ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァンドフスキー‼2021年までバイエルンで契約延長か?ドイツ紙《ドイツの反応》

【ビルト】3月30日


ポーランド人フォワード、ロベルト・レヴァンドフスキー



まもなくバイエルンで契約延長か?



entry_img_946.jpeg


ロベルト・レヴァンドフスキーは代表戦から気分よくバイエルンのトレーニングへと戻ってきた。ユーロで我々と同グループのポーランドは両方ともテストマッチで勝利している(1:0セルビア、5:0 フィンランド)。

スポンサーリンク



そしてフランスでの大会を前に彼はバイエルンでのメガ契約にサインするようである。


スポーツビルトは昨日レヴァンドフスキーが2021年までの契約延長が目前に迫っていると報じた。そうなるとミュラー、ボアテン、マルティネス、アラバに加えて長期にわたってチームに残る次のトップスターということになる。



ビルトの情報によるとこれはまだ決まっていないようである。バイエルンとレヴァンドフスキーは現在交渉中で、多くの点ですでに合意に達しているようだ。バイエルンはできるかぎり早くこの状況をはっきりさせたいようである。


どちらかと言えばレヴァンドフスキーと彼の代理人がこのポーカーにブレーキをかけている。彼はユーロの活躍次第ではさらに市場価値を高める事が出来るだろう。そしてバイエルンでの給料も。


もしこの契約延長がうまくいけば、ヨーロッパのライバルチームに対する明らかなサインとなる。バイエルンはスターを放さない!と。







以上です。

2021年までというと結構な長期契約になりますね。良い選手を意味もなく放出するよりも、長くとどめようとする姿勢には好感がもてます。ドイツは監督よりも上にスポーツディレクターがいますから、監督のなんでも好きなようにはできませんが、バイエルンは特にその傾向が強いですね。ペップもこの辺には不満があったかも知れませんね・・・


確かプレミアリーグだとマネージャーと監督を兼任するチームがもっと多いんですよね。監督の意向がそのまま補強などに反映されるので、良い面もありますが、失敗するときは一気に行ってしまう危険性もありますね。そういえば今のマンチェスターユナイテッドのファンハールはマネージャー業務も兼任しているんでしょうか・・・?



【おまけ今日のドイツ】

DSC04831_convert_20160331050429.jpg


ドレスデンの十字架教会
有名な少年合唱団のコンサートを聞きました。
[ 2016/03/31 05:57 ] レヴァンドフスキ- | TB(-) | CM(7)
レヴァの代理人は移籍金とか稼げなかったので、本当は移籍させて手数料取って稼ぎたいでしょうね。

ユナイテッドはSDおいてなくてウッドワードが確か交渉担当ですが、サッカー経験ないマーケディング部門からの昇格なので各クラブとのコネがなくて
足元見られて舐められまくってる感じですね。SD置くとか言うニュースは最近になってでてますが獲得した選手すべてがファンハールの希望には思えませんし。
リバポも移籍委員会とかあって監督が希望してる選手が取れず、勝手に獲得されてたとかいうシステムがあって、
それを防ぐ為にクロップの就任時にこの最終決定権をもらったとか噂になってましたね。
アーセナルは確かヴェンゲルが全権もってたり、シティはSDがいたり、とクラブによってかなり違うみたいですね。
[ 2016/03/31 07:02 ] [ 編集 ]
ブンデスのためにもレバは残って欲しいですね。
プレミアは、監督が補強選手をかなり自由に採れる感じしますが、逆に監督が全く関与しない大量の補強という名のレンタルビジネスも有るイメージ。監督の意向だと喜んで行ったら、レンタルからレンタルへ。監督と一度も練習すらできないままにさまよう選手もいるような・・
宮市、サンクトパウリ決まってホッとしたのにね。
[ 2016/03/31 08:00 ] [ 編集 ]
金を出すけど人事は監督に従うのはアーセナルとシティですかね
元リバポのロジャーズはフロントの力が強すぎて思った選手が獲得できないと嘆いていましたし、
マタの取得を主導したのもモイーズではなく、マンUフロントだったような。
レスターも監督が求めたのとは違う無名の原石をスカウトが見つけてきて、今活躍、
チェルシーも昔はモウリーニョのと取る選手でもめていましたし。
[ 2016/03/31 08:48 ] [ 編集 ]
レアルがベンゼマ放出を決めているならば、誰かしら大物をとりにいきますよね。
レバが残留ならオバメの噂も現実味をおびてくるのかな。
[ 2016/03/31 09:10 ] [ 編集 ]
次々と契約延長していくバイエルンの選手
目立った活躍で他の強豪に移籍していくドルトムント
ここが一番大きな違いなんだろうな・・まぁ分っていたことではあるけど悲しいよ
[ 2016/03/31 13:55 ] [ 編集 ]
イブラヒモビッチ採る気が無いペップ、ますます好になった。イブラは確かに凄い選手だけどチームの和を壊す。私は好きでは無い。
イブラヒモビッチみたいな選手が好きな人は、たぶんドルトムントを過少評価してるね。サッカーで本当に大切な事は、チームとして戦えるか、ファンが満足しているかだ。どんなに凄い選手がいても、バラバラでは才能は出せない。パフォーマンスも落ちる。ユナイッテドでダメだったデ・マリアみたいな事になる。
ドイツでのイメージランキングでは、ドルトムントはバイエルンを抜いて1位だと聞いて私は納得してるけどね。超一流選手はいないかもしれないけど(個人的にフンメルスは超一流だと思うが)一流選手が互いに尊敬しあって楽しそうで、結果も出してる、見ていてワクワクする。
イブラヒモビッチの代理人もライオラなのね。凄く納得。
[ 2016/04/01 19:37 ] [ 編集 ]
正直、レヴァンドフスキはペップの下では窮屈そうにプレーしていたし、ドルトムント時代の方がずっと生き生きしていたと思う。
ペップがいなくなった事だし、このままアンチェロッティの下で見たい。
[ 2016/04/02 03:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。