ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川先発ドルトムント、アウグスブルクに勝利!香川の評価は低め! BVB選手採点と寸評。《ドイツの反応》

本日行われましたドルトムント対アウグスブルク、地元紙の寸評と採点になります。






entry_img_ooo.jpeg

【西ドイツアルゲマイネ】シュテファン・ヴェスリング/アンドレアス・エルンスト


ビュルキ 2
この注意深いBVBのキーパーは開始7分に失点を防いだ。彼はカイユビがフリーで彼の前に現れた時も落ち着いており、力強いシュートを弾いた。



ピスチェク 4
この右サイドにとっては最高の日ではなかった。彼はボールをコントロールできず、カイユビのビックチャンスにつながってしまった。また16分には彼のサイドから失点。

スポンサーリンク



ソクラティス 3.5
この夜、彼は斜めのパス・マスターだった。40分にはボールコントタクトが100に達した。7分にはカイユビに抜かれ、あまり良くなかった。



フンメルス 3
0:1の場面ではカイユビのクロスに飛び込んだが、届かずフィンボガソンの先制点につながってしまった。彼は組み立てでアウグスブルク陣内に頻繁に顔を出し、69分には決定的な穴を見つけ、アドリアン・ラモスへとパスを送った。そしてそれが2:1へとつながった。その前はいくつかひどいパスミスがあった。


20160321042629bea.jpeg


ドゥルム 4
彼はシュメルツァーの代わりに左サイドバックで出場したが目立たなかった。



シャヒン 4
負傷後4回目のスタメン出場。彼はまだ昔の姿を取り戻していない。パスミス。ポジショニングのミス。もっと良くできるだろう。しかし1:1のミキタリアンのゴールのアシストはすばらしかった。



ヴァイグル 3 
中盤で集中していたが、攻撃においてはもっと良くなることもできただろう。



香川 4.5
この試合がアピールとなることはなかった!この日本人はトーマス・トゥヘル監督の下で苦しんでいる。彼はチームメートと比べるとほとんどボールをもらえず、シュートに行くこともなければ、ドリブルもしばしば失敗した。



ミキタリアン 2
ドルトムントで最も良かった選手。攻撃では彼だけが序盤からモチベーションがあるようだったが、彼のパスがトップへと届くことはなかった。しかし休憩前に変化が訪れた。彼のマルコ・ロイスへのパスは素晴らしく、その4分後の45分には同点ゴールを決めたが、自らその起点ともなった。後半もビックチャンスに絡んだが、ラモスはそれを利用することができなかった。



ロイス 4
彼は前半、注目に値する2つの場面があった。41分にはキーパー、マンニンガーの前でフリーだったが上手くいかず、その4分後には同点ゴールのコンビネーションに絡んだ。



ラモス 2
このオバメヤンの代理は69分にわたって右から左へと走っていたが、良いボールがほとんどもらえなかった。しかし彼は集中力を保っていた。彼が60分のチャンスを無駄にした後で、69分にはゴンザロ・カストロのゴールを素晴らしくアシストし、75分には3:1となるゴールを決めた。オバメヤンでも彼以上にプレーすることはできなかっただろう。



カストロ 2.5
彼は後半からマルコ・ロイスに代わって出場し、2:1となるゴールを決めた。


20160321042625f7a.jpeg




【ルーア・ナッハリヒテン】


ビュルキ 2.5

ピスチェク 4

ソクラティス 3.5

フンメルス 3.5

ドゥルム 3

ヴァイグル 3.5

シャヒン 3

ミキタリアン 2

香川 4.5

冬以来スタンドとフィールドを常に行ったり来たりしている日本人にとっては簡単な状況ではない。彼が不安定であることはアウグスブルク戦でも見ることができた。彼には正しい瞬間を嗅ぎ分ける力と正しい決断をする感覚が欠けていた。彼が61分に交代となったのは理解できる。


ロイス 4

カストロ 2.5

ラモス 2



20160321042628372.jpeg


【ビルト】


ビュルキ 3

ソクラティス 3

ピスチェク 4

フンメルス 3

ドゥルム 4

香川 4

シャヒン 4

ヴァイグル 3

ミキタリアン 2

ロイス 4

ラモス 2

カストロ 2

パスラック 3

ライトナー 3



2016032104262888b.jpeg





以上です。

今日は相手も降格争い(注:ドイツでは残留争いではなく降格争いと表現します)真っ最中ということもあり、前半は集中して守っていましたね。アウグスブルクは5113のようなフォーメーションでスタートしたのですが、守りでは3トップが下がって来て514のようになる時もありました。それによってドルトムントのボランチと攻撃陣が遮断されてボールが全然前に行きませんでしたね。ドルトムントの2列目にボールが入ってくると後ろと前からすぐにプレスされていました。

ドルトムントはドゥルムが上がるとロイスが中に入るという3241気味なフォーメーションでしたが、相手5バックとドルトムント攻撃陣5人が狭いところに集中して、とにかくスペースがありませんでしたね。

70分過ぎには相手の集中が切れてスペースができそうな気がしましていましたが、その通りになってくれてよかったです。欲を言えばそこからさらに1、2点入れてほしかったです。

さてこれで代表選ですね。ドルトムント、いろいろ批判もありましたがこれまで後半戦は無敗ですね。まだタイトルの可能性はありますから、最低でも一つはタイトルを取ってほしいです。

前半の引きこもるアウグスブルクに対して、ビルドアップ失敗の責任をトップ下の選手に求められてもなぁ。マークがピッタリついていてパスの出しどころがなかったというのもわかるけど、前半の体力のある時間帯だとそう簡単にマークが外れることはないし、裏抜け狙った選手に前半はロングボールが出ることもほとんどなかったし。

結局、前々から指摘されているように引きこもってピッタリとくっついてくる相手に前半のサッカーをやるなら、前線にそれなりのポストプレイヤーがいて、その選手が前を向いているロイスや香川にボールを落とせないと、あんな感じのサッカーにしかならないような気がする。

あと、相手のカウンターを嫌ってスペースを作りたくないのか左右を広く使いすぎて、選手間の距離が長くなってしまっていて、ドルの武器だった短く速いパス交換による突破や打開が機能していないのも気になるところ。
[ 2016/03/21 07:02 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンやカ ストロは、相手のマークを動き(ドリブル)で外して数的優位を作り出せるので、この2人のどちらかが中央でボールに触ると一気にチャンスを作れますね。
香川はこの2人のプレーから学ぶことが多いんじゃないかと思います。
厳しいですけど、やっぱりこうした事は海外でやっていくには必要だなと。
それがまずあった上での「プラス連携」なんじゃないでしょうか。
[ 2016/03/21 07:43 ] [ 編集 ]
香川のゲームだったです。

先制されるまではトップ下に張り付いてたんだけど、されてあとはフリーで走ってスペース開けていた。先制されてから同点になる15分くらいで相手をバラバラにしたね。オウブスブルグのラインとかブロックがゆるゆるになって最後まで立ち直ることがなかった。おかげでチームメイトは空いたスペースで半ば好き勝手やってたです。たった15分でゲーム決めちゃった。
見事な動きでした。

にしても、ドルトムントは、フンメルス、シャヒン、香川が揃うとやっぱ違うチームになっちゃうですね。崩し方が圧倒的によくなるです。引かれても後ろに人数かけられてもいとも簡単に崩しちゃう。これに、ギュンが帰ってくるとますます良くなる。

来月からはラストスパートなんで、こういう風に行ってもらうと、タイトル二つはいけるかなー(笑)
[ 2016/03/21 07:44 ] [ 編集 ]
管理人さん、ありがとうございます。
ドルトムント強いですね。

香川選手は体軽そうでしたね!すごく頭使ってるし、交代が残念でした。
きっとトゥヘルは頭使って欲しくないんでしょうね。やりたい事は分かりやすいから、あと何試合かでアジャストさせてくると思う。

けど、私は特別な才能がみたくてサッカー見てます。自分の気持ちも大切にしたいです。

EL優勝して欲しいですね!
[ 2016/03/21 09:21 ] [ 編集 ]
結局、トップ下で使うなら機能する環境を整えずにやったところで
意味がないような。

香川にゴールゲッターを期待したいのだろうけど、香川の優れた
利点を駄目にして、無理やり望むようなパフォーマンスを期待する
のもよくわからない。

ビッグクラブでけが人でもないのに、こういう使い方やっているのは
他にないと思うのだけど。
それにしても、4.5というのは期待の現われなのかもしれないけど、
今の状況は選手も見るほうも要求不満だな。
[ 2016/03/21 09:38 ] [ 編集 ]
前半は後ろから前にボール来なかったですよね。組立する中盤、例えばギュンドアンがいないと。
前半のガツガツしたプレスの時には、無理せず433でじっくりパス回すのが有効だと思うのですがどうでしょうか。
後半になって香川は下がってボール受けるようになったけれど、これは指示なのか指示を無視したのか?
どちらにしても、この方が上手く試合を運べるようになった気がしたのだけど、替えられましたよね。
やっぱり無視したのかな。
ロイス4で香川が4.5の意味がわかりませんよね。まあこの採点を見ても、いい加減なことがよくわかるのですけど。
[ 2016/03/21 10:15 ] [ 編集 ]
前半は皆んな距離感が遠く、サイドから運んでも必ず手詰まりになって結局ムヒの個人技突破からの得点。後半は相手ディフェンスもゆるくなって、中盤でかなり持たせてもらえたから、そりゃ得点も入りますわ。個人的にはシャヒンのポジショニングが最悪でした。まるでトップ下のようで、ヴァイグルが苦しくなるばかり。好きな選手だけに修正して欲しいですね。
[ 2016/03/21 10:28 ] [ 編集 ]
採点は気にならないけど香川は周りを活かして点をとると同時タスクをやろうとしてるからシュートチャンスにアシストとか考えて判断が遅れるんだろうか

コンディションもいいのは解るし、周りを活かして、自分も活かすと思ってるのは解るけど、それは最終目標であって、今はボックス内に入ったらゴールしかねらわない、ぐらいの極端な考え方を要求されてるね。そしたら、普通に周りからボールが集まってきて、どうしたいんだろう、とあわせざるを得ないんだから。トゥヘルの狙いもそうだろうし、最初にドルに居たときはそういう過程を踏んでたのに、肝心の香川がIHとしてのリズムを持ったまま今の時点で同時にやれると考えてるのは逆にちょっと傲慢かも。

ボックス内でも周りを見すぎて綺麗にゴールを狙いすぎてるというか
別にセルフィッシュにゴール狙ってコーナーになったり、ゴールキックになったりアシストチャンスつぶして何の問題があるのかと。ドルは少ないチャンスからゴールを狙うチームでもないから無駄打ちとか別に気にすることない。ユナイテッドで移籍する気なくて、周りと合わせてうまくやろうとしてたプレーしてたことがあるけど、今は味方との連携プレーを考えるより、ユナイテッド行くんじゃとゴール狙うシンプルでガツガツしたプレーを要求されてるなんてとても幸せな環境にいる。

ただ、代表戦でまた元の方向に戻されるのが怖いな。
せっかくトゥヘルが今は周りとうまくやろうとするプレーを却下していい方向に誘導してくれてるのに周りを活かそうとするIHの時の感覚でボールを裁く癖がでるかもしれないんだよね。
そして、いつもアクセス稼ぎの斜め上の記事があふれるのかと思うと今からうんざりする。
今クラブではゴール狙うエゴイストプレーとマスコミに書かれるようになる事を要求されてるから、ゴール狙うからボールよこせ、アシスト知らね、むしろアシストしろ、自分の理想である周りを活かすプレーをクラブでやるには今はゴール狙うしかないから、代表ファンとかマスコミとか誰がなんか言ってても知らね、位に開き直っててくれんかのう
[ 2016/03/21 11:27 ] [ 編集 ]
勝った試合なのに全体的に辛目の採点ですね。
香川選手をもう少し使って欲しかったです。せめて、もう10分。
そうしたら点に絡めた気がします。
香川選手良かったと思ったし解説者も褒めていたのに、採点が低くてがっかりです。
特に単独最低点は、なんで?って感じです。
日本の記事では独自の採点はなしで、ドイツの採点をそのまま紹介して、読者の注意を
引くようなタイトルを付けるので、よけいにイヤです。
[ 2016/03/21 11:39 ] [ 編集 ]
基本的に戦術に疑問を持ちますし、交替も的確ではないのですが、勝ち続けているのが凄い所でもあり怖い所でもあります
内容が退屈である事と繋がっていますが、攻撃が単調で連動性が失われつつあり縛りの強い個人頼みの窮屈なサッカーになってしまったなと感じました
勝てているので蔑ろにされているのかそもそも問題にもしていないのか個人的にトゥヘルに取り組んで欲しいことに進展が見られないの状況に不安を勝手に抱いています
負けにくくはなりましたが、チームとしての怖さがなくなった気がします
今日は相手のペースが落ちてから個人の力の差で勝てた印象です
これからスケジュールがキツくなっていきますけどどうなっていくのでしょうか
香川に関して言えば前半縛りのある中から試行錯誤を重ねて徐々に良くなっていたのでスペースができた時間もプレーしたかったでしょうね
代表期間中皆が怪我をしないで過ごして欲しいです
[ 2016/03/21 12:04 ] [ 編集 ]
日本には香川ファンを敵視してるチームファンと名乗るドルサポ達がいて、肩身が狭い時があります。
チームファンなら全員を応援すれば良いのに香川には割とキツいんですよねー。自分達こそ正義だと思っている節があったり、少し嫌みなところもあったりして、選手ファンにも色々いるのになーと思っています。
私は香川もチームも応援しているので、とにかくみんなの笑顔が見たいです~\(^_^)/
[ 2016/03/21 13:07 ] [ 編集 ]
香川は随分と攻撃的な役割を与えられている印象ですね。トップ下として攻撃の型を作るというよりセカンドトップとして攻撃に絡む動きが多かった印象を受けました。
今は攻撃への意識が高過ぎて空回りしている感じは否めませんが、PA内での浮かしたパスやミキと崩したシーンなど、幾つか良いシーンも見られました。出場機会があればもっと向上していくと思いますが、それは監督次第といった所でしょうか...
個人的にはラモスの調子が向上してきたのが良かったです。彼には応援したくなる雰囲気があります。そういった選手が活躍していると嬉しくなりますね。

管理人さんの仰る通り、後半戦に入って無敗ですね。言われるまで気が付きませんでした...試合内容が悪くても勝てるのは強いチームの証みたいなものだと勝手に思っています。内容が悪いまま負けてしまうと一気に崩れると思いますが、最近は言われている程悪い試合が少なく、入りが悪くても最終的には良い感じに修正出来ていますよね。ELも順調ですしポカールも残ってます。主力の引き留めの意味も込めてタイトルに向かって頑張って欲しいですね。
[ 2016/03/21 14:03 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。

香川さんより先にシャヒンを替えて欲しかったです。
この先も厳しい状況は続きそうですね。


[ 2016/03/21 14:49 ] [ 編集 ]
4や4.5ですか。 まぁ、そんなところでしょうね。

香川選手のファンとしては、フラストレーションの溜まる試合でした。

定位置争いを勝ち取るためには、こんな試合を続けているようでは無理でしょう。
[ 2016/03/21 15:33 ] [ 編集 ]
トゥヘルは香川のIHが嫌いなんじゃなくて、香川が周りにあわせようとしてるプレーを脚下したいんだろうね。
香川に周りが合わせろ、というやり方。だから、それには点取るしかないよ。
ボックス内でアシストして見てもらう、周りを活かしたら周りが香川を見てくれる、じゃなくて。
1年目って無名だったけど、点取ったらボールが来るようになったし、2年目も1年目の信頼があるから合わせてくれただけで。
当時の香川を知らない新しい選手も増えてるんだから、今はトゥへルの愛情だと思って周りを活かすプレーは封印して
ボックスに入ったらとにかくゴールを狙う、ボックス外でもゴールが狙えたらミドルを狙う、とかやってアシストじゃなくてゴールという結果を出すしかないね
[ 2016/03/21 16:06 ] [ 編集 ]
香川のファンを敵視している日本人のドルサポなんて一部の人だけでしょうね、
そもそも日本人で元々ドルトムントを応援している人なんて少数だと思いますよ
部外者が騒いでいるだけなのでその辺りは無視していいと思います
香川は長い間ヨーロッパでチャンスメーカー及びゲームメーカーとして認められてたのでそれをいきなり方向転換でアタッカーとかかなり難しいことだと思いますし、香川はアタッカーとしてではなくプレイメーカーとして別の舞台で挑戦して欲しいと思っています


[ 2016/03/21 16:12 ] [ 編集 ]
マインツ戦でどこのメディアか忘れましたが香川の寸評で「全く組み立てに参加できてなかった」とかありましたよね
メディアはまだ香川を433のIHの香川に対して採点しているのかと思いました
採点ってフォメとか役割無視しての採点なんでしょうか?
現地サポの香川に対する見方も厳しくなってきました、コンディションが悪いとか行き詰ってるとか
そのサポのコメントにも使われかたや役割が変わったことでのコメントが全くないのが気になります
[ 2016/03/21 16:52 ] [ 編集 ]
チームファンにも香川ファンにも極端な人はいますよ。バイエルン戦後などトゥへルに対しての批判が高まっていた頃は、いい議論ができる状態ではありませんでした。
[ 2016/03/21 16:53 ] [ 編集 ]
CFと中盤は補強必須だな
[ 2016/03/21 16:54 ] [ 編集 ]
何もかもが空回りしているようで…
こちらが良いと思っていても評価が低い…交代が早いと…どんどん悪い方へ、とても高い場所で戦ってるので当たり前なのはわかりますが、なんとか踏ん張って欲しいです。それともファンだから贔屓目でみているのでしょうか…
香川選手を見る目が本当に厳しいです。何をするにしても注目され、毎回活躍しないと叩かれ…それを乗り越えてこそ一流選手なのでしょうが、今週から代表戦で何とか気持ちを切り替えて頑張って欲しいです。案外本人はケロっとしてたりするんですけどね。
[ 2016/03/21 16:57 ] [ 編集 ]
昨日の動きを見ていても香川自身の調子は悪くないどころか良い方に思えました。

ただトップ下というポジションでは、オバやラモスはポストプレーは得意ではないのでなかなか前を向いてボールを触れず、下がって組み立てるのも制限をされているようで、なかなか「らしさ」が出せず試行錯誤しているように見えました。

それでも必死に裏に抜ける動きだったり、スペースを探して走り回ったりする姿を見るとなんとか結果が出ればと思います。

本当なら前半戦のような433でのIHが今の香川の適所だと思うが、トップ下でも輝くことができれば今後のサッカー人生において大きなプラスになると思うので頑張ってほしいです。
[ 2016/03/21 17:13 ] [ 編集 ]
2連覇時にトップ下で輝いて欧州のベストイレブンにまで選ばれ各国の強豪が香川獲得を試みた
その時と同じフォメで今香川が輝けないのを考えた人はいるのでしょうか?
FWにポストやスペースを作るのがうまいバリオスやレバ、極端に高い位置をとる両SB、攻撃時にはPAにまで入ってくるCBとかなり動きのある流動的な戦術だった
今はその時と同じフォメでも各ポジションにかなり動きに制約があると思う
現在の戦術でのトップ下ではどんな選手を獲得してもかなり厳しくなるんじゃないかな
トップ下有りの戦術が完璧に機能してないからこそトゥヘルは強豪相手にトップ下有りの戦術を使わないんだと思いますし、そしてこれからも使うことはないと思います
寄って香川は絶対に遅くとも夏にはクラブを出るべきです


[ 2016/03/21 17:44 ] [ 編集 ]
採点が悪かったからって日本語の記事になってても、別に必要以上に凹む必要ないですよね。
またいつものアクセス稼ぎか、としか思えない。

私もコンディションはいいいと思ってました。
けど、ボックスでも味方を探すような考えの2択ができてるからシュートチャンスでもワンテンポ遅れるのかな?と
ボックス内ではシュートの一択の癖がつくようになったら→次にアシストの布石になるわけで→それができたらシュートアシストの2択が活きてくる。
そして、これができたら433と4231が普通に試合の中で使い分けができて、これができたら香川の個性になる訳で
[ 2016/03/21 17:45 ] [ 編集 ]
香川はオバメ、ラモスよりポスト上手いね
[ 2016/03/21 17:59 ] [ 編集 ]
シャヒンの調子早く戻ってきてほしいですね。
トゥヘルはかなり我慢強く使ってくれるのがありがたいと思えるようになってきました。
左サイドはフンメルスが一人でやりたい放題なので調子が悪いと壊滅的ですね
ライトナーは監督が求めるプレーを確実にこなしてるようで来年あたり不動のレギュラーになってるかも
[ 2016/03/21 18:03 ] [ 編集 ]
シャヒンはトルコ代表に招集されたから試合勘が必要だったんでしょ。ユーロもあるし、トルコ航空がスポンサーになってるし、
そこで、香川が犠牲になった感じで
[ 2016/03/21 18:57 ] [ 編集 ]
ドイツでは香川が前に張っていなければならないと言われているのを知っているサポーターはいないのでしょうか?
管理人さんにはお手数をおかけしますが、トランスファーマルクトで香川が戦術的にディフェンスのプレッシャーの強い前中央にいなくてはいけなくて、ビルドアップに下がることが許可がないとできない、ゲームメイクや創造性など香川本来の良さを発揮できない状況にいることを伝えていただけないでしょうか?
もうすでに調子が良くないというレッテルを貼られてる上に、このままだと香川のプレーア
メーカーとしての評価も落ちてしまうので、せめてトゥヘルが香川に何を指示しているかを
ドイツでも知っていて欲しいと思います。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
[ 2016/03/21 19:05 ] [ 編集 ]
試合後の香川のインタビューですが、下がるなとは言われてなかったみたいですよ。

「監督からのアドバイスにもあった通り、ひとつポジションを落としてみたり、前向きでボールをもらえる状況を作ってみたりと、考えながらやっていかないと」
[ 2016/03/21 19:46 ] [ 編集 ]
香川はまた3241のシャドーで、調子が良かったのに後ろからボールが入らなかったですね。
でも相手の先制後、トゥヘルの指示か香川が組み立てに下がってなんとか前半で追いついたのが良かった。
後半はシステムを2トップに変えて香川が1トップ気味になってスペースができてやりやすくなった途端にライトナーと交代。
しかもまた交代後にシステムを433にして、また試合運びが良くなかったのは香川のせいにされてゴンゾとライトナーが試合を変えたと言われるインゴルシュタットと同じパターンでした。
案の定システムの違いや何が前半問題だったのかもわからず、ゴンゾが違うポジションなのに香川よりも同じポジションで良いとか、ライトナーは中盤を安定させたとか海外のツイッターなどでも言われてます。
これなら香川は不調でトップ下で何もできない、組み立てに下がらないと誤解されて、今後ずっとベンチでも誰も不思議に思わなくなるでしょうね。
トゥヘルはなんらかの理由で香川の評価を下げたいんでしょうかね、と昨日の試合では思いたくなってしまいました。
[ 2016/03/21 19:58 ] [ 編集 ]
プレーアメーカーなんて言葉はユナイテッドファンが作った造語で、ドイツ発ではない。香川のドル時代のプレーを全く見たことない知らない英語圏の人間が
モイーズ時代にモイーズ憎しの為に作りあげた香川像の事だから、評価がドイツで崩れるとか心配する必要はない。ドイツ人は香川の事をプレーアメーカーとか呼んでもないから。
そう呼ぶのはモイーズユナイテッド時代からの香川のファンだと認識しやすいけど

ユーロとオリンピックがかあるし、コパアメリカもある。契約更新を控えてる選手もいる。ボランチの組み合わせ、評価をしてるのかもしれないし、
もしかしたら新しいCFを探すための評価をしてるのかもしれない、ラモスを売りたいのかもしれない。
いろいろな可能性があるから海外の反応とかの為だけにカッとなるのは香川の為でもないと思うけどな。
チームがうまくいってる時にヒステリックになってる香川ファンって言われるだけだよ。
しかも今トゥヘルはモイーズ時代に身につけてしまった癖を取り除こうとしてくれてるようにも見えるから。

日本語の記事とか見てたらイライラするのは解るけどあんなのアクセス稼ぎ前提だから、記者の「だろう」「に見える」の憶測、印象操作記事より
香川のシンプルなインタビューだけみて判断したほうがいいよ。まだそういう時期じゃないというのが解るから
[ 2016/03/21 20:23 ] [ 編集 ]
海外の反応ブログみてオーバーに反応してる人がいるよね
勘違いしてるのは、ファンじゃなくてフロント、監督が決める事なんだよね。
そこを混同してる人が多い気がする
[ 2016/03/21 20:30 ] [ 編集 ]
毎回下がるなと怒られ今度は下がるなと言われてないとか
香川が混乱するのもわかりますよね
それでなくても難しいポジションなのに
一度淳平さん呼びつけて戦術的な細かい部分を話し合うことをお勧めします
しかしクロップ時代はそれ程ポジションに縛りがないのに淳平さんがいて、細かい縛りが多くころころ戦術を変えるトゥヘルの時代に淳平さんがいない、反対だったらよかったですね
[ 2016/03/21 21:05 ] [ 編集 ]
今のトゥヘルは完全に来期以降の戦術試しているだけ。それでも勝ってるから凄い。
香川の下がるなは、速さや相手背負ってのパス受け苦手な香川の特訓。マインツ戦でたぶん一つ合格したのだと思う。で、前回のトッテナム戦では下がって守備命令されてたじゃん。もう下がっても良しになったみたいだよ。つまり、レベルアップしたと認められたんだよ。まだまだ、改善の余地はあると思うけど、交代時のトゥヘルの香川への顔見る限り満足してたと思う。良くなり初めで交代は残念だけど、それは合格したから次の人、だって思うことにしてる。
イライラしても仕方ないし、明らかに香川のプレーが変化しててそれはそれで楽しみ。大化け期待。
プレーメイクはできるの分かってるから、練習できる今、できないことをやらせてくれてるって思う方が、眠いの起きてみるストレスが無いよ。
[ 2016/03/21 22:57 ] [ 編集 ]
香川選手への思いがあってヒステリック??になってるつもりは無いですが、
そんなふうに受け取られたら何も言えませんね〜
監督と香川選手のやり取りは香川選手のコメントだけでは本当のところはわからないですよね。言い方変えないとまずい事もあるだろうし、受け取り方は人それぞれだから、インタに答えなきゃならない選手は大変だなと。
それも仕事の一部なんでしょうけどね。
でも評価は公平にしてほしいなと、戦術、ポジション違う、制約も違う。
だからその辺は知っておいてほしいなとファンなら思ってしまいますよ。
サポーターやファンやマスコミは香川選手に対して叱咤激励、評価や、非難中傷コメント一方的に出来ますよね。
でも香川選手は反論はしないし出来ない。プレイでしか答えを返せない!
香川選手はドイツ人ではないし、好き嫌いはあるでしょうけど、
せめて同じ日本人として香川選手を見守ってあげたいなと思います。
今代表戦で日本に帰国してきますね!温かく迎えてあげたいと思います。
[ 2016/03/21 23:03 ] [ 編集 ]
同じ香川のファンでも見方がいろいろ違って面白いですね
自分は前ドルトムント2年目から既にプレイメーカー・チャンスメーカーだと思ってます
1年目は外してもひたすらゴールを狙い
2年目からは警戒されてたのもありましたがパスを出すことも覚えアシストの数も圧倒的に増えました
今期もIH起用時にアシスト・プレアシストを稼いだか、その数字が物語っていますよ
サポ・メディアから評価されたのもその部分
香川はその長所をもっと伸ばすべきところに行くべきだと思ってます


[ 2016/03/21 23:34 ] [ 編集 ]
>チームファンにも香川ファンにも極端な人はいますよ。バイエルン戦後などトゥへルに対しての批判が高まっていた頃は、いい議論ができる状態ではありませんでした。

あれは勝ち点差を一試合分に縮められた試合で引き分けたんだからトゥヘルが叩かれても仕方ない
香川なんて勝ち試合でも叩かれるくらいなんだから香川ファンが出場させてくれないから〜なんて話逸らしてトゥヘルだけ特別扱いするのはおかしいでしょ
[ 2016/03/22 00:34 ] [ 編集 ]
ポジションとか戦術とか関係なしに、香川の体の重さが気になりますね。
トラップしてからの動作が他の選手と比べて遅いです。
以前はもっと素早くてホレボレするような美しい動作だったんですけど、ドル復帰してから特にぎこちなくて無駄な力がかかりすぎているように思います。
[ 2016/03/22 00:45 ] [ 編集 ]
トゥヘルからのアドバイスは、ひとつポジションをおとしてボールを受けたらって意味でしょ。」
試合見ても下がっって中盤の組み立てに加わっていいとは言われてないよ。
一昨日は先制されてから、下がって組み立てに参加してるから、トゥヘリからOKでたか、自分で判断したかでしょ。
それも前半のみで、後半になったらポジションひとつあげられて組み立てに加われないようになったんだから。
前にはらされてるのは相手にボール奪われた時のファーストディフェンスのためだから、基本は前にいろって言われてるよ。
ロイスもそうだもん。
[ 2016/03/22 00:59 ] [ 編集 ]
>前回のトッテナム戦では下がって守備命令されてたじゃん。
トッテナムではムヒのポジションで入ってるから、インサイドハーフだよ。
だから下がって良かったんでしょ。
トップ下だって自分の陣地や相手ボールの守備の時は下がって良しだよ。
[ 2016/03/22 04:14 ] [ 編集 ]
今のトップ下戦術で香川は輝けないと言ってる人もいるけど、自分はそうは思わない。
とにかくボールが来たら前向いて仕掛けて行けばいいだけ。シンプルなことだよ。
だけど香川は攻撃の選手なのに仕掛けることが少ないから低評価になってしまう。
そもそもボール来ないから仕方ないと思う人もいるかもしれないが、全く来てないわけじゃないからね。
少ないチャンスをものにするのか、しないのかは香川次第。
まだまだ向上の余地があると思うし、香川なら出来ると信じてるよ。
[ 2016/03/22 06:04 ] [ 編集 ]
19:46さんの言っておられるのは、トップ下・シャドーで味方のボール保持時トゥヘルはひとつポジションを落として香川にボールを「受ける」のをアドバイスしているということだろう。アウグスブルグとの試合をみるとボランチの前、2.5列目辺りまでは下がって受けている。自由にサイドに動いたり後方(中盤から後ろ)に降りて「ビルドアップ」つまり「組み立て」は許可されていない。香川に限らずゴンゾーもトップ下で組み立てに降りたら交代させられている。インゴルシュタットとの試合でボールが前に入らず、香川は途中からマークされていたヴァイグルのフォローに降りて後方での組み立てに参加しようとしその度に試合中に何度もトゥヘルから上がれと言われていた。結局後半に完全に組み立てに降りたら交代させられている。ヘルタでのゴンゾーも同様。関係があるかどうかはわからないがふたりともこの後ベンチ外になっている。あれ以来トップ下・シャドーの時は香川は組み立てに降りていない(ただし07:44、 19:58、00:59さんが言っておられるがアウグスブルグでは先制された後、前半33分頃から急におそらくトゥヘルの指示でボランチ辺りでの組み立てに参加している)。
このポジショニングの違いは試合中のインサイドハーフの時とトップ下・シャドーの時の動きを比べればわかる。ハノーファー、ポルトとの1試合目のライトナー投入後、トッテナムとの2試合目はインサイドハーフだから後方で組み立てできる。ポルト1試合目を見るのが一番わかりやすい。シャヒンが交代するまで香川は3241の2シャドーで前におり、たまにボランチのシャヒンの前まで行ってボールを受けたり戻したりまではしてる。ライトナーがシャヒンの代わりに入ると433になり香川は左インサイドハーフで自由に後方に下がって組み立てし、ゲームメイク・チャンスメイクをしていた。香川はこの試合後のインタビューで2シャドーで前中央にいることを監督から強く言われており相手のディフェンスの中でボールを受ける難しさを語っている。マインツとの試合辺りからのトップ下・シャドーで香川はポルトの1試合目よりもボランチの前まで降りてボールを受けることが増えているから、これまでの試合の流れでトゥヘルと相談しながら決めているのだろう。
[ 2016/03/22 06:42 ] [ 編集 ]
管理人様、いつもお世話になっております。
ひとつお伺いさせていただきたいのですが、Castroを日本語にしたものは禁止ワードに設定されておられるのしょうか?他の方は使われておられますがコメントを投稿する際に警告が出されましたので確認の為ご連絡させていただきました。当方で設定の変更ができるのであればブログ内でお教えいただけますでしょうか?
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。
[ 2016/03/22 06:56 ] [ 編集 ]
前にも書いたが、トゥヘルは今の香川を前にいさせるやり方だとトップ下・シャドーの周りが相手のディフェンスと味方で混雑するのはわかっている。それでも香川を前中央にいさせて下がって組み立てに参加させない理由は2つある。1つ目はマインツとの試合をみるとトゥヘルのトップ下・シャドー戦術では香川の役割は守備と前線の攻撃の3選手のための裏方がメインであることだろう。00:59さんも言っておられるが、前線のサイドの選手がサイド、香川とロイスが前中央を固めていれば、相手のペナルティエリア付近でボールを奪われた後の相手のカウンターをプレスを効率良くかけて遅らせることができ、ボールを奪ったら攻撃への切り替えを早くさせられる。香川の運動量により相手が疲れることも考慮している。攻撃の時は相手の守備が堅い時はサイドを使うから香川は中央で相手を引きつける囮とスペース作りで他の3人をフリーにする。前線3人にチャンスメークをし香川自身もポジショニングが良ければゴールが出来る。この前線3人の為の黒子役はアウグスブルグ後の香川の発言からもわかる。2つ目はトゥヘルは香川を含め今いるメンバーに合う守備重視のトップ下・シャドー戦術を構築中でそれにメンバーを適応させたいからだろう。トゥヘルは組み立ては後方にやらせたいから香川が後方のフォローに降りるのを禁止している。ただしアウグスブルグとの試合をみると先制されるなどして必要なら香川に下がらせるのだろう。
[ 2016/03/22 07:04 ] [ 編集 ]
17:44さんほぼ同じです。
香川だけじゃなくて一期の頃のメンバーにしても、あの時とは違う。だから試行錯誤してるみたいな
フンメルスもシャヒンもシュメも、いてくれるからまだ良しとして
トゥヘルからは、組み立て意外は下がってokなのかな?ほんと細かいね
シーズン終わるまでは使われている間はやるしかない。個人的には選手の長所を活かさず短所をスパルタで修正するみたいな戦術は⁇だし、ドル本来のゲーゲン、パスの連携があまり見られないのは寂しい限りです。リパボ戦では復活してガチンコ勝負してほしい。香川はベンチ外じゃない事を願ってます。それまで今の戦術機能してるといいけど、香川がんばれ〜!
[ 2016/03/22 07:18 ] [ 編集 ]
モイーズユナイテッドの時の反モイーズの象徴みたいにユナイテッドのファンが勝手に
プレーアメーカーの香川像を作りあげたように、反トゥヘルの象徴として
自分の思う香川像を作り上げたいの?香川はこうだ、と。
代表だってたたかれてるけどゴール数すごいし、本人が今色々試行錯誤してるのは無視で
香川はこうだ!なんて自分の理想のお人形さんごっこしてるみたい

男らしく香川はピッチで示そうとしてるから、今は苦しいときだけど
答えは本人がみつけるしかない、ドル二年目だって怪我開けにドイツの
マスコミに叩かれたけど半年かけてプレースタイルをかえて
なんとかしたんだから、タスクは難しいけどやれるでしょ、といってるだけで
[ 2016/03/22 09:18 ] [ 編集 ]
7:04さんのコメント分かりやすかったです。
トゥヘルが何故香川のトップ下に拘るのか大体わかった気がします。黒子や囮役、ポストするのも、それであわよくばアシストやゴールもって感じ
だから香川にボールが入らなくても別にいいんですね。
香川がブログでコメントしてた「監督が自分に求めていりプレイをさらに上回るような〜」ってそういう意味なのかと、
きっと黒子や囮役だけじゃなく、アシストやゴールもして行きたいって事なんだなぁと思いました。そりゃぁそうだよね
「IHとして二桁ゴールもアシストも達成したい!」って言ってたし
守備固めしてくる相手の時の戦術でしか使わないって事か
ファンもモチベ下がってくるわ
[ 2016/03/22 12:48 ] [ 編集 ]
>トゥヘルが何故香川のトップ下に拘るのか大体わかった気がします。

いやいや、拘るもなにも、、香川はトップ下の選手でしょう。
逆に「え、なぜ香川がインサイドハーフやってるの?」と言われる方が一般的なのです。

■クロップ
「トップ下こそがシンジのベストポジションだ。
彼は攻撃的MFとして、私が今まで見てきた中でも、最も優れた得点嗅覚を持った選手の一人だ。」
[ 2016/03/22 19:33 ] [ 編集 ]
19:33さん
トゥヘルが何故香川のトップ下に拘るのか大体わかった気がするってのは、そういう意味じゃないです。、
クロップ時代から香川がトップ下なのはわかってます。クロップの頃と今トゥヘルが香川に求めてるトップ下の役割は違うのかと思っただけです。少なくとも前半戦はIHでしたけどね。
クロップのそのコメントも知ってますので
IHでもトップ下でも香川本人が納得してプレイしてくれるならどちらでも構わないですよ!
今必死にステップアップしようとがんばっている香川選手を応援するのみです。
[ 2016/03/22 22:06 ] [ 編集 ]
トップ下は違う、香川はプレーメーカーだと言ってる人の方が不思議だよね
クロップも香川が下がるプレー嫌いだったけどあの時は点取ってたから文句言わなかった。

トゥヘルも結局クロップと同じ事考えてるだけで、クロップも今香川に対してやってる事には
文句ないと思う。前半戦の使い方の方がなんか言いたかったと思うよね
[ 2016/03/22 23:45 ] [ 編集 ]
遅まきながらですが

香川選手で言えば
前半の後半に中盤まで下がって
ボール受けて前を向いて
ゴールにつながるような
鋭いパス出しと、

後半の前半で交代までは
逆にゴール前の飛び出し
裏抜けとワンツーで
2回ほど
チャンスつくってましたね。

大活躍ではないですが
すごく悪いわけでもなく
平均的な印象受けました。

それにしても
相手のアウグスブルクが
ホームなのにかなり守備的で
ゴール前、中央に
人がいっぱい!笑

それでいて先制点は
見事なカウンターが決まるなんて
これだからサッカーは面白い。

ドルトムントの2点目で
ラモスが見事なポストプレー。
なんだ、やればできるんじゃん!

まぁ、
たしかに
ポンポンポンと
パスがまわるサッカーじゃないから
見てて楽しいかと言われれば
うーんなんですが

ムヒタリアンもロイスも
そんな目立たなかったし

いまは勝つこと
新しいカタチで勝つことを
チームとしてやっているのでしょうね
そして勝っているという
[ 2016/03/26 03:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。