ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

キッカー「トゥヘルがカストロをあきらめた事で沸き起こる疑問」《ドイツの反応

23日にキッカーに掲載された記事になります。






【キッカー】

成功がドルトムントの監督を正当化

トゥヘルがカストロをあきらめた事で沸き起こる疑問

201602270530116b8.jpeg

月曜日にゴンザロ・カストロは再びフィールド上に姿を現した。そしてこのボルシアのミッドフィルダーのトレーニングでの雰囲気は限界に近いものだったようである(注:限界を超えない程度というニュアンスで、“まあまあ”といった感じで使われる言葉だが、文脈から限界近くと訳しました。)。それは天気が悪かったからではなく、トーマス・トゥヘルにあまり尊重されていないためである。そしてこれが議論を巻き起こす。(注:これによって疑問が湧いてくる。)

スポンサーリンク



レヴァークーゼンの監督ロガー・シュミットと審判のフェリックス・ツヴァイアーの茶番劇のせいで、日曜日にカストロがまたしてもベンチ外となったことがいくらか目立たなくなってしまった。BVB監督トーマス・トゥヘルはホームでのポルト戦(2:0)での試合に続き、彼をあきらめたのだ。1:0で勝利したレヴァークーゼン戦ではイルカイ・ギュンドガンが病欠し、ポルト戦でカムバックを果たしていたヌリ・シャヒンが温存されたにも関わらずである。


そのため中盤での必要性は十分にあったのだが、それでもカストロのための席はなかった。スタメンにも、ベンチにも。そしてそれは考えさせられる。


なぜなら昨夏、レヴァークーゼンからドルトムントに移籍し、チームに馴染むのにいくらか苦労したカストロは、月曜日のトレーニングには再び顔を出していたからだ。これによって病気や負傷が2戦連続となるベンチ外の理由ではないことがはっきりした。それよりもカストロのここ最近のごく平凡なパフォーマンス(グラートバッハ採点4、インゴルシュタット4、ベルリン4、ハノーファー4)が決定的な要因となったのだろう。“一番はパフォーマンスが原因だね。”とスポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクは認めている。


トゥヘルはベンダー、ギンター、ライトナーを優先


それに加えてトゥヘルはレヴァークーゼンの中央での頑強さを理由に挙げている。“もし一対一で、こちらに落ち着きを与えず、フィジカルの限界さまでを要求してくるチームがあるとすれば、それはレヴァークーゼンだ。”と試合前にトゥヘルは語っていた。監督の考えに基づけばギンターとズヴェン・ベンダーのほうがよりあっているだろう。これまで負傷離脱していたベンダーはまだトップの状態ではないが。


しかし前半戦でなんの役割もはたさなかったモーリッツ・ライトナーも同様にカストロよりも優先されたことはあまり理解できないことである。しかも元シュトゥットガルトのこの選手はまったく説得力のあるプレーを見せられなかった(キッカー採点5)。そしてそれと同様の事はヤングスターのクリスチャン・プリシッチにも言えるだろう。トゥヘルがそのスピードを評価しているプリシッチはカストロがすでにプレーしていたサイドで出場するチャンスを得たのだ。(管理人補足:プリシッチも採点5)


戦術面を考慮すれば、カストロのスタメンをあきらめることはまだ理解できるだろう。しかしすでにレヴァークーゼン戦で16年間もプレーしていたカストロをベンチにも入れないのは非常に理解しがたいし、こうなると、トゥヘルが彼を2回続けてベンチ外としたのは、彼のトレーニングでのパフォーマンスに満足していないからに違いない、と考えるしかない。



トゥヘル:“決断は永遠のものではない。”


レヴァークーゼン戦の前の土曜日に、ドルトムントの監督は記者会見でチーム内での競争について全体的に語っている。競争は非常に高いもので、誰でもそうなる可能性はあるようである。


“もちろん選手にとっては理由がはっきりしたものでなければならないし、こうした決断は理解されるものでなければならない。でもみんながこうした決断を受け入れることも重要だよ。”とトゥヘルは説明し、さらに“こうした決断は永遠のものではないよ。”と強調した。


 これは香川の例を思い出させる。香川はベルリンではベンチ外となり、同様に多くの議論を巻き起こしていた。しかしカストロの場合とは異なり、この日本人はたった一度試合を休んだだけで、すぐに戻ってき、それによってこうした議論もすぐに止んでいたのだ。


 ドルトムントがカストロなしでもポルトとレヴァークーゼンに勝利したのは事実であるし、スポーツではこうした結果が一番大事だ。でも、もしトゥヘルがカストロをレヴァークーゼンに連れていき、少しでもプレーさせていれば香川の時のような流れとなっただろう。さらにレヴァークーゼンとの十分なポイント差を考えればカストロをベンチに入れることはまったく危険な事ではなかっただろうと考えるのが一般的だろう。トゥヘルはどうやらまったく違った見方をしているようだ。次の木曜日にはELでポルトと対戦するが、おそらくそれまではカストロが今度はベンチ入りするかどうかがテーマとなるだろう。







以上です。

結果は大事ですが、プレーするのは人間です。やはりどんなに厳しいプロの世界であっても人情の入る余地はあってほしいものだと思います。長年ブンデスリーガを見てきたキッカーの意見も割と人情的なものですね。やはり16年間プレーしていた古巣との試合に連れて行かない、という考えをあえて選択する必要があるのかどうかは議論されるべきことのような気がします。現実的にはドルトムントの選手層はそこまで厚くはないですからね。

トゥヘルが戦術を意識したスタメンを選んでいるのは事実ですし、後半戦はうまくいっています。しかし“本物の愛”をスローガンにかかげるドルトムントには、人情の入る余地は残しておいてもらいたいですね。



【おまけ今日のドイツ】


201602270531554e4.jpeg


日本人が多いデュッセルドルフには日本人美容師がいる美容院もあります。顧客の殆どが日本人だそうです。
[ 2016/02/27 06:00 ] カストロ | TB(-) | CM(47)
負けだしたら一気に責任取らされちゃうねこりゃ...
[ 2016/02/27 06:11 ] [ 編集 ]
結果残してるから文句は言えないかもだけど単純に見てて面白いサッカーではなくなってるよね
香川やカストロ外してもいいけどもうちょっといいサッカー見せて欲しいな
[ 2016/02/27 06:38 ] [ 編集 ]
ここまでのトゥヘルの采配を見ていると
落としたくない試合にはクロップ時代の戦術とメンバーを使い
結果的に勝ち点が拾えれば良いという試合には、自分なりの戦術とメンバーを試しているように見える。
1位と3位との間とで勝ち点差が広がってしまったのがその原因だと思うけど
リーグ戦はもう2位確保に焦点を当て、来期以降のことを考えて色々と試しているんじゃないのかな。
合理的と言えば合理的なのは間違い。

ただ、チームの雰囲気はあまり良くないように見える。
ELでスパーズに負けたら、ガタガタっと崩れるかも知れんよ。
[ 2016/02/27 06:43 ] [ 編集 ]
トゥヘルの考える理想的な戦術が素晴らしいものだったとしても
それを実行する選手の心が離れてしまっては意味がない
[ 2016/02/27 06:48 ] [ 編集 ]
選手やフォメなどの戦術に持続性がないから問題だよね。少しずつ変えていけばいいのに、いきなり多く変えたものだから、選手もとまどってパスが繋がらなくなっている。
前半戦の連携のあった攻撃が全く見られなくなったのはどうするのかね。今はまだ運(誤審)もあって勝てているからいいけど。
[ 2016/02/27 07:25 ] [ 編集 ]
正直、試合には勝ってるけど内容があるかと言われると疑問しかない
地力と実力差、個人能力で試合には勝ってるイメージ
何か一つ歯車が狂ったらガタガタっと崩れて結果が出なくなってもおかしくない
今は結果が出てるから文句は言われないけど、内容がないだけに崩れて結果が出なくなったらトゥヘルでは元に戻すのは難しそう
[ 2016/02/27 07:40 ] [ 編集 ]
トゥヘルが競争理由に前半戦の主力をベンチ外にしてるけど、なおさら間違ってるんだよなぁ。
プリシッチは若くて才能あるけど、純粋な実力ではカストロの方が絶対にサイドで使えるし。
カップ戦とかで経験積ませるとかならわかるけど、カストロベンチ外にしてまでプリシッチ途中投入にこだわらなくても。
選手は監督の事みてるんだから気を付けないと。
クロップがあれだけ指示されたのは結果に加えてモチベ~たーとして機能してたから。
結果だけでいいなら今のトゥヘルが非難されるわけないから。
準主力おざなりにしてると、それをみた主力が愛想つかして出ていくことになるよ。
ムヒとかオバメはドルにしがみつかなくてもいいんだし。
とにかくもう少し物の言い方を学んでほしい。
ポルト戦後でギュンドアン名指しで批評したりとか。
そんなんミーティングでやれよ
[ 2016/02/27 07:47 ] [ 編集 ]
トゥヘルの試みが悪いとは思わないんですが自分の戦術に固執するあまり選手たちの心が少し疲弊しているように見えますね。急激な変化を求めすぎなんだと思います。もっと選手たちに自分たちが求めるスタイルを説明して納得させる努力はして欲しい。それがあってこそ選手たちは競争を受け入れる事が出来るし一つになって戦う事ができる。

どんなに有能な選手たちが揃っていても心がバラバラなら上手く行かないですよね。
[ 2016/02/27 07:56 ] [ 編集 ]
今までのハイプレスと速効だとトップオブトップのチームには勝てない事に気付いた
優秀な監督だよ。余計な補強もしないし、夏に大幅な入れ替えがあるみたいだから
来シーズンに期待する
[ 2016/02/27 08:10 ] [ 編集 ]
最近のトゥヘルのやり方を現地のサポはどう思ってるんでしょうか?気になります。
これで本当にバイエルンなどの強豪に勝てるんでしょうか?
ちなみに私は勝てるとは思えません。
[ 2016/02/27 08:33 ] [ 編集 ]
>>今までのハイプレスと速効だとトップオブトップのチームには勝てない事に気付いた
優秀な監督だよ

トップチームと対等に戦えるチームを作れるかね?
引き出しの多さ、それら全てのレベルが高いバイエルン
引き出しの多さはバイエルンより少ないがその分圧倒的攻撃力を誇るバルサ

大幅補強をしてからトゥヘルのサッカーが見えてくるんだろうけど
パクを連れてきたってのとマインツ時代の面影が見える戦術では難しくない?
まぁそんなチームが作れたらトップレベルの監督になれるだろうけどね。
今はまだクロップのサッカーからリスク回避に重点を置いた指導をしてるようにしか見えないからw
[ 2016/02/27 08:47 ] [ 編集 ]
カストロ選手もドルトムントならと思って、移籍してきたんだろうし、連れてきたのはトゥヘルですよね。
チームワークが本当に良いドルトムント大好きですが、最近選手の表情が前半戦とはうってかわってしまっていて、悲しいです
ブラック企業を見ているようで、企業に置き換えるのもなんですけど、上司も部下も、最低限の信頼関係がないと、いい結果はついてこないような気がします。ドルトムントだけはそんなチームになってほしくないです。
戦術、起用のノウハウはわからないので何も言えませんが、
選手が気持ちよくプレイし、競争も、出来るような環境を切に願います
選手の心からの笑顔がみた〜い!!
[ 2016/02/27 08:49 ] [ 編集 ]
結果的に勝ててはいますが、説得力のある試合内容かと言えば、そうではないとしか。
[ 2016/02/27 09:12 ] [ 編集 ]
香川選手は、ある程度、自分の発言が波紋を起こすかもしれないと想定してあえてコメントしたのか、あるいは、つい口をついて本音が出てしまったのか。何事も起こらないといいのですが。 

ポルト戦、香川選手個人だけについて言及すると、監督が指示するフォメにも少し対応しつつあるなという明るい兆しを見ていたのですが。


管理人さま、また何か動きがありましたら、翻訳お願いいたします。
[ 2016/02/27 09:45 ] [ 編集 ]
トゥヘル監督来期『さあみんなCLいくぞ〜!!』って、振り返ったら誰もいなかった!!
選手に強制して「俺の行く事を聞け!」って我と慢心になって、気がついたら自分の後ろに誰もいなかった!
なんてならないようにお気をつけ下さい!!
[ 2016/02/27 09:52 ] [ 編集 ]
ポカール、ヨーロッパリーグのタイトル狙いでしょう。試合相手によりフォーメーション変えたり。一発勝負ではないから選手を固める必要はない。
リーグでは前半戦で来期CLはほぼ確実、優勝は無理だから、余裕があれば今後の過密日程の中の重要な試合のローテーションや来期に向けたシュミレーションをやってる。ごく当たり前の話し。その中でモチベーションや体調不良の選手はふるい落とす。選択外ですね。
気になるのは、モチベーションの低下ですが、名将監督と言われる程の経験がない監督なので、そこまで自ら選手にフォロー出来ているか不安ですね。今期何もタイトル獲得出来ないとすれば、選手のモチベーションの低下、監督の経験不足といったところでしょうか?
[ 2016/02/27 09:57 ] [ 編集 ]
この先3月の中頃まで中二日で試合があるんで、次とその次の試合ではカストロを香川の代わりに使ってもらいたい。若手でもいいけどね。香川はサブで適当に使って休ませてればいいよ。バイエルンとスパーズにはビダル、アロンソ、ダイヤ―と強力なディフェンシヴハーフがいるんで、彼らとマッチアップする香川にここで頑張ってもらわないと。そのためには中二日でスタートから使い続けるにはリスクがありすぎる。
[ 2016/02/27 10:07 ] [ 編集 ]
GJ!!
>後半戦はうまくいっています。

管理人さんの意見に文句つけてもあれだとは思いますが
後半戦上手く行ってますかね・・・・?
前半戦あれだけ魅力的だったチームが色あせて見えるのは私だけでしょうか・・・?
というか前半戦と後半戦ではトゥヘルの中の人が別人になってるような感じさえしてしまいます。
[ 2016/02/27 10:20 ] [ 編集 ]
カストロをベンチ外にしてまでライトナーを入れてる理由がよくわからないな
ギンターも中盤はちょっと酷いしドルの中でな若手というのを考慮しても起用がよくわからない部分がある

それとやってるサッカーの内容もね、内容的に格下相手に互角だったり審判のおかげで勝てたとかちょっといいとは言いがたいのが
あと走行距離増えてたり怪我人増えそうなサッカーだなと思ってたけど、イングリッシュウィークってのもあって案の定怪我人続出しだしてる
前回もだけどなんで毎回チーム状態良くない時にバイエルン戦あるのかw
[ 2016/02/27 10:31 ] [ 編集 ]
今トゥヘルのやってる戦術はプレミアの中位圏のクラブではスタンダードでやってることだよ。エバートンとかね。言ってみりゃ負けないサッカー。 アウェーゴールシステムの発生するCLとかELでは場合によっては有効な戦術かもしれないけど、でもそんなサッカーで欧州サッカーにセンセーショナルを巻き起こしたりファンを獲得してきたクラブじゃないよね・・ドルトムントってさ。 ファンは離れていくよなぁ  
[ 2016/02/27 11:05 ] [ 編集 ]
>今までのハイプレスと速効だとトップオブトップのチームには勝てない事に気付いた
優秀な監督だよ。

今の戦術でトップオブトップとやらに勝てるのですか?
攻撃力は大幅に減り、失点しなくなったと言っても誤審と相手FWのミスに救われてるだけですよ。
すぐにボロが出るでしょう。
[ 2016/02/27 11:05 ] [ 編集 ]
変革の時期って感じだね

トゥヘルの決断の成否が出るのはもうちょっと先だし
どっちに転ぼうが今ネガティブな変化が起こるのは避けられない
特に前半戦の見栄えが良すぎたからね

一度疑心暗鬼になると
粗探しが止まらないのは世の常だけど
ちょっと騒がしすぎるね
どの道監督が変わるなんてしばらくないから、上手く事が運ぶのを祈るしかない
[ 2016/02/27 11:56 ] [ 編集 ]
カストロはおいしいところどりするなあ、と思ってたので
プレースタイルが基本的に好きではないし、ブンデスベストイレブン? 
ギュンが移籍したらその後釜?え、プレースタイル全く違うやん、
と思ってたのですがさすがにレバークゼン戦は驚きましたね。

ただ普通にスカッドに戻ってくると思いますよ
なんか大人の事情がみえかくれしてるだけにもみえるし
[ 2016/02/27 12:38 ] [ 編集 ]
素人意見だが
うおーってみんなで攻めてボール取られたらうおーっとみんなで取り返しに行って
ゴール入れたらみんなで大騒ぎするようなドルトムントが大好きだったんだけどなw
最近はなんかみんな元気無いように見える
[ 2016/02/27 12:57 ] [ 編集 ]
 たった二試合で騒ぐことだとは思いません。こんなのは良くあることです。ただ、クロップ監督ならば選手を二試合遠ざけても問題にはならなかったでしょう。前監督は選手の名誉を傷つけない範囲で納得できる説明をしますからね。
[ 2016/02/27 13:12 ] [ 編集 ]
トップオブトップのチームには勝てない事に気づいた、尚ブンデス2連覇、CL決勝まで行っていた模様
[ 2016/02/27 13:22 ] [ 編集 ]
ローテを経験するのは慣れてないから選手としては戸惑ってるみたいですね

トゥヘルがローテを選手に受け入れさせることができる監督か
どうかはこれから試されてるでしょうね
[ 2016/02/27 13:30 ] [ 編集 ]
自分は香川の優先度を下げたからといってトゥヘル憎しと
思うべきではないと考えていますが
それにしても前半戦から変更して有効な遅攻が構築できてるとは思えません

前半戦をざっくり総括するとこんな感じだったですが
・ファンタスティック4の愛称を得る
・さらに香川→ギンターのホットラインがすごく効いた
・ヴァイグルの出現 敵の攻撃の芽を積んで、パス受けまくりの散らしまくり
・フンとギュンのフィードが冴えた ギュンはワールドクラスかと思うほど
・失点は多かった フンメルスはミスを連発してかなり叩かれた
・バイエルンには勝てなかったよ……

ここから上記の中で後半戦もイケてるのはフンメルスとミキだけで
オバメとロイスは凡庸に、ギンターはSBの上がりを否定されて配置換え
香川ヴァイグルは準スタメンレベルに、ギュンまでも移籍もあるだろけど監督自ら批判
かといってカストロやプリシッチが、落ちてきたメンバーを
明確に押しのけられたわけでもない、それどころかカストロは突然アウトに

なんてーか、結果は割と出てるけど内容と人事は迷走にしか見えない
まあこういう混沌から何かを見ぬいて動き、実績を出せる人が天才なんだろうけどね
結局、自分が天才でないことを再確認するだけになっている(笑)
[ 2016/02/27 13:38 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます

香川選手が「細かいミスも結構言われみんなナーバスになってる」と言ったのが記事になってましたがそれに対して「監督批判?」なんて早速書いてるとこもあってうんざり(-_-;)
トゥヘル監督がもっと上を目指すために色々やってることは理解しますが選手に対するフォローが大丈夫なのかなと気になります
管理人さんもおっしゃってるBVBの本物の愛が試されてる時ですね
[ 2016/02/27 14:27 ] [ 編集 ]
戦術ヲタクの悪い部分が出てる気もしてみんな心配
といったところだろな
[ 2016/02/27 15:15 ] [ 編集 ]
トゥヘルのドルトムント就任がほぼ決まりかけている頃にドルトムント番記者の記事を思い出しました「トゥヘルは各々のトレーニングに対し、大きな要求を強行し非常に不快感を与ええ全力を尽くせない選手、彼に従うことができない選手は酷い目にもあう」・・そのままになりましたね
ただマインツとドルトムントでは選手のブンデスに置いての立ち位置が全く違う。香川を1試合ベンチ外にしてメディアやサポが大騒ぎしたのは2冠の立役者だったということ。その後のトゥヘルのコメントに焦りを感じました。
カストロのここ最近の平凡なパフォーマンスが原因とSDがコメントしていますが新戦術になってあのポジションでうまくいった選手いますか?守備的になって守備陣に優しい戦術でパフォーマンスがどうとか言って欲しくありませんね
今の戦術でトップ下を機能させるならポストや潰れ役のできるFWを獲得しろと言いたいです
[ 2016/02/27 15:26 ] [ 編集 ]
ペップみたいに色々な戦術を披露したくてたまらないんでしょうかね
世界最高レベルの選手だったペップとは選手からのリスペクトに大きな差があるはず
そこを無視して突き進んでいる気がします
即興での対応力もペップには大きく及ばない印象ですし、選手からナメられる要素満載ですよ
結果が出なくなったらどうしようもなくなるかも
発言が軽くないタイプの香川が試合後に言っていたって事は、やはりチーム全体の不満は小さくなさそうですね
そろそろ手綱を緩めないとマズイでしょう
[ 2016/02/27 15:32 ] [ 編集 ]
リーグ前半戦の雰囲気はかなりよかったように思います
トゥヘルが怒るシーンもあまり見かけなかった
新戦術になってからですよねだれかれ構わず怒りまくってる姿を目にするのは
自分が考えた新しいアイデアがそれ程機能してなくてイライラしているのでしょうか?
勝ちはしてるが誤審での勝利が2試合、バイエルンどころか3位につけるヘルタに塩試合でドロー・・
[ 2016/02/27 15:36 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。
今は静観するしかないですよね。タイトル取れなくてもリーグ戦は2位ですしね。
今シーズンが終わるまで何とも言えませんが、バイエルン戦がどうなるかなって楽しみにしています。
[ 2016/02/27 15:37 ] [ 編集 ]
今までの戦術に限界が来てたのは確かだし香川いなきゃ中盤からの組み立てガタガタだからね
クロップで優勝したシーズンはメンバーの実力も連携も完璧すぎたから。
全員でせめて守れる形のないサッカーを目指してる気がするなどこからでも点が取れるっていう。
[ 2016/02/27 16:27 ] [ 編集 ]
今季はドルトムントの試合全て見続けてるけど、最近は早起きしてまで見る物じゃないなーと感じてしまう。

トゥヘルの戦術的な試みは合理的だし、ドルトムントには必要な試練だと思うからとても評価してる。
ただ選手への説明責任は最低限果たすべきだし、戦術に対する選手の起用の仕方が少し合っていない気がしてモヤモヤする。試合毎にしか戦術を変えれない柔軟性の無さも不安。

ギュンドアンをトップ下に置いたBMG戦の布陣は、コンパクトで好守にドルトムントの理想像を垣間見れた。
ただ、ギュンドアンは病気、パパの怪我によって戦術変更を支えていたCBのローテーションが崩れてしまった。

おまけに中3日での連戦が続いて最後は宿敵バイエルン→中4日で絶好調スパーズ戦。マッツ大丈夫?
主力はこの試合の結果を移籍の判断材料にするだろうし、負けてしまえば今のトゥヘルのやり方は通用しなくなる。
ここを乗り切れば無事に行くと思うし、トゥヘルの抗争も来季成就してくれるとは思う。
ただ、トゥヘルのおかげで飛躍・復活した選手がトゥヘルのせいで調子を落としている現状が見ていて辛すぎる。
本当に選手を駒としか見れない監督だとしたら、指揮を続けてもいつか必ず破裂するよ。
[ 2016/02/27 16:51 ] [ 編集 ]
補強しないというより単に補強できなかっただけじゃ・・・
唯一獲得出来そうだったマリはマインツからお断りされるし赤字まで計上するし・・・

マインツといえばハイデルGMの来季シャルケ行きが決定しましたね
地元出身で長年クラブに貢献してきただけに現地の反応が非常に気になります
もし機会がありましたら記事を宜しくお願いいたします
[ 2016/02/27 16:58 ] [ 編集 ]
今の戦術はカウンターの時に人数は揃ってますし、失点も減っているかもしれませんが守備が良くなったとは思いません
引いてる相手には窮屈だしボールは落ち着かないから走る量は増えるし個人の負担が増えているように感じますし、内容は一向によくなりません
ターンオーバーで選手が変わる上に戦術もいじっているし試合数もそれなりにあるので選手は相当大変だと思います(特に中盤)
トゥヘルは内容に不満を抱いているようですが選手のストレスの方が遥かに大きい気がします
結果が出てるからと言えばそれまでですが今のトゥヘルでは勝てなくなった時が怖いのです
戦術というのは様々な要素に振り回されるということをもっとトゥヘルには理解してほしいですし、戦術は選手の特性を無視して考えるものではないし縛り付けるものでもないのです
戦術にこだわるだけではなくモチベーションの面でも選手にきちんと敬意を持ってほしいのです
そうしないと選手がついてこなくなりそうで心配です
ピッチ上では何が起こるかわかりませんから選手の判断が必要な場合もありますから、選手の自由を極端に奪うことは結局チームの為にならないと思うのです
近年のドルトムント躍進の根本は失ってほしくないと切に願います
[ 2016/02/27 17:06 ] [ 編集 ]
失点は減ってる、確実に。
前半は失点が多く、そうなるとDFのせいにされたりして、一時期かなりフンメルスが個人攻撃レベルで地元のサポから言われたりしてましたよね。

そのあとトゥヘルは戦術をいじりだしたので、トゥヘルはフンメルスから何らかの話し合いを持たれたのでは?と勝手に推測してみたり……。

今の変化は、そのあおりなのでは……
[ 2016/02/27 17:30 ] [ 編集 ]
試合終了時の香川のコメントを監督批判とか…びっくりするぐらいねじ曲げられて報道されてるのには驚きです。逆にチームメイトに鼓舞する発言!香川はそんなに弱くない!たくましいくらいです。それより2ndのポルト戦の香川は少しよくなったようにもみえました。なかなか難しい監督であるのには間違いないですが監督は変わりません。だからもう少し見守りましょう。最近までベンチ外で香川移籍と騒いでたのに、香川は頑張ってEL2試合とも出場してます。まだまだ前半のように絶対の位置ではありませんが、きっとまた監督の戦術を理解してやってくれると信じています!ドルトムントで日本人が試合に出るだけでも凄い事なのですから…
[ 2016/02/27 18:30 ] [ 編集 ]
選手が暗くなってるとか、香川は準スタメンとか言う人は選手の残り契約年数とか
ファギーユナイテッド時代の誰がスタメンか解らねえ状態を思い浮かべればいいのに。

あれをやってるだけで香川はそう提案されたら、ああそれね、と納得できる経験をしてきてるけど、
他の選手は経験したことがないから戸惑ってるってだけだと思うんだよね。
あとトゥへルは香川を軽視してるんじゃなくて、香川の事を考えてボックス内で仕事しろやとタスク減らしてるだけでしょ。
香川をウインターブレーク前後で外したのはああでもしないと香川も周りも意識が変わらなかったと思うだけに今は思えて来たし
大げさなドラマとかないと思うけどな。

リーグ戦にしてもレバークーゼン戦スタメンをみたら、バイヤン以外は重要視してないわ、ってバイヤンと同じスタンスを
取るつもりだから、これから香川は普通にリーグ戦は外れる事もあると思うよ。
ドラマを疑ってる人はバイエルンのリーグ戦のスタメンとかどうしてるとかチェックすればいいのに。
バイエルンのレバークーゼン戦でも普通にミュラー、チアゴでも外してる。ロッベンが外れてる時もあるし
キミッヒCBをユーベ戦でもやるとは思わなんだけど、あれでも勝てるでしょ?バイヤンなら勝たないといけないよって事なんだし
[ 2016/02/27 19:17 ] [ 編集 ]
全ては結果が出るか出ないかによるね
結果が出ればトゥヘルが正義
[ 2016/02/27 20:41 ] [ 編集 ]
ウイングとしてはロイス、ムヒにそう劣らんと思う
パスワークだけ見たらムヒは全然駄目だし、香川なんかカストロとの方がやり易いだろうな
[ 2016/02/27 21:19 ] [ 編集 ]
管理人さんと同じ想いだよ。

>やはりどんなに厳しいプロの世界であっても人情の入る余地はあってほしいものだと思います。
>しかし“本物の愛”をスローガンにかかげるドルトムントには、人情の入る余地は残しておいてもらいたいですね。

自分も思った。
最近の様子を見て、クロップがいなくなった時点で
あのスローガンはなくなったのかと思っちゃったよ。
[ 2016/02/28 05:11 ] [ 編集 ]
>バイエルンのリーグ戦のスタメンとかどうしてるとかチェックすればいいのに

あれは試合中に何度もフォーメーションを変えられるペップの指導力と
時間をかけた戦術浸透、リベリすら控えにできるワールドクラスの選手層があるからできること
[ 2016/02/28 06:05 ] [ 編集 ]
カストロはウィングで結果残しても、ロイスやムヒタリアンが優先されるし、
やってられないよな。
[ 2016/02/28 07:34 ] [ 編集 ]
得点が減ってたらダメでしょ!
[ 2016/02/28 18:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。