ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長ヴァツケ!バイエルンに警告!クロップには不安も!ドイツ紙《ドイツの反応》

【ビルト】4月3日



チャンピオンズリーグ参加が決まった。



entry_img_955.jpeg


3:2でブレーメンに勝利したことで確定した。BVBがチャンピオンズリーグへの参加を決めたのだ。試合終了のホイッスルがなるとスタジアムにはチャンピオンズリーグの賛歌が鳴り響いた。


それだけではない。バイエルンとの差はまだ5ポイント差のままだ。優勝はまだ決まっていない。

スポンサーリンク



BVB会長のハンス・ヨアヒム・ヴァツケはZDFスポーツシュトゥディオ(テレビ番組)で、“バイエルンは土曜日にシュトゥットガルトと対戦する。これはフレンドリーマッチではないね。バイエルンは今シーズンもうポイントを失わないように十分に気を付けなければならないね。我々がいるからね。”と語った。


そして“ここ数年、この時期はまったく緊張感がなかった。今は少なくとも我々は、バイエルンが最高のパフォーマンスを出さなければならないような状況に追い込んだね。”と続けた。


またマリオ・ゲッツェのカムバックへの可能性にたいしても語っている。BVBボス:“第1にマリオは今のところまだ議題になっていない。第2に、彼はバイエルンの選手だ。彼はミュンヘンでの契約を残している。我々はマリオとは接触していないよ。マリオはまだバイエルンを去りたいとは言っていないし、バイエルンも彼を放出したいとも言っていない。だからそれについて語ることは敬意を欠くことになるだろうね。”


“もし彼を獲得する可能性があったらどうしますか?”という司会の質問に対しては、“そうなったらそれについて考えるだろうね。”と語っている。


ゲッツェが移籍してこなかったとしてもドルトムントは来シーズンのチーム作りに取り組んでいる。ヴァツケ:“我々はみんな残留してくれることを願っている。もしそうでなかったら、ふさわしい選手を獲得しなければならないだろうね。ここ数年のように。来シーズンは非常に強いチームになると確信しているよ。”



そしてヨーロッパリーグでのユルゲン・クロップとの再会についても語った。


201604040356061a5.jpeg


ヴァツケ:“セカンドレグの試合が終わるまでは我々の友情はいったんお預けだ。彼も我々も相手を倒すという仕事があるからね。だから何も芝居じみた争いを演じたりする必要はないんだ。我々は明らかに対戦相手だからね。この試合は容赦ないものとなるだろうね。その後はまた友達にもどるよ。”


しかしヴァツケは不安にも感じているようだ。“最も恐れているのは、彼が我々をなだめにかかることだね。彼がファンを自分のサイドに引っ張り、ここでフレンドリーマッチのような雰囲気をつくることだ。”と彼は、“クロップとの再会で最も恐れていることは?”という質問に答えた。


ヴァツケはだからのファンに対して“元監督への親しみは試合が終わってから表すようにしてほしい。”と語っている。“試合前はやめて!”と。“それは我々が犯しうる最も大きなミスだろう。”







以上です。

そうですね。いくらクロップがやって来るとは言え、勝つか負けるかの勝負。ここはドルトムントにはぜひとも力の差を見せつけてほしいところです。中にはクロップを応援するという方もおられるでしょうが、管理人はドルトムントの圧勝を期待しています。

それから、チャンピオンズリーグ目標が達成されたからか、ヴァツケに強気な発言が出ましたね。バイエルンに対して少し挑発するような発言。これぞファンが待ち望んでいた姿です。可能性は低いですが、バイエルンがこければ不可能でもないですから、まだまだ分かりません!!



【おまけ今日のドイツ】

 DSC05334_convert_20160404040146.jpg

ドレスデンから車で30分くらいのところにあるバロック様式のお城
ザクセンにはお城がたくさんあります。
[ 2016/04/04 06:02 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(30)
ドルトムントに勝って欲しいけどクロップがトゥヘルに負ける構図は悔しい。
[ 2016/04/04 06:58 ] [ 編集 ]
熱心なファンでないので
クロップにel取ってもらって来季clのトナメでドルリベンジが個人的に理想
[ 2016/04/04 07:07 ] [ 編集 ]
バイエルン戦で強気な発言を聞きたかった。
残念ながらいつもの試合のように過ぎてしまった
圧勝より均衡した盛り上がる試合を希望、クロップの一喜一憂する姿を見たい
残念がる姿ではなく、くやしがる姿がベストでは?
[ 2016/04/04 07:46 ] [ 編集 ]
ドルはブンデスリーガの発展の為にも優勝を諦めないで欲しいですね。バイエルン1強じゃあつまらない。そして個人的にはトゥヘルよりクロップの方が好きだけど負ける訳にはいきません。
[ 2016/04/04 08:11 ] [ 編集 ]
私もドルトムントの圧勝期待しています。香川も先発で点決めてほしいですね。

前3人は、ホフマン、ヤヌザイ放出でスタメン固くなってて、中盤はシャヒンの戻りやギュンの契約更新問題、ドゥルムのドイツ代表押し込みたい等々でちょっと香川は割食っているけど、そんなことは全部みんな(本人、選手たち、トゥヘル、フロント)わかっているよ。
サッカー選手としての日々は、結果や実績が勿論一番だけど、選手引退後だってずっと人生は続く。その後監督等の指導者としていくのか、他の道行くかはわからないけど、今の色々だって良い経験として必ず役立つし、そんな模範的な姿勢の香川と一緒に仕事したいと思う人は増えると思う。あのモイーズだって香川に良い思い出しか無いってインタビュー見たことある。
[ 2016/04/04 08:55 ] [ 編集 ]
>ファンに対して“元監督への親しみは試合が終わってから表すようにしてほしい。”と語っている。“試合前はやめて!”と。
最初から「お帰りクロップ!!」の旗とか揚げるなってことでしょうか?
ただ7年もドルトムントを率いて2回もリーグ優勝とCL準優勝に導いてくれた監督で解任されたわけでもないし圧倒的にカリスマ性のある監督でしたし今でも愛されてるから無理でしょうねw
ジグナル・イドゥナ・パルクにクロップが現れただけで涙しそうです
ドルトムントが好きになったのはきっかけは香川かもしれませんが気が付くと誰よりもクロップがいるから応援してたような気がします
[ 2016/04/04 11:14 ] [ 編集 ]
オバメと香川で2トップ組ませて、シャヒン入れてコンパクトに4-4-2でやってれば普通に勝つでしょ。

でも、今やってるウイングに鬼走りさせて5バックみたいなことやってればヤバい。これやったらブレーメン戦みたいにボロが出ちゃう。そんでその後のゲームにも影響でる。

トゥヘルは選手や戦術とっかえひっかえするのが好きだけど、今回ばかりはシンプルにやってもらいたい。
[ 2016/04/04 11:20 ] [ 編集 ]
つまりヴァツケCEOはバイエルンよりクロップのリバプールが怖いということかな
CEOが一番クロップをリスペクトしているような気もします
[ 2016/04/04 11:47 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。
ブレーメン戦では南の壁にゲッツェに対して辛らつな言葉があがっていましたね。
まぁ当然なのかな?
トゥヘルも言っていましたが、ブレーメン戦は劇的な勝利になりましたけど
こんなに劇的にする必要はなかったと思います(苦笑)
勝てたので良かったですがね。

次はとうとうリバプール戦ですね!
私もドルトムントの圧勝を期待して応援します!
(もちろんクロップも好きだけど・・・ね。)
[ 2016/04/04 12:33 ] [ 編集 ]
クロップのフレンドリーモードは確かに罠ですね。ニコニコ来られたらうん?と気を許しそうになって削りに来るでしょうから。
[ 2016/04/04 12:34 ] [ 編集 ]
リバプールはプレミア9位のクラブですもんね
リスペクトしすぎないでがつんと負かしてほしいです
[ 2016/04/04 13:56 ] [ 編集 ]
ドルには名将トゥヘルがついています
クロップには負ける気がしませんね
[ 2016/04/04 13:59 ] [ 編集 ]
ここは是非香川達にはクロップにガツンと成長した姿を見せつけて欲しいですね。3-1くらいで。
その後は握手だのハグだのお見舞いすればよろしい


でもちょっとしたお祭りだろうなあ~
[ 2016/04/04 14:40 ] [ 編集 ]
ドルトムントはソクラテス胃腸炎だったらしいですね
ブレーメン戦にフンメルスが出てなかったのはなぜだったんでしょう
ブレーメン戦後の練習にも参加してなかったので気になりますね
ドルトムントは守備の要が今不安定なので
どうなるか分りませんよ
リバプールもそうですがクロップ自体が強豪に強いですからね
今期も強豪に対してはかなり成績がいいですよ
[ 2016/04/04 15:05 ] [ 編集 ]
勝ちに徹するともしかしたら香川はベンチスタートになるかもですね。
調子は上がってるだけにスタメンで見たいですが・・・調子の問題じゃなく戦略の問題で・・・

できれば真っ向勝負を見たいですがヴァツケの言ってることが正しいのはわかるだけに複雑です
[ 2016/04/04 15:50 ] [ 編集 ]
ドルトムントがバイエルン戦で見せるべき姿はあくまでも対等なライバル関係だったと今でも思っています。例え、それが薄っぺらい強がりだとしても、昨今の名将・名選手がプレミアリーグに集まる風潮に風穴を開ける一手だったと思うと悔しくてたまりません。一強の独走はリーグの衰退を呼び、それをいち早く感じて警告を鳴らしていたのがkickerでありブンデス公式でした。どんなに負けが少なくとも高い評価とならないkickerの採点。そこから見えたドルトムントに求めていたものは、正しくクロップがその感情をもって示してきたものではないでしょうか。戦力からいったらドルトムントが上なのは明らか。クロップと対峙する事で、ドルトムントが負けない事で手に入れた安寧ではない熱い何かを思い出して欲しい、そう思っています。
[ 2016/04/04 16:05 ] [ 編集 ]
リバプール戦楽しみです。
香川選手は是非スタメンで出て点を取ってほしいです。代表戦、昨日のブレーメン戦では
なんとなく今までとは違う雰囲気を感じました。
クロップ監督の前でゴール決めてほしいです。

ミキのアーセナル移籍の話も結構具体的に出てきてますね
やっぱり移籍しちゃうのでしょうか?個人的には調子の良い今あっさり出ていくのでは、、  
それでゲッツェ取ろうとしているのかなって思ったりしますが
 
[ 2016/04/04 16:43 ] [ 編集 ]
フンさんとパパが出れなきゃやばいだろうね。
パパは胃腸炎だから多分今日回復したとしても無理だろう。
フンさんは代表の筋肉の張りが原因なのかな。
攻撃は最大の防御で殴りあうしかないね。
[ 2016/04/04 16:51 ] [ 編集 ]
今の立て直し中のリバプールには勝って当たり前だけど、トゥヘルがファーガソン、クロップ、シメオネなどの名将と比べると、弱気で策に溺れるのが不安要素。修羅場をくぐってないせいか、今期のバイエルン戦の戦い方などを見ても、右往左往しすぎてチームとしてまとまりが見えないのが非常に気になるね。クロップは相手がバイエルンですら、自分たちを信じ戦い方を変えずに選手を高揚させ、少ない確率でも打ち負かしている。それを何度も見ているから、余計に不安になるんだよね。

クロップはここぞという時に、本来のチーム力以上のものを出させることが出来た。トゥヘルは安定はしているが、本来の力を出させるまでに留まっているような印象がずっとあるから、バイエルンなどの強敵や、カップ戦決勝クラスの勝負強さが必要な場面でどれだけ力を発揮できるか。今後そこが問われることになる。クロップを超えるのはタイトルを獲るしかありえないからね。
[ 2016/04/04 17:33 ] [ 編集 ]
試合終わるまでは全力でクロップを煽るのが礼儀と言うもの
[ 2016/04/04 18:53 ] [ 編集 ]
そもそもクロップのヘヴィーメタルが好きでドルトムントを好きになったんだ・・
トゥヘルだってクロップの弟子・・だと思うから応援してるだけのことで・・・・
お帰り・・って言うな。って?  そりゃ無理だぁw
[ 2016/04/04 19:44 ] [ 編集 ]
フンメルスは風邪らしいんですが、管理人さん何かご存知でしょうか?
パパの胃腸炎といいこれ以上病人が出ないといいのですが、、、特にCB
[ 2016/04/04 22:28 ] [ 編集 ]
俺の中ではクロップ>ドルトムント

最近気づいた
[ 2016/04/05 00:11 ] [ 編集 ]
香川が調子を上げただけでなく、さらにゴールの感覚&怖さを取り戻ってきたことが何よりもの救いというか、むしろ今すごく嬉しい。
きっと最悪な気分でリバプール戦を迎えるのだろうと憂鬱だったが、今は何かやってくれそうな期待がある。
クロップもこの前の劇的な試合は確実に見ているから、今のドルトムントの凄まじい底力や、香川(とラモス)に対しても、ここに来て一気に怖さや不気味さを感じてるだろう。
このタイミングで日本代表の試合があって本当に良かったし、岡崎や清武のプレーぶりにもありがとうと言いたいし、後半戦の絶好調のドルトムントを支えるトゥヘルやチームメイトにも感謝したくて仕方がない。
高い仲間や高いレベルの意識をもつことが、香川の闘争本能を刺激し、さらに上へ上へと進化させていく。
[ 2016/04/05 01:24 ] [ 編集 ]
そうだね、クロップへの愛は、試合が終わってからでいい。
今は「叩きのめしてやるぞ!この肉離れ野郎!!」って気持ちでいなければ駄目だ。
でも、想像せずにはいられない。
1-1で迎えた後半終盤、香川の鮮やかな逆転ゴールで歓喜に包まれるジグナル・イドゥナ・パルク、その瞬間、カメラに映るクロップの表情にはかすかに笑みが・・・・


[ 2016/04/05 01:38 ] [ 編集 ]
香川の成長した姿を見せることこそクロップに対する恩返しだ
恩返しゴール期待してるよ!
[ 2016/04/05 09:28 ] [ 編集 ]
俺にとってはクロップこそドルトムントだから
今はリバポを応援するわ
トゥヘル率いるドルトムントに真実の愛なんてない
[ 2016/04/05 10:28 ] [ 編集 ]
>オバメと香川で2トップ組ませて、シャヒン入れてコンパクトに4-4-2でやってれば普通に勝つでしょ

え??
本当にそう思ってます?
とツッコミがないようなので一応。でもそれくらいしたら個人的には面白いけど。
どういうフォメでいくかは誰も予想できないだろうけど、熱い戦いを期待したいよね!
今年一番の思い出になりそう。
[ 2016/04/05 16:53 ] [ 編集 ]
今のドルの守備考えたらちょっとリバポ舐めすぎ。
あのSB以外プレスが甘かったブレーメンに苦戦して失点してるんだよ。
頼みの綱の得点力だって落ちてんのに。
クロップは絶対守備陣の穴を突いてくるし、ブレーメンと違って最後までハードワークしてくるよ。
[ 2016/04/05 17:07 ] [ 編集 ]
フンメルスとソクラテスが戻ってきたのは心強いですね。
スパーズ戦を見たサッカー解説者も、リバプールと比べて「(ドルトムントは)ちょっと格が違う」と言っていました。
[ 2016/04/06 02:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。