ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン「クリスティアーノじゃないロナルドのビデオを見るのが一番好き!!」レヴァンドフスキーとの関係についても語る!最新インタビュー①《ドイツの反応》

バイエルン戦前となる3月4日に西ドイツアルゲマイネ新聞に掲載されたオバメヤンのロングインタビューを紹介します。






【西ドイツアルゲマイネ新聞】

entry_img_909.jpeg


オバメヤンさん、あなたはロター・エメリッヒのことは知っていますか?


オバメヤン:もちろん。彼はここでプレーしていましたし、僕とほとんど同じ名前ですね。エメリックでなくてエメリッヒですが。

スポンサーリンク




そして彼はシーズンのこの時期であなたと同じぐらいゴールを決めた唯一のドルトムンダーになります。


オバメヤン:それも知っていますよ。僕は最近ドルトムントの得点王のリストをインターネットで見つけたんです。そこでロター・エメリッヒの名前も見ました。



一人のストライカーがあなたよりも1ゴール多く得点していますね。レヴァンドフスキーですが、その二人を比較しますと・・・。

オバメヤン:もちろん僕のほうが早いですね(笑)。まあ冗談はさておき、ロベルトは僕よりも少しばかり完全で、フィジカルではさらに頑丈ですね。彼は僕よりもボールをうまくキープできます。でも彼もそう遠くないところにいますよ。



あなたたちは一年間ドルトムントでともにプレーしましたね。二人の関係はどうですか?

オバメヤン:二人の関係はOKだよ(笑)。時々電話するし、メッセージも送ったりしている。良い関係だね。彼は本当にすばらしいストライカーだね。



定期的に連絡を取っているんですか?

オバメヤン:もちろん毎日ではないけれど、時々はね。スナップチャットというアプリで写真やビデオを送ったりもできますから。



彼からの最新のメッセージはどのようなものでしたか?彼は土曜の試合を楽しみにしているようでしたか?

オバメヤン:試合前にメッセージのやりとりはしてません。集中することが大事ですから。



あなたはレヴァンドフスキーから多くを学んだと言っていましたが、何を学んだのでしょうか?

オバメヤン:ゴールをきめることです(笑)。僕が彼を最初に見たときは、彼がゴール前で非常に冷静である姿をみて深い印象を受けました。その当時は、僕も同じぐらいクールでいなければならないんだと思いましたね。そして徐々にそれが上手くいくようになってきました。




あなたたちは得点王をかけて争っていますね。あなたにとって個人タイトルは重要ですか?

オバメヤン:すでにこれだけ得点をきめ、またいくつかの記録を達成した事ですごく幸せです。でももちろん記録に残りたいですね。でも大事なのはチームの試合です。彼らは僕が決めるだけで良いアシストをくれますから。



あなたはユー・チューブでおおくの選手のビデオを見ているそうですね。何かを学ぶために。どういうことでしょうか?

オバメヤン:そうですね。ビデオをみて気に入ったトリックがあったとします。それをトレーニングで試してみるんです。もしうまくいかなかったら、それができるようになるまで練習するんです。




トレーナーはあなたが新しいことに取り組んで頭を抱える事はしませんか?

オバメヤン:いいえ。それはチームトレーニングの前か後にしかやりませんから。試合でやるときは、すでに自分が確実だと思った時だけです。




特にどのストライカーのビデオを見るのが好きですか?

オバメヤン:一番はロナルドですね。クリスティアーノではなくてブラジル人の。それからソニー・アンダーソン。彼は本当に気に入っています。それから多くの偉大な選手です。レヴァンドフスキー、スアレス、クリスティアーノ・ロナルド、メッシ・・・




あなたは前からずっとストライカーになりたかったのですか?

オバメヤン:そうですよ。前からゴールを決めたかったんです。



あなたは子供のころ、兄弟や父親とサッカーしていたそうですが、どのようにしてそうなったのでしょうか?

オバメヤン:僕が兄弟たちと初めて会ったのは9歳のころだったんです。母親が違いますから。兄弟たちとは道路で遊んでいましたが、父親が一緒の時はミラノの公園でサッカーしてましたね。彼らは一度も僕に勝たせてくれませんでした。そのせいで僕は相手に(勝利を)プレゼントをすることは一度もありません(笑)。兄弟や父を相手にプレーするのはいつも楽しかったですよ。彼らは僕に勝利をプレゼントしたりはしませんでしたから。僕はそのようにして大きくなったんです。



あなたが一番末っ子だったことで良かったところ、悪かったところはありますか?

オバメヤン:彼らから少しずつ学ぶことができたのは、良かったことですね。長男のカティリーナは最初にACミランに入りました。そしてヴィリーが続きましたが、彼から一番多く学びましたね。




続く




ちょうど区切りが良いのでこの辺で一度アップします。次はトーマス・トゥヘルについての質問が続きます。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1388_convert_20160310183404.jpg


ブレーマーハーフェンにある博物館

[ 2016/03/11 20:21 ] オバメヤン | TB(-) | CM(3)
最近オバが凄くテクニシャンになってると思ってましたが、ビデオで研究して練習してたのですね。納得しました。オバだけでなく本当にみんなテクニックが上手くなってる、あの香川専用みたいだったダイナゴランパスもだんだん他の選手も精度上げてきたし、くるくるターンもね。皆が上手くなるのはチームにとっても良い事。
香川トップ下は、トゥヘルが最初に約束した「シンジを前の姿に復活させるためには何でもするよ」の有限実行だと信じたい。香川が受け入れて前向きに信じてやっているのだから、それを応援したい。
ただ、昔はあそこまで狭いとこに押し込められてはいなかたよね。もう少し自由を!宜しくトゥヘル様。
[ 2016/03/11 22:30 ] [ 編集 ]
凄く面白いインタビューですね
続きが楽しみです
[ 2016/03/12 01:59 ] [ 編集 ]
博物館でかっ!

レヴァと普通に仲がいいっていうw
[ 2016/03/12 18:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。