして審判も。ドイツでの反応は管理人さん頼みなので、引き続き宜しくお願いします(_ _)
[ 2016/02/22 04:37 ] [ 編集 ]
あんな措置があるんですね。初めて見ました。
トーク番組かぁ、日本でも試合後にそういうのがあればいいのに。

中盤すっ飛ばしでオンターゲット2って、よく勝てたなぁと、何とも言いがたい試合でした。
守備陣への負担が大きくなってきてますね。
ハノーファー戦後のカストロの表情が気になってたんですけど、まさか連れても行かなかったとは。
そして今日はスボティッチの試合後の様子が気になりました。
出来れば残って欲しいと思っていましたが、試合に出られるところに行った方が選手としては良いですからね。
何がそんなにいけないんでしょうか...必要だと思うんですが。
勝った試合でネガティブになりすぎてすみません。
彼が居なくなると思うと勿体無さと寂しさと残念さが襲ってきてついついヘコんでしまいます。

あと、ギュンドアンが移籍しそうで白目剥きました。
[ 2016/02/22 04:49 ] [ 編集 ]
12月からの4231→勝てない時期→香川「整理したい」→監督と話し合い(内容秘密)
→香川ベンチ外→4231でヘルタと分ける→新フォーメーションに着手して4戦目

とこの流れで、試合終了直後に香川が笑顔でトゥヘルにタッチを求めたのが良かったです。
トゥヘルのプロジェクト意図を理解した上で、香川も一緒に参加できているということでしょう。
香川だけでなくカストロも含めてチーム全体としても気持ちを一つにして一体感が高まっていくと良いのですが…、終盤戦に向けて期待したいところです。今のところ良い感じ。
[ 2016/02/22 05:22 ] [ 編集 ]
全てに於いて酷い試合でしたね。
勿論ドルトムントファンなのですが勝ち点は嬉しいもののレバークーゼンの事を考えると微妙な気持ちです。
今まではこちらが審判による不利が多かったので気持ちは痛いほど解りますし、今年に入って2度目の明らかすぎるミスジャッジによっての勝利は後ろめたささえ感じます。
試合はマッツ、パパ、ミキだけが良かった印象で他はオバも含めかなり酷かったと思います。
あのシステムではプレスが速い相手にはどうしても放り込みになりますし選手もストレスを溜めるでしょうね。
今年は1度もしっかり勝ったという試合がないので、難しいですがアウェーのポルト戦は何としても内容も良い勝利を期待します。
香川にも昨日はパパのケガで準備終わってたのに出れなく休めましたからポルト戦で久々のゴールを期待してます。
あとはパパが重症じゃなきゃ良いなと思っています。
[ 2016/02/22 06:17 ] [ 編集 ]
審判の監査役が常駐し、判定の不服を受け付ける制度なら抗議は有効だが、審判に独裁権が与えられていて、誤審であっても取り消されない。

東芝は、監査制度が在った故に、高度な隠蔽工作を行い、結果的にだれも、現状に対する責任感を無くしてしまった。
[ 2016/02/22 06:24 ] [ 編集 ]
ミスジャッジによって勝ちを拾う試合が増えてきてるし
チームとしてこの方向性で正しいのか疑問がわいてきますね…
[ 2016/02/22 06:34 ] [ 編集 ]
パパスタソプーロスの明らかなハンドを見逃すなど、レバークーゼン側に不利な判定が多かった上で、
リスタートのミス見逃しからの失点でロジャー・シュミット監督の堪忍袋の緒が切れたんでしょう。
やった行為は確かに許されないでしょうけど、気持ちもわかりますし、
説明をすっ飛ばして退場にした審判の責任も大きそう。
特に第四の審判が無能すぎて……
フェラーSDも珍しく自身の怒りをマスコミにぶちまけていましたし、
明日以降も騒動は続きそうです。
[ 2016/02/22 06:35 ] [ 編集 ]
香川はこの試合でなくてよかった。せっかくトゥヘルがセカンドストライカーに戻そうとしてて、ポルト戦でポジショニング
が戻ってきてるのが明らかだったのにこの試合にでてたら、パサーに逆戻りっぽいからよく我慢したよ。
トゥヘルは香川に怒鳴ってるというより、香川に怒鳴ることで周りに意識改革させてるというか香川に打たせろみたいな雰囲気作ってる気もするんだよね。
[ 2016/02/22 06:49 ] [ 編集 ]
選手2人倒れてるのにリスタートするのは、紳士協定に反するし(普通プレーを止めるもの)、リスタートした位置が、選手が倒れている位置からだいぶ遠い(リスタートの場所はアバウトでもいいが、敵が準備できていないリスタートであったら正確な位置で行うべき)。
[ 2016/02/22 07:20 ] [ 編集 ]
スタメンを見た時は驚いたけど(恒例になってきた)、過密日程の中、あのメンバーで勝ち点3を拾えたのはかなり大きいと思います。
トゥヘル恐るべし…という感じです。
このあと中3日でアウェーのポルト戦という事を考えれば、今日は香川は出なくて良かったんじゃないですかね。
レバークーゼンはかなり激しく来ていたし、球際の強度が高い試合でしたからね。
ソクラテスが怪我した事と、古巣相手なのにまさかの2試合連続でベンチ外だったカストロがちょっと心配です。
ミキはまるで疲れ知らずだし、責任感も強くて頼りになる男ですよね。
[ 2016/02/22 07:21 ] [ 編集 ]
管理人さん、
Twitterフォロワー1000突破おめでとうございます!
これからも楽しみにしています。
[ 2016/02/22 07:24 ] [ 編集 ]
真横に上げた右手に当たって向きが変わってゴールラインを割った。当たらなければ枠に入っていた。
スローも出ていて、ライン側には選手がいないから、視界も良い。線審なんかコースが変わったのははっきり見える位置にいた。なんでハンドにならない?

リスタート位置も反則地点よりだいぶ前だった。
自陣からだから、ゴールまでの距離から見れば大きなプラスにんsったわけではないが、転がってきたボールをそこからスタートすることで、時間を稼げたのが大きい。正しい位置まで戻していれば得点はできていない。

ロングボール蹴りあいの守備的試合は戦術だから仕方ないが、つまらなかった。
[ 2016/02/22 07:40 ] [ 編集 ]
せめてハンドは見逃さないで欲しかったです...勝ってもスッキリしないというか。

スタメン選びや交代メンバーで疑問な時がありますが、どんな試合内容であれ、勝ちきるトゥヘルは「持ってる」と思いました
[ 2016/02/22 07:40 ] [ 編集 ]
ものの見事にチームの現状が採点に表れてるというか…
[ 2016/02/22 08:07 ] [ 編集 ]
香川が出ないと試合後は案の定な流れになってしまうけれど、、みんな物凄く体力消耗しながら頑張っていたので素直に勝利を喜びたい。
香川本人も笑顔を見せていたよね。
内容に関しては、中盤にギュンドアンかシャヒンがいない限り 、ああいうサッカーになるのは仕方ないですよね。
レバークーゼンの寄せの速さも素晴らしかったし、かなりタイトだったから。
前半戦の戦い方とは明らかに違ってタフな試合でしたね。

[ 2016/02/22 08:28 ] [ 編集 ]
4-2-4で良いんじゃない?
ってくらいに中盤飛ばしますね。
攻撃力落ち過ぎて魅力を感じなくなりました。
[ 2016/02/22 08:44 ] [ 編集 ]
審判に勝たせて貰っただけの試合内容なのに採点随分甘いなぁ、特にロイス。香川なら決定機外しただけで多分4になるのに(笑)
あと審判の判断が正しいかはともかくとして、あの騒ぎの後の判定は露骨過ぎてやっぱりこの審判は一部で裁く器じゃないなと思います。

しかしつまらないサッカーだなぁ、このサッカー続くようならハイライト見るだけで充分かも。
[ 2016/02/22 08:52 ] [ 編集 ]
シュミットが言いたいことも分かるが退席処分を受けてるのに説明しろって言われたら審判だって試合邪魔するなって怒るわな。
位置が違うってスグに選手が言わなかったからこそ尚更。多少のズレはどんな試合でもある。
多かれ少なかれ、シュミットの行動が後のハンド判定しないカタチに現れた
ホームだからってちょっと考えが甘かったと思うよ
[ 2016/02/22 09:16 ] [ 編集 ]
無失点!ここんとこ気分がいい!
攻撃陣は前半戦のような主力のイメージ共有を見たいところ。実質1-1でもおかしくなかった。
色々と楽しめました。レヴァークーゼンには災難でしたが、ベンダー、後半からのトゥヘルの切り替え、パパ激怒、審判劇場、監督退場。チチャ切れる、ブーイングの嵐。海外サッカーらしく面白く楽しめました。
次はハイボールポンポンではなく中盤の働きが見たいですね。大事な勝ち点でした。
[ 2016/02/22 09:38 ] [ 編集 ]
謎の人件費赤字がヤオだとか色々言われても仕方ないですね、何せ審判のあからさまな贔屓ジャッジ(誤審ではないよ)で勝った試合2回目ですから。ハンドはスアレスの神の手並でしたが見逃されたのでこれだけはいかんですね。ドルにもパパにも太腿怪我という天罰が下っちゃったことのが痛いですね。ムヒは延長交渉プラスした前半戦の香川だと思えば分かりやすいですが試合出れてる間はキツくても絶対にできないとは言わないのが選手ですので2位でいいとした今回のリーグ戦は休ませるべきでしたね。カストロはサイドは構想外で真ん中は失格だから現状メンバー外になっただけです。真ん中で香川にできることが10あるとすれば2できるかどうかでしたから。ギュンは移籍関係でしょうが風邪という発表でベンチ外でカストロは3試合ベンチ外(恐らくプレスに弱いのでポルト戦もスタメンではないですよ)今勝ててるのも相手がTOに慣れてないせいなので慣れれば負けることも多くなります。実際審判が2試合勝たせてますし(まともなジャッジであれば負け試合だった)分かりやすいのは香川が出る時はポゼッションでそれ以外は今回のようなサッカーってこと
[ 2016/02/22 09:40 ] [ 編集 ]
日本では前半戦のようなポゼッションで多数の点を取っていたドルに戻らないかと言う意見が多いように感じます。
現在のドルの戦術は悪く言えば見ていて退屈との意見がこちらでは多数見受けられます
ドイツ国内ではドルの戦術の変更について議論されているのでしょうか?
興味がありますのでもし機会がありましたらよろしくお願いします。
[ 2016/02/22 10:28 ] [ 編集 ]
 審判も人間ですからミスはします。リスタートもかなり自然に行われたので認めてしまったのでしょうね。自陣に不利な誤審があれば抗議もしたくなるでしょう。しかし、指導者たる監督がゲームマスターである審判を無視しては試合が成立しません。レッドカードを無視してプレーを強行した者に同情してはならない。シュミット監督には相応の罰が必要です。

 ソクラティスの怪我は残念。軽い怪我ではない気がします。トゥヘル監督はCB2人をほぼ固定で使ってきている上に、CBの負担が重い戦術を継続してきましたから、怪我人が出るのは時間の問題だったかもしれません。スボティッチにとっては自身の価値を証明する好機到来ですから、スボに頑張ってもらいましょう。
[ 2016/02/22 10:29 ] [ 編集 ]
香川帯同問題含めて、トゥヘルは昨今守備的戦術をチームに植え付けようとしてるみたいですが。
これはローテーションと鑑みたオプションとして考えてるのか、それとも超攻撃的布陣をやめて、ドルのメインの戦術にしようとしてるのか、どうなんでしょうね?
[ 2016/02/22 10:39 ] [ 編集 ]
まあ審判も人間なんで機械判定でもない限りこういう日があるのも仕方ない

それがたまたまドル寄りに転んだだけ

バイエルンも前半戦は審判の誤審で2試合勝ってるからね
[ 2016/02/22 10:49 ] [ 編集 ]
あのハンドはあきらかに手を広げて塞いでいたし、線審からよく見える位置のはず
主審も線審に確認したのかな?
退場の場面も主審は監督に直せず言わず、伝言ゲームのようにしていた。
監督も???と思って戸惑っていたのでは?
退場にするなら直接言うべきじゃないの?見逃しただけかな?
なにか監督も選手も何が起きてるのかよく分からず主審だけが怒って引き上げるという
周りも見てる方もあっけにとられてしまった。
試合も退屈な試合、レバが必死なのが救いで楽しめたぐらい
素人にはよくわからないがこれでいいのかな?
ギュンドガンもホントに体調不良なのか?復帰したらベンチ外になったことがよくわからない・・・なんて言ったりしてw
[ 2016/02/22 11:47 ] [ 編集 ]
審判の件やったことは正しい事かもしれないけどその抗議された原因がね
ハンド見逃し含めて誤審2つで審判がゲーム作っちゃってる一番ダメな試合だった
勝っても負けても審判のせいで決まった試合はすっきりないからね
[ 2016/02/22 12:03 ] [ 編集 ]
トゥヘルもビデオ判定は賛成って言ってなかったっけ?w まぁジャッジに関してトゥヘルのせいじゃないけどさ。今年のドルトムントは話題が尽きないねぇw
[ 2016/02/22 12:08 ] [ 編集 ]
ようやくトゥヘル無能だの許せんだのの叩きが終わって安心して見れてます。

ミキ出続けてると思うのですが大丈夫かな。
昨シーズンと見違えるほど生き生きしてて、いい選手だったんだなぁと。フンさんに怒鳴られてたのが懐かしいです。
代理人が曲者だけどフンさんもミキも残ってほしいなぁ!
[ 2016/02/22 13:07 ] [ 編集 ]
ギュンの移籍が心配されていますが、前線の3人も心配ですね。
3人とも残ってくれるといいのですが。。。そろそろドルも草刈場から脱却してほしいです。
トゥヘルもより高いレベルのチーム作りをし始めているようですし。。。
[ 2016/02/22 14:14 ] [ 編集 ]
クイックリスタートされそうになったら相手側のだれかが前に立つとかわざとボールにさわって邪魔するとかJでもふつうにやってるのにレヴァークーゼンの選手の意識が低いだけ。監督ともども前半からうまくいかないからといって些細なことでレフェリーにクレームしすぎ。ブラジル人曰く、戦う相手を間違えるな 審判とは戦わずに味方にしろ。
[ 2016/02/22 14:31 ] [ 編集 ]
ラッキーな勝ち方なのでモヤモヤ感いっぱいですご、守備が改善されているのはポジティブに捉えたいです。あと、香川がビルドや日本のメディアでトゥヘルとの不仲説を払拭したことは非常によかったですし、コメントを聞いていても「もっと上のレベルにいくんだ」という静かなる闘志を感じました。それが嬉しかったですね。
[ 2016/02/22 21:22 ] [ 編集 ]
ちなみに、ヘルタ戦ベンチ外の後に、香川選手の方から監督に理由を聞きにいってます。
本人がTVのインタで答えてました。インタの時の香川選手の表情が微妙でしたけど
姿勢がなってない!って事は言われたそうです。
ここ最近やっと練習風景での笑顔とか見られるようになって安心しました。
誰にも言えないいろんな事を受け入れてるんだろうなあって!勝手に思ってますが
前半戦はこれでもかって位に酷使されてたので、少しのお休み貰えてるのかな?
なんて都合のいい解釈をして少し気持ちが楽になった自分がいます
クロップ監督がいたから戻ってきた!って香川選手の言葉を考えると、ちょっと寂しい気持ちにもなり
でも信頼してくれるチームメイトや、家族のように愛してくれるドルサポがいるから大丈夫!
[ 2016/02/23 00:12 ] [ 編集 ]
先週は忙しくてやっとポルト戦とレバークーゼン戦を見ましたが、ニッチもサッチもいかないチームに成り果てましたね。先ずパスがつながらない、中盤の仕事はディフェンスがメインでボールを持ったら何をどうしたらいいのかわからない。フンメルス頼みのロングボール戦術。「守備が安定した」と言えば聞こえはいいが結局は守っているだけで攻め手がない。前半戦のワクワクするようなドルトムントは何処へやら。あ、香川選手は迷わずクロップの元へ行くことを勧めます。このままギュンドアンもいなくなれば更に中盤省略のフットボールになるのがはっきりしてますから。
[ 2016/02/23 17:41 ] [ 編集 ]
後半戦、7戦6勝は素晴らしいと思います。
まだ2失点なのも自信に繋がると思いますし。
ポルト戦を挟んだ後は、ホッフェンハイム、ダルムシュタット、バイエルンと3連戦が続きますが、前半戦はこの3チームに勝てず、失速してしまいましたね。
ローテーションしながら勝ちを取れたらかなり大きいですね。
[ 2016/02/23 20:36 ] [ 編集 ]
新システムになってから誤審での勝利がインゴルシュタット戦とこの試合で2試合目ですか・・
すっきりしない試合が増えてますね
このままでいいのでしょうか・・
[ 2016/02/23 23:55 ] [ 編集 ]
解説の山口や下田アナも言ってたけど、これだけターンオーバーしても勝てるんだから、そりゃドルトムントは強いよね。
ELのグループリーグを戦ってた頃は、ちょっとでもメンバーをイジったら勝てなくてヤバかったのを思うと、トゥヘルはうまく作り上げてると思う。
守備の次は攻撃だね。
ポルト戦楽しみ!
[ 2016/02/24 06:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。