ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント対ホッフェンハイム、キッカー採点まとめ!ポルト戦の採点もあり!《ドイツの反応》


【キッカー】

entry_img_892.jpeg

・ドルトムント採点 

ビュルキ 3.5、ズボティッチ 4、ベンダー 2.5、シュメルツァー 3.5、ヴァイグル 4.5、シャヒン 4、ミキタリアン 2、香川 4.5、ロイス 4、オバメヤン 3.5、ギュンドガン 1.5

スポンサーリンク




・ホッフェンハイム採点 

バウマン 2、カデラベック 3.5、シェーア 3.5、ズィーレ 3、ビツァクチッチ 3.5、トルヤン 4、シュトローブル 3.5、ルーディ 4、アミリ 3、ウート 3.5、フォラント 3



・審判 ジッペル 2

一対一の判定は常に安定していたわけではなかったが、大きなミスもなかった。ルーティーにレッドカードを出したのは少し厳しいが、正当である。


・試合 2.5

前半は非常に戦術重視。一人退場となってからBVBはより試合に入り、テンポを上げ、一方的なサッカーを展開した。



・分析

ボルシアにおいてはシュメルツァーが非常に高い位置取りをした。攻撃においては、ロイスが中央へと入り3241を形成した。ホッフェンハイムは攻撃においては352でプレーし、カデラベックとトルヤンが前に上がった。ボールに対してはホッフェンハイムは523で対処し、アミリがBVBの6番に対処した。
 BVBは非常に統率のとれた相手の守備にたいして非常に苦戦した。香川とヴァイグルが多くのボールを失ったことで守備においては非常にオープンだった。そしてホッフェンハイムは針の意図を通すようにその隙をついて先制した(ルーディ29分)。後半のホッフェンハイムはより守備的な541のフォーメーションで、ギュンドガンの交代に対処した。
 BVBは相手が一人減ってからポゼッションが向上したが、相手の砦を崩すのは遅くなってからだった。疲れた対戦相手に対してラモスが勝ち越しゴールを挙げるまえに、すでにギュンドガンがテンポと広い視野でもって、相手をこじあけた。



・まとめ

BVBは長い間解決策を探していたが、遅くなってからそれを見つけた。相手が一人減ってからパフォーマンスも向上し、勝利に相応しかった。



・マン・オブ・ザ・マッチ 
ギュンドガン
ジョーカーは多くのアイデアと勢いをもたらした。イルカイ・ギュンドガンは同点ゴールをアシストし、さらに2:1となるゴールの起点となった。パス成功率は97%で一対一の勝率も80%だった。

201603010458094ed.jpeg


【ELポルト対BVBの採点】

・ビュルキ 2、ギンター 3.5、フンメルス 3、シュメルツァー 2.5、ギュンドガン 4、シャヒン 3.5、ヴァイグル 4、ミキタリアン 2.5、香川 4、ロイス 3.5、オバメヤン 3



【キッカー今週の日本人採点】

・清武 2
・山口 4
・酒井(ハノーファー) 5
・酒井(ハンブルク) 4
・原口 3
・長谷部 3.5






以上です。

清武選手が復帰してすぐに結果を出しました。それからハノーファーは日本人が3人先発と、なかなかすごい時代になりましたね。

それから内田選手がもうすぐ復帰するとの記事がキッカーに載っていました。楽しみです。

さてドルトムント、ここ最近攻撃陣はミキタリアンを除いてパッとしませんね。バイエルン戦では良い攻撃を見せてくれることを期待します。



【おまけ今日のドイツ】

20160301050107bdb.jpeg

地ビール
管理人の住む地域の地ビールです。これが1本100円もしないのですから、ビール好きには嬉しいですね。
次のダルムシュタットは物凄い荒いですし守備的なので選手達の怪我が心配です。
こういう相手こそ正面からぶつかるよりポゼッションしてイナシながら闘って欲しいですね。
正直、433でスタートすれば良いだけだと思ってますし、そうならないとも思ってますけど笑
前節の後半でとうとう使いましたからね。
どうなるか興味深いです。
[ 2016/03/01 06:13 ] [ 編集 ]
採点者は、ホッフェンハイムが香川に対して戦術ファールで来てたのわからなかったのかな?それにレフェリーもファール臭いの取らなかったし。あのままやらしてたら怪我のリスクがかなり大きくなってたんだけどな。ポルト戦でも90分?走り倒してたのも見てなかったのかな?チームで最も効果的なランニングしてたんだけどね。
[ 2016/03/01 07:11 ] [ 編集 ]
思うんだけど、最初から3241やればよくない?攻守の切り替えが上手くいってるようには見えない。
[ 2016/03/01 07:52 ] [ 編集 ]
管理人さん、更新楽しみにしています。
うまく言えませんが、選手を支配する戦術ではなく
選手を活かせるような戦術を使っていくサッカーが見たいです。
応援したいです。
サッカー楽しんでる!生き生きとした選手達のプレー!見たいです。
[ 2016/03/01 08:36 ] [ 編集 ]
やはり香川とヴァイグルが狙われて苦労したことが分かりますよね。まあロイスもシャヒンも良くなかったけど。香川は狭い空間でスペースを見つける才能をトゥヘルは認めてトップ下に置いてると思うので今は我慢の時かな。メディアやサポの評価が低くても気にしなくても良いよ思う。それより過密日程でいかにコンディションを整えるか頭の中をクリアにして試合に望めるかが大事ですよね。香川はふぁっと試合に入ると大抵だめですからね。それと最近滑りすぎなので何が原因か突き止めた方がよいと思う。
[ 2016/03/01 08:47 ] [ 編集 ]
ドルの試合、今シーズンは全てスコアブックつけてますが、第7節ダルムシュタット戦は前半ベストメンバー全て揃って(久々ファンタスティック4が揃ったとメモ)433でスコア2-2。私の感想に「ホッフェンハイム戦から対策とられ、とにかく香川をマンマークでつぶし、左サイド蓋して、それでもダメならファール覚悟で荒くタックルしてくる。」とある。
事実これからフォーメーションお試しが続く。
週末のバイエルン戦に向けて、香川は温存でも良いな。
[ 2016/03/01 08:47 ] [ 編集 ]
追記
スコアブックの者です。「ファールでFK採られても大丈夫って舐められてる。」とも書いてあり、なんか昨日の試合の感想かと思うほどで、それ読んで昨日の試合のあれこれ、納得しました。
[ 2016/03/01 09:17 ] [ 編集 ]
433のIHで香川はもう使ってもらえないのかな
前半は新システムで香川TOP下でチーム苦戦→後半香川下げて433で盛り返す


[ 2016/03/01 11:14 ] [ 編集 ]
次はレバク戦と同じようになるでしょうね。
433ベストメンバーでもホームで確か負けましたよね。
ロイスは出ないと思います。
香川は前半交代、プレーに迷いありでヘルタ戦同様に帯同されないかもしれませんね。
今度はドイツメディアにも騒がれないでしょうし。
つくづく香川は運が悪いというか…
穿ってみればこれも計算づくなの?と言いたくなる前半での交代だったなと。
あのまま香川残してたら433でそれなりの結果だしたと思いますからね。
[ 2016/03/01 11:31 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつも充実の楽しい記事をありがとうございます。

管理人さんにお願いがありまして…

先週の日曜日に、ZDF sportという番組の中で清武選手のFKについてロルフェス選手が解説していたみたいなんです。
動画がZDF sportの公式ツイッターでアップされていたのですが、何を言っているかサッパリ分からず(汗)

ドルサポの管理人さんにお願いするのも恐縮なのですが、
もしお時間がございましたら日本語訳して頂けませんでしょうか?
図々しいお願いで申し訳ありません…!

何卒宜しくお願い致します。
[ 2016/03/01 12:13 ] [ 編集 ]
最後の地ビールに全部持ってかれました(笑)
うらやましすぎる!
[ 2016/03/01 15:13 ] [ 編集 ]
え、香川はついてないというよりミッドウィーク出ないんじゃないの?帯同なしとかの方がラッキーに見えるんだけど。
香川は433やらせてくれないとかマイナス思考より、新しいシステムの構築だけ考えさせてるだけじゃないの?
どうみてもコンディション悪そうであのシステムのテストは香川がいないからできないので、後半は433に戻しただけで。

香川を433に戻すと香川が後ろ目の位置にとってパサー香川が新システムでに組み込まれるだけだからそれを避けたいと考えたら
今の時点で433に組み込みたくないのは解るし、勝てるのは解ってるけど先を見てるだけだと思うけどな。
それにチームが勝ってるから新システムのテストが続けられるんだから、香川がでてなくてもチームが勝つのは本当に
大事。

メディアの評価が悪かろうが香川がいないとやらないというのは逆にとても信用されてるからで
本当に難しいタスクだけどシンプルにまず自分が結果を出す→自然にボールが集まるからそこから周りに点を取らせるシステムに移行されて
最終的に試合中に433と新システムを使い分ける事を目指してるんじゃないのかな?
[ 2016/03/01 18:05 ] [ 編集 ]
清武 ドイツ 国営 テレビ
翻訳 お願います
[ 2016/03/01 18:48 ] [ 編集 ]
ビールおいしそう!!
ホッフェンハイム戦での香川選手は、表情が男気のある顔で自分的にはうれしかった。
他のサイトで、スペースメーカーの香川真司みたいな記事が載っていて、囮役になりスペースを作るために走り続けたみたいな内容でとても興味深く、イギリスの採点が『9』だったのはそういうところが評価されてた。
それが唯一の救い!だって事でした。監督の指示なんだろうから、下がれない、横のスライドも制限されてるし、守らなければまた懲罰ベンチ外ってなるかも!って思ったら、プレイに迷いが出るのも無理は無い!って
これは香川選手にしか真相はわからないから断定は出来ないだろうけど、
見てる方は、「なぜ今そこにいる?」「バックパスばっかり」とかって見ちゃうけど、意味があるんだって事でした。
サッカーのことは詳しくないですけど、私も最近の香川選手のプレイには、香川選手らしくないなあって思っていたので、
納得したのと、それで自分らしいプレイに集中出来ないのはかわいそうだな!と
[ 2016/03/01 19:35 ] [ 編集 ]
 
内田選手がもうすぐ復帰というkickerの記事?
日本のマスコミはドイツで内田の復帰は今季無理みたいな報道をされてるという感じの記事を出していたからそうなのかと思っていた
[ 2016/03/01 20:08 ] [ 編集 ]
戦術ファールで香川を潰しに来たとしても香川本人はそれに気付いてたみたいですね、疲れもあってかうまく対処できませんでしたが、プレミアの経験でそれもいずれ解決できるでしょう。
[ 2016/03/01 22:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。