ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元バイエルン監督マガト「ゲッツェは代えがきく存在!!」ドイツ紙《ドイツの反応》


【ビルト】3月24日



元ブンデスリーガ監督マガト
ゲッツェは代えがきく存在



リオの決勝でのヒーローなしでユーロに?



entry_img_943.jpeg


元バイエルン監督のマガトが“tz”紙においてバイエルンの心配の種となっているマリオ・ゲッツェについて批判的な意見を表明した。

スポンサーリンク



今のところ休暇中の監督は、現在バイエルンでベンチとなっているマリオ・ゲッツェがドイツ代表でユーロに参加することに疑問を呈している。“本当に彼がドイツ代表内で代えがきかない存在かどうかは疑問だね。”



2005年と2006年にダブルを達成したこの監督は、そもそもワールドカップの英雄という彼のステータス自体に疑問を持っている。“基本的に選手をたった一つのアクションで持ち上げるべきではない。マリオ・ゲッツェはあの決勝では途中交代で出場し、ただゴールを挙げただけだよ。それ以上ではない。”


20160329164358d11.jpeg



マガトが疑問を呈す!


しかしカルロ・アンチェロッティの下でゲッツェの立場も変わるかもしれない。少なくともマガトは、アンチェロッティはゲッツェのような選手を好むとみている。それでもゲッツェは“彼のポジションでの競争はものすごいので、努力しなければならないだろう。彼のクオリティーは長い間見られていない。”


ゲッツェは今シーズン全体会を通して12試合に出場するのみとなっている。(4ゴール、2アシスト)。最近では頻繁にベンチでくすぶっている。


entry_img_937.jpeg


いずれにせよ彼はドイツ代表の席がなくなることを恐れる必要はないようだ。代表監督のヨギ・レーヴはいずれにせよ彼を戦力として計算に入れているようだ。“この若い選手にとっては現在の状況は涙の谷を歩くようなもので、それは普通の事だ。でもマリオを支えることはいつだって良いことだよ。なぜなら彼は他の人にはできない事ができるから。”と語っている。


キャプテンのシュヴァインシュタイガーはどうだろうか?


マガトはドイツ代表のキャプテン、バスティアン・シュヴァインシュタイガーの事は、度重なる負傷にもかかわらずチームにとって重要な選手であると考えているようだ。“ブラジルでの彼の役割はより人間的な部分で大きかった。チームはスポーツ面よりもその部分で利益を得ていたね。”





以上です。

ゲッツェもいろいろと書かれて大変そうですが、やはりドイツ代表ともなると仕方ないですね。今日のイタリア戦では彼が先発するそうですが、どのような活躍をするか楽しみです。イングランド戦ではやっとゴメスに復活の兆しが見えましたので、管理人は喜んでいます(シュトゥットガルトが優勝した年、管理人はシュトゥットガルトに住んでいました。)。


【おまけ今日のドイツ】

DSC04814_convert_20160329165735.jpg


ドレスデンのショッピングストリート
プラーガ―通り
[ 2016/03/29 16:49 ] バイエルン | TB(-) | CM(7)
ゲッツェいらないなら日本代表にください!
[ 2016/03/29 17:43 ] [ 編集 ]
ドルトムントの中じゃ万能だったけどバイエルンの中ではただの器用貧乏
アンチェロッティに監督が変わったところでさほど扱いは変わらないと思う
[ 2016/03/29 17:47 ] [ 編集 ]
ゲッツェはこの前の代表戦10分では消えてましたが今シーズン公式戦12試合で4ゴール2アシストもしてるんですね。
もし試合勘や監督との相性なのであればまた以前のようなプレーができるのかもしれませんね。
[ 2016/03/29 18:29 ] [ 編集 ]
ゴメスはよかったですね。ゴメスって2列目を活かすストライカーじゃないからゴメスの時だと2列目消えますが、
あれでいいんですよね。サッカーって2列目を活かすスポーツじゃなくて点を取るスポーツですから。
ドイツはMFを比べるとイングランドより間違いなく全員うまいのですが、イングランドがケイン、バーディと9番やれる2人が
ツートップやってFWが試合を決めてシンプルだけど正解だな、と思えましたし。

だからといってゲッツェ不要は贅沢すぎですね。
0トップで2列目生かす形だとゲッツェがいいんでしょうが、ゴメスが復活して純粋FWのカードを持てたから言える事であって

[ 2016/03/29 22:35 ] [ 編集 ]
バイエルンは一流または将来有望な現在1.5流の選手しか活躍が出来ない個の実力を重視したビッグクラブ。
ドルトムントの場合は、将来有望な現在1.5~2流選手が一致団結して成績を納めるメガクラブ。監督の力量や戦術によって結束力で、外部から見て個々が素晴らしい選手に見えてしまう。オーバメヤンがレアルでレギュラーとなり得点王と成るかはかなり疑わしいし、ロイスがネイマール以上に活躍出来るかは相当難しいところ。
[ 2016/03/29 23:28 ] [ 編集 ]
ゲッツェゴールしましたね
[ 2016/03/30 04:34 ] [ 編集 ]
完全にごっつぁんゴール(ヘディング)だったので、ユーロでどっちを使うかはまだ分からないなあ。
今はゴメスの方がずっと上を行ってるでしょ。
[ 2016/03/30 21:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。