ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント対バイエルン!フンメルス「バイエルンも限界のパフォーマンスを出さなければならないだろうね!」ドイツ紙《ドイツの反応》


本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。






ドルトムント対バイエルン

いかした頂上決戦!



20160305003119fdb.jpeg


これで優勝争いが再び熱くなるだろうか?



バイエルンがマインツを相手に負け、ドルトムントがダルムシュタットに勝利したことで、このライバルの勝ち点差は5となっている。もしBVBが勝利すればさらに勝ち点差は2となる。2012年以来、初めて優勝争いが面白くなってきた。

スポンサーリンク



ドルトムントのキャプテン、マッツ・フンメルスはすでにこの対戦を待ち望んでおり、“とてもすごい試合になるだろうね。”と語った。


いかした頂上決戦だ!


entry_img_898.jpeg


このセンターバックはビルトを通してミュンヘンへ脅し文句を送ってきた。“バイエルンも限界のパフォーマンスを出さなければならないことは知っているだろうね。”


そして、“毎週勝っているのに、バイエルンに近づくことができなくて非常にフラストレーションがたまっていた。でも今の僕らには接戦にもちこむことができるチャンスがあるね。”



代表監督のヨアヒム・レ―ヴは“ブンデスリーガが今週末の頂上決戦でより面白くなることははっきりしているね。”と語っている。



その条件はもちろん:ドルトムントがこのすごい対決を制することだ。


トーマス・トゥヘルはダルムシュタット戦では8人もメンバーを入れ替え、選手を温存したが、いずれにせよマルコ・ロイスは出場する。キーパーのビュルキも風邪が治っている。



バイエルンは神経質になっているだろうか?



スカイの専門家であるオットマー・ヒッツフェルト(67)は“これまでバイエルンは落ち着きを保ち、いつも王者としてふるまっていたが、急にポイントを失ったことで、まるで撃たれたかのようになっていると思う。そうなると自信を失うものだ。”と語っている。そして“バイエルンはこうした状況でドルトムントに負けることは許されないね。そうなるとユベントス戦は非常にドラマチックなものになるだろう。”


3月16日にはチャンピオンズリーグのセカンドレグが行われる。







以上です。

フンメルスの発言頼もしいですね。フンメルスはこの間の試合でもドゥルムを相手に怒っていましたが、かなり熱くなっていますね。頼もしいです。バイエルン戦に勝ってその勢いで選手が契約延長してくれることを願っています。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_0288_convert_20160305004112.jpg

蓮根チップ
デュッセルドルフの和食レストランで食べました。
[ 2016/03/05 06:00 ] フンメルス  | TB(-) | CM(20)
前半戦でバイエルンにボコられた時にリーグ戦は正直諦めていましたが点差を離されることなくここまでついてきたドルトムントにようやくチャンスが巡って来ましたね。
いくらバイエルンが戦力的に勝っているとはいえ、ドルトムントには失うものは何も無くチャレンジャーとして万全の状態で試合に臨むことができます。
CB陣を欠く手負いの王者が押し切るのか、勢いのある挑戦者が勝って王者の喉笛に喰らいつくのか、絶対に見逃せない試合ですね。
[ 2016/03/05 06:32 ] [ 編集 ]
今日の試合はともかく、最近は一番放出しちゃいけないのはマッツだと痛感してます。
誰であろうと怒れる、まとめられるのは今のドルトムントでは皆無ですよね。
フロントにも要求をしたり、こうして今日のように煽って鼓舞したり、凄い良いキャプテンになったな~と最近は本当に思います。
今日はローマの試合がありナインゴランが下らないイエローを貰いキレて内輪揉めしてました。
こういうシーンを見て丁度マッツがいれば上手く押さえてるだろうなと感じてた直後のこの記事でしたので更にアツく語ってしまいましたが、本当に頼りになります。
今日はラモスをスタメンで使えるかが一番の見所だと個人的に思っていますし楽しみです。
オバは数字の割りに採点も毎試合最低点に近いし本気で今のシステムには絶対に合ってないので替えられるか、それか433で活かすかどちらかして欲しいと思ってます。
[ 2016/03/05 06:58 ] [ 編集 ]
マッツのシビれを切らして前線にドリブルで駆け上がる姿が好きw

選手はもちろんですが、もうこの試合はとにかくペップVSトゥへルだと思っています。
戦術家である両者が、一体どんな手を駆使してくるのか?
ペップの引き出しの多さをトゥへルは凌駕することができるのか?

楽しみです!!
BVBガンバレ!!

[ 2016/03/05 07:01 ] [ 編集 ]
前みたいに急にシステム変更してボコられないことを願うわ。
[ 2016/03/05 07:20 ] [ 編集 ]
いまでのように監督がカウンタービビって後ろに人数かけるなんてことやってちゃダメだよ。明日は戦術も何もないよ。CBに大穴あいてるんだから攻め倒す。これだけ。
[ 2016/03/05 07:30 ] [ 編集 ]
こうなったら勝負よりも頂上決戦にふさわしい対決になって欲しいと思います。トゥヘルも色々と戦術を練るでしょうが選手たちの戸惑う戦術で墓穴を掘らないように頼みますよ。
[ 2016/03/05 08:14 ] [ 編集 ]
ドルに勝ってほしいけどペップがどんな罠を仕掛けるか楽しみだしレヴァファンの私としてはレヴァも得点も見たい
楽しみすぎて震える
[ 2016/03/05 10:32 ] [ 編集 ]
CBのいない今なら前半戦の戦術でいけたろうなぁ
でもいまそれが機能するかわからんからなんとも
[ 2016/03/05 12:53 ] [ 編集 ]
前半戦の時は最高の形をぶつけて欲しいと思ってましたけど今回って最高の形、、どれだ?って状態なのでまた奇策なんですかねぇ?
[ 2016/03/05 14:46 ] [ 編集 ]
いや何より勝利でしょ。
ここで勝ったらマジ胸熱すぎる。
そんでまた仲の良さそうな最高の写真をインスタにでも載せてほしい。
[ 2016/03/05 15:38 ] [ 編集 ]
ドキドキします。
負けた時のショックを考えていつもはどんな相手でも負けを覚悟してみてますがこの試合はもう勝ちしか信じないで見る予定です。

歓喜か絶望かです。もし香川が出場して点取ったら深夜でも声を上げると思います。近所の方・・・すいません
[ 2016/03/05 15:48 ] [ 編集 ]
3点取られても4点取るくらいのドルトムントが見たいな…
[ 2016/03/05 16:09 ] [ 編集 ]
前節で負けてる事もあり首位からすれば引き分けでも十分なんだけど、それでも攻めて来るのかなー。
引いて来れば香川の出番あるでしょうね。スタメンだと嬉しいけどね。
[ 2016/03/05 17:58 ] [ 編集 ]
もし今回が打ち合いになって、それで勝てたらすごい自信になると思う。失点しないで勝てたらそれもかなり自信になるよね。

関係ないですが、グーグル検索最上位おめでとうございます。

それとこれも関係ないですが、よろしかったらこのブログ内で、香川真司専用のスレを立てていただけないでしょうか。
香川中心で見ているドルトムントファンにとって喜ばしいのではないかと思います。

いつも楽しみに拝見してます。ありがとうございます。
[ 2016/03/05 18:25 ] [ 編集 ]
今のチグハグなシステムではバイエルンに勝つのは難しいんじゃないかナァ
[ 2016/03/05 18:28 ] [ 編集 ]
策士策に溺れたのが前半戦。最良とは何時だってシンプルなものだと思う。さて、どうなるだろうね
[ 2016/03/05 19:32 ] [ 編集 ]
今節だけは何がなんでも勝ってくれドル
[ 2016/03/05 19:44 ] [ 編集 ]
個人的には、香川専用の掲示板は他にもあるし、必要とは思えません。他の方の提案に意見して申し訳ありませんが。
そもそもここはドルトムントファン、香川ファン専用のブログではありませんし、日本人選手の記事を管理人さんの応援するドルトムントを中心に紹介、という今のスタイルを変えて欲しくないです。
[ 2016/03/05 21:44 ] [ 編集 ]
トゥヘルはベップ意識しすぎて自爆してる感が凄い。後半戦にしてもかなり運と審判に助けられてるし。
とはいえ、得点激減させても失点を抑えてるのも事実だし、前半は守りきって後半に賭けるなら可能性はあるんじゃないかな。
香川はスタメンで対策されたら何も出来なくなるから、ジョーカー扱いで良いと思うんし、前半戦の終盤とかそういう使い方で結果出してたよな。いかんせんトゥヘルが香川の使い方を迷って持て余すようなら、最初からベンチに置かない方が無難だとは思うけどね。
今の扱い方は互いにとってマイナスだわ。香川もトゥヘルもツマラン事を軽率に言いすぎ。
ま、結論として何が言いたいかというと、香川を使う使わないはどうでも良いから今日は何としても勝ってくれ。
[ 2016/03/05 22:35 ] [ 編集 ]
バイエルンはCBが壊滅的なので打ち合いの方が勝機はあるでしょう!
守備的に行ってる場合ではありませんw
[ 2016/03/05 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。