ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川がゴールを決めたときスタジアムは静まり返った!」悲劇のプロトコル《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。



【ビルト】


悲劇のプロトコル

香川がゴールを決めたとき、スタジアムは静まり返った!
(注:直訳するとスタジアムはマナーモードになった。‘(携帯電話を)マナーモードにする’という言葉が使われている。新しい造語を良くつくるビルトならではの表現)


entry_img_917.jpeg
動揺と驚きをもって南ブロックを見つめる香川。どうして2:0のゴールに歓声が沸かないのか驚く。

スポンサーリンク



それは、ドルトムントでも類まれな出来事であった。81000人の観客が日曜日のマインツ戦で静まり返ったのだ。スタジアムで亡くなった79歳のドルトムントファンの死を悲しみ分かち合うために。



2016031518112591a.jpeg
※死亡事故(赤線のブロック)が起こったときのスタジアムの図




スタジアムで何が起こったか、ビルトのプロトコル



▶17:46:試合開始後15分に救急隊員が南西ブロックに駆けつける、ファンたちは彼がブロックから連れ去られるのを、勇気をつける拍手で見送った。

▶ロイスの先制点(30):救急隊の救出劇を目の当たりにしていたブロック10、80、35から39までは歓声はあがらず、拍手だけ。


▶ハーフタイムにトランシーバーを装備していたウルトラス達が、ファンが心臓発作でなくなったことを聞く。スタジアムの歌を先導して歌う人たちが南ブロックに向けてこの情報をメガフォンで広め、試合中の声援を慎むことを告げる


▶ドルトムントのクリスティアン・ホッケニョス:“ハーフタイム後我々は、スタジアム・ナレーターのノベルト・ディッケルにいつものようにエンジン全開でやらないようにと決断した。”

▶18:33 ウルトラスがバナーを掲げる。

▶開始53分に北側のカーブで“BVB”とコールされると、南ブロックから口笛が吹かれる。

▶18:45 南ブロックに掲げられた旗がしまわれる。西と東のブロックも試合に最低限の反応しか示さず。


▶63分にマインツのファンの応援が、口笛によって抑制される。それによってマインツのファンも何が起こったか知ることになる。マインツファンの(広報担当者ともとれるが、ファンのリーダーともとれる)ジルケ・バニック“何人かはFacebookやツイッターで情報を広めました。またBVBファンが我々のブロックまで情報を伝えに来ました。”


▶18:58 マインツのすべてのバナーが取り下げられる

▶73分に香川が2:0となるゴールを決める。この日本人は、節度をもって拍手している南ブロックを驚きの目で見つめる。ゴール後の音楽は流されず。ディッケルも“カガワ”と言うだけ。ファンからの“シンジ”コールはなしに。スタジアムが静かに(マナーモードに切り替えられる。)。


▶88分:南ブロックがドルトムントのマフラーを掲げ、“You‘ll never walk alone“を歌う。



▶19:18 審判はアディショナルタイムを与えず、90分丁度に試合終了の笛をふく。

▶ここでようやく選手達に知らされる。ドルトムントの選手たちはすすんで南ブロックの前に行き、ファンたちと共に“You‘ll never walk alone“を歌う。

20160315181126fb1.jpeg

このようにして悲しくも、感情にあふれるサッカーの夕べは終わった。








以上です。

ドイツではこのドルトムントファンたちの行動には多くのドイツ人が共感し、心を動かされました。各紙でこの出来事が大きく報道されています。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。


【おまけ今日のドイツ】

20160315185334a63.jpeg


広場で見つけた像
支え合っている二人のように見えました。
[ 2016/03/15 18:48 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(24)
ゆきこ
香川真司のブログで、本人もコメントしています。
いつもと違う雰囲気に戸惑いはあったことでしょう・・・。

でも、ドルトムントのサポーターは、とても誠意があって、素晴らしいですね。

試合後にゴミを拾う日本人サポーターのように。
[ 2016/03/15 18:55 ] [ 編集 ]
もちろん観客が一つになって無事を祈る、あるいは死を悼むのは素晴らしいが
自分のせいでせっかくの活躍や祝福を台無し気味にするより
むしろゴールを喜んでくれた方が亡くなった人にとっては本望じゃないのかねw
香川は運が悪いな、いやむしろ何かしら刺激になるかな?
[ 2016/03/15 19:21 ] [ 編集 ]
さすがドイツですね。
死に対する敬意みたいなものが日本より欧米のほうがあると思います。映画やら見ててもそう思います。
それに、サッカーを文化にっていうのはこういうこともできるんだと感心しました。

私も亡くなられた方へご冥福をお祈り申し上げます。
[ 2016/03/15 19:31 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございました。開始わずか15分でしたか。ではまだロイスのゴールも見てなかったのですね。
しかし、8万人ものサポーターを纏め上げる団結力、そして皆が一つになって歌ったユルネバ感動しました。ご遺族にとっては一生の慰め、そしてこの場にいたすべての人に、悲しみの中にも温かい感動として、深く心に残る思い出となるでしょう。
香川の、ゴール2度蹴りは歓喜しないサポへの困惑だったのかもね。本当に気の毒。でも分かれば納得ですね。

[ 2016/03/15 19:46 ] [ 編集 ]
亡くなった方のご家族やご友人のことを思うととても胸が痛みますが、サポーターたちの気持ちはご本人に届いていると思います。
[ 2016/03/15 20:03 ] [ 編集 ]
香川は運が悪い?香川の試合後の英語ツイッター見てたらそんなこと思えないよ。
決めれてよかった、と思ったけど

あのツイートみてリバポだ、ユナイテッドに敬意をもてとか言ってるプレミアファンは
無粋で無知だと思ったけど

デイリーメイルでさえ香川はなくなったサポーターに敬意を表して喜ばなかったと表現してた
[ 2016/03/15 20:03 ] [ 編集 ]
不謹慎ですが、自分が一番好きな場所で一生を終えることが出来るって幸せですよね

[ 2016/03/15 20:12 ] [ 編集 ]
その亡くなられた方は香川を応援してくれてたんじゃないかな。なんかそんな気がする。香川のゴールも喜んでくれてると思う。
[ 2016/03/15 20:15 ] [ 編集 ]
生涯ドルトムントという言葉があったと思います。
亡くなられたファンの方は亡くなられる瞬間まで確かにドルトムントファンだったのでしょう。
スタジアムにいた全ての人へ敬意と亡くなられたファンの方へご冥福を。
[ 2016/03/15 20:40 ] [ 編集 ]
一番好きな場所で天寿を全うされたのですね。
心が温まりました。
[ 2016/03/15 22:23 ] [ 編集 ]
批判を承知で言わせていただくと、やり過ぎで違和感を感じます。
亡くなられた方は「思いっきりBVBを応援してやってくれ」と思ってるのでは?
[ 2016/03/15 23:26 ] [ 編集 ]
トゥヘルは試合後のインタビューでも終始ニコニコでしたね、、
笑うなとは言いませんがずっとニコニコ満面の笑みは如何なんでしょうか、
どこも触れてないのは何故?
[ 2016/03/16 01:08 ] [ 編集 ]
運ばれた後の情報をスタジアムみんなで共有するとはIT社会ならではのすごいことだけど、試合中の会場にまで沈んだ空気を持ち込むのは駄目な文化だ
主役は選手だしゴールを決めたなら素直にみんなで喜べばいい
選手がなくなったなら別だけどね

それとも金持ちか名物おじさんとかだったのか?
[ 2016/03/16 03:42 ] [ 編集 ]
サポーターが亡くなって静かにしていた程度の認識しかなかったのですが、このように時系列順でまとめて頂いて感謝しております。
you'll never walk alone はレクイエム的なものなんですかね。
タイトルの意味はわかりますが、サッカーファンにとってどういう意味をなすものなのか少し気になりました。
[ 2016/03/16 04:20 ] [ 編集 ]
本当に素晴らしいサポーターですよね。
首脳陣も言っていたように、一度、財政破綻寸前まで行きかけたドルトムントにとって、サポーターの存在は間違いなく欠かせない主役のうちの一つですから。
80年も応援してきたおじいさん、さすが本場ドイツだなあと…やっぱり日本とは伝統が違うなあ、サッカーへの愛の深さが違いすぎるなと思いました。
きっとドルトムント市民にとって、このクラブは人生そのものなんでしょうね。

誰もが憧れるこのスタジアムでプレーし、サポーターに愛され鼓舞され続けてきた香川は本当に幸せ者ですね。
[ 2016/03/16 05:36 ] [ 編集 ]
自分が亡くなる側だったらと考えると、高齢だったんだし、持病の事もわかっていたと思う。それに家族も、自宅でひっそりより、いつも行ってる好きな場所で・・・。幸せだったんじゃないの?それよりそれで周りのサポーターが純粋に楽しめなくなったことを悲しむかも、それか、オレのために悲しんでくれてありがとうなのか?それはサッカー選手に対しても失礼じゃないのかな?
そこで犯罪で亡くなったわかるよ。でも今回のはどうなのかな・・・
[ 2016/03/16 05:37 ] [ 編集 ]
you'll never walk alone はドル、リバポ、セルティックのサポが試合前に歌ってる曲だよ。他にもたくさんのクラブが使ってる
からレクイエムでもなんでもない。youtubeで曲名とクラブ検索してみると解りやすい
[ 2016/03/16 06:49 ] [ 編集 ]
世界中にこのドルトムントのYNWAの動画が拡散され、輪が広がり、絶賛されていますね。
[ 2016/03/16 07:43 ] [ 編集 ]
サポーターはクラブと一体となっているファミリーなんだよ。家族が亡くなればその死を悼むのが普通じゃないの?サッカーが娯楽な国の日本ではピンと来ないけどドイツやイングランドは文化だからね。
[ 2016/03/16 16:10 ] [ 編集 ]
まさしくメメントモリって感じですね

でもだからこそ選手達には手を抜かず勝ちにこだわって欲しかった(ドル、マインツ共に)
[ 2016/03/16 16:26 ] [ 編集 ]
ドイツ在住歴が長い管理人さんもファンの行動は素直に素晴らしいと感じましたか?私はへぇ~すごいなと思いましたが、感動とまではいきませんでした。いやそこまでやるかと、、コメント欄を見ても日本人にはいまいちピンとこない人が多いと思います。ドイツの文化的な要素でしょうか?それともキリスト教の影響もあるのか、、なんというかドイツ人は他のヨーロッパ諸国と比べて団結芯が強いような気がするのですがどう思われますか?
[ 2016/03/17 00:23 ] [ 編集 ]
俺は試合観戦中に「家族」が死んだら家に帰るか病院に直行するけど?
[ 2016/03/17 00:38 ] [ 編集 ]
ただチームを応援したいだけなら、家でテレビを見ていればいいわけで、スタジアムまで足を運んだのは、選手やサポーターのみんなと一体感を味わいにきた要素が大きい。だから、こういった痛ましいことがあったら、みんなで悲しむという選択を自然と選んだんでしょう。
[ 2016/03/17 13:21 ] [ 編集 ]
サポーターにとっての家がどこだか、考えなくてもわかるよな。
[ 2016/03/17 15:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。