ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ!ドルトムントが再獲得を検討か!?ビルト詳細!《ドイツの反応》

【ビルト】3月23日

バイエルンのスターがドルトムントへ

BVBがゲッツェの再獲得を検討!



entry_img_932.jpeg

BVBのボスは公にはこの移籍を非現実としていたが、その後ろでは、このブンデスリーガ最大となる買い戻しについて毎日考えている。

スポンサーリンク



ビルトの情報によると、トゥヘルのクラブでは幹部たちが真剣にドイツ代表であるマリオ・ゲッツェのカムバックを検討しているようだ。ドルトムントはすでにバイエルンに対して探りをいれたようである。


ドルトムントがゲッツェの再獲得を検討!BVBはそれどころか、ドルトムントファンの気持ちをどのようにして鎮めることができるかすでに作戦を立てているようだ。


思い返してみよう:2013年にゲッツェは3700万ユーロでBVBからよりによってライバルのバイエルンに移籍した。しかしこのワールドカップのヒーローはペップ・グアルディオラの下では幸せになることがなかった。その反対だ。ゲッツェはここ数週間ベンチ生活が続いており、フラストレーションがたまっている。


最近ではBVBの会長ハンス・ヨアヒム・ヴァツケがビルトに同情の意を表していた。“僕は彼が単に好きなんだ。だからちょっとすまなく思うね。僕はマリオを今でも信頼しているよ(彼についての悪いことは言わせない、彼を悪いことから守るといったニュアンス)。”


ゲッツェに再び調子を取り戻させる。これはBVBのトレーナートーマス・トゥヘルにとっても非常にやりがいのある仕事だろう。ビルトは知っている:ゲッツェはグアルディオラの後継者であるアンチェロッティの下でもたして良くはならないであろう。それにたいしてボルシアへのカムバックは完全にポジティブだ。

20160323200117ea1.jpeg



彼の元監督ユルゲン・クロップもゲッツェをリヴァプールに誘いたがっている。ドルトムントにとっての利点は、リヴァプールが来シーズンはチャンピオンズリーグに出場しないだろうという事だ。BVBのマネージャー、ツォルクはシャヒン、香川真司に続いて3人目となる失われた息子を連れ戻すだろうか?


決定的になるのは値段だ。ドルトムントは2017年まで契約を残すゲッツェには2000万ユーロ以上は出さないつもりである。一年後にはバイエルンはただで放出しなければならないのだから。






以上です。

この話題がさっそくファンの間に大きな話題になっています。あの時の溝は大きいですからね。それに関する記事もでていますので、今後取り上げようと思います。

個人的には2000万ユーロであれば獲得するべきだと思います。サッカーの内容的にはゲッツェが入ったほうが面白くなるし、彼が入ることで今の前線のスピード重視以外のスタイルに、重点が移る可能性もなくはありません。

はたしてどうなるのでしょうか・・・

[ 2016/03/23 20:05 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(21)
個人的にはリバプールに行ってほしいな。
[ 2016/03/23 20:15 ] [ 編集 ]
2017年までといえ2000万ユーロって安すぎませんか?
ゲッツェがバイエルンでどれくらいの年俸をもらってるか知りませんが赤字のドルトムントが払える年俸なんでしょうか?
香川とゲッツェのいきのあった崩しは大好きでしたが年俸やドルトムントを裏切って出て行ったゲッツェをドルトムントサポはどう思うかですね
[ 2016/03/23 21:08 ] [ 編集 ]
アンチェロッティの下で良くならないと思われているのはなぜなんでしょう。
バイエルンに残っても、リバプールへ行っても、他のクラブへ行っても今より絶対出場機会が
増えて良くなりそうな気がしますけど。
ドルトムントはサポーターも嫌がるだろうし、本人も望んでいないと思います。
お給料も確かバイエルンでトップクラスなんですよね。
[ 2016/03/23 21:08 ] [ 編集 ]
 ゲッツェはトゥヘル監督の戦術にフィットするんでしょうか。そこが問題だと私は思います。フロントとトゥヘル監督は補強計画に関しての共通した展望が無いのではないかと私は疑っています。冬移籍の時期にトゥヘル監督が補強に関してフロントを批判していたのが懸念の元です。ゲッツェではなくマリやビダルのような選手ならばトゥヘル監督の戦術にフィットすると思うので違和感がないのですが、どうなんでしょうねぇ。
 そして、誰かを補強しようとしてるということは誰かが去るということです。ゲッツェが来るということはそのポジションでプレーする選手を放出するということ。それは香川かミキタリアンのように思います。今年の夏は面白いことになりそう。
[ 2016/03/23 21:20 ] [ 編集 ]
獲得できるなら獲得すべきですよね。
23歳でまだ若いし、ドイツの事を考えたらプレミアとかよりドイツで再浮上させたいのもよくわかる。
ただ、これが本当ならまさかの香川の移籍が決まってる?とかちらっと思ってしまったりもする。

ウィンターブレーク明けの香川の扱いを見て、香川は移籍決定でドルはマリを狙ってるんじゃなくて、ゲッツェ狙ってるんじゃね?
とか書き込んだことあるけど。今は普通に考えるとおいこまれてる状況なのに香川のコメントも余裕ありすぎるし、
ここでゲッツェの情報が出てきて大反対するファンがいると同時に香川が不調だし、と受け入れてもいいかな?
と思ったドルファンもいるだろうし、シナリオ通りに事が進んでる感じも否定できない。
なんというか香川が移籍するとしたら、ドルで再びピークをと戻して移籍はないと思うんですよね。
前と違って戻してやった恩を忘れたのか、と言われるから追われる形しかない。

インターナショナルブレイクは移籍ネタがバンバン出てくる位暇な期間なので想像はいろいろ膨らみますね。
ただ、香川は移籍するにしても残るにしてもシャドーの感覚は取り戻しておいて、武器は一つでも増やしておくべきなので
いろいろ想像してもしょうがないのですが
[ 2016/03/23 21:50 ] [ 編集 ]
確かにゲッツェが加われば世界でも屈指のアタッカー陣が揃いますね。
ビジネス的にも売った時の半額程度で買い戻せるなら決して悪い話ではないと思います。
しかし多額の移籍金を残してくれたとはいえファン達が彼を受け入れるかどうか・・・
個人的にもゲッツェの移籍報道を聞いた時にはかなりの衝撃を受けました。あれからかなりの時間がたったとはいえまだ彼を許せないファンはたくさんいると思います。
南スタンドの「Götze ist ein Hurensohn」の大合唱が未だに耳から離れません。
[ 2016/03/23 21:51 ] [ 編集 ]
ドルで活躍すれば結局は多くに受け入れられるだろうと思うけど、活躍出来なければ、あるいは調子を落とせば、これほど厳しい目にさらされる状況もなかなか無いでしょう。
ゲッツェからすればペップは今季限り、契約もあと1年、それを待たずとも他のオファーもありそう、となればもしドルがその気になっても本人が乗らないだろうと思いますね。
[ 2016/03/23 21:54 ] [ 編集 ]
ゲッツェ再獲得ということは、トゥヘルもフロントも香川選手を戦力外と考えているということでしょうか?
ビルトは移籍に関しては信憑性あるんですよね。
ゲッツェ自身がどう思ってるかより、ドルサイドが香川選手のポジばかり補強を進めているのが気になります。冬には、マリ、オリベルの話がありましたよね。なぜ、手薄なワントップやサイドの補強話が全く出ないのか。ただでさえ、中盤の選手は足りてると思うのですが・・・。
おそらくゲッツェは来ないとは思いますが、ドルサイドがそういう行動を取っているということが、何よりショックです。
香川選手を追い出すつもりなのでしょうか?もう、ドルフロントには不信感しかありません。
[ 2016/03/23 22:06 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。
移籍ネタ...早速出ましたね。しかもゲッツェですか。憶測の域を出ない範囲での噂ではちらほら聞こえてましたがビルトで出ましたか。
彼の場合はバイヤン移籍のタイミングと動機が最悪でしたので賛否両論でしょうね。
私は、まぁ来るなら良いし来なくても別に...って感じですかね。選手としては素晴らしいの一言ですし、彼の理解者はドルトムントに沢山居ますので適応も速いのではないでしょうか。
しかし、何となくですがクロップのリバプールに行きそうな気がします。お金も沢山持ってますし、クロップも自身の戦術が染みついている選手が一人は欲しいでしょうし。

関連記事、楽しみに待ってます
[ 2016/03/23 22:19 ] [ 編集 ]
私は絶対に反対です。サッカーの能力的、戦力的には魅力的ですが人間生が嫌いです。
ドルトムントの去り方その後の言動は勿論、ワールドカップ後のバナナと猿の踊りですか、人種差別主義者は許せません。
ドルには、オーバメアンやラモスもいますし、今の国籍人種を感じさせないチームを彼が壊す恐れさえあると本気で思ってます。彼の言動は軽すぎます。
[ 2016/03/23 22:48 ] [ 編集 ]
おお!この翻訳記事待ってた!
思ってたよりもお安い値段で戻せそうなのか。
ギュンドアンはもう出ていくのほぼ確定だろうし、獲得できるなら中盤の枚数増えるのは凄くいい。
あとは現地ファンが受け入れられるかどうかかなあ。
[ 2016/03/23 22:49 ] [ 編集 ]
あの時の事を考えるとリバポはともかくドルに戻ってくるのは無いような気がするけど、どうなんだろう?
いまだにドルサポにブーイングされてるよね?
[ 2016/03/23 23:32 ] [ 編集 ]
管理人さん。いつもありがとうございます。
ロイスとゲッツェはすごく仲良くて相性も良かったし、今でも親友だから、ロイスは喜ぶのではないでしょうか。
確かに、ゲッツェは言動に軽いところがありますが、20歳前後の若者が調子に乗って過ちを犯すのは仕方が無いことだと思いますね。自分自身、その頃のことを振り返ると恥ずかしくなることが多いです。
色々と失敗を繰り返して経験して、大人になっていくものじゃないですか?

またロイスとゲッツェが、ゴールを決めた後に背中合わせで跳んで喜ぶ姿が見たい気もします。
[ 2016/03/24 01:58 ] [ 編集 ]
オーバ
ロイス ゲッツェ ミキ
香川
バイグル
シュメ フン パパ ピシュ
守備やばそうだけど見たいなあ…
[ 2016/03/24 02:18 ] [ 編集 ]
失われた息子を連れ戻すって表現良いなぁ
[ 2016/03/24 02:25 ] [ 編集 ]
急に、香川ファンの戦力外とか弱気な発言が出てきましたが
自分はWB前からの扱い方(結果を出してもベンチ)からもう冬には移籍すべきだと思ってましたよ
それに香川はアタッカーではありません、トップ下が本職かも知れませんが以前のトップ下と今の戦術でのトップ下とは大きな違いがありますからね
以前とFWのタイプも違えばSBも以前程極端に上がらない、こんな中で香川のようなタイプのトップ下は本人も言ってましたが無理ですよ
それに香川の一番の特徴は視野の広さです、そしてゲームメーカーです
冬に移籍していれば前半残した成績でいいところに移籍できたのにと残念でなりません
フロントの不信感とかそういう問題ではないと思います
ゲッツェは若くて将来性のあるドルトムントを知ってる選手ですがどちらかっていうとポゼッションに強いタイプにみえますよね、トゥヘルが他のプランを持っているならそれで使うのかな?
[ 2016/03/24 02:47 ] [ 編集 ]
サポーターが受け入れるとは到底思えないけど、そこは無視なのかな?
自分は復帰は有り得ないと思うけど。
[ 2016/03/24 02:53 ] [ 編集 ]
ペップバイエルンで干されてたゲッツェがペップ戦術を真似しようとしてるトゥヘルのドルに来てもフィットしない気がするんですが
[ 2016/03/24 07:04 ] [ 編集 ]
3-4-3では選手間の距離が広がる
(CFと香川の距離が遠い=ゴールまでの距離が遠い)ので
スピードがない香川は移籍した方がいいと思います。

ゲッツェは速いですよ。

スピードと足元の技術を兼ね備えたゲッツェは、トゥヘルにとって
喉から手が出るほど欲しいのではないかと思います。
[ 2016/03/24 10:47 ] [ 編集 ]
リバプール方面ではゲッツェは31億円と言われてますね。
[ 2016/03/24 10:50 ] [ 編集 ]
もともとフロントじゃなくてクロップとグロクロが帰ってこいよといって戻ってきたからね。二人もいないし 前に張り付かせるだけなら今までの動きは見れなそうだし移籍もいいかなって
[ 2016/03/27 15:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。