ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シャルケ内田、今シーズン中の復帰はなし!ドイツでも一斉に報道!地元紙詳細《ドイツの反応》

本日の西ドイツアルゲマイネの記事になります。






【西ドイツアルゲマイネ新聞】


内田

シャルケの右サイドバック、内田の今シーズンは終了



entry_img_895.jpeg


ゲルゼンキルヒェン:シャルケは今シーズン内田を取り戻すことは不可能となった。この右サイドバックはひざの負傷の手当てを日本で受けることになる。

スポンサーリンク




シャルケ04の右サイドバックの内田篤人の今シーズン中のカムバックはなくなった。火曜日にアンドレ・ブライテンライター監督が示唆している。“彼は何度もトレーニングに参加しようと試みていた。でも100%の状態だったことは一度もない。なのでメディカル・チームが、彼を再び日本の執刀医の下に送る決断を下したんだ。私の最新の情報によれば、彼は数週間そこに留まるようだね。”とブライテンライターは伝えた。



シャルケのマネージャー、ホルスト・ヘルトは最近、内田が3月上旬にゲルゼンキルヒェンに戻って来ると言っていた。しかしこうした楽観論もなくなってしまったようだ。この27歳の選手はひざの負傷のためにほぼ一年間休まなければならなかった。チーム医の助言に反して、彼は故郷で手術を受けている。



内田の契約は2018年6月30日まで


このディフェンダーは数週間前からチームトレーニングに参加していた。しかしブライテンライターは今シーズンは彼を戦力としては計算していないようだ。“重要なのは、この若者が完全に健康な状態になって戻って来ることで、トレーニングへの参加を急ぎすぎないことだ。現時点で確かなのは、彼が負傷のためチームの中で役割を果たす事はできないだろうという事だ。”


内田は2010年からシャルケでプレーしている。このサイドバックの契約は2018年の6月30日までとなっている。






以上です。

本来であれば、日本で診察した結果さらに3か月休むことになったために今シーズンは復帰をあきらめた、となるべきでしょうが、内田選手の詳しい状態に関する説明は出ておらず、どちらかと言えば監督的には戦力外みたいなニュアンスで話しているのがちょっと気になりました・・・。

いずれにせよしっかり治してまた復活することを願っています。



【おまけ今日のドイツ】

20160302184131cfe.jpeg


鴨肉料理
[ 2016/03/02 20:49 ] 未分類 | TB(-) | CM(18)
シャルケがあとどれだけ待ってくれるかわからないけど、焦らずゆっくり治してほしい
ブラジルW杯で臆することなく戦えていた数少ない選手
いつか日本代表に帰ってきてほしい
[ 2016/03/02 21:24 ] [ 編集 ]
内田も大変だね。契約を考えると来季には復帰しないと厳しい。チームの言うことを聞いてないし代表戦で悪化したこともクラブとしては良く思ってないと思う。
[ 2016/03/02 21:42 ] [ 編集 ]
サッカーの怪我の治療って日本はどうなの?
ドイツのほうがすすんでそうだけど
[ 2016/03/02 22:39 ] [ 編集 ]
そういやシャルケは手術反対派だったっけ。怒るよね。去年の代表戦はなんで出場しちゃったのか。
クラブでも試合に出てないのに、ここで内田が出ていいのか、と心配するよりキャーと言うだけで
代表のサッカーのファン層って本当に独特すぎてあの時程内田が気の毒に思えた日がなかった。
[ 2016/03/02 22:50 ] [ 編集 ]
管理人さん、こんばんわ。いつもありがとうございます。
内田さんのニュースを見てとても残念ですけど、ゆっくり直して欲しいです。
かなり無理してたんですよね。きっと・・・。
[ 2016/03/02 23:27 ] [ 編集 ]
内田の怪我の箇所は右膝蓋腱でサッカーの選手よりは
バレーとかバスケの選手が怪我しやすい箇所で
ドイツはバレーとかバスケは盛んなところじゃないからリハビリが進みにくいらしい
日本はバレーに関してはそこそこ力入れてるからリハビリ環境も整ってるし
海外よりは国内の方が本人やサポートする家族の精神的な負担が少ないってのもあるんじゃないかな?
[ 2016/03/03 00:31 ] [ 編集 ]
内田は十分頑張ってるだろうに、現実は厳しい。報われて欲しいな。
[ 2016/03/03 00:47 ] [ 編集 ]
去年の春にドイツ代表ドクターの元で保存治療を受けたけど
良くならなくて結局日本での手術に踏み切ったからなあ
とはいえしっかり治してまた戻ってきて欲しい
[ 2016/03/03 00:52 ] [ 編集 ]
シャルケは無理だと反対していたのに、ワールドカップ出場をOKした日本代表の罪は重いな
[ 2016/03/03 01:12 ] [ 編集 ]
いやー確かに代表出場はきいちゃったかもな。まあ本人もその前の大会で出れなかったのがあって、出場したかったのもあるだろうけど。治ってほしいね。
[ 2016/03/03 02:17 ] [ 編集 ]
プレイヤーとして走るどころか、むしろ内田が将来歩けなくなることを心配した方がいい。分ってんのかな日本サッカー協会。あいつらの代表選出ミスが大きい。ブラジルのW杯予選とか親善試合に出して内田を潰さずに代表戦をしっかり休ませておけば相当な違いがあっただろう。代表選手の足をもいでおいて平気でいられるメディカルスタッフとか、代表を辞退しているのに強制的に呼びつけた奴らの足をもいだ方が速いと思う。あのスポンサーの金に眼がくらんで国の代表選手を潰した奴らには自分で痛みを知る必要がある。
[ 2016/03/03 03:03 ] [ 編集 ]
ワールドカップに出なかったら、それはそれで本人に悔いが残ったと思うが
次出られる保証もないわけだし
実際ワールドカップで唯一浮足立たずにまともに冷静に戦えてた選手だったし
[ 2016/03/03 03:19 ] [ 編集 ]
管理人さんのおっしゃる通り、私も監督が内田選手を今季は構想外の選手として考えている様に感じました。
しかし逆に、怪我の状態うんぬんよりもそちらの方がまだ望みがある様に思います。今の状態だと監督も来シーズンにはいなくなっている可能性が高いので、来シーズンから頑張ればいいだけです。膝の状態が思わしくない方が選手として致命的です。


余談ですがいつもドルトムントの話題で
トゥヘルは所詮中堅チームの監督と揶揄されていますが、それを聞いて私はいつも羨ましく感じていました。
だってシャルケの監督は所詮降格チームの監督ですから…



[ 2016/03/03 03:40 ] [ 編集 ]
↑の補足です。
元マインツの監督=中堅チーム
元パーダーボルンの監督=降格チーム
ドルトムントとシャルケの事ではないですから誤解のないように。
[ 2016/03/03 14:41 ] [ 編集 ]
一年以上も戦線離脱していてよく解雇にならないね 頑張ってるって言っても数億貰ってるプロなんだからそんな優しい世界よな
[ 2016/03/03 19:21 ] [ 編集 ]
出場機会に応じて支払われる給料や勝利給もあるはずだ
[ 2016/03/04 00:08 ] [ 編集 ]
正直復帰して居場所あるのか疑問・・・確かに怪我前は悪いチーム状態の中しっかり貢献してた1人ではあるがさすがに期間空きすぎだし内田なしでもシャルケはそれなりに立て直してきた。それでも期待する声が多いというのはドイツでもイケメン補正があるのだろうなと感じる。
[ 2016/03/04 17:17 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。(今回はシャルケ版ですね。)


>一年以上も戦線離脱していてよく解雇にならないね 頑張ってるって言っても数億貰ってるプロなんだからそんな優しい世界よな

優しい世界じゃないと思うよ。プロの世界だし、お金貰ってるしね。
だからこそプロ選手として怪我を一日も早く治そうと努力してるんじゃないの、内田選手はさ。彼自身「仕事」と何度も言ってる。
サッカー選手だろうが会社勤めだろうが「仕事」の手抜きは出来ないんだよ。
内田選手が使えないと判断したら当然シャルケは切るだろう。プロの世界なんだから。だけど今のところそうならないのは内田選手がこれまでチームに貢献してきたし誠実にチーム&サポーターに接してきた実績や信頼ががあるからじゃないの?チャランポランで自分勝手な選手だったら即効切られてるでしょうよ。

それでも正直このままの状態が続くと内田選手は厳しくなるだろうね。だからこそシッカリ直して以前のようには出来ないだろうけどサッカーを楽しんで欲しいと願っている。彼の何度も上下動する姿を観るのが大好きだからね。一日も早く、でも無理をせずピッチに戻ってきて欲しいです。
[ 2016/03/07 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。