ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 乾貴士 「タカに自由を!」 ドイツ紙が特集!+ファンの反応

今週は、ブンデスリーガもお休みなので、あんまり良い記事がありませんでしたが、久しぶりに興味深い記事を見つけました。

フランクフルトの乾選手が地元紙フランクフルトルントシャウに、特集記事として取り上げられましたので、紹介したいと思います。また短いですがその記事に対するコメントも載せてみました。




28681444,29495921,dmFlashTeaserRes,POL_EIN_300813_4c

タカに自由を

乾貴士が戻ってきた。昨シーズン、アルミン・フィー監督の下で、全く別人の様になってしまった彼は、今シーズントーマス・シャーフ監督の下で再び花開いた。このアイントラハトの監督は乾を中盤の中央で起用し、彼に危険なパスを要求している。仮ににボールを失ったとしてもだ。


トーマス・シャーフは単にそのままにしておくことは出来なかった。この小さな日本人で、全監督アルミン・フィーに言わせれば“弱々しい奴”と呼ばれ(訳注 zarte Geschöpf :ひ弱な奴、脆弱物、華奢、もろいなど)、そしてもちろんこの前の土曜日のFCケルン戦で比較的良いと評価された乾貴士のことだ。


アイントラハトの監督トーマス・シャーフはすぐさま飛び入ってこう言った。“比較的良かったんじゃない。良かったんだよ。


実際に乾は土曜日に力強く、はずみ車を回してみせた。11.9キロメートルを走り、75回のボールコンタクト。これは中盤の選手にしては目立った数字だ。なによりも33回のスプリントを記録し、試合の最後の一分まで相手守備陣に対して攻撃をしかけ、積極的に試合の組み立てに関わった。この日本人は試合の中心だった。それに彼は誇るべき7回のシュートアシストを記録した。もしアレックス・マイアーが彼の17分の折り返しのパスをそんなに弱々しく左へ蹴らなかったら、全世界が新しいデュオ乾・マイアーに群がったかも知れない。実際に起ったのはセフェロヴィッチとマイアーのデュオだったが。

スポンサーリンク



彼はもっと出来るよ。


今フィールド上にはフィー時代の乾ではなく、別な乾が立っている。今ではその価値が広く認められている。昨シーズン全く別人のようになり、自らの殻にこもり、完全に蚊帳の外だった彼は戻ってきたのだ。チームの財政ボスのアレックス・ヘルマンは先週、新加入の選手について話をしたのだが、それは実際には乾の事だった。こうした変化は、新しくやって来た同郷の長谷部誠のおかげかもしれない。長谷部は彼をうまく導き信頼される役柄を担っている。
 

事実トーマス・シャーフはこの日本人を正しい路線にのせた。乾がフランクフルトに来た時、このサッカーの教師(訳注:トーマスシャーフ)が説明するところによると、彼は積極的だったが、その後彼は自分の力を呼び戻すことができなくなってしまった。だけどそれらは決して失われたわけではない。


彼は今正しい道にいるよ。彼は彼のクオリティーを再び行使することができるよ。ボールを受ける動き、ボールを持っての動きやパス、攻守の切り替えなどね。” 乾は実際にフランクフルトのチームの中で数少ない熱心な仕事人だし、驚くべきパスとでディフェンダーを骨抜きにし、新しい状況を作り出すことが出来るプレーヤーだ。彼はまさに特別な瞬間のための選手である。


また彼は非常に良い視野を持っている。“タカの成長はまだぜんぜん終わっていないよ。彼はまだまだ自分の中から多くの物を引き出せるよ。”


シャーフの下で彼はここ最近の二年間よりもより重要な役割を担っている。(新監督のもとで)彼は左サイドから、中央に移ってきた。シャーフは彼を中央でのミッドフィルダーと見ているのだろうか?“彼がどこでプレーするかは重要ではないんだ。重要なのは彼が沢山ボールをもらえることだよ。” と決まったシステムの擁護者ではないシャーフは、多くの意味を含めて言う。“私は選手に自由を与えたいんだ。彼らが力を発揮できるようにね。
 

乾貴士の唯一の問題は、簡単にボールを失ってしまうことで、彼は“弱々しい奴”であり、比較的簡単にボールを奪われてしまう。土曜日のケルン戦では32回のツヴァイカンプフ(一対一の競り合い)のうち、20回も負けており、ある程度のたくましさと安定感が欠けている。


トーマス・シャールもこの欠点には気付いているが、“大事なのはどこでボールを失うかだ。前線での相手を脅かすようなパスが奪われてしまうなら‥”彼はそれに対しては比較的寛容だ。“彼はこれからもそのようなボールを試すべきだ。だけど必要ないドリブルはダメだね。”


このようにボールを失うことは高いレベルにおいてはすぐに罰せられてしまう。しかしながらも乾は、たとえボールを失ったとしてもこれからも危険をおかすべきだ。アイントラハトは彼の直感を切り捨てることはできない。


乾がシャーフの下でより良くすべきことは、何よりも影響力のあるようにプレーすることだ。最後のパスが通らなければならないし、よりシュートまで来なければならない。またより炎をもってプレーすることも重要だろう。彼はケルン戦では3回シュートを打ったが、その内の一回はデフェンダーにライン際でブロックされてしまった。


それに最後にもう一つ。乾がドイツ語でおはようと挨拶するようになってからまだそんなに長くはない。




以下ドイツ人のこの記事に対するコメントです。コメントの後半はチームについての議論に膨れ上がったので、乾選手に対する部分のみまとめました。


・いい記事だね。めずらしく何も言うことないよ。タイトルも写真もいいね。タカが戻ってきた。これはアイントラハトにとって良いことだけだね。


・僕はこの僕らのタカのように、舌鼓を打つような時から頭を振らなければいけないような事をさせる選手を他には知らないよ。彼がフィーの下で使われていた時は彼はまるで竜巻のようだったし、ベンチにさせられてからは消耗しているかのようだった。シャーフの下ではよく手入れされ、また最初の時のように戻ってきたね。僕はタカがこのままの調子で行ってくれて、なおかつボールを奪われないことを望むよ。


・↑彼が行ったことは強調するべき。僕は彼がなんでコーナーを蹴るのか理解できない。かれがコーナーから短いパスを出すのはオーケーなんだけど、大抵は5メートルラインの上空に来るよね。力が強すぎて頭でコントロールすることを見ることが出来ないよ。時には彼にコーナーを蹴らせることで彼を罰しているようにも見える。彼もコーナーで自由をもらっても嬉しくないんじゃないかな。


・↑彼がコーナーを蹴ったほうが、相手のカウンターに対して対処し易いんだよ。後ろまですぐ走ることによってね。


・これは前トレーナーと現トレーナーの対決にもなるね。だけど自分で弱々しい奴と呼んだ選手をサイドで使っているんだったら、その選手にそれ以上の成長は望めないよ。シャーフは彼から何かを引き出したいんだ。もしかしたら本当にすげえものを感じているのかもしれない。タカが良ければアイントラハトも良いんだ。ただコーナーだけを別な人が蹴れば良いんだよ。違うかい?


・もし本当に乾が今頃になってドイツ語で挨拶するようになったんだとしたら、ちょっと訝しいね。彼はもう何年もドイツに居るわけだし。これは日本の旅行者だって2日めにやってるじゃん。これじゃあ彼が必要な言葉を覚える気がないんじゃないかと思ってしまうよ。もちろん彼が出来ると思っているから言うわけど。もしそうじゃないなら批判を撤回するよ。


・だけど、もしかしたら彼が全てのジャーナリストに挨拶するわけではない、とも解釈できるけどね。


・僕らのコーナーは本来ならメルサ-だけが蹴るべきだ。僕も彼が蹴る理由が理解できないよ。もしかしたら心理的に、彼に自信を付けさせるためなのかも知れない。結果を見るとフラストレーションが溜まるけどね。タカは中央でのスピードで評価されているわけだから。


・↑その通りだけどメルサーはだいたいベンチスタートがベンチ外だからね。


・シャーフがもう通訳はトレーニングに入れないって言ったことが転換期だと思うね。自分からしないんだったら、全ての外国から来た選手をうまく迎え入れることはできないよ。





乾選手の場合は、監督が変わった事が良い方向に行っているようですね。現在の監督はブレーメンで長期にわたって、素晴らしい記録を残した監督でもあるので、期待しています。もちろん全監督もシュトゥットガルトでの優勝など、もかなりの実績を残した監督でもありますが・・・・・。

やっぱり昨シーズンのせいもあってか、彼の弱点はファンの中ではハッキリとした物になっているようですね。それでも長所に重きをおいてくれる監督のコメントには興味深いものがありました。

乾選手、この調子で活躍してくれる事を期待しています!
[ 2014/10/10 18:48 ] 乾貴士 | TB(-) | CM(9)
No title
フェーじゃなくてフィーなのか
ともかく良い記事でした
[ 2014/10/10 19:05 ] [ 編集 ]
乾大好きだ
超上手いし、仕掛けるプレースタイルが大好き
攻撃の選手はヒーローになるかボロクソに言われるかのデットorアライブの世界で生きてる奴がいてもいいと思う
[ 2014/10/10 19:26 ] [ 編集 ]
こちらキリン杯のジャマイカ戦キックオフ、日本代表で馴染んだチャレンジ中の彼等が結果をだすとやはり嬉しいです。
ありがとうございました。
[ 2014/10/10 19:29 ] [ 編集 ]
No title
乾は一皮むければ絶対化けると思うんだよな。
走れるし、持てるし、シュートもパスもできる。

ただ、判断遅くて余計に持ってしまい、結果として奪われる
って印象が強い。
何か一つ、ルックアップの改善でも約束事の順守でもなんでも
こねる以外の選択肢を持ちえて、その上でこねて勝負するなら
絶対上のレベルに上がれると思うんだよな。
[ 2014/10/10 21:43 ] [ 編集 ]
No title
日本代表に必要なのはこんな選手だ。香川に合う選手がおらん。
[ 2014/10/10 22:13 ] [ 編集 ]
No title
乾にとってはいい監督のようだな
一昨季のフェーもそんな感じだったけど、結局見捨てられたし、目をかけて貰ってる間に、期待に答える成長を見せないといけないね。
言葉はね…はっきり言って乾は勉強さっぱりだし、家族伴ってるから、実践で覚えることもなかなか難しいような…。

>シャーフがもう通訳はトレーニングに入れないって行ったことが転換期だと思うね

長谷部が居るから実質なんも変わってないっつの
[ 2014/10/11 01:27 ] [ 編集 ]
乾これから伸びるんじゃないですかね、
期待してます!
[ 2014/10/11 10:35 ] [ 編集 ]
No title
シャーフ監督はテクニックのある選手好きだよね
[ 2014/10/11 12:18 ] [ 編集 ]
No title
乾、監督にめっちゃ褒められてるやん

しかし1試合でシュートアシスト7本って凄いな
[ 2014/10/12 08:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。