ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB、ポルトに勝利で次ラウンドへ!ドイツ紙香川寸評とBVB選手採点まとめ《ドイツの反応》

昨日行われましたポルト対BVB戦の寸評と採点になります。






entry_img_887.jpeg


【フスバール・トランスファー】


ビュルキ 2
このスイス人は長い間試されることはなかったが、前半終了間際にはバレーラの危険なヘディングを阻止し、相手の先制を防いだ。それ以外は良いパフォーマンスを見せ、落ちついたオーラを出していた。


ギンター 3.5
ここ最近守備的中盤で出場していたがポルト戦では再び右サイドバックで出場した。攻撃に関してはかなり控えめだったが、良いポジショニングと、一対一では賢さを見せ、彼のサイドをしっかり締めた。

スポンサーリンク




ベンダー 3
このアイアン・マンはいつものように守備の一対一は力強かった。フンメルスが交代となった後で、彼は左側でプレーし、そこでは試合の組み立ての責任も担った。



フンメルス 3.5
前半の組み立てはこのキャプテンから行われることがほとんどだった。しかし彼の前線へのパスが通ることはあまりなかった。しかし守備においては危険になることをまねかずに機能していた。



シュメルツァー 2.5
この信頼できる男はいつものように左サイドでプレーし、ロイスの後ろに待機し、何度も前へとあがった。この左サイドの良いパフォーマンス。




ヴァイグル 3
何よりも後半のボールの安定さにおいては素晴らしかった。このヤングスターは相手中盤に抑えられスペースがなかったにも関わらず、スペースに顔を出し、危険を犯すことなくボールをさばいた。



ギュンドガン 2
後半から控室で休むことを許された。その前はこの中盤のモーターはBVBベストの選手だった。つねに試合に関与し、良く走り前線に賢いパスを送った。


20160226181714a34.jpeg



ミキタリアン 2
先制点へと導いたのは彼のひらめきだった。まったくフリーだったロイスへ直接パスし、ロイスはカシーヤスに敗れたが、オバメヤンが決めた。このアルメニア人は試合全般にわたって何度も素晴らしいテクニックを披露し、彼のテンポの輝きを見せた。




香川 3.5
この働き者の日本人は、前半はBVBの攻撃陣の中でもいくらか目立たなかった。より多くのスペースができてからは、何度か良い動きを見せ、試合により多くの安定をもたらした。


201602261815001dc.jpeg



ロイス 3
この代表は彼の状態が良いことを、輝くことはなかったが証明した。シュメルツァーと力強いコンビネーションを見せ、守備においても熱心で、先制点の大部分に関与した。70分には今日の仕事は終了。




オバメヤン 2.5
このガボン人は前半は大部分において消えていたが、必要な時はその場にいた。オフサイドポジションからカシーヤスを超えてバー直撃のシュートを放ち、後半は何度も右から駆け上がり、ポルトのディフェンスが手を焼くことになった。



ズボティッチ 3.5
フンメルスと交代。ひとつのボールロストを除いては手堅い出来。ズボティッチは必要とされれば準備ができていることをまたしても証明した。




シャヒン 3.5
ギュンドガンと交代。自陣でボールをもらい、試合をコントロールしようと試みた。だいたいうまくいったと言える。60分ごろに彼がファールで黄色をもらったのは幸運だった。




【ルーア・ナッハリヒテン】
 マティアス・デルシュ


ビュルキ 2

ギンター 3.5

ベンダー 2.0

フンメルス 3.0

シュメルツァー 2.5

ヴァイグル 4

ギュンドガン 4

ミキタリアン 2.5

オバメヤン 3

ロイス 3.5

ズボティッチ 3

シャヒン 3.5

香川 3.5

ポルトが気前よくこの日本人に多くのスペースを与えた。そして彼はそこから最高のものを引き出そうと試みた。しかしここ最近のベンチとスタメンの行き来で、彼にリズムが欠けていることが見て取れた。



2016022618171593f.jpeg




【西ドイツアルゲマイネ新聞】マリアン・ラスケ

ビュルキ 2

ギンター 3.5

ベンダー 3

フンメルス 3.5

シュメルツァー 2.5

ヴァイグル 4

ギュンドガン 2.5

ミキタリアン 2.5

オバメヤン 3.5

ロイス 3.5

ズボティッチ 3.5

シャヒン 4

香川 4

1:0の場面はドルトムントの攻撃陣全員がゴールに絡んだ。香川真司を除いては。そしてそれがこの日本人の前半のパフォーマンスを良く表している:目立たない。後半は明らかにより多くの攻撃に絡んだ。しかし、香川はトゥヘルの下で前半に見せた姿を思い出させるには至らなかった。残念。



201602261814589c6.jpeg





以上になります。

管理人は昨日ちょうど試合の最中にデュッセルドルフからドレスデン行の飛行機の中にいました。帰ってきたからテレビをつけたら82分ぐらいで、ほとんど試合は見れませんでした。とにかく勝ってよかったですね。

ギュンドガンの評価が分かれているようですね。悪かったから交代されたのか、それとも温存なのか、それによって印象も変わるようです。フンメルスは休ませることができて良かったと思います。

西ドイツアルゲマイネ新聞の採点ですが、ここのところ採点者が毎回変わるようになりました。個人的には残念です。今までは一人の人が採点していましたので、良くも悪くも特徴がありましたが、3人ぐらいで交互に採点すると、視点もバラバラになり新聞としての特徴はほとんどなくなってしまいますね。とはいってもスポーツ専門紙ではなく、あくまでごく一般的な新聞なのですが・・。


今のトゥヘルに前半戦の頃のプレー見せたらダメでしょ
干されるだけじゃん
[ 2016/02/26 19:19 ] [ 編集 ]
ギュンは香川なら5が付くぐらいのパフォーマンスでしたよ
ウィルスの影響からまだ回復してないのかなと思いましたが・・・
2はさすがに試合見てないか何らかの力が働いているのでは
[ 2016/02/26 19:28 ] [ 編集 ]
1点取ったらほぼ勝ちっていうゲームだったのでみんな結構気楽にやってたけどね(笑)実際、1点取ったらポルトだけじゃなくレフェリーまで適当にやってた(笑)やたらオフサイド取ったりしてね。ドルトムントもゲーゲンやってただけであとは適当に流していた。まあ、まだR32なんで全開のサッカー見れんのは後二つくらい勝たないとね。

ゲーム内容は徐々に良くなってきてるとは思う。後半戦開始直後なんかボール持っても6人でブロック組んだりしてたけど、今は3バックで5人で組んでる。その分だけ、チームの重心が前にかかってカウンター狙いとポゼッションが両立できつつあるように見受けられます。前と後ろの間あいちゃうのもほぼなくなった。上手いこと行けば決勝まで行けるかなという感じです。
[ 2016/02/26 19:43 ] [ 編集 ]
ごく一般的な新聞でも採点する記者が3人いるってすごいな
[ 2016/02/26 19:54 ] [ 編集 ]
チームの状態があまり良くないのは、誰のせい?シーズンの前半とても良かったのに。オバメヤンが点を取れなかったのは、香川真司のパフォーマンスが良くなかったからなのか?シーズン前半に、あれだけアシストしていたのに。じゃ、香川真司のパフォーマンスが落ちているのは、いったい誰のせいなのか?香川真司選手自身のせいか?チーム全体のパフォーマンスが落ちているのは誰のせいなのか? と、書かざるおえない。
[ 2016/02/26 20:06 ] [ 編集 ]
フンメルスは怪我で交代ですね。ギュンは単純にパフォーマンスが悪かったから交代させた、とトゥヘルは試合後に言ってました。
香川は動きはよかったけどボール入らねえな、という感じで目立たないから採点低いだろうな、と
予想してましたが、香川個人に関しては難しいタスクですがアジアカップで骨折した後、トップフォームに戻す過程を見守ってくれたチームで、
進んでる方向は間違ってないと思ってるので採点とかは気にならなくなりました。

ただ試合ごとのローテーションとかフォーメーション変更を経験してるのが香川しかいないので、
チームとしてはなんか戸惑ってる状況に感じます。
フトチャンが試合後の香川のコメント改変してましたが、香川は難しい状況だし監督はミスに対して厳しいけど
必要以上にネガティブにとらえる必要はないんじゃね?勝ったからポジティブに考えるべき、とか言ってたので
採点とか日本のマスコミの寸評とかいちいち気にするほどでもないような図太さを感じました
[ 2016/02/26 20:10 ] [ 編集 ]
すごい分かれるとは思いました。
でも香川は目立ちはしませんでしたがスタッツも前線では一番良いし今年の中ではかなり良い方だとおもいました。
ギュンはトゥヘルが悪かったから替えたと明言しましたね。そこまで悪くも感じませんでしたけど。
今日の採点で記事のサッカー観がわかりますね。
どんな評価をしようと個性だと思いますし、こちらも自分で観たもの、感じたものを大切にすれば良いと思いますし参考程度ですかね(^^)
とは言うものの、香川が日本のインタビューでチームの内情、今のトゥヘルと自身含めチームメイトの関係に及ぶようなことを話しました。
日本ですらもう軽く誤解をされてますし、ネットニュースとかは面白おかしくタイトルをつけて煽ってます。
本当に嘆かわしいことですが多分、ドイツにもスグに伝わると思います。
是非、現地の反応を知りたいのでお時間ありましたらアップしてくださると有り難いです。
やはり香川含め多くの選手はトゥヘルのやり方には少し納得がいってないようで苦しんでいるように感じました。
和解は最初からフェイクだと思ってましたがやっぱりでした。
これからが本当に心配です。
早くまた楽しくて強いドルトムントに戻って貰いたいです。
[ 2016/02/26 20:15 ] [ 編集 ]
日本で試合後、以下のような香川のコメントが出てます。


「中途半端にやっちゃうと、結局厳しいところでボールを受けざるを得なかったり、なかなか自分の良さを発揮しにくかったりする。(どこで受けるか)その判断はチームの戦い方を見て、もっと流動的にやっていきたいですけど、監督は『ここ(中央)にいろ』と強く言う。それも大事ですけど、自分で判断していかないといけないですね」

「ここのトップ下は難しいですね、正直」

「ローテーションというか、メンバーをすぐ変えますし、フォーメーションも変えたりしてる中で勝ち続けているので、監督としてはその(流動的な)スタンスを続けていきたいというのはあると思う。だけど選手としては、戦い方に順応していく時間も必要だし、そういうところの難しさを感じています」


ht tp://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2016/02/26/el16/index3.php

以上のコメント以外にも監督の要求はとても細かくチームはナーバスになっているという旨のコメントもありました。

これらの香川のコメントは、多くの人(ドイツ人含めて)が予想してた通りのことをトゥヘルが行っていることが明るみになった重要なコメントだと思います。
香川が急に下がらなくなって動きがおかしくなり、ドルトムントが前半戦のようなアイディアあるドルトムントらしい攻めができなくなってしまった背景がコメントからわかります。

また、現在冷遇されているカストロのヘルタベルリン戦での青ざめた表情などの理由もここからわかります。

リーグ最下位のチームに対してチーム全体で非常に積極的にいきながらも、どこか固く余裕がなくギリギリで勝ったこの前の試合も、全て納得がいきます。

ドルトムントのチーム全体がどこか動きや連携などがおかしい・ぎこちない感じが伝わってきており、本当に前半戦の同じチームなのか?と思ってきましたが、全部に合点がいったと思います。

この香川のコメントはドイツではどのように報道されているでしょうか?
[ 2016/02/26 20:15 ] [ 編集 ]
香川は悪くない印象でしたが前半戦のイメージで観ると割れるのも仕方ないですね。
個人的にはかなり難しい事をこなしてるので好印象ですけど・・・。

ギュンドガンは得点に絡んで良さも見せたけど全体的には悪かった感じでしたね。
各自のプレー精度は全体的にいまひとつという印象ですが、チーム全体としては良くなってると感じてます。

もっと良くなりそうで楽しみですね。

しかし人気拡大を考えると、魅力が落ちてる気がするのは少し気になります・・・。
[ 2016/02/26 21:16 ] [ 編集 ]
兎に角移籍後に希望してるポジで起用して欲しいからとトップ下まで入り込んでチャンスを摘む数名の選手はそんなアピールする前にパスの精度悪いのを直して欲しいってのが感想です。ヴァイグルと香川とロイスとオバメは厳しい状況でチームの為にやってたので印象は良いです。
[ 2016/02/26 21:23 ] [ 編集 ]
ドルのトップ下は誰も輝きませんね。カストロもライトナーもトップ下に入ると目立たなくなり採点も低くなります。そして調子を落とすパターンのような‥…
採点する人はそのあたりの事を深くつきとめて評価してほしいですね‥…
でも、その中でも香川選手は順応しようと努力してるし、できると思ってます。
今のドルの選手の中で一番いろんな事を経験してきているから、いちばん強い心を持っていると思ってます。そろそろアシストやゴールという目に見える結果も出てくるんじゃないでしょうか。だから、トゥヘルはどうか香川選手を信じて使い続けてほしい。あまり選手を弄りすぎてモチベ下げないようにしてほしい。
[ 2016/02/26 21:52 ] [ 編集 ]
トゥヘルは自分の中では終わった監督です。
ドル好きとしては優秀な選手には出ていってほしくはないのですが、トゥヘルの元では腐ってしまうし、愛着もありますので、ドルを出て活躍してほしいと思っています。
男気見せたロイスが不憫ですし、計画性のない監督を連れてきたフロントにも責任があると思います。
ギュンドアン、香川、フンメルス、オーバメヤン、ロイス、ヴァイグルあたりはすぐにでも移籍すべきだと思います。
[ 2016/02/26 21:53 ] [ 編集 ]
ポルト戦後の取材
香川「もっとできるって意味では、できる。ポジションが今はいろいろ変わったりして、チームのやり方も少し定まらない感じはしている。あとは、ミスが続いたときに、監督が結構強く要求する分、みんながネガティブになるのは多く見られるんで、それが課題かなと」

やっぱりというか、チームの雰囲気は悪そう・・・
[ 2016/02/26 21:59 ] [ 編集 ]
前半戦とはポジションも戦術も違うのに、ずっと同じ基準で評価されていますね、香川は。
新戦術のトップ下に適応できそうなのは今のところ香川しかいないし、トゥヘルの望むプレーができていれば試合には出られるでしょうが、IHの時と同じ基準で採点されると低評価にしかならない気がします。
[ 2016/02/26 23:11 ] [ 編集 ]
全然関係なくて申し訳ないのですが、監督の「お山の大将」のような得意気な表情が全く持って耐えられません。昨夜の彼は余裕しゃくしゃくであまりにも子供じみていて、、、、。「俺が!」が鼻についてどう考えても好感が持てません。非論理的ですみません。このサイトへの投稿にはふさわしくないですね。
[ 2016/02/26 23:45 ] [ 編集 ]
そんなにチーム状態悪いですか?
失点も凄い減ってるし、香川だってシュート数増えてますよ。パス出す香川より、タイトル時のボックス内で魅せてた頃の方が個人的に好きです。
あと、3点取られて4点取るサッカーは見ていて面白いけどよくないですよね。リーグ制覇するチームは守備の安定は必須なのは間違い無いわけで。そこに取り組むと、得点力下がるのは仕様がないと思います。MSNとか銀河系とかのチームはまた別格ですが。
戦術変え始めたり、香川ベンチ外になった頃は驚いたけど、ポルト戦見ててうまくいってるかもって思いました。
[ 2016/02/27 00:38 ] [ 編集 ]
自分は見れてないんですが、去年みたいな…とりわけ縦関係がうまくいってない良くない時のトップ下香川だったみたいですね。ただ、以前も投稿しましたけどトゥヘルは去年のトップ下香川を結構評価してるらしいんで…もう、訳わからん状態です(笑) 個人的にはドル1、2年目や今シーズンの頭(バイエルン前まで)のようなワクワク感はなくなっちゃったな。日本人として香川どうこうも気にはなりますけど、とにかくドルトムントがね……。
[ 2016/02/27 00:39 ] [ 編集 ]
次はよりによってトッテナムかよ。くじ運ないな…
[ 2016/02/27 01:01 ] [ 編集 ]
前半は全く試合に絡んで行けてなかった。バックパスもミス多いし、後半は交代させられるかと思った。
後半は良くなったけど、とにかく味方とのリズムが合って無くて、何かできる雰囲気もなかったなーオフサイドのいい場面もあったがこれもタイミングがずれてた
チーム全体が良くなかった。全体的にゆっくり攻めて危険を冒さない戦略だったのかな?
[ 2016/02/27 01:31 ] [ 編集 ]
最近現地マスコミの採点が信じられなくなってきました。ドイツといい、イタリアといい・・・。本当に試合を全部通して観たとは思えないものが多々。カッチリとした評論というよりは娯楽にちかいものなんですかね?それならまだ許せる気がしますが。
[ 2016/02/27 02:54 ] [ 編集 ]
トゥヘルは試合後香川の頭撫でてたしああいうプレイをしてほしいんだろう
香川もゴールやアシストのことだけ考えてがんばれ
[ 2016/02/27 04:10 ] [ 編集 ]
ギュンの採点おかしいやろwwww
パスミスしまくりやんけ
[ 2016/02/27 04:56 ] [ 編集 ]
この試合の後のトゥヘルの香川に対する態度を見ていたら、彼が監督の要求に十分応えていたのが分かる。(まあ、それが香川にとって良いか悪いかは別として。)監督の戦術を守ったことでメディアの評価が悪いというのであればそれは選手の責任ではない。むしろ記者は何を見ていたのかというレベル。前半戦のような活躍を期待するなら前半戦の戦術を使えと。後半戦になって良くなった選手は一人もいない、むしろみんなお互いの動きがぎくしゃくしていて、連動性のかけらもなくなった。ロイスなんか常にイライラしている感じ。でもこれも監督の戦術なのだから選手に言っても仕方がない。
[ 2016/02/27 05:29 ] [ 編集 ]
>あと、3点取られて4点取るサッカーは見ていて面白いけどよくないですよね。
イメージで語りすぎ、守備がそこまでガバガバだったわけじゃない
今シーズン3点以上取られたのなんてELアウェーのオッド戦……カストロSB起用で3点取られてから4点取り返して逆転した試合と、バイエルン相手に戦術をいじってボコボコにされた試合しかない
総得失点数で見ても56得点11失点のバイエルンが少し異常なだけ
それと、リーグ制覇するためには"得点力を高いレベルで維持したまま"守備を安定させる必要があるのであって、攻撃力を大きく犠牲にして守備力を手に入れても何の意味もない
[ 2016/02/27 08:02 ] [ 編集 ]
実際に下がるなってのはトゥヘルの指示みたいですし、結果、前半戦の流動的な動きを封じてるのもトゥヘル。
キーパーから繋いで攻撃したいのなら前半戦のように流動的に動いて回していく方が可能性は高い。
ポジションをちょこちょこ変えられて、チーム全体が戸惑ってる。
[ 2016/02/27 10:17 ] [ 編集 ]
選手が窮屈そうで見てるこっちも何だかテンション上がらない....というのが正直なところ。
でも失点を減らすのは大事だし、前半の戦い方は対策されていたし今の状況は必然なのでは?
細かいダメ出しに対応しつつ、ここは!ってところで自分の判断で動くというせめぎ合いですね。
個人的希望だけど、もう少しで香川選手が以前のトップ下っぽく得点し始めると思っています。監督がそれを取り戻すように仕向けてくれているのは、とてもありがたいことだと思う。
ただトゥへルは選手を守る感じがあんまりないから残念感がある。どよんとしちゃいますね。
[ 2016/02/27 10:32 ] [ 編集 ]
香川がベンチ外になった頃はどうなるかと思ってましたが、ここ最近の使われ方を見て少しずつではありますが信頼されてきてるのかなと…香川も戦術、選手起用で色々思う事あるでしょうが…個人的な意見ですが、強くなったなとつくづく思いました。もちろん決して弱いとも思ってませんが、しっかりチーム内を見て、自分の役割、監督の意図を把握してるように感じました。香川の理想とは全く逆に動いているのかなとは思いますが、やはり試合にでてなんぼなのです。そして勝利!その難しい中でも輝ける香川をみたいす。自分も監督のやり方には不満はありますが、ここを乗り切れば香川も一皮むけるような気がします。このポルト戦での香川は良かったと思います。うっすらですが遥か遠くに光が見えたのは自分だけでしょうか…
あと、シュート練習をもっとしてくれ!
[ 2016/02/27 11:59 ] [ 編集 ]
私はこの試合での香川のトップ下の動きはかなり良くなっていると思いました。あとトゥヘルの試合後の香川に対する態度をみると、トゥヘルとの関係は良いと思うし香川に関してはパフォーマンスに満足していたように思います。トゥヘルはムヒとかと違って、香川には満足のいくパフォーマンスをした時にしかこういう態度を示してません。もともと香川もトゥヘルに対してはクロップと違って一歩引いたところがあったので、お互いの理解は前より全然いいと思います。

香川の発言についてですがいつものことでネットの一部記事でかなり歪曲されてるし憶測されてるような監督批判や確執ではないと思います。少なくとも有料サイトのインタビュー全文を読めば心配することではないかと。ネットの記事を総合的にみても、香川は監督に厳しくミスについて言われても試合に勝ってるんだからあまり気にせずにメンタル面をポジティブに保つことが課題と言ってるわけで、香川本人はトゥヘルと話し合いを持ったこともありあまり気にしてないんじゃないかと思います。気にしてる選手もいるだろうからそこが課題という感じですかね。これはトゥヘルのマインツ時代と同じです。岡崎はしょっ中怒鳴られても気にしてなさそうでしたが萎縮した他の選手の提案で話し合いを持ったようなことを言っていました。チームで問題が出ればその都度解決していくのはどのチームも一緒だと思うし、少なくともトゥヘルは選手の気持ちを全く聞かないようなタイプではないと思います。

あまり詳しく書けませんが、監督の指示に関しては記者から香川の位置についてこうしたらよかったのではと聞かれて、それに同意する形でもう少し流動的にということでした。他にも自分たち選手が監督の指示通りにできなかった理由を説明してそこは選手間のコミュニケーションの問題を話してました。あとメンバー落ちや変更についても香川は選手として対応が難しいけど乗り越えないとと言ってると自分はとりました。ドイツメディアに香川の発言が書かれて香川の立場がまた悪くなると思っている人たちもいるようですが、クロップとだって全選手が関係が良かったわけではないですし、対応が遅かったのもありましたが今までも選手と監督やクラブが話し合って対応してますから大丈夫だと思います。
[ 2016/02/27 12:29 ] [ 編集 ]
牛丼の最低オカシクナイ?
なんであれで2なの?
チーム最低の4でもいいくらいだと思う。
[ 2016/02/27 12:52 ] [ 編集 ]
幾ら何でも結論を急ぎ過ぎている
トゥヘルとドルトムントのチャレンジに与えられた時間は多い、試合を重ねる毎に連携も次第に取れて来るだろう

前半戦に見せたような守備を改善しなければチームが安定した成績を残せないことは確かだ
[ 2016/02/27 13:35 ] [ 編集 ]
皆さんが試合終了時、監督が香川の頭を撫でてるシーンの事を書かれてるのですが、いくら探してもなく…もしよろしければどの辺りか教えてもらえないでしょうか…よろしくお願いします。
[ 2016/02/27 17:55 ] [ 編集 ]
〉守備がそこまでガバガバだったたわけじゃない

ブンデスの中ではじゃない?
他リーグでも守備に重きを置くチーム多いですよ。
上位はだいたい失点少ないし、内容悪くても勝ちきる。
以前はフンメルスかなり叩かれてたりしましたね。
[ 2016/02/27 18:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。