ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントファン「さっさと出ていけ!!」ゲッツェの復帰に対して公に批判!ドイツ紙《ドイツの反応》



【西ドイツアルゲマイネ新聞】




「さっさと出ていけ!」BVBファンがゲッツェのカムバックに対してプラカードを掲げる。



entry_img_956.jpeg


ドルトムント:ゲッツェをめぐる意見は二つに割れているようだ。ヴァツケがゲッツェのカムバックに対してオープンな姿勢を示したのに対して、多くのファンはこのワールドカップの英雄の復帰を歓迎していない。

スポンサーリンク



どうやらマリオ・ゲッツェの復帰をめぐる噂に対してのクラブの態度は多くのファンにとって気に入らないもののようだ。南ブロックのファンたちははブンデスリーガのブレーメン戦で、彼をどう思っているのかはっきりした言葉でその態度を表明した。そのプラカード(バナー、旗)には“ミランかマドリッドへ、大事なのはドルトムントへ来ないことだ!さっさと出ていきやがれ!ゲッツェ!”と記されていた。



ゲッツェはバイエルンを去ることが決まっているペップ・グアルディオラ監督の下では重要な役割をはたしていない。そのためこの多彩なミッドフィルダーの放出が議論されていた。ドルトムントではヨーロッパリーグでのリヴァプール率いるクロップとの再会と並んで、このゲッツェの復帰に関する一連の動きが大きく報道されていた。



BVBのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはこの計画に対してはごく控えめであるが、それでもゲッツェの復帰にかんしてはオープンな態度を示している。“チームに貢献した選手に対しては当然だ。”さらに後にテレビ番組に出場したヴァツケは“彼が市場に出てきてはじめて、ドルトムントは彼を獲得するかどうか考えるだろう。”と補足している。



ゲッツェをめぐる問題はBVBでも二つに割れているようだ。いまだに多くのBVBファンはこの23歳の選手に対しては悪い印象を抱いている。彼はドルトムントに長期にわたって残りたいと表明してすぐに大金を提示したバイエルンへと移籍した。しかしレヴィーアスポーツのインタビューでは61%のファンが彼のカムバックに賛成している。



ゲッツェ自身はフランクフルト戦での1:0の勝利の後で、この噂には関与していないと強調している。






以上です。

ゲッツェをめぐる問題。はたしてどうなるでしょうか。

南ブロックはドルトムントの熱心なファンとしても知られていますが、過激な人たちも多く混ざっていますね。

クラブが復帰に前向きな発言をしているので、ファンたちがゲッツェに帰ってきたくないと思わせる作戦に出たようです。

管理人はカムバックに賛成の一人ですが、それにしても一度ファンとの関係がこじれてしまうと修復するのは本当に難しいですね。ギュンドガンは今シーズン活躍したことでファンとの関係も修復されたかに見えたのですが、移籍の噂がでてきたあたりから彼への批判が再び増えてきました。



【おまけ今日のドイツ】

20160404193229ec6.jpeg


前回のおまけのお城にあったレストラン
[ 2016/04/04 19:36 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(24)
たしかにビルトのアンケートで6割のサポーターが復帰賛成だけど、
逆に考えれば、「あれほど活躍した選手が」4割も反対しているということが異常なことで、
どれほどサポーターを裏切る形で移籍したか分かるね。
経緯は知っているけど、日本で見てるよりよっぽどショッキングだったんだろう。
[ 2016/04/04 19:47 ] [ 編集 ]
これを受け入れたらああいう出て行きかたしてもOKという前例を作ることになるからねぇ
今いる選手これから来る選手にそういうのもありとか思われたくないでしょう
[ 2016/04/04 20:01 ] [ 編集 ]
それだけゲッツェは愛されていたという事ですよ。だからこそ許せないんじゃないかな。大部分のドルサポが許してもね。移籍のゴタゴタってずっと残るんですよね。
[ 2016/04/04 20:04 ] [ 編集 ]
ゲッツェには申し訳ないですが、サポーターからのメッセージって、地味にドイツ語の勉強になるんですよね…
ドイツ語でミラノはMailandなのですね
勉強になるなあ〜
[ 2016/04/04 20:12 ] [ 編集 ]
一番過激な南スタンドのサポが猛反対するのは分りますね
それにしてもなぜミランとかマドリッドと全く噂も出てないクラブ(地域)なんでしょう?w
リバプールなら分るけど、自分たちを栄光に導いてくれゲッツェのバイエルン移籍劇で一番傷ついたクロップの元にも行って欲しくないってことなんでしょうか?
[ 2016/04/04 21:04 ] [ 編集 ]
 コアサポーターはゲッツェがバイエルンに移籍した経緯の裏事情を詳しく知ってそうですから思うところがあるのでしょう。そもそもゲッツェの給料を払うには何かを犠牲にしなくてはなりませんし、その犠牲に見合うかというと難しいところです。
[ 2016/04/04 21:14 ] [ 編集 ]
過激というか、ちょっと怖い
もちろんサポの数が多いから全員の意見ってわけじゃないんだろうけど
サポのクラブ愛や選手愛があまりに強すぎて裏切られたと思ったと途端にすごく冷酷になるよね
Jリーグもブンデスみたいに…って話が時々出るけどこういうのは真似しなくていいと思う
日本人の感覚には合ってないと思うんだ


[ 2016/04/04 21:22 ] [ 編集 ]
ムヒタリアン抜けそうやね〜
[ 2016/04/04 21:33 ] [ 編集 ]
昨年の10月に1-5でバイエルンに大敗したときクッソ腹立つ写真ツイートしてたの忘れんぞゲッツェ
[ 2016/04/04 21:33 ] [ 編集 ]
ゲッツェはシーズン始まってから動きそうですね。バイヤンの夏は確かアメリカでしたっけ?
ドルから香川?が中国ツアー後に動いて、その後にゲッツェがドルに動くのかな?と個人的に予想してます
ゲッツェの帰還って香川じゃないにしろ、選手が動く予定があるからこれだけ時間かけて準備してる感じがします。
[ 2016/04/04 21:34 ] [ 編集 ]
シャヒンも香川も大賛成で復帰したからなあ
いちドルトムントファンとしては、黄色と黒のゲッツェをもう一度見てみたいけど、現地サポからすれば厳しいのかな
[ 2016/04/04 21:58 ] [ 編集 ]
南スタンドの熱狂的なサポーターのファンである私は、人生全てドルトムントに捧げてる、みたいな人種が大好き!
イッチャテル感、ワールドカップ見るために仕事止めて家売り払って応援しに来たみたいな人種。自分は出来ないからあこがれます。
そんなサポータがいるドルトムントにハマって、だからやはりゲッツエはいらない。
[ 2016/04/04 22:20 ] [ 編集 ]
ゲッツェは格好つけていいこと言い過ぎたよね。
だからこそ、ファンは裏切られた感が強くなってしまった。
生涯ドルトムントってつもりでもないなら、適当にお茶を濁しておくべきでしょ。
[ 2016/04/04 22:50 ] [ 編集 ]
 

じゃなくて MAiLANO って書かれてるよ。

てか、どの国でもMILANOはMILANOだと思うんだけどドイツ語ではMAILANOになるの?
[ 2016/04/04 23:27 ] [ 編集 ]
ゲッツェは出て行き方が悪すぎたのが・・・
お互いになっとくして出て行ったなら香川なりシャヒンなりのように歓迎されただろうに・・・
[ 2016/04/05 01:59 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、シャルケ行こう・・・・。
[ 2016/04/05 02:38 ] [ 編集 ]
Re:  
> ↑
> じゃなくて MAiLANO って書かれてるよ。
>
> てか、どの国でもMILANOはMILANOだと思うんだけどドイツ語ではMAILANOになるの?

ドイツ語でミラノの事はMailandと表記します。発音はマイラントに近いです。ドイツ人はサッカーチームの事もACマイラント、インテル・マイラントと呼んでいます。

ヨーロッパ地名は国によって呼び方が何通りもあるところが多いです。
[ 2016/04/05 06:36 ] [ 編集 ]
金銭的にはタダで出ていったレバンドフスキのほうが痛手だったけどね
[ 2016/04/05 06:40 ] [ 編集 ]
ゲッツェは、なんだかんだ戻る気がします。
香川との相性は良かったので楽しみなはずですが、トゥヘルがどう使うかわからないですし、香川もキャリアの全盛期をドルトムントのベンチで満足出来るとは思えないので移籍もあると思っています。
あとドルトムントのサポーターに限らず海外のサポーターって言い方は悪いですが薄情なところがありますよね。
逆に考えればゲッツェが戻ってきて活躍したらアッサリ何もなかったように絶讚すると思います。
ようは勝てば何でも良いみたいに感じて淋しくも感じてますかどね、最近は。
[ 2016/04/05 07:26 ] [ 編集 ]
>てか、どの国でもMILANOはMILANOだと思うんだけどドイツ語ではMAILANOになるの?

ウィキペディアでミラノと調べて「別の言語で閲覧」のところを眺めると、
MILANOやMILANに準ずるものが多いですが、結構色々あって面白いです。

いつもサポが掲げる文字のDとOが紛らわしいなと思って調べて、MAILANOではなくMAILANDだと知りました。
マドリッドはちゃんとマドリッドと読めるんですけどね。
[ 2016/04/05 07:28 ] [ 編集 ]
リバプールサポーターでもあるので分かるのですが、リバプール側もゲッツェがアンフィールドに来ると確信している人が多いのです。クロップとPLの移籍金にかなり自信を持っているようですね。
ドイツとイギリスのメディアの論調がまったく違うので、ゲッツェの選択が気になります。
[ 2016/04/05 08:22 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。

ゲッツェはいいですけどね、ミキが残ってくれるように誠意を見せて欲しいです。
そっちの方が重要です。
ミキは好きなので移籍してほしくないです。
[ 2016/04/05 08:56 ] [ 編集 ]
2014年11月スポンサー企業3社からの196億円もの拠出によりやっと負債が0になった
運営するにも金が要るから売らざるを得なかったんじゃないの
[ 2016/04/05 14:00 ] [ 編集 ]
うーん・・・気持ちはわかる・・・俺も仮に帰ってきたら最初の試合ではブーイングはすると思う。
でもそれで水に流してあげてもいいかなって感じなんですが。

選択肢は他にあったはずなのにあえてドルを再び選んだその心も汲んであげて欲しいかな
[ 2016/04/05 14:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。