ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB対アウグスブルク!オバメヤン・ギュンドガンらが欠場!試合前最新情報!《ドイツの反応》

明日の試合を前にルーア・ナッハリヒテンより試合前最新情報を紹介します。





【ルーア・ナッハリヒテン】


オバメヤンの出場は微妙。ソクラティスは出場可能!



entry_img_926.jpeg


ボルシア・ドルトムントはアウグスブルク戦においてストライカーのピエール・エメリック・オバメヤンをあきらめなければならない。このガボン人は祖父が亡くなったために現在外国にいる。“オバは、いつ帰って来るか自分できめるよ。”とトーマス・トゥヘル監督は記者会見で語った。

スポンサーリンク



“トッテナム戦ではプレーする決断を下したが、もちろん家族が優先だからね。”とトゥヘルは説明した。チームはトレーニングを終えて土曜日の夜にアウグスブルクへ旅立つ。


20160320054352b0b.jpeg


トッテナム戦で太ももに問題をかかえ途中交代したソクラティスは日曜日は出場可能のようだ。“我々は木曜日に正しい対処をしたため、パパが明日の試合に出れるだろうという希望をもっている。”


このアウグスブルク戦で6週間続いたイングリッシュ・ウィークもひとまず終わる。“我々はこの試合にきちんと取り掛かることが特に重要だ。”とトゥヘルは語った。代表での休暇はうれしいが、まずは日曜日の試合に集中することが大事だ。“チームのパフォーマンスが一番大切だ。アウグスブルクでも次の一歩を成功させると確信している。”とトゥヘルは語った。


リヴァプールとのヨーロッパリーグでの対決について、トゥヘルは大きな喜びを表した。“これは非常にクレイジーな抽選だね。スポーツ面を凌駕する非常にエモーショナルな面を持ち合わせている。でも大事になのは、スポーツ面での課題に集中することだ。”




【ルーアナッハリヒテン】


アウグスブルク戦

ソクラティスはアウグスブルクへ、ドルトムントは3人欠ける。



20160320054938940.jpeg


ドルトムントのプロ選手たちは土曜日の夜アウグスブルクへと旅立った。この試合で6週間続いたイングリッシュウィークが終わる。最近軽く負傷していたソクラティスはアウグスブルク行の飛行機に乗ることになったが、それに対して3人の選手が欠けることになった。


アウグスブルクへ同行しないのは、ピエール・エメリック・オバメヤン、イルカイ・ギュンドガン、そしてマルセル・シュメルツァーの3人だ。ギュンドガンは負傷から回復しておらず、代表監督のレーヴも彼を招集していない。シュメルツァーに関しては負傷はしていないようである。アウグスブルク戦では温存ということになるだろう。その代わりにチュホ・パクがベンチ入りする予定だ。


まだはっきりしないのが祖父が亡くなったために外国にいるオバメヤンの出場である。もしかしたらこのガボン人が日曜日にチームに同行する可能性はある。


土曜日には一つの嬉しいニュースが届いた。ヌリ ・シャヒンが2014年以来再びトルコ代表に召集されたのだ。






以上です。

オバメヤンの出場は微妙だそうです。トレーニングしてませんからそうなるとラモスが先発するかもしれませんね。ここ最近はギュンドガンなしでも勝っているのは大きいですね。明日が終わると代表戦になってしまいますから、ぜひとも勝利で終えてほしいですね。香川選手のスタメンにも期待します。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_3110_convert_20160320055456.jpg

イースターエッグ
今の時期はどこに行って目にします。
[ 2016/03/20 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(11)
前半戦まではギュンドガンは替えがきかない1番重要な選手だと個人的に思ってました。
トゥへルのシステムや戦術変更で変わってきましたね。

オバメヤン応援してます。もちろん香川も。
[ 2016/03/20 06:28 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。
シュメは怪我ではなく温存ですか。代表ウィークに入るのでギリギリまで控えとしてでもベンチに入れると思ったのですが。オバは出れなさそうですね。ギュンドアンは代表もおそらく怪我で選ばれてないんでしょうから出ないのは当然ですね。
香川選手は、正直またベンチかなという気もします… ハノーファーとこの前のトッテナムの途中出場以外、香川選手が先発のときは4231か3241で、相手がポルト、ホッフェンハイム、マインツと堅守できるチームなんですよね。アウグズブルクは守備が良くないですから、ダルムシュタットと同じく若手や最近試合に出ていない選手を試すのではないかと思います。トッテナムでプリシッチを試したので、ラモス、パスラック、ライトナー、パクにチャンスを与えるような気がします。香川選手は調子がすごく良さそうでしたし、アウグズブルクは得意とする相手ですから先発で出たいと思っているでしょうね。私も先発で見たいのですが、あまり期待しないようにしています。
[ 2016/03/20 07:38 ] [ 編集 ]
今は主力を固定しているポジションもありますがトゥヘルはやはり誰が出ても勝てるチームにしたいんだと思います。そうでないとドルのようなチームは主力が抜けると格段に力が落ちてしまいますからね。今季は試行錯誤の期間と思っていそうです。
[ 2016/03/20 08:41 ] [ 編集 ]
ギュンドアンの負傷離脱って今期確か3度目でしたよね
2回はあっという間の復帰でしたが今回長くて心配ですね
移籍の問題も関係しているのかなと勘ぐってしまいますが・・
ムヒですがガゼッタに対して移籍問題で「何でもおこりえる」とコメントしたそうですが
ドイツでそういう記事はあったのでしょうか?
[ 2016/03/20 12:39 ] [ 編集 ]
怪我人や離脱者の情報を聞いても、それほど不安に思わなくなりましたね。
トゥヘルのやり方に不満を持つ人もいるようですが、誰が出ても勝てるチームになって来たことは、やはり評価していいんじゃないかと思います。
実験的な布陣やメンバー選考がようやく実を結びつつあるので、残りの試合でチームや選手がどれだけ進化して行くか、楽しみになって来ました。
香川もプレースタイルが変わって、より積極的に、攻撃的になって来ているので、どんどんゴールを狙っていって欲しいです。
[ 2016/03/20 13:45 ] [ 編集 ]
パクねぇ、少しは走るようになったのかな
トゥヘルじゃ一線級の選手は取れないだろうからね
パク少しは活躍してオフに売れるといいね
[ 2016/03/20 13:57 ] [ 編集 ]
パクは前半戦、
前線に上がったまま守備しねぇでなにやってんだ、と思ったけど、監督の指示でしょうがなかったというのが解ります。今の香川と同じような支持があったのでしょう。
監督が連れてきた選手ですし、特に監督の思うように動くことが使命であったでしょうし
なかなか上手く行かなかったので使える選手にならなくなってしまった。
パクもそんな悪い選手ではなかったと思うのですがねぇ
香川も同じ道にならないで頑張って欲しい
[ 2016/03/20 18:24 ] [ 編集 ]
香川のプレイスタイルが変わったのではなくポジション自体が変わって求められるものも違って変えざるを得ないってところですかね
いつまで機能しないシステムに拘っているんでしょうかね?あのシステムのトップ下で使われてる香川が気の毒でなりません、本人も諦めの極致のような発言をしていましたよねw


[ 2016/03/20 18:25 ] [ 編集 ]
パクは公式戦最後に出たのいつか忘れてしまうくらい出てないですよね
試合勘どうなっているのでしょうか
[ 2016/03/20 18:49 ] [ 編集 ]
パクが出てるときは香川がフォローで走り回ってた気がするけど!昔すぎて記憶が曖昧だけど
あれも監督の指示?何だそれって感じですが(><)
パクと香川の使命は違うよね
トゥヘルにしたら自分の戦術遂行するための駒に過ぎないのかもしれないけど
トップ下以外では使う気はないからベンチ外にもなるし、たとえ香川のコンディションが良くてもね
香川も毎試合ごとに良くなってきてるのがわかるので、ある意味毎試合スタメンじゃなくても良い事もあるかと思ってる
ギュンの怪我早く良くなりますように
[ 2016/03/20 20:40 ] [ 編集 ]
トゥヘルが香川に求めてることは実はハリルが日本代表での香川に求めていることとよく似ている
下がるな、前にいてゴールにからむプレーをしろ、点をとれってね
香川は変わろうと努力している
そのチャレンジはきっと日本代表にも還元されると思うんだ

[ 2016/03/21 00:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。