ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント地元紙「トゥヘルとBVBの来シーズンの展望は明るい‼」バイエルン戦を評価《ドイツの反応》



【西ドイツアルゲマイネ新聞】




頂上決戦の後でBVBは良い展望


entry_img_904.jpeg


FCバイエルンを相手にBVBその限界を見せた。しかしながらボルシア ドルトムントの来シーズンの展望は明るいだろう。

スポンサーリンク



少なくとも90分の間だけはブンデスリーガのタイトル争いは緊迫したものだった。さらに正確に言うのであれば、60分間は。60分間、BVBは高いレベルでバイエルンを相手にすることができた。試合後にバイエルンのトーマス・ミュラーが相手を立てて、今後も優勝争いが面白いと言ったが、誰が信じることができるだろうか?BVBのファンが、残り9試合でバイエルンにドルトムントよりも2回も多く負けると期待するには、現在1位のバイエルンのプレーは良すぎた。


この試合はバイエルンにとっても勝利に届かなかったにもかかわらず、彼らはさらに力強くチャンピオンズリーグのあるシーズン終盤に臨むだろう。彼らはセンターバックレギュラー陣の離脱にもかかわらず、良い対応をみせ、ドルトムントで勝利するために容赦ない戦いをみせた。彼らの方がそれを追うドルトムントよりも引き分けでも満足だったにもかかわらず。それは敬意を表するにあたいするだろう。そしてペップ・グアルディオラはミュンヘンで失敗に終わり、チャンピオンズリーグで優勝することはないだろう、と何度も言う批評家たちに言いたい。もしかしたら世間の目ではそうかもしれない。でもしっかりとみると、ドルトムントの我々でさえも、このカタルーニャ人がタイトルとは無関係に、このドイツ優勝記録保持チームをさらなるレベルに引き上げようとしている事に気が付かないわけにはいかない。


グアルディオラは最近でもこれらの事を示していた。かれはすでに地位を確立したスター意外とも働くことができるのだ。彼が試合終了後に、急に大役を担う事になったヨシュア・キミッヒを説き伏せるさまは、キミッヒのパフォーマンス同様、非常に印象深いものだった。


entry_img_902.jpeg



ブンデスリーガにおいてトゥヘルのチームは全てにおいて精いっぱいやっている。


それに対してドルトムントは限界をさらしたが、それを不満に思う理由はないだろう。失敗に終わった昨シーズンを考えれば、チームがクロップの7年の時を経て、トゥヘルにどのように対処するか誰にも分からなかった。ブンデスリーガにおいてトゥヘルのチームは精いっぱいやっているしブンデスリーガ2位としては歴代最高の成績を残している。ポカールとヨーロッパリーグではまだすべてが可能だ。


entry_img_901.jpeg


しかしシーズンをこえて考えてみても、ドルトムントの展望は明るいだろう。まずバイエルンはグアルディオラの中身の濃い3年を経てアンチェロッティ体制に慣れなければならない。このような監督交代は他のトップクラブでも問題となったこともある。なのでトゥヘルの2年目の優勝争いが60分よりも長くなる可能性は十分にある。






以上です。

少し明るいとらえ方をしている記事を紹介しました。バイエルンがアンチェロッティになって崩れる可能性に期待するのは少々楽観的過ぎる気もしますが、そうなればリーガも少しは面白くなりますね。

いずれにせよ来夏の補強が重要になりますね。トップ選手を引きとどめ、なおかつビックネームを獲得することができれば面白くなりそうです。



【おまけ今日のドイツ】

20160309051009889.jpeg


日の出
[ 2016/03/09 05:58 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(38)
アンチェロッティ1年目とトゥヘル2年目ってことでアドバーテージがあるような記事ですがどうですかね。現状相手によってコロコロ戦術を変えて大枠の戦術が浸透してるようには見えませんし。相手によって戦術を変えるのは下位チームの
することだと思うのでトゥヘルにはクロップ時代とはまた違ったトゥヘルドルトムントはこうだ!って思われる軸となる戦術を確立して貰いたいです。
[ 2016/03/09 07:03 ] [ 編集 ]
今シーズンはすでに諦めていると。
バイエルンに優勝してもらってベップに花を持たせたかった感じなんかね。
[ 2016/03/09 07:19 ] [ 編集 ]
バイエルンといい勝負してたように見えた。ただ戦力向上どころか来季は戦力低下しそうで恐い。トゥヘルのやり方に選手がついてくるのか。。
[ 2016/03/09 07:27 ] [ 編集 ]
私はバイエルン戦の前と後のトゥヘルの会見内容を見て彼が信頼できなくなってしまいました
どうもグアルディオラに心酔しすぎているような気がしてなりません
[ 2016/03/09 07:59 ] [ 編集 ]
この記事を書いた人はアンチェロッティをナメすぎですね
最近のレアルを見れば判りますがアンチェロッティ監督の時の方が全然良かったです
その頃のクラシコなんてバルサレアル双方が拮抗した最高に熱いゲームでしたよ
[ 2016/03/09 08:05 ] [ 編集 ]
明るいというか自虐というか。よくやっているけど、あれが限界だと皮肉っているようにも、残りの30分の采配に不満があるというようにも読める記事ですね。

負けた試合で限界を晒すという表現もそう感じさせます。可能性を感じさせたという表現であればポジティブな印象ですが……。監督交代で慣れないうちであれば60分よりも優勝争いが長くなる可能性があるかもね、というのも期待しているとは思えない感じですし。
[ 2016/03/09 08:14 ] [ 編集 ]
ドルトムントが昨シーズンより良くなったのは、実を言うと、コンディションだけなんんだよね。それも、昨シーズンの前半と比べてのこと。後半には上がっていたからな。だから残留争いから10位も順位を上げられた。今シーズンは、これに加えて監督変わってやり方をいじったから相手が面食らってただけだよ。高徳のとこに弱点バラされてからは後ろ固めるしかすべがなくなっている。このままいけば今シーズンは前半の蓄えでそこそこ結果は出るんだろうけど、来シーズンはヤバいね。テクニックが伸びたんじゃないから、有名人にディフェンスさせて中途半端な結果しか出せいだろう。特に前半は。

アンチェロッティーがペップより劣るみたいな評価があるようだけど、全く根拠がない。だてにCLのタイトル何度も取ってない。選手の能力を引き出すのがうまい人なんで、埋もれちゃってるゲッツェなんか復活するかも。プラス、クロースが復帰でもしたらもう手が付けられない。

それに、3位以下のチームでも内容がよくなってるとこはいくらでもある。目に付くのが、原口のとこ、レバークーゼン、マインツ、狼だね。いい選手が一人か二人加わればドルトムントがかなりてこずるとこまで来てますね。また、それがわかってるからマインツのトップ下欲しいとかいい始めてるんだろうけど(笑)

まあ、順位の心配は、次のスパーズ戦くらいまでにしてもらって(笑)あとは攻撃サッカーガンガンやってもらいたい。そうじゃないと、仮に今シーズンどれかのタイトル取ったにしても、先々に不安が残っちゃうよ。テクニックは、夏の合宿一回やったくらいじゃ伸びないから今からやっとかないと。ELなんか勝てば勝ったで選手の草刈り場になる。いい加減にしとかないと(笑)
[ 2016/03/09 08:22 ] [ 編集 ]
いやいやアンチェロッティも十分怖いでしょう。バイエルンはいつもワールドクラスの監督が来るけどドルは新進気鋭の監督が来る。したがってドルにビッグネームの選手は来ないと思う。クロップが成功したのは一時期に奇跡なくらいに優秀な若手が揃った事も大きいですよね。もちろん育て方も上手かったと思いますが。

トゥヘルも今はクロップの遺産が残っているので真価を問われるのは彼等がいなくなった時でしょうね。
[ 2016/03/09 08:33 ] [ 編集 ]
美し日の出の写真に癒されました。
確かに、優勝したシーズン後では、後半この時期には初めて競った状況になってますから、よくやっていると思います。
でも、優勝メンバーが多くいる中ファンとしてはもう少し粘ればなんて期待しますよね。だからガッカリしたり怒ったり。
ペップは間違いなく世界一の戦術家で、素晴らしい監督だと思います。でも、だからまれに策に溺れすぎたミスをしたり、ついていけない選手がいたりするイメージですが・・・
一方アンチェロッティーは、綿密に完璧に優しく丁寧に・・のイメージです。ますますつけ入るスキが無くなると思うのは杞憂だと思いたいです。
来シーズンの前に、ペップには是非CL優勝を、ドルにはEL優勝をそして最後にもう一度頂上決戦してもらいたいですね。
そうしたら、カップ戦以外にもう一度ペップバイエルンと戦えます。
バルサファンの香川にとってもペップはたぶんあこがれの人。戦うチャンスがより沢山有ればなあ。
[ 2016/03/09 08:42 ] [ 編集 ]
時々、向こうのメディアもなんらかの力の影響を受けているのかなという印象を受ける。
不調時でもミキ上げ、ちょっと悪ければ香川下げ、そして今回のようなトゥヘル上げ。
後半戦トゥヘルのサッカーの割を食ってるのは攻撃陣全般にも関わらず、明らかに印象操作に偏りがあるんだよなあ。兎に角フェアではない。
[ 2016/03/09 09:37 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。
アンチェロッティはいい監督ですしバイエルンはすでに選手層が厚いですから楽観的な記事だと思います。
ドルトムントはムヒとシュメルは残ると思いますがフンメルスとギュンは出て行くと思います。
フロントとオバが同意すればオバも移籍しそうですね。
正直、他のメガクラブからオファーがあるような良い選手を取れるとは思ってません(笑)
フロントはインモービレの失敗があるのでそこまで良いオファーをするとは思えないですから。
若手の有望株をとって育てるか他のブンデスのチームからそこそこの選手をとってくると思います。
[ 2016/03/09 10:01 ] [ 編集 ]
今の選手達が残ってたらの話だ。
[ 2016/03/09 10:52 ] [ 編集 ]
トゥヘルの今期の成績だけをみれば大変満足です
ただ新戦術になって審判に助けられた試合があったりと喜べない部分もあり
好成績の要員は主力が全員残留したことかなと思ってます
来期どれだけの選手が残ってどれくらいのレベルの選手を獲得するかにも寄りますが
管理人さんがおっしゃるようにバイエルンがアンチェロッティになって崩れる可能性に期待するのは少々楽観的過ぎる気もしますね
アンチェロッティの名の元凄い補強もしてきそうですし
[ 2016/03/09 11:15 ] [ 編集 ]
前半戦の攻撃陣重視のやり方つまり攻撃陣が評価されるやり方
後半戦の守備重視のやり方つまり守備陣が評価されるやり方
前半戦でほぼ2位が確定してなかったら後半守備重視のやり方はなかったのかな?
いろいろと実験が好きそうな監督のようですが攻撃陣・守備陣両方が評価されるような戦いかたを見つけて欲しいと思いますね
[ 2016/03/09 11:41 ] [ 編集 ]
どん底だった14-15からのチーム力の回復、今季の成績と対バイエルン戦の内容から考えると
1年目の(しかも優勝経験の無い)監督としては十分過ぎる結果ではないでしょうか。

今の状態で今期が終えられればサポーターとしては期待が持てます。

最近ずいぶんネガティブなコメントが増えましたが「守備的になった」「香川選手がベンチ外」というだけで
「主力メンバーは移籍した方がいい」とはナンセンスだと思うなあ。
[ 2016/03/09 11:46 ] [ 編集 ]
なんかトゥへルが勝負行かなかったことにいつまでもグチグチ言ってる人いるけど、それも含めてフットボールだと理解してほしいな。
ペップでも希望の選手を獲得できず、ドイツ協会の事情もあって最近はやりたい戦術を押し殺してドイツ代表向きの戦術とってる時があるって気付くから。
ゲッツェとネイマールの話が有名だけど、ビダルとかどう見てもフロント主導の移籍なのに、形にしてる
そして、それに激怒してバイエルンも、ドルトムントも汚い、ドイツのやり方が嫌と思いたくなって、イングランドのやり方調べたら
イングランドよりマシだ、まあ今はしょうがないかな、という感想に落ち着く事になるから。

アンチェロッティは選手の特性を生かすから、よりカウンター型になるでしょうね。そして選手を割と固定するのでリーグとりこぼすから隙はでてくる印象
ドルトムントは今は、ギュン売ってムヒとフンメルスの契約延することに優先順位をつけてる感じなので、各人に設けてある期限終了した4月から次の課題に取り組むから、
トゥヘル=悪じゃなくて、トゥヘル、ペップでも手が出さない部分もあるだけで目先の事だけにとらわれてカッカするより、静観する時期だと考えておくといいと思います
[ 2016/03/09 12:17 ] [ 編集 ]
 来シーズンの終盤にバイエルンと2ポイント差で優勝争いができるならば今シーズンよりも強いチームになったと証明できますね。楽しみです。

 アンチェロッティ監督がペップ監督よりも楽な相手だと考えるのは理解できませんね。バイエルンにはむしろアンチェロッティのほうがフィットするかもしれませんし、ブンデスリーガへの慣れなんて、CLリーグ両立したタイトル争いの慣れに比べれば大した差ではありませんからね。そして、BVB就任二年目のハードルは正常な高さに戻ります。
[ 2016/03/09 12:42 ] [ 編集 ]
今期2位で良いって姿勢が透けて見えて不愉快
上出来?いやいや、直接ポイント詰められるのにこの戦術は保守的としか言いようが無い
2位を死守する?呑気な事言ってる時点で勝負師ではないと思うわ
[ 2016/03/09 12:54 ] [ 編集 ]
いつも記事ありがとうございます。
マインツにトッテナムと熱い試合が続きますね。久しぶりに試合で香川が見たいです。

日の出がきれいで癒されます
[ 2016/03/09 13:31 ] [ 編集 ]
これは元記事含め皮肉ですよね...
[ 2016/03/09 13:50 ] [ 編集 ]
>バイエルンといい勝負してたように見えた
いい勝負とか90分見てたら言えないなぁ・・
どう見てもベップはキミッヒの練習台として勝てればいいなくらいにしか考えてなかったはず
奇策バイヤン戦5-1の立役者は今回いなかった天狗だしアウェに弱い&芝滑りといったハンデ抱えてたから試合前からベップは保険掛け捲りだっただろ。前半こそ互角に近かったが最終的に80%近いポゼッションとられたからねドル。中盤で勝負をやめたトゥヘルと中盤しっかり機能させてたバイヤンじゃリスクもダンチだし得点できる可能性がドル側に一切見えなかったな。カウンターだから勢いで凄く見えるのはプレミア式に派手に見える演出みたいなもの。お互いの打開策がベンチ見れば一目瞭然で完全にベップに遊ばれてたよ
[ 2016/03/09 13:57 ] [ 編集 ]
来シーズン明るいかどうかはギュンドアンの移籍or残留次第じゃないの?
オバメも居るか非常に怪しい
[ 2016/03/09 13:57 ] [ 編集 ]
引き出しの多いことが悪い事とは思わないな、クロップ最終年の前半思い出せば融通の利かなさ故にあの低迷だったし
まあ策士策に溺れる状況にはなってほしくないけど今のところ結果を見れば上手くやってると言って良いと思いますね
というかシーズン序盤前線が輝く代わりにDFがきつかった事と、今数字上守備が安定してる代わりに前線が爆発しない事を考えれば例えばバルセロナのようなどの相手でも同じアプローチなんて到底無理。ドルトムントがどの位置に居るクラブなのか見誤るとファンは辛い思いすると思いますね。
[ 2016/03/09 14:12 ] [ 編集 ]
バイエルン戦をマイナスに見てる人も多いですが、
ドルが勝ってもおかしくない試合でしたよ。
バイエルンにも言えますが・・・
なんだかんだ今回の戦術は良かったと思います。
個人のレベルはバイエルンが上ですから、戦術でよく戦ったと思います。
[ 2016/03/09 16:01 ] [ 編集 ]
複数国で実績あって経験豊富な監督と、ほとんど国内リーグしか経験の無い意固地で戦わない若手監督を比べるとか無いですね
ファンファールが来る訳じゃあるまいし
今シーズンはもう1度戦うこともあるから、そこでガラリと論調が変わったりしそうですが
[ 2016/03/09 16:55 ] [ 編集 ]
CB2枚落ちの引き分けで充分のバイエルンから点取れなかったんだから、
展望はあまり明るくないと思うけど。

マスコミはよくわからない。
ファンや攻撃陣はいいコメントできないはず。
[ 2016/03/09 17:40 ] [ 編集 ]
5バックにしても決定機を作られたんだから何とも
[ 2016/03/09 19:01 ] [ 編集 ]
香川がベンチ外だからこの試合にケチつけてるって人いるけど
そもそも新戦術でトップ下っていうポジション自体がベンチ外(構想外)でしょ
この試合を評価する人しない人、評価するメディアしないメディアそれぞれ自分で見た目で判断してよかったと思うならそれでいいじゃないですか


[ 2016/03/09 19:08 ] [ 編集 ]
バイヤン戦でドルトムントが勝てると思った人はいないでしょ、ゴールチャンスはあったけど、どうみても入るようにはみえなかったし。
あれで得点ができそうなんてそれこそバイヤンをノイアーを舐めていますよ。
EURO、CLみてるとノイアーから1:1で得点できる人は見てるとわかる、BVBには残念ながら得点できそうな人はいないですね。
シュートする前から迷ってちゃゴールなんて無理。
ロイスが得点できそうなんだけど、どうしたんだろ自信失っているように見えたのが気がかり、シュート打つ位置がロイスには近すぎてそれでは無理だよと思うのが今回とレヴァークーゼンのときに感じた。
怪我前の自分に戻れなくて焦ってるのかな。
彼は、オバメヤンやムヒタリアンではなくて、香川やギュンドアンの質のたかいパスやクロスを貰って感覚を取り戻した方がいいと思うけれど。
[ 2016/03/09 20:17 ] [ 編集 ]
上の方が書いてるように今は静観してます。

ドイツの考えと、プレミア用の実験も兼ねてると思ってました。CLアウェイのアーセナル戦で実験してましたよね。ペップバイエルンの完成形が見たかったなぁ。

トゥヘルは長い物に巻かれるタイプのようですね。
[ 2016/03/09 21:42 ] [ 編集 ]
今シーズンは何と言っても、プレシーズンのユベントス戦でのムヒの覚醒から始まったと言っても過言ではない。
あの試合以降、ワールドクラスのゴール連発で一気にスタートダッシュを切れたと思う。
夏の合宿中、「今シーズンはまだCL圏内に戻る事は難しい」と言われていたのによくチームを蘇らせたと思うし、自信喪失していたムヒやオバの才能を極限まで開花させたトゥヘルは凄いと思う。
[ 2016/03/09 21:55 ] [ 編集 ]
バランスを考えた記事ありがとうございます
時々で不満が生まれるのは仕方ないですが、失敗を願うようなネガティブな雰囲気が続くのは嫌ですものね
[ 2016/03/09 23:04 ] [ 編集 ]
おまけの日の出の写真、素敵ですね!
ドルのおかげで、ドイツにどんどん興味が湧いてきている今日この頃・・・。
ドルにもこちらのサイトにも日々感謝です。
とりあえず静かに応援し続けたいと思います。
[ 2016/03/10 00:24 ] [ 編集 ]
「今シーズンはまだCL圏内に戻る事は難しい」と誰が言ったのでしょうか?
昨シーズンも後半戦は2位ですよ。
管理人さんもおっしゃっていましたがドルの戦力なら2位、譲っても4位以内は難しくないと思います。
まだトゥヘル自身は何も得ていませんしすごいと評価するのは早いと思います。
[ 2016/03/10 01:54 ] [ 編集 ]
香川がスタメンで出続けていた前半戦は「トゥヘルすごい!すごい!」の嵐でしたよ^^;
同時にクロップが批判されてたりしましたね・・・
[ 2016/03/10 04:15 ] [ 編集 ]
あの・・・「ペップには是非CL優勝を、ドルにはEL優勝をそして最後にもう一度頂上決戦」というのはUEFAスーパーカップのこと?
だとしたら8月開催だからバイエルンの監督はアンチェロッティですよ
ペップバイエルンとの対戦はお互い勝ちあがってのポカール決勝だけです
[ 2016/03/10 08:49 ] [ 編集 ]
いや、本当に凄かったからです笑
今みたいにラッキーで勝つなんて試合も無かったし。
バイエルン戦はトゥヘルの急にバイエルン意識し過ぎ病が発生したので論外ですし、今回よりメンバーも調子も上のバイエルンですから比較になりませんよ。
[ 2016/03/10 10:23 ] [ 編集 ]
戦術やシステムは研究され対策されていくものです。
同じ事をひたすらやり続けていれば、いずれ限界を迎えます。
もっと柔軟に、常に進化していかなければならないんですよ。
[ 2016/03/10 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。