ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル「このような試合の監督ができて幸せ!」バイエルン戦を振り返る!ドイツの反応

ドイツのテレビ番組にトーマス・トゥヘルが出演し、バイエルン戦に関する短いインタビューについて答えていましたので、ビデオをざっと訳してみました。









【ZDF シュポルトシュトゥディオ】



ボリス・ビュヒラー:0:0で本当に良いものもみられましたが、戦術的にはどういうものだったのでしょうか?5バックの戦術をとっていましたが、どのように対処した(機能した)のでしょうか?

スポンサーリンク




トゥヘル:僕たちが5バックの戦術をとったのは、バイエルンの選手の4,5人が常にスペースの間にいるためです。二人のセントラルミッドフィルダーと3人のストライカーの5人が早い段階で前に対処するようにしました。そして彼らが常に後ろのスペースをみながら守備をするのではなく、前に向けて攻撃する機会をうかがっていました。これは後ろの5人、特に3人のセンターバックにとっては簡単なことではありませんが、高いラインから守っていきたいためにそうしました。そして、小さくコンパクトに配置し、相手の背後をつこうとしました。これらの守備は大部分においては上手くいきましたね。




ボリス:それでは守備から話題を攻撃に移しましょう。いくつか良いチャンスもみられました。最後の最後で徹底的な何かが欠けているように見えましたが、もう一度試合を振り返って、それにたいして苦言を呈したりしますか?


トゥヘル:いずれにせよもう一度見てみるつもりです。僕たちは前半多くのチャンス(直訳すると半分のチャンス)がありましたが、ボールを奪取した後に、最後の一つ前のパスがだらしなかったために、大きなチャンスとなることがありませんでした。もしかしたら、特に最初の30分で、先制するチャンスとなったかもしれませんが・・・でもそうならなければ、自分たちで苦しまなければなりませんね。

20160307185043506.jpeg



ボリス:もし勝っていればバイエルンに対して2ポイント差だったわけですが、まだ5ポイント差のままですね。今日勝利を逃したことにどの程度腹をたてていますか?


トゥヘル:今の段階ではむしろ腹を立てるほうが難しいですね。




ボリス:どうして?


トゥヘル:なぜなら僕がこのチームのトレーナーをやることが許されたからです(やらせてもらっているからです。“僕がこのチームのトレーナーだからです”を少し丁寧に言う表現)。そしてこうした状況での試合のトレーナーをやらせてもらい本当に幸せです。チームも非常に良いクオリティーを発揮してくれましたし、そうしたエネルギーを感じる事もできました。だから怒る理由はありません。




ボリス:今日の試合はクオリティーも高かったのは確かですが、水曜日以来、ドイツ中で優勝争いの期待が高まっていました。もしかしたら今日は腹がたたないかもしれませんが、もしかしたら明日になって腹が立つこともあるのではないでしょうか?もしかしたらもっとできたかもしれないと思う事もあるのではないでしょうか?


トゥヘル:僕らのチームが勝利を目指して戦ったことを否定することは誰もできないと思いますが、今日のバイエルンのような、メンタル面を含む高いレベルを相手にするには、もちろんバイエルン以外のチームも含めてですが、特にバイエルンを相手には、速い段階での先制点か、後半のラッキーパンチが必要になります。ラモスのヘディングのようなね。それが決まっていたら本当に良かったですけど、でも思うようになるわけではありませんからね。




ボリス:今は5ポイント差ですが、それは何を意味しますか?


トゥヘル:5ポイントという事です。それがたとえ8ポイントだったとしも、同じように情熱をもってプレーしたと思います。それは確かです。もちろん5ポイント差だったのでそれよりはより燃えましたし、それによってエモーショナルな(ファンからの)支えももらいましたからね。でももし勝っていたとしても、木曜日にトッテナムとの試合があり、週末にはマインツとの試合があります。そしてそれらの試合はすくなくとも同じぐらい難しい試合になるでしょう。だから勝ったとしても、まったく気を緩めることができず、それはそれで自分たちのせいだったとも言えます。もちろんそれは今のチームには望むところで、精神的にも成長してるとおもいますし、チームも成果を出さなければなりませんね。




ボリス:ドルトムント、感覚的には優勝したシーズンのようで、歴代最高の2位なわけですが、あと9試合を残してバイエルンと5ポイント差です。これはどれだけ痛手となっていますか?


トゥヘル:ぜんぜん痛手ではありません。このような状況を経験できることはまるでプレゼントのようなものですね。チームをトレーニングし、そのような選手を見ることをでき、試合の準備をする。これは本当にプレゼントのようなもので価値あるものだとわかっています。これからもできるだけ多くのポイントを獲得できるように努めます。


entry_img_901.jpeg







以上です。

細かい部分はところどころ意訳しました。昨日の記事では管理人も少しばかり感情的なコメントをしてしまいましたが、この動画を見た後だったという事もあるかもしれません。

インタビューアー何度も勝ち点差にこだわった質問をして、“くやしかった”という言葉をひきだそうとしていますが、トゥヘルはそれとはまるで正反対の反応ですね。個人的にはもう少し悔しがってほしかったというのが正直な感想です。今までで最高の試合ができてハッピーみたいに見えますからね。

しかし結果を見ればドルトムントは失点が少なく後半戦はまだ負けていないことも事実です。まだファンとしては優勝はあきらめておりませんし、二つのカップ戦も残っています。最後までしっかり応援したいと思います。

[ 2016/03/07 19:05 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(103)
悔しいって言わせたいんだろ、言うわけねえーっていうのを感じる(笑)
監督なりに納得した戦術だったんだろうから一応本心なのでは
[ 2016/03/07 19:12 ] [ 編集 ]
まぁイイけど、コレが続くとそのうち今までどぅやって決定機をモノにしてきたか、勝ち方さえ忘れると思うぞw ロイスとオバメ・・
[ 2016/03/07 19:25 ] [ 編集 ]
バイエルンに真っ向勝負して大敗したらしたで無策監督とかバッシングでしょ。
トゥヘル憎し、ってだけ。
[ 2016/03/07 19:27 ] [ 編集 ]
管理人さん翻訳ありがとうございます
ああーこりゃトゥヘルひどい…
最初から引き分け狙い上等だったらそりゃ塩試合でいいやになるわな
トゥヘルのやり方は中堅~下位クラスがやるべきで頂上決戦と言われるバイヤン戦で
ここで勝てばこの先も活路あるってとこでやるべきでないと思うんだ
後半戦まだあるのに既に2位狙いとか寂しすぎる
[ 2016/03/07 19:39 ] [ 編集 ]
本人の好みはペップ風みたいだけど
正直トゥヘルは不本意にクロップ風の戦術をしている時のが面白いと思うんだよ
[ 2016/03/07 19:44 ] [ 編集 ]
バイエルンはもうもちろんの事、ドルトムントは強い!!と改めて思った試合でした。
あのようなレベルの高い試合が世界中に発信された事はブンデスの誇りです。
[ 2016/03/07 19:52 ] [ 編集 ]
勝ち以外は負けという気持ちで攻めて欲しかった。
なんで満足してるのかは理解できない。
[ 2016/03/07 19:57 ] [ 編集 ]
まだビッククラブでの1年目のシーズンなんだし、意識は仕方ないかな。
ただペップバイエルンを倒せる条件が揃っていた今回は何年後かに後悔するんだと思う。ドルトムントの選手層は今年がピークになると思もわれ、何より選手は正に今ピークの年齢が揃っている状態で、監督だけが来年を見据えているのでは、今年の夏は慌ただしくなるだろうね。
個人的にははじめから相手が上として臨んだ事が、残念でならない。
対等な力を持つ同士が、相手の良さを潰すのではなく、お互いの長所を剥き出しに戦い合う姿が見たかったかな!クロップの良さはそこなんだよな〜負けても気持ちいんだよね〜
[ 2016/03/07 19:58 ] [ 編集 ]
トゥヘルは経験したことない世界だから興奮が隠せないのでしょう。反してロイスなどは少し消化不良な感じが見えなくもないですが。去年一昨年の勝ち点から見れば上出来かもしれませんが私も試合の感想は管理人さんと同じですよ。
そして、このインタビューで同じようにイラついています(笑)
ご自分の個人的blogなのですから感情に正直になっていいと思いますよ。現地の情報が知りたくてお邪魔しているのはこちら側なのですから。
[ 2016/03/07 19:58 ] [ 編集 ]
トゥヘル
試合内容としては私は別に不満はありません
ああやって守備を固めてあわよくば一点取れれば
戦力差を考えればそういうサッカーしかないでしょう
どうも勝ち点差、そして二位という状況に勘違いしている人が多いみたいですが
現在のブンデスは一強リーグですよ

ただこのトゥヘルのコメントには納得できません
相手をリスペクトし過ぎです
内心はどうあれ、もっと闘志を出してほしいですね
モウリーニョまではいかなくともある程度はプロレス要素が必要でしょう
[ 2016/03/07 20:03 ] [ 編集 ]
憧れを抱いてる人間に対しては、勝利こそ と思うのが普通の勝負師でしょうけど。
コピーの枠を超えませんな、こりゃw
[ 2016/03/07 20:06 ] [ 編集 ]
ららら〜ららら〜カーガーワシンジー
懐かしいですね
[ 2016/03/07 20:11 ] [ 編集 ]
トゥヘルも一年目の監督ですからね
長く続いたカリスマ監督後の指揮ということを考えると相当うまくやっていると思います
大金かけて補強できるチームではないわけで、一時代築いた監督が退任したらボロボロにって可能性だって十分にあったはず
特にドルトムントファンのでない人間からすればトゥヘルへの厳しさはちょっと異様に感じる時があります
絶好調時のクロップ政権の基準で文句言われるトゥヘルも大変だな~と
[ 2016/03/07 20:14 ] [ 編集 ]
ペップとバイエルンをリスペクトしすぎてる気がしますね。
コメントや采配見ても本気で優勝狙ってるとは思えません。
バイエルンのほうが強いのは試合内容見ても明らかなんですが監督が優勝諦めてるように見えるのはなんか寂しいですね
[ 2016/03/07 20:20 ] [ 編集 ]
この監督だとファンは離れていきそう
負けなかったから良かった?  ですか?
[ 2016/03/07 20:26 ] [ 編集 ]
以前ペップのコピーではないと言っていましたが確かにそうですね
コピーできていないし、戦術等部分的に取り入れているに過ぎませんから
憧れているのかもしれないが根本的なアプローチの仕方から違いますから
元々近年のドルトムントはブンデス2位の地力はあるのです
勝ちにいってドローではなく、ローリスクで運よく勝てばの後半勝負に出る気もない消極的なサッカーを怪我人を出して調子を落としてるバイエルンにホームでして満足そうにするなんてその程度なのかと
相手からしたらしてやったりですよ
ペップやバイエルンの選手のコメントを読みましたが、暗に見下されていると感じました
トゥヘルはバイエルンにドローで舞い上がっているのでしょうけど
悔しくないんですね、きっと
[ 2016/03/07 20:33 ] [ 編集 ]
はなから優勝する気なんてないんすねトゥヘル…
ホント人間的にも監督としてもつまんねーな、もっと闘志みせろよ
[ 2016/03/07 20:35 ] [ 編集 ]
トゥヘルは大好きなバイエルンの下にいるってのがうれしくてたまらないんでしょうね
[ 2016/03/07 20:36 ] [ 編集 ]
何言ってるのかさっぱりわからねぇw
とりあえず優勝する気がないってのはよくわかったわ
[ 2016/03/07 20:39 ] [ 編集 ]
MOL35
翻訳ありがとうございます。
いわゆる「勝者のメンタリティ」をトゥヘルから感じることはできませんね。
[ 2016/03/07 20:44 ] [ 編集 ]
このインタビュー読んで、ますます管理人さんの気持ちが分かったよ。一部の特別扱いのスター選手以外はチームに留まりたいと思わないでしょうし、スター選手が来たいとも思わないんじゃないかな。ドルトムントに求めるものは人それぞれれでしょうけど、トゥヘルの間はドルトムントの試合からは遠ざかりそうだ(笑)
[ 2016/03/07 20:49 ] [ 編集 ]
ドルは強くない。やっぱバイエルンが1枚も2枚も上だわ。
まあバイエルンはキッチリ勝たないといけない試合だけどな。
[ 2016/03/07 20:49 ] [ 編集 ]
アラバとキミヒのセンターバック相手に
守備的に相手の良さを消す戦術をやる理由がわかりません。

レベルは違えどドルでいうところのギンターとヴァイグルが
センターバックをやっているようなものです。

ペップバイエルンを倒すのにこれほどの好機は無い気がしますが、
インタビューを見てがっかりしました。

バイエルンのセンターバックの枚数が足りないのはわかっていた事なのですから
やはり勝ちにこだわって欲しかったですね。

カップの決勝なら今回の戦術も納得できますが、
リーグ戦の大一番で、なおかつ3位との勝ち点差がある状態でやることではないですね。

今後も同じようなシチュエーションになった時には
また負けないための高度な戦術が見れるのでしょう。

選手に勝利への意思を植え付けるのも監督の仕事のはずです。
[ 2016/03/07 20:50 ] [ 編集 ]
私も個人的には、素直に悔しがったりする監督や選手の方が好きですね。
こちらも共感して応援できます。

5バックで失点をしなかった戦略に自信を深めているところでしょうか。
失点しなければ負けることは無い訳だし、
DF陣からしてみても確かにナイスゲームだったのかも知れませんね。
幹部達がいつも本音をメディアに話すとも限らないし、いまいち謎ですね。

1年目のトゥヘル監督は、
ドルトムントという大きな舞台を味わいつつ、失敗と成功を繰り返していくのでしょうけれど、
彼自身がどこを目指しているのか、ちょっと分からないところがあります。

彼のもとで一緒に働きたいと言ってもらえるような監督を目指してもらいたいです。
選手も頑張っているのですから!



[ 2016/03/07 20:52 ] [ 編集 ]
マインツの監督やってんじゃねーのに。
[ 2016/03/07 20:56 ] [ 編集 ]
彼は指揮しているチームにロイス・ミキ・オバ・ギュン・フンメルスがいるという事を理解してるんでしょうかね
チームのボスがこれじゃあ一流の選手は離れていきますね
守備も言ってるほど機能していなかったしバイエルンの決定力の無さに助けられて
攻撃も結局はオバ頼みのカウンターのみの状況
力の差はあれど本当のドルトムントのファンなら勝ちに拘るものですからね
就任一年目であろうが自身がドルトムントのボスだという事を再認識してもらいたいです
[ 2016/03/07 21:02 ] [ 編集 ]
はぁ~(溜息)そういう感じでしたか。まあ、マインツから来た1年目にしては本当に良い成績だしね。そうなるのかもね。
クロップが、試合後の感想聞かれて(もちろんリバプール勝って、ほかのプレミア負けての感想)「他の結果は知らないんだ。ただバイヤンが負けた。」(マインツに)って言ってからガッハッハって凄くうれしそうに笑って「もちろんここ(リバポ)とは関係ないけどね」って言ってる動画見たから、ああクロップはドルがバイヤンに負けて凄く悔しがってるだろうし、こんな戦術しないよ!って思っていただけに唯々残念です。あと、バイヤンが前線から全員が凄くプレスかけてきて、まるで昔のドルみたいですね。逆にドルはほとんど前線はプレス捨てて、特に後半はゾーンで引きこもってドルらしさが消えたと思いました。がっかりです。
[ 2016/03/07 21:03 ] [ 編集 ]
 試合を観た印象通りのコメントですね。試合内容は監督の意図通りで戦術も守備に関してはハマりましたから悪く言いたくないのですが、優勝の可能性を夢みていた私としては、本当に残念です。もしもBVBが、創設以来ずっと首位攻防戦においてドローで満足してきたとしたら、8度のリーグタイトルは存在しなかったでしょう。
[ 2016/03/07 21:05 ] [ 編集 ]
4-3-3をなぜやめてしまったんでしょうか?
あの魅力的なサッカーをなぜ捨ててしまったのか本当に本当に謎です
[ 2016/03/07 21:05 ] [ 編集 ]
今のバイエルンは強い、名将の四年目、一強と言われても過言では無いくらいの強さな事は確か。

だがそれが勝負を諦める理由にはならないですね。3位と勝点差が詰まってCL圏がというならドロー狙いでも良いでしょう。でもそんな心配も無い。バイエルンとの勝点差を考えれば、ドローも負けも変わらない。5差だったら勝負を掛けて良い差です。

トゥヘルは結局前半戦含めて4-3-3はぶつけませんでした。初めから通用しないと諦めてたのでしょう。でもそれは今日みたいな失うものなど無い試合でこそぶつけて欲しかった。ドローで満足なのは、勝負師クロップの後継としてはあるまじきですね。

ドルトムントに所属してる主力は優勝を目指さない姿勢をどう思うのでしょうか。移籍してから初タイトルが是が非でも欲しいロイスは特に。
[ 2016/03/07 21:21 ] [ 編集 ]
私は香川のファンですが、チームやトゥヘルを何から何まで批判しまくる流れはどうなのか…と思います。
香川が出なかった事は私もショックでなりませんでしたが、今の調子で言えば仕方がないですし、その怒りをチームにぶつけても仕方がありません。
どんどん感情的になって、それが連鎖して集団化してしまっているのが怖いです…
もう少し落ち着くべきじゃないでしょうか…

↓ここのコメント欄とはだいぶ違うようです。
私もベストゲームだと思いました。

■レーヴ
「クレージーなテンポと両チームのテクニックは信じられない。私が今シーズン見た中で最高の試合だ」

■ラーム
「ドルトムントは前半戦と比べてずっと良くなった」

■ハマン
「ドルトムントは再びバイエルンに近づいていることを示した」

■ビュルキ
「僕たちは高いところを目指していると示した。チームをすごく誇りに思う」
[ 2016/03/07 21:34 ] [ 編集 ]
引き分けはいいとして、ただただ試合の内容がつまらん
[ 2016/03/07 21:34 ] [ 編集 ]
トゥヘルにして見れば優勝のチャンスはこれからいくらでもあると思ってるんじゃないかな。それよりも今はチームを作る時期で戦術が機能した嬉しさの方が勝っていたのではないか。
多分尊敬するペップと引き分けに出来たことに満足してる。そこがドルサポには物足りない。違和感を感じるところだね。特にクロップが勝ちたいという気持ちを前面に出すタイプだったから余計にね。

ただ今のメンバーはクロップの遺産がほとんどでこの優秀な選手たちが揃うのは今だけかもしれない。勝てるチャンスに賭けないのは何とももったいない気がする。
[ 2016/03/07 21:40 ] [ 編集 ]
バルセロナのブライダSDがドルトムントvsバイエルンを視察にしてたらしいね。
イタリアのメディアによると、お目当てはドルトムントのヴァイグル、ロイス、オバメヤン、ギュンドアンの4選手とのこと。
まあ、ギュンドアンはほんと凄いと思った。あの狭いエリアでマークも剝がしてドリブル、パス、シュート何でもできるもんね。
香川も言ってたけど、アイディアがほんと豊富な選手だと思う。
正直、ドルトムントに復帰してから、香川にはこういったメガクラブからの噂は聞かないよね。。
その辺りも受け止めておかにといけないかもしれないね。今の香川に足りないものは何なのかって。
[ 2016/03/07 21:50 ] [ 編集 ]
勝てなくてもいいや~、引き分けでもいいや~、引き分けられて満足だ~

たとえ本音じゃなくても監督がこんな風に受け取られるようなことを言っちゃダメだと思うなぁ。
[ 2016/03/07 21:51 ] [ 編集 ]
あー、勘に触るわ。今の自分の立ち位置に完全に酔ってますね。上司がこれだったら冷めますね。
自分だったらはい次!って移動か転職希望します。少ないチャンスをモノにする千載一遇のチャンスにリスクを冒さなかったんですから。
上に行きたい部下からしたら、ヘタレ上司感半端ないです。
管理人さんの前記事コメントの理由が、よく解りました。
いつも本当に真摯な翻訳有難うございます。
ここは唯一ドルトムント記事関連で、大人の意見が覗けるサイトです。
希望ですが、キッカーのこの試合評も訳していただけないでしょうか?
[ 2016/03/07 21:53 ] [ 編集 ]
バイエルンは後半残り15分 流してましたね。
それをバイエルンにさせたトゥヘル監督の後半の采配には本当にがっかりしました。
熱量を感じない時間帯があるドルトムント対バイエルン戦が起きた原因はこのインタビューに詰まってますね。
[ 2016/03/07 22:02 ] [ 編集 ]
おいおい、ホントにあんな采配で満足なのか?いいサッカーしていたのは選手であって采配はちょっと…
確かに負けてないし今期の前半から良い監督なのはわかってるけど、志低すぎですね。
ツォルクやヴァツケの意向には沿っているんだろうか、この発言は。
[ 2016/03/07 22:17 ] [ 編集 ]
内容に楽しさを求めるのならサーカスでも見に行けばいい
[ 2016/03/07 22:18 ] [ 編集 ]
この監督は勝負というものを知らないと思う。

戦術や技術はある程度学べるが
勝負勘や押し引きなどの駆け引きは
真剣にチャレンジを繰り返して経験していかないと身に付かない。
勝負師としてのセンスを身につけるのは
小手先の戦術を学ぶこととまったく異なるということを
わかっていない。

ドル1年目の指揮だからこそ積極性を発揮して
勝負勘を学ぶチャンスがあったのに
まるで自分が過去にタイトルを取ったベテラン監督の
真似事のような戦い方をしている。
(後半戦負けていないことで自分が名将になったような勘違いをしてしまっている)


今の主力メンバーもクロップの遺産の一部だと自覚して
監督が無欲にチャレンジしないと手遅れになるよ。

今は完全にいろんな意味で守りに入ってしまっていると思う。

頼むからドルの希望を未来を壊さないでくれ。
[ 2016/03/07 22:30 ] [ 編集 ]
カウンター狙いでしかバイエルンに勝てないと思っているトゥヘルは選手たちのポテンシャルをかなり下に見てるのがただただ悲しい
俺はドルトムントの選手ならガチンコ勝負でもいい結果出せると思う
ミスをしないだけのリスクを冒さない戦い方ではレスターのように首位には立てないだろう
バイエルンの選手と監督には完全に舐められてると思う
[ 2016/03/07 22:30 ] [ 編集 ]
トゥヘルもインタビュアーの気持ちをもう少し察してやれないものか。
わかるだろ普通。
「バイエルンはもちろん射程距離内です」とかさ。嘘でもいいから。

あれだけ試合中に応援してたファンの気持ちを考えれば、どうなんだ。

>このような状況を経験できることはまるでプレゼントのようなものですね。

いや違うだろ。まあトゥヘルも楽しんでくれりゃいいんだけど。
でもそうじゃないだろ。
[ 2016/03/07 22:42 ] [ 編集 ]
この人、本格的にダメだわ
憧れのペップさまのチームにドローできたのが誇りなのかね
どんなプロスポーツでも、試合で勝てなかったら悔しいものだと思ってたわ
監督が勝てなかったことを悔しがって、それを見たファンが「いや、ドローでもよくやったよ」ってねぎらうものじゃないの
これって日本人的考え方?それとも自分だけ?
2位チームの指揮官が1位チームの指揮官に心酔して、どうするよ
まぁ、もうドルトムントの試合はハイライトでしか見ないわ 0-0の試合より4-4の打ち合いの方が個人的に好きだし
[ 2016/03/07 22:43 ] [ 編集 ]
なるほど……。
管理人さんが失望の余り、前の記事にネガティブなことを書いたのも、これを見たら分かります。

どなたかも書いてましたが、これはあくまでも管理人さんの個人ブログであって、公共性のあるものではないのですから、管理人さんの思ったことを書いても何も問題ないと思うし、クラブに対しての見方も公平である必要もないと思います。
[ 2016/03/07 22:46 ] [ 編集 ]
空気読めよ、トゥヘルさん!
あんたとクロップのいたマインツから最高の贈り物が届いたんだよ!それを受け取らないなんてどーかしてるよ!プレゼントのお返しなんていらないんだよ!気持ちを受け取るだけでいいんだよ!
まったくちっせ〜男だなぁ〜あんたって奴は!!
[ 2016/03/07 22:49 ] [ 編集 ]
こんなメンタルじゃ優勝できねえな
[ 2016/03/07 22:54 ] [ 編集 ]
ほんと自己満足の固まりみたいな方ですね!選手の思いも関係ない、なんでドルの監督になろうって思ったのか聞いてみたい
クロップと比べてしまうせいか、一番ドルの監督にはふさわしくないって思えます。
せめて嘘でも良いから、「ドローで悔しい!」って言えないのか
このような試合が出来て幸せ?はあ〜〜〜〜?
こんな人の幸せのために、ベンチ外にされた香川選手がかわいそうです!
こんなコメント聞かされたら、選手はどう思うのでしょうね?
自分の戦術が全う出来て自分だけが幸せなんだから、なんておめでたい人なんでしょう
しばらくドルトムントの試合は見なくても良いな!この自己満足してる人の顔も見たくないし
香川選手の活躍だけを祈っています
[ 2016/03/07 23:14 ] [ 編集 ]
中堅クラスのチームなら、トゥヘルは名将だね。
でもビッククラブはとても扱えない、今は選手の能力に救われてるよ。
[ 2016/03/07 23:20 ] [ 編集 ]
クラブの戦力差を考えて引き分けは上等だと思うけどな。あの戦い方はこれ以上ないと言っていいくらい最善策だったと思うし。「最初から引き分け狙い」とか「負けてもいいから勝ちにいってほしかった」と言っている人は頓珍漢なこと言っていると思う。
バイエルンには引いてカウンターの戦術があたっていた。実際無失点だし、ドルトムントにチャンスもあった。別に引き分け狙いではない。
[ 2016/03/07 23:29 ] [ 編集 ]
今回の試合が前半戦とかなら文句はないんですけどね。
バイエルンもけが人等で調子が落ちているので、あと9試合でこける可能性はあるかもしれないけど、なんかトゥヘルから優勝を狙う意思が感じられない。
ロイスのようなタイトル獲得に強い感情を持っているような選手はどう思っているんだろう。
[ 2016/03/07 23:47 ] [ 編集 ]
失うものがない状況だから攻撃的に(シーズン序盤のようなやり方で)いってほしかったという方が多いようですが、いくらCB本職がいないバイエルンとはいえ前がかりに行けば大量失点の可能性は少なからずあるのでそれで負けてしまったら8P差なんですよ。守備時に5バックだからって
得点や勝利を諦めてる事にはならないしトゥヘルは現実的にやったと褒められてもおかしくないと思う。
どうも最近香川の処遇と守備的戦術を理由にトゥヘル批判する人が散見されますが実のところクロップが好きというだけの事なのではと思いますね、だったらリバプール見てればいいと思います、もうドルにクロップは居ないのですから。
[ 2016/03/07 23:52 ] [ 編集 ]
>特にドルトムントファンのでない人間からすればトゥヘルへの厳しさはちょっと異様に感じる時があります


あなたはどこのクラブのファンですか?
あなたの応援するクラブの監督が現在2位なのに優勝を諦めるサッカーやってたらどう思いますか?
ちょっと想像するだけで分ることでしょう
[ 2016/03/08 00:11 ] [ 編集 ]
まあはっきりしたのは、これからのドルは優勝は狙わず永遠の二番手狙い。
更に成績は安定しても、勝負に出ないので面白くもない・・・・と。
[ 2016/03/08 00:21 ] [ 編集 ]
人に寄ってみかたは色々あると思いますが、5バックなんてやってないで堂々と真っ向から勝負して欲しかったな
そういう部分ではクロップはどんな相手でも真っ向勝負で面白かった
[ 2016/03/08 00:21 ] [ 編集 ]
引き分けでいいわけないだろ
CL出場が確定してるんだから勝ちにいって負けたほうがまだ良かったわ
ファーストシーズンだろうがなんだろうが優勝する気がないなら辞めろよ
[ 2016/03/08 00:23 ] [ 編集 ]
試合後のドルの選手のインタビューで結果に満足してると言っていたとどこかで見ました。
ロイスやオバメが納得してるとは思えないのですが。
オバメはブンデス得点王だって狙えたのに後半のサッカーでは難しいでしょうし。
ブンデス1強を優勝を狙える2位チームの監督が認めているのは、あまりにも情けないです。
1強のリーグなんてドイツ人以外に魅力がありません。
[ 2016/03/08 00:26 ] [ 編集 ]
残念なインタビュー・・
悔しがってくれたなら好感もてたのに。

クロップが恋しい・・

[ 2016/03/08 00:26 ] [ 編集 ]
やっぱりか……トゥヘルはELと今季2位で終わる事しか見てない。優勝できるメンバーが揃ってる時に監督が2位狙いかよ!来季ベップいないから優勝できるとでも考えてそうで恐ろしいよ。
[ 2016/03/08 00:29 ] [ 編集 ]
正直、失望したよ
5バックで固めて闘った事は百歩譲って呑み込むとしてこの状況を怒ってもないし痛手でもないと感じるなんて
バイエルンの本職CB不在に3位と勝ち点差15、引き分け=負けの状況なのに・・・
ここの人達でさえこれだけ悔しいんだから現地で試合応援したドルトムントサポや選手達は相当悔しいだろうな

取り敢えずトゥヘルはビッグクラブの監督には向かない
[ 2016/03/08 00:30 ] [ 編集 ]
ブンデスの天王山とだけあっていろんなリーグのサポも見てたようですね
ドルトムントもCLファイナリストだけあってあの堂々とした戦い方をみてファンになった人も多いはず
そんな人たちから観れば弱者の戦いかたでガッカリした人も少なからずいたでしょう

>「ドルトムントは再びバイエルンに近づいていることを示した」?
昨シーズン、ポカールだけどバイエルンに勝ってますよね
[ 2016/03/08 00:32 ] [ 編集 ]
自分の感覚的には、残り9試合でバイエルンを相手にということを考えるとドルの優勝確率はこんな感じだと思う
勝ち点差2→優勝確率25~30%
勝ち点差5→優勝確率3~5%
勝ち点差8→優勝確率1%未満
なのにトゥヘルが勝ち点差5の状況を「ぜんぜん痛手ではありません」っていうのはズレてると思うね
主力が抜ける・怪我する・調子を落とす可能性も含めて、来年同じ時期に今以上にチャンスな状況で居られるかすら分からないのに
[ 2016/03/08 01:13 ] [ 編集 ]
前回が奇策打って負けただけなのを、自分のせいだと認めず選手のせいにしてるからな
[ 2016/03/08 01:17 ] [ 編集 ]
上のコメントで自身を香川ファンだって言ってる人は「香川が出ていないことを皆が怒っている」という『思い込み』で書き込みをするのはやめてくれないかな?
あの戦術を取っていたら後半明らかに運動量が落ちるの目に見えているのに、ソレに対して何の策も立てていなかったトゥヘルに怒ってるだけなんだから。
そしてこのトゥヘルのコメントでさらに落胆させられただけっていう話。
メンタリティが中下位率いてる監督のまんまじゃいつまでたっても1位にはなれんわ。
[ 2016/03/08 01:17 ] [ 編集 ]
後輩シュミットがバイエルンを苦しめてくれてドルトムントに援護射撃してくれた時が絶頂期でした
[ 2016/03/08 01:19 ] [ 編集 ]
これはこれで仕方ないと思うけど、ペップとべたべたなのが妙に気持ち悪い。なぜだろう・・・。やはり表向きだけでもいいから対決姿勢は見せてほしかったな。別に喧嘩してほしいわけではないんだけど・・・
似たような戦術が好きな人同士で将棋を指して、2人でにやにやして満足しているように見えるんですよね、ペップが本気でひやりとする場面を作ってほしかったと思う。

まぁ、香川にしてもそうだけど、いろいろ求めすぎなのかもね。
[ 2016/03/08 01:30 ] [ 編集 ]
俺は生やフルでこの試合見てないからみんな程詳しくないけど、勝ち点的にはもうちょっとポジティブな攻めの姿勢を見たかった。確かに控えストライカーを取れなかったり補強的な部分で控えにはワンランク下がるなと感じる選手層になってしまったけどFWのラモスをいれるなら残り20分ぐらいで点を取ることにもっと執着してほしい。そこでラッキーを狙うなんてトップチームの監督としては二流だと感じる。
今回は絶対に勝てない試合ではなかったし、リーグ優勝を考えてるならターニングポイントになり得る試合だっただけに満足してるのはな〜って思えてしまう。ブンデスのチームのトップ監督達はバイエルンをリスペクトしながらも一強阻止のために攻める姿勢を見せないとブンデスはつまらなくなるよ
[ 2016/03/08 01:42 ] [ 編集 ]
(´・ω・`)
いつもながら翻訳ありがとうございます♪

この1試合だけを切り取って評価するか、シーズン全体を通してのこの試合の持つ意味を考慮して評価するか、で評価はかなり違ってきますよね。

トゥヘル本人やトゥヘルを褒めている人は前者での評価ですが、逆に周りは後者での評価している人が多く、そのためにトゥヘルを批判する人が多いという状況が生まれていますね。
そしてこのインタビューから、戦う前から勝利へ意識の低さが見えるようで、さらに批判を高めていますね。

もし仮に、この先バイエルンがコケまくってドルトムントが優勝することがあったら、少しはこの評価の比率が変わるかもしれませんが。

これがトゥヘルの戦い方・メンタルであるというならば、ドルトムントの持つワクワク感や、たまに解き放つまばゆい輝きが失われたようで、なんだかちょっと寂しい気がしますね。

[ 2016/03/08 01:52 ] [ 編集 ]
確かに昨シーズンのポカールは勝ってます、昨シーズン後半戦だけ見ればクロップドルはリーグ2位ですね
[ 2016/03/08 01:53 ] [ 編集 ]
ラモスのヘディングか。この人は常に運か選手のせいにするね。
[ 2016/03/08 01:55 ] [ 編集 ]
何よりWB以降選手が楽しそうにプレーしてないんだよなあ
笑顔がないよね
どこのサポでもないけど楽しそうにサッカーやってるのに好感持って見てたんだが
もうそういう幸せな時期は終わったんだろうねこのクラブ
[ 2016/03/08 01:58 ] [ 編集 ]
そりゃ2位でも凄いのは凄いけどさバイエルンを倒せるかもしれない筆頭格ってやっぱドルトムントな訳じゃん。
なのにそこの指揮官がこんな感じってなんだかなあ。言い方極端だけどやる前から白旗あげてるように感じる。もっとブンデスリーガを盛り上げようよ
[ 2016/03/08 02:15 ] [ 編集 ]
大事なのは比べないことだとクロップさんが言ってたので、最近は冷静に見るようしています。
でも、若手主体に変更して育成を託されたクロップさんの1年目から今までと、その土壌が出来たトゥヘルさんの1年目を比べて
「よくやってるよ」と言うのも何か違う気がします。

どなたかが仰るとおり、クロップさんが好きでリヴァプールを見て一喜一憂・喜怒哀楽を楽しんでいます。

上の方
>昨シーズン、ポカールだけどバイエルンに勝ってますよね
昨シーズンはポカールとスーパーカップで勝ってましたね。

ペップさんが「戦術を無視していいのはメッシだけ」という趣旨のことを言っていた記憶があるんですが、
最近のメッシは無視というのではなくて、頻繁に中盤の底まで下りてきてゲームメイクに参加していますよね。
あれ見てるの好きなんです。
均衡を破ろうと思えば変化は必要なんでしょうね。
MSNは皆すごいんですけど、メッシが前でも下がり目からでも相手の戦術を破壊する姿を見ると血が沸き立ちます。
システマチックなのと破壊が合わさってると面白いんですかね。
[ 2016/03/08 02:18 ] [ 編集 ]
弱小チームが引き籠ってなんとか引き分けに持ち込んだ、そんなゲームでした。「前半はドルのペース」と言っている人もいますが、明らかにバイエルンのフィニッシュのまずさに救われてたでしょう、後半は「引き分けられてラッキー」(トゥヘル談)の内容。バイエルンの選手からも余裕の発言されているようでは・・・。これで良しとする人はプレミアの中堅チームでも見ていれば良いのでは?そもそも「3位とは10ポイント以上離れていてCL落ちする心配はない、勝てば首位と2ポイント差、何かが起こる可能性が残る」という中でリスクを冒せない監督は所詮その程度だと思います。約2カ月間我慢してきましたが正直「ドルトムントはもういいかな」とこの試合を見て強く思いました。前半戦チームの2位にあれだけ貢献した香川を「売り飛ばせ」だの「ギュンドアンのダウングレード」だの言っているファンにもうんざりですしね。清武のいたニュルんベルグ以来ですよ、こんな腹立たしいのは。ということで香川選手にはこの夏自分を信頼してくれる監督のもとに移籍することを願ってブンデスリから離れることにします。管理人さん、今までお世話になりました。
[ 2016/03/08 02:19 ] [ 編集 ]
>ご自分の個人的blogなのですから感情に正直になっていいと思いますよ。現地の情報が知りたくてお邪魔しているのはこちら側なのですから。

私も同意見です。そもそも当初からBVBサポーターだと明言されていますし。
[ 2016/03/08 02:23 ] [ 編集 ]
まともな思考の監督であれば20得点してるメインFWと常にスタメン固定のFW兼MFで3人も出てるのにキミヒとアラバの何ちゃってCB相手に無得点なのを差し置いて10分程度でたった一度のチャンスをミスった数えるほどしか試合出れてないラモスを戦犯のように祭り上げることはしないよ(笑)
[ 2016/03/08 02:26 ] [ 編集 ]
今日のすぽると!をたまたま見たんだけど、アナウンサーが『トゥヘル監督は戦術的な理由で外したと言ってましたが、宮本さんはどう思われますか?』って聞いてて、宮本さんが『後半攻撃するチャンスがあったのに香川選手が居なかったという事は、戦術的な理由だけじゃなく、他に理由があるんじゃないかな、と思いますけどね…(ニヤッ)』って言ってたのですが、どういう意味だったんだろう?
[ 2016/03/08 02:28 ] [ 編集 ]
こういうサッカーをして、今いるレベルの前線の選手が集まるのかな?守備側は活躍がめだって良いかも知れないけど攻撃的な選手はしんどいよね。来期はオバメやロイスはもちろんギュンドアンも必ず出ていくから補強で苦労しそう。スター選手がいなくなればドルトムントも中堅サッカーをしても違和感はないと思う。
[ 2016/03/08 02:39 ] [ 編集 ]
なぜかここでは前半戦に1-5で大敗した時よりも叩かれてますね・・残念です。
あの時はひたすら後手後手で、蹴り込むしかできないくらいの差だったのですが、今回はしっかりパスを繋いで、攻守の質も見違えるように高かったですよ。
戦術的にもこれ以上は望めないくらいやり切ったと思います。
昨シーズン、最下位まで沈んで地獄だった事を思えば、就任一年目のトゥヘルはかなり優秀だと思います。
バイエルンの監督獲得リストに、ペップとともに加えられていたのも納得できます。

昨シーズンのポカールでバイエルンを破った話が出ていますが、これも90分では引き分けだったんですよね。
カップ戦だから延長に進めたのであって、PKまでもつれてようやく勝ったたという話でしたよね。
(バイエルンの選手のPK連続失敗とランゲラクのスーパーセーブが懐かしい。)
ただ、香川のファンとしては、終盤に香川が退いてミキが入ってから流れが変わり、ドルトムントに同点ゴールが生まれたのが嬉しいような、少し複雑な気持ちでもありましたが・・

今シーズンはまだELとポカールもあるので、2冠も狙えますね。
ヴォルフスブルクにやられた悔しさもあるので、今度こそはポカール決勝でバイエルンを倒し、優勝したいです。
[ 2016/03/08 02:52 ] [ 編集 ]
この試合に周到さなんて不要だった。
選手たちに「よしっ!思いっきり暴れてこい!」これで良かった。
[ 2016/03/08 02:53 ] [ 編集 ]
このインタビュー読んでまず浮かんだことは、「あぁ、バイエルンをライバルと思っていないんだ」です。

誰かも書かれていたように、引き分けで満足している2位の監督ってどうかと思います。3位と差が開いた現状では尚更に。
トゥヘルには情熱が…というより、ドルトムントというチームに対する愛情や愛着が薄いのでは?と思うのは自分だけでしょうか。
勝って嬉しいではなく、上手くいって嬉しいって感覚なのかな?と。

[ 2016/03/08 03:00 ] [ 編集 ]
バイエルンの残り9試合の相手はドルトムント以下のチームしかいないわけで、
2位の自分たちが今節バイエルンを倒して勝ち点差を2に縮めておこうという気概はないものかね。
しかも3位とこれだけ差がついていながら。今回の消極的な戦術にもインタビューにも心底失望した。
こんな監督のもとで来季もプレイしたいと思う一流選手がどれだけいるだろうか。
[ 2016/03/08 03:07 ] [ 編集 ]
ペップもトゥヘルも悔しくないといえば嘘になるでしょうが、ドイツの協会が間に入った試合だから、こんな感想しか浮かんでこないでしょうね。トゥヘルは中間管理職の立場で、ペップも本当は後半カード切れて攻撃的にいけたけど、あれ以上カードを切れない出来ない大人の事情があったのでトゥヘルとしても結果をうけいれるしかないでしょうね。

香川に関してはフロントも売る気さえないしトゥヘルにも大事にされてるから、さっさとコンディション向上させて、スパイクがあわないなら、旧モデルでも引っ張りだすべきですよ。ここまでやってもらってるのだからという感想しか浮かばないかな

試合は選手が決めるとこ決めれなかっただけなのもそうとしか言いようがないですね。キミッヒとベルナトとかバイエルンとしては一段落ちる最終ラインだけど、攻略できないとか言い訳が通用するとなるとアタッカー陣としてはかなり情けない。キミッヒがすばらしかったといえど、マインツの選手は同システムで決めましたから。
シャヒンとギュンの交替のしかたといいギュンはレアル行きかどうか解りませんが、シャヒン移籍前の最終年度のようにチームを勝たせて優勝に近づけられなかった、という事も言いたくなるのは解りましたし。
[ 2016/03/08 03:40 ] [ 編集 ]
香川に関しては、クロップも去年のバイエルン戦(ホーム)ではベンチに置いてましたよね。
CLラウンド16のユベントス戦でも出してもらえなかったし、なかなか強豪相手に使ってもらえなくなったなという印象です。
ドルトムントに復帰して2ヶ月後のアウェー・バイエルン戦は、今も何度もタッチ集を見返すほど、テクニック的に素晴らしかったんですが。
(交代時にミュラーが寄ってきて労いのタッチをしてくれてましたね。)
やっぱり2連覇した時の香川と比べて、今の香川はスピードやキレが衰え、チームの攻撃を停滞させてしまうからなのだろうと思います。
今シーズンのIHでのパス回しを見ていても、ヴァイグルやギュンドアンのテンポ感と比べると、遅さが気になりました。
ビッグクラブはどこもパス回しがかなり速く、対戦する側もプレーの速さは絶対に求められると思います。
それを考えると、香川には「悪魔的な素速さ」と絶賛されていた頃の体に戻せないのだろうか?と思わずにいられません。せめてユナイテッド1年目くらいに。
ここ数年間ずっと、もどかしく思います。
[ 2016/03/08 04:13 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。プロスポーツの世界では個人的にはてっぺん(優勝)を目指すべきと思います。多少のリスクをおかしても勝ちにこだわるべきでしょうね。ましてやホームゲームですしねー。皆さんもコメントされてましたが、勝っていれば、勝ち点差は2。俄然、力が湧いて出てくる。下位で優勝から遠ざかっていれば、バイエルン相手のドローは戦略として勝ち点を1取れれば御の字ですが。。。置かれている立場が違います。次に期待と香川の復活を楽しみにしましょうね。
[ 2016/03/08 05:05 ] [ 編集 ]
だめだ、最後まで読めませんでした。
ちょっと、どうなんでしょうか…。
[ 2016/03/08 05:56 ] [ 編集 ]
バイエルンは確かに強いけど、一応はライバルなんだから引き分けで幸せなんて言っちゃダメだ。
シャルケの監督がドルと引き分けて「幸せ」なんて言ったりするかな?
[ 2016/03/08 06:24 ] [ 編集 ]
監督の真意はわからないから、想像でしか判断できないけど、言うに言われない事情があっての発言、采配だと思いたい
香川真司選手もいろんな体験や努力をして今のプレイスタイルになっているんだし、それを否定はしない。今のトップ下にも、必死でトライしている最中だと
監督はちゃんと見てくれてるだろうか?
[ 2016/03/08 07:40 ] [ 編集 ]
ポゼッションサッカーに対してカウンターサッカー狙うのは悪くないけど、
ガチガチの5バックとかは引き分け狙いぐらいしか考えられないだろ・・・

せめて試合中に流動的に戦術を変えるぐらいはするべきだろ
その時のためのジョーカーとして香川をベンチに入れてない時点で
ダメすぎる
[ 2016/03/08 08:04 ] [ 編集 ]
管理人さんには悪いが、監督に優勝する気が無いのだから今期の優勝は諦めてます。
来期からは・・・メンバーどうなるかな?
[ 2016/03/08 08:33 ] [ 編集 ]
一昨年のフェルティンスアレーナでの、シャルケとバイエルン戦を見に行ったんですが、引き分けの試合後、周りのシャルケサポが、満足そうにしてたのを思い出しました。

BVBのサポーターもそんな感覚なんですかねー。ましてや、監督までそんな感覚ならちと寂しい。
[ 2016/03/08 08:38 ] [ 編集 ]
トゥヘルの頭にはイルミの針でも刺さってるんじゃないかと思いました。
全力でやれば力量が上の相手でもその時の状態によっては勝てるかもしれないのに
特にサッカーなんか番狂わせだらけなんだからなおさら
どうせ勝たないと優勝ないんだから当たって砕けてほしかった。
[ 2016/03/08 09:23 ] [ 編集 ]
これだけは言える。ドルの試合は面白くなくなった。
[ 2016/03/08 11:05 ] [ 編集 ]
バルサのスカウト来てたんですか…
ヴァイグルは悪くはなかったけどそこまで良くもなかったし、オーバとロイスは良くなかったですね
ギュンドアンもムヒも対策されて消えてしまっていましたし
むしろフンメルスが株を上げたんじゃないでしょうか
モウリーニョが来てたヘルタも確か同じような感じでしたね

[ 2016/03/08 12:38 ] [ 編集 ]
この監督は芯ガ固くて柔軟性に欠ける。
オーバメヤン、ムヒタリアン、ロイスなど、前線の選手はみな数字を落としていますね。
2位に位置している限りはフロントも動けないですし、来季以降、主力選手が大量に出ていったシーズンが勝負ですね。
出ていく理由も監督にあるでしょうから、ドルトムントがいつまで2位をキープできるでしょうかねぇ。
[ 2016/03/08 12:42 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。
管理人さんのブログなんですからご自身の意見をおしゃってください。
私も同意見でした。
これからも宜しくお願いします。
[ 2016/03/08 12:43 ] [ 編集 ]
今勝ちに行く気迫を見せずスコアレスで満足なトゥヘルドルが例えこの先運良く勝ち点得て、バイヤンが何故か落として棚ボタ優勝したとしても気持ち良くないので2位でいればいいと思いますがトゥヘルの言う通り前半の433で2位までつけたのは完全にクロップの遺産である土台と選手の功績なのでトゥヘルが変更後機能不全してた奇策バイヤン戦と代表直後の試合以降、楽に勝てた試合は数えるほどですよね?なので今はクロップ遺産からの貯蓄を食い潰し保ってる功績なのでバイヤン相手には今度こそ自身の力を証明してほしかったっていうのが本音です。マインツのお陰で5差なのとベンチ発の香川が齎した数試合の勝ち点抜けば今CL圏争いですから勘違いして自分以上の実績を持つ選手をキープ要員にしたり簡単にベンチ外にしたりして欲しくないですね
[ 2016/03/08 14:19 ] [ 編集 ]
前半の大敗はバイヤン戦で急にフォメ弄ったのが悪かっただろ、だから前半の結果に比べてなんてのはまず間違いなんだわ。
そんで今は負けても2位キープが固くて1位目指すなら勝つしかない状況と言ってもよくて、リスクがないチャンスだったのに勝負せず引き分けで満足ってのはかなりの問題だよ。
[ 2016/03/08 18:14 ] [ 編集 ]
思った通りだった。前に書いたけど試合後ペップがキミッヒをしかりトゥヘルは笑顔でハイタッチ。あれをみてトゥヘルは前半の早いうちに点取れたらいいけどダメだったら引き分けでいいと試合にのぞんだと思った。勝ち点1取りにいったということだろうね。控え使うのは怪我人が出たらで、最初からラモス入れるくらいしか考えてなかった。ペップは内心喜んでると思う。バイエルンはマインツ戦と同じく調子が良くなかったし、芝の影響もあってかいつもよりパスとシュート精度が良くなかった。CBにボアテンいなくて背が低いことを考えたら2位以上は確定してるんだからトゥヘルが勝負にいかなかったのは残念。まあレーヴが来てたからドイツ代表サッカーを通したんだろうね。トゥヘルが褒めてる縦に速いカウンターサッカーはいくら攻守の切り替えを速くしても、守備が統制とれてて最後まで集中切らさずできるチームにはどんなシステムでも今まで通用してない。単調だから相手が慣れるのも早くて前半早くに点取れないと徐々に押されるか、押してても攻め手がなくなるかのどちらか。選手も疲れるし強豪ならバイエルンみたいにすぐに対応してくる。

香川のIHとしてのパス回しのスピードが遅いって言ってる人いるけどあれは計算して緩急つけてる。シーズン初めは香川も早いのが多かったけどそれだと相手もスピードに慣れやすいからバルサの試合みて自分なりに考えたんだろう。パス回しを遅くすることでわざと取られやすいように見せかけて味方をフリーにしたり、相手のディフェンスのリズムを崩したり引きつけたりして、パスだしたりサイドチェンジしたりといろいろ工夫している。
[ 2016/03/08 18:24 ] [ 編集 ]
納得がいかない点が3つ
フォーメーション
前半は守備としては良かったが攻撃面が弱い
選手交代
交代枠は使い切っても良かったはず
監督の言葉
モチベーターとしてドルトムントを奮い立たせる必要があった
[ 2016/03/08 18:35 ] [ 編集 ]
監督批判するとすぐに香川をベンチ外にしたから批判してるんだ!
と、なんでもかんでも香川に結びつけて言う人が多すぎる。
リーグは所詮エンターテイメントと思ってる。
確かにプロレス要素は少し欲しかったかな、こう思うのは日本人だからか?
ワールドカップやオリンピックとは違うと思うんだよな
ブンデスよりプレミアのほうが断然好きな俺でもこの試合はワクワクして見たからガッカリしたのかもしれない。でもまぁまぁいい試合だったなという感想。
ドルがカウンターサッカーをやるにしてもプレミアの中堅クラブより迫力ね~し、パス回しも少ないしどうなってんの?って思った
クラブ、サポーターが満足してるならそれでイイんじゃね?
[ 2016/03/08 21:56 ] [ 編集 ]
香川がベンチ外になったのは私もショックでしたが、そろそろこの批判が収まってくれる事を願います。
あまりに過剰すぎてヒステリックになりすぎるのはどうかと思うし、ちょっと我慢なりません。
クロップだってまだリバプールで就任一年目です。
トゥヘルも同じなんですよ。
[ 2016/03/09 00:03 ] [ 編集 ]
そうなんですよね~!
たぶんドイツの方針で、ブンデスリーグ全体で縦に早いサッカーしようとしてるんだけど、迫力ないんですよ。それにわざと緩急つけないサッカーしてると思うんだけど、何年前のプレミアを目指してるの??になっちゃってて。
ドイツの良い所って、勝ち方を知ってる選手がたくさんいる育成のすごさを見れる所だと思っていたので、方向性が??です。

スポーツはエンターテイメント。本当にそう思います。
魅力がないとお金も入ってこないと思います。

[ 2016/03/09 01:55 ] [ 編集 ]
はっきりいってこのメンツがいるうちしかチャンスはないのに…
もったいないことするなぁ…
夏に大移動ありそうだよ
[ 2016/03/09 06:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。