ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハンブルク酒井高徳!チームメートへの謝罪がドイツでも話題に!《ドイツの反応》

ハンブルクの酒井選手がチームメートに謝罪する発言をしましたが、キッカーやビルトなどのメディアに取り上げられていましたのでビルトの記事を紹介します。






【ビルト】3月14日


酒井、ディークマイアーに謝罪。

僕がプレーしたことは敬意が足りなかった。


entry_img_920.jpeg



このような言葉をブンデスリーガのプロ選手から聞くことは、そうはない・・・。

スポンサーリンク



レヴァークーゼンに0:1で敗れた後で、酒井高徳は非常に自己批判的な態度を見せた。


この日本人は、ハーフタイムでデニス・ディークマイアーと交代したが、自身のふがいないパフォーマンス(ビルト採点5)について、“正直に言って、デニスに悪いと思っています。彼は状態も良かったですし、最初からプレーすることもできたでしょう。僕は体が重かったので交代を申し出なければなりませんでした。後で彼に謝罪しようと思います。ちょっと敬意が足りなかったです。”



その背景:酒井はヘルタ戦(2:0)で力強いパフォーマンスを見せていたが、その後インフルエンザにかかりトレーニングを休んでいた。しかしレヴァークーゼン戦には再び回復し、復帰していたが、明らかに早すぎたようである。


酒井:“試合中、あまり気分が良くありませんでした。そしてハーフタイム中にトレーナーに言いました。彼が僕を交代させたのは正しかったと思います。”


酒井、インフルエンザでK.O.。そしてこれが右サイドディークマイアーのカムバックの始まりとなる



HSV最年長のプロ選手であるディークマイアーは、後半戦レギュラーの座をこの日本人に奪われていた。レヴァークーゼン戦では非常に手堅いパフォーマンスをして見せた。


ディークマイアー:“もちろん出場したことは嬉しいよ。非常に難しい時期をすごしていたから、フィールド上に立つことは良いね。”


彼は私生活面では明らかによりうまくいっているようである。金曜日には第3子が生まれた。ディークマイアー:“本当に試合幸せだね。家に帰るのが本当に楽しみなんだ。妻と子供の下へ。”


妻のダナがデラニーとディオンに続いて娘ダリアを出産したのだ。






以上です。

非常に日本人らしい発言と言えばそうなのですが、これを美徳とするかどうかは人によるでしょうね。

個人的には気持ちはわかりますが、謝罪をする必要はないように思いました。選手を選ぶのは監督の責任ですからね。監督が、“より調子の良さそうなディークマイアーを出すべきだった、彼には悪いことをした”、と言うのなら分かるのですが、酒井選手には自分をスタメンさせるかどうか決めることはできないわけですからね。できると思って出場したけど、まだ回復していなくて無理だったというのは仕方ないと思います。

ドイツ人も一昔前に比べればずいぶん謝るようになりましたが、最近は、何かあるとソーリーと言う人が増えました。ドイツ語では言いたくないけど、外国語である英語だと、割と楽に謝れるという事でしょうが・・。いずれにせよドイツ人は日本人みたいにすぐには謝りませんから、こういう発言がいつもプラスにとられるとは限りません。難しいところですね。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_3091_convert_20160317055739.jpg


ミュンヘン市庁舎にあるからくり時計

[ 2016/03/17 06:00 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(17)
同じ感覚です。自分で監督に詰め寄って出させてもらったとかでないのなら選んだのは監督でしょう。
この発言はある種、監督からしたら体調の悪い自分を監督が選んだ結果
不甲斐ない結果に終わったたという言い訳のようにも映り、
プロ意識のない監督批判と捉えられても仕方ありません。


日本人的に美徳を誤って身に付けた人にも見えます。
本来これは思っても、口に出してはいけない内容です。

当事者に対して内々の行動で敬意を表すべきことで、
公で口にしたら単に俺は人思いのいい子でしょアピールのように見られても仕方ないと思います。
[ 2016/03/17 06:48 ] [ 編集 ]
体調が試合前から万全ではなかった事を言わなかったことに対しての謝罪ですかね。真意は分かりませんが。確かにスタメンは監督が決めることですし。
ただ、日本人的っていうよりも、自信の裏返し。最近スタメン確定してたから余裕があって、こういうときは譲ったほうが良かったよね、みたいに聞こえるから、管理人さんのおっしゃるようにプラスにとられるかはわかりませんね。
[ 2016/03/17 07:19 ] [ 編集 ]
まぁ難しいとこだな
怪我や体調不良ならチームに迷惑をかけるからきっちり申告して万全の状態に回復するのに専念するのがプロだがその一回のチャンス(控えから見て)でポジションを奪われることだってあり得るんだからな
[ 2016/03/17 07:21 ] [ 編集 ]
ゴートクって日本のインタビューでも一言多いんだよね。代表戦の試合後に聞かれたら具体的に細かい戦術とか発言しちゃうんだよ。
誰がどうだったまで余計な事を。これから対戦する相手がチェックしてないとか思ってもないんだろうね。
チームメイトに関する発言って基本ご法度だけど、教育受けてない若い選手はそのことについてもしゃべっちゃうんだけど
ゴートクはいつまでたっても治らないから、またか、って感じかな。教育受けてないか、誰か注意してあげる人いないんだろうね。

さっきのユーベバイヤン戦もノイアー逆切れやんかということを前半にやってましたけど、ドイツはそういう文化で
そこで試合してるなら合わせるべきですよね。イングランドは美徳と受けとめる文化ですが、ドイツはそうなんだし
[ 2016/03/17 07:37 ] [ 編集 ]
管理人さんに同意します。これは同じ価値観を持った者同士じゃないと謝った本人の意図しない方向に話が進む危険性がありますからね。以前、長谷部も今回の酒井と似たような発言をしていましたけど、 ちょっと心配ですね。日本人は性善説に依拠した言動が多いですけど、そこにつけ込む国も多いですから。
[ 2016/03/17 11:09 ] [ 編集 ]
俺は誠意ある謝罪どころか、逆に言い訳がましい印象だな
真意はともかく、どちらにせよ、言わなくて良かった発言
[ 2016/03/17 11:19 ] [ 編集 ]
 言うべきことは謝罪ではないですよね。自身のコンディションについて触れるだけで十分。日本代表も負けて申し訳ないとか選手が言いますが、すべきことをして負けたなら謝罪しないでほしいんですよね。むしろ前向きな強がりとか開き直りでいいと思うのです。
[ 2016/03/17 11:27 ] [ 編集 ]
ヘルタベルリン戦では大活躍だったんだよね
内田の復帰が見込めない以上、高徳には頑張ってもらわないとな
[ 2016/03/17 12:33 ] [ 編集 ]
思った事や感じた事を言ってしまう素直な人だとは思いますが、日本では無いですし気をつけた方が良いですね
[ 2016/03/17 13:30 ] [ 編集 ]
ゴートクだって分かってると思いますよ日本と違ってこれは良くないってことぐらい。
お母さんがドイツ人ですし、子供のころからドイツの祖父母に会いに行っていたのだから身を持って知ってるでしょうね。
でもゴートクも日本人である以前に人間だから仕方ないんじゃないですか。感情があって本心があって悩むのだから。
当然今回の発言は良くないし、思ったことを口に出す前によく考えるべきですけど、
アピールだとか美徳を誤って身につけたと思われてもーとか言うほどのこと?
[ 2016/03/17 14:33 ] [ 編集 ]
これは素直な良い子なんですが、決定的にプロとしては不合格な事だと思います。
それは二人になったときに話せば良いし外に言う事では絶対にないし考える事でもない。
本当にメンタルが弱いとは(悪口ではないですよ)こういう事だと思います。
でも、性格は周りに気を利かせられる素晴らしい性格だと思います。
[ 2016/03/17 15:42 ] [ 編集 ]
同じ日本人としても違和感があるのでドイツでは余計そうでしょうね。不甲斐なかったのならコンディションを戻して次に頑張れば良いだけの話。
[ 2016/03/17 15:51 ] [ 編集 ]
おそらく大丈夫だって言っちゃって先発メンバーにしてもらったんだろうから、ベンチになった選手以外、監督やトレーナーなんかにも謝罪してるんじゃないのかな。悪く受け止められようとも構わないと思うよ。正直な気持ちでやってかなきゃ100%力を出せないだろうから。この選手って結構気持ちを前に出してプレーするタイプみたいだし。頑張って^^
[ 2016/03/17 17:20 ] [ 編集 ]
そもそも、監督のラバディアはゴートクのこのコメントを賞賛してなかったっけ?
[ 2016/03/17 18:34 ] [ 編集 ]
美徳だと思います。日本人の美徳は世界で評価されています。
外国に行けば、外国人の図々しいメンタルが必要などと言いますが、日本人ならば日本人のメンタルで勝負すべきです。
[ 2016/03/17 18:54 ] [ 編集 ]
試合前にいくらかの体調不安があって出場辞退できた可能性があったのか、体調万全だと思ったのに結果的にはそうじゃなかったのか。
ごちゃごちゃ考えないで「あぁそうだったんだ、彼は素直だね、ディークマイアーよかったね」ぐらいに受け止めればいいのではないでしょうか、言わなくても問題ない話だけどネタにもなったし。
素直も美徳(ほめるべき、うるわしい徳。人として望ましいりっぱな心のあり方や行い。by Google)の一部かもしれないけど、妙に?称賛しちゃうと、いやっ!うんぬんかんぬん、となっちゃうかも。
ドイツの人は頑固であまり謝罪しないからこういう発言に目がいって記事にもしたくなっちゃうのかな。
[ 2016/03/17 21:44 ] [ 編集 ]
高徳はサイドバックではなくサイドハーフで起用した方が怖い。
[ 2016/03/18 02:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。