ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長ヴァツケ「ゲッツェのための扉は開かれている!」ドイツ紙《ドイツの反応》

【ビルト】4月2日


BVBのボスがファンに希望を!



ヴァツケ:“ゲッツェのための扉は開かれている!”



entry_img_952.jpeg



ボルシア・ドルトムントがワールドカップ優勝者のマリオ・ゲッツェのバイエルンからの買い戻しを計画している。これは先月のビッグニュースだった。

スポンサーリンク




そして今、BVBのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはファンに希望を与える。ヴァツケはスポーツビルトに対して:“チームに貢献したすべての選手に対して扉は開かれている。それには疑問の余地はないよ。”と語った。


ゲッツェは若いころからBVBのプロチームでプレーし、合計114試合に出場し、31ゴール44アシストを記録している。2014年のワールドカップを前に彼は3700万ユーロの移籍金でバイエルンに移籍した。ドルトムントのファンはこの移籍を長い間許すことができなかった。しかし時間が傷をいやす・・・。


ヴァツケはスポーツビルトに対して、“マリオはFCバイエルンの選手だし、そこで契約を2017年まで残している。今のところはまだ彼からもチームからも、彼が移籍の方針である(直訳:両方がもう一緒に仕事しない)という事は聞いていない。だから現時点でバイエルンの選手に対して何かを語ることは敬意を欠くことになってしまうだろうね。だからこのテーマは今の状況を考えれば、まだ我々にとっては問題とはなっていないんだ。”とも語っている。


entry_img_937.jpeg


BVBは過去にも香川真司とヌリ・シャヒンという元BVBの選手を取り戻している。その前もヴァツケは今回と似たような発言をしていた。



しかし彼はこの件に関しては以下の点を強調した。“私がどの時点でそのような発言をしたか、しっかりと確認しなければならないね。そのような発言をしたのは、どちらの移籍も現実的ではなかった時だ。サッカーにおいては常に何かが起こりうる。私は一人や二人の例外を除いては、我々のチームでプレーするという可能性を世界中の選手からは除外しないよ。”

バイエルンでのゲッツェはたいていベンチに座っている。今日のフランクフルト戦もそうなるだろうか?







以上です。

最後のヴァツケのコメントですが、個人的には、それらの発言が一般論であることを強調したと理解しました。

なのでゲッツェにも扉は開かれている、と。しかしこうした発言がでてくるとやっぱりドルトムント側としては欲しがっているようにも受け取れますね。外堀から埋めていく作戦でしょうか?

いずれにせよゲッツェとアンチェロッティとの会談がもたれるでしょうから、決断はもう少し先になりそうですね。

ミキタリアンも決断を先のばしにしていますし、ギュンドガンに関してはファンの間から再び不要論まで出てきました。彼なしでも勝っていますからね。

さて、今日のブレーメン戦ですね。相手は降格圏まで1ポイントしかありませんから、必死でプレーしてくることが予想されます。今シーズンは13位から17位までが1ポイント差と、昨シーズン同様、激しい降格争いとなってきました。

[ 2016/04/02 18:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(10)
ヴァツケはポリティックスにとても強い印象をうけます。シナリオを作るのが上手で、いつも何手か先まで考えて予算のやりくりも抜かりない。ムヒサイドへのけん制、その他いろんなことが想像できます。

でも、クロップからトゥヘルへ変わって、オブラートが徐々に剥され、そういう黒いものが見えてくるようになり、ドルトムントというチームへのイメージが少しずつ変わってきているように感じます。クロップがこういった黒い部分のカモフラージュになっていたのではないでしょうか。勝敗はさておき、ヴァツケ、ツオルク、クロップは、チームブランディングのためには、黄金比率だったと思います。

リバポ戦、楽しみです。
[ 2016/04/02 21:21 ] [ 編集 ]
ドイツ代表の移籍はレーヴやドイツサッカー協会が関与することが多々あるそうなので、どうなるか読めません。ベンチにしておくくらいならば、出場機会を得られるクラブへ移籍させたほうが代表にとって良いですからね。
 バイエルンは解除要項を利用して獲得した選手ですので高額な移籍金を要求してこない。BVBが彼の獲得に動いた場合の最大の障害は年俸でしょう。バイエルンと同額を支払うのは厳しい。
 もし夏に移籍交渉が行われ、なおかつゲッツェが大幅な減俸を受け入れてロイスよりも安い年俸で戻ってきたら、BVBサポーター達も許してくれるのではないでしょうか?私なら許しますね。
[ 2016/04/02 21:29 ] [ 編集 ]
というかドルはゲッツェを取る気満々のような気がする。香川のように売り値より安く買い戻せると思ってるのかな。ギュンだけでなくミキも契約更新しない場合はそれもありかな。しかし時は経っても不信感はゼロにはならない。シャヒンや香川の時とは違うからね。
[ 2016/04/02 21:38 ] [ 編集 ]
うーん……
帰ってくることになるとしてもあちらのファンはそうそう納得しないと思いますけどもねぇ。
移籍の仕方が最悪な仕方だったし。
まだリバプールに移籍って言う方が現実味はあるかなぁと思いますね。
[ 2016/04/02 22:15 ] [ 編集 ]
帰ってきたらチームに攻撃の幅が広がっていいですがね香川ロイスとの連携また見たい
だけどドルサポは許すんでしょうかねえ

[ 2016/04/03 00:32 ] [ 編集 ]
香川 ロイス ゲッチェのコンビを見るのは夢だったんだけどな
[ 2016/04/03 03:39 ] [ 編集 ]
真実の愛w

こうなりゃレヴァもグロクロもクーバも戻してほしい。べリシッチもね。
そうなればバルサやマドリーぶったおしてチャンピオンズリーグ楽勝だからなw
[ 2016/04/03 03:49 ] [ 編集 ]
反対の横断幕上がってましたね・・・

仕方ない・・・よりによってバイエルンだし、ポーランド籍のレバとかはまだしも
ドイツ人の彼に対する風当たりが強くなるのは当然ですね・・・

まぁシャルケじゃないだけギリ許されるとは思いますが
[ 2016/04/03 15:07 ] [ 編集 ]
フロントはサポのグロクロと契約延長を、という横断幕も結局無視したからなぁ
どれだけ反発が大きくても活躍したらサポの気持ちも変わる、と高をくくってるのかもね
[ 2016/04/03 16:47 ] [ 編集 ]
プレミアにドイツ代表を取られるならBVBで引き取るとも読めるような。
しかしながら彼はもう1年バイヤンで頑張って、移籍金0で別チームにチャレンジした方がいいようにも。
アンチェロッティに教わるのも良い経験と思いますし、上手くいけば延長もできますし、何よりバイヤンサポは残ることを歓迎してるようですしね。
[ 2016/04/03 17:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。