ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【EL】BVB対リヴァプール!セカンドレグはドルトムント有利?ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】4月8日



リヴァプールはアウェーよりもホームのようが弱い


だからトゥヘルはアンフィールドの呪いを破ることができる!



entry_img_965.jpeg



リヴァプールに対して1:1!来週木曜日に行われるヨーロッパリーグ、セカンドレグでのドルトムントの立ち位置は、もっと良くてもよかっただろう。

スポンサーリンク




しかしドルトムントに希望を与えるものは!!リヴァプールは今シーズン、アウェーでの成績よりもホームでの成績のほうが悪いのだ。



プレミアリーグでのホームでの成績は5勝3敗6分けとなっている(21ポイント)。さらにヨーロッパリーグでのグループリーグではFCシオンとルビン・カザンを相手にどちらも1:1と引き分けている。



リヴァプールはアウェーでより多くのポイントを稼いでいるのだ。その結果は7勝6敗3分け(24ポイント)。
ホームに弱いレッズがドルトムントの希望となっている。トーマス・トゥヘルはアンフィールドの呪いを破らなければならない!



これまでアンフィールで勝利したドイツのチームはいない。その結果は13敗3分けだ。しかし2:2という結果になってもドルトムントは勝ち抜けることができるだろう・・・・



BVBのセンターバック、マッツ・フンメルス:“すべてが可能だね。もちろん今日は勝ちたかったけど。”



20160409053308db5.jpeg



トゥヘルは昨日のチームパフォーマンスには満足していないようだ。“我々は、今日はちょっと沈んでいるし、自分たちに対しても批判的だ。もしかしたらちょっと情報が多すぎたかもしれないね。今日は笑顔を見せてプレーする姿を望んでいたんだど・・。”



リヴァプールは1:1をどう見ているのだろうか?


クロップ監督:“1:1となったからといってこれで勝ち抜けが決まったとは思っていない。これでようやく火花が散るようになったね。アンフィールドが燃えるよ。チケットを持っている人すべての人にとって喜ばしいことだね。”


entry_img_964.jpeg


イギリスのメディアはリヴァプールがほぼ勝ち抜けを決めたとみているようだ。“デイリー・ミラー”は“ホームカミング・キング!非常に輝かしいパフォーマンス。レッズは準決勝を大きく前進!”と書いている!






以上です。

ドルトムントにとって有利なのが、なんとリヴァプールがホームで勝てないからとは・・・・なんとも情けない理由ですね。ビルトにもほかに理由は思いつかなかったのでしょうか・・・。これは何とかこの通りになってくれることを祈るしかありませんね。

冗談はさておき、やっぱり大きな大会を経験しているクロップとトゥヘルの差は少なからず出ましたね。

昨シーズンのドルトムントは他のチームに対策されて勝てなくなったという見方も多かったですが、クロップ本人だけは、選手のコンディションが良くて、自分のスタイル(主にゲーゲンプレッシング)が機能すれば相手にどんなに対策されようが勝てると信じているようでした。メンバーや戦術を最後まで大幅に変える事はありませんでしたし、自分の姿勢を貫きましたよね。やっぱりこういう信じる力みたいなものは凄い強みですよね。

だからこれがあるからセカンドレグもあなどれません。クロップの姿勢には迷いがありませんし、選手がいつも以上の力を発揮する可能性は大きいです。

次節はトゥヘルにははっきりと勝利への意思を示してもらいたいです。

さて、ラモス ベンチ外に関する情報ですが、どうやら背中を痛めているらしいです。今日のトレーニングにも参加しなかったようでダービーも微妙なようです。


[ 2016/04/09 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(23)
自分達の力で勝ち取る事が出来ないチームになってるのが残念
[ 2016/04/09 07:08 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。
ちょっとこの記事は情けないですね…
昨季は対策されてと言われてましたが、個人的には今季続けていてもクロップなりの打開策を考えたと思ってます。
クロップはさすがモーチベーターという感じでリバプールの選手たち特にサコー、ロブレンが頑張ってました。でもヘンダーソンが怪我で離脱したようで心配です。
トゥヘルには次の試合は勝つための大胆な策をとってほしいと思いますが、過密日程と移動で選手のコンディション維持が難しいでしょうね。
ラモスは怪我ですか…重くないことを祈ります。好調なので本人も悔しいでしょうが、きちんと治してまた素晴らしいゴールをみせてもらいたいと思います。

[ 2016/04/09 07:16 ] [ 編集 ]
香川関係なしに客観的に見ても
私はBVBは負ける可能性の方が断然高いと思います。
このデータはBVBに都合の良い部分を強調してるけど、他のデータでは勝目ゼロです。
相手がクロップじゃなければ香川や牛丼をホーム温存してアウェーで違った戦術も見せれたのでしょうけどね。
[ 2016/04/09 07:24 ] [ 編集 ]
ヴェストファーレーンでのリバプールの守備はあまりよくなかった。失点したとこはフンメルスのマークする相手がなぜか背の低い奴だったり、この手のミスが結構あったんだけど、ドルトムントはゲーゲンプレスやられてまともにビルドアップできなかった。つか、ビルドアップしなければいけないカストロが、きついプレスに焦って最近お約束のミスやらかして失点してしまう有様だったし、バイグルの両横は穴だってバレてた。おかげで失点してもおかしくない波状攻撃2~3回くらってた。まぁバイデンフェラーがよく防いだわけだけど、、、。トゥヘルは守り固めてるはずなのに守備がザルだったってことは猛省しないとね(笑)完璧に起用ミスです。控えには守備をきっちりやれるのが3人も残ってたからね。

アンフィールドで昨日と似たようなことやればドルのELはここで確実に終わる。1点リードされてるのでどうしてもゲーム開始から前に重心を置かなければいけないけど、これはゲーゲンプレスの格好の餌食になる。今スタメンやってるやつらでゲームに入ったならば1戦目とおなじくプレスをかいくぐることはできない。上手に方向転換できるテクがないからな。

ゲーゲンは前掛かりの相手にショートカウンターくらわしてそのままゴール前に行ってしまえという戦術だからプレスかいくぐれる選手が必要。この前のゲームの前にあったスレでもいったことだけど、香川をフロントラインにおいてシャヒンをスタートから使わないとチームはここ2試合のようにまともに機能しない。思い切って香川とラモスで2トップさせてもいいかもしれないね。

いずれにせよシンプルにやんなきゃだめだと思うよ。一番難しいことだけどさ(笑)とにかく今までのようにターンオーバーがどうとか、両サイドバックは裏が気になってしょうがないとかごちょごちょやってたらダメだね。

よく香川が試練とかいうよね。でもホントに試練なのはトゥヘルだよ。負けたら、やっぱクロップのほうがよかったっていわれるからね。そうなったら監督やってんのもやらしてんのも厳しいよね。
[ 2016/04/09 07:44 ] [ 編集 ]
やはりチームとして行くぞという勢いが必要なのではないかと思う。守備的でも良いけど中途半端が一番良くない。次はとにかく点を取らないといけない。取られても取り返すくらいの気持ちで行った方がドルは上手くいくような気がする。トゥヘルが消極的になると引き分けにしかならないから勇気を持てと言いたい。
[ 2016/04/09 07:46 ] [ 編集 ]
まずはルールダービーに勝って、いい流れで2ndレグを迎えないといけないですね。
メンタルがかなり重要になってくると思うので、トゥヘルには選手がのびのびと最大限の力が発揮できるよう、コントロールお願いしたいです。
香川はダービーのスタメンで何としても結果を残し、クロップの本拠地アンフィールドでの注目を一気にかっさらってもらいたい!
[ 2016/04/09 07:48 ] [ 編集 ]
昨シーズンのドルトムントもホームで緊張しすぎて勝てなかったんですよね。
クロップのもとで同じことが起こってる?
[ 2016/04/09 07:57 ] [ 編集 ]
トゥヘル戦術は選手が孤立するからプレスに弱いし要所では個人技での打開が必要だし同格には苦労するし格上には勝てない戦術だと思うんですが…
メッシでもいるなら別でしょうけど
[ 2016/04/09 08:01 ] [ 編集 ]
みんなのラモスが。日本でみんな自分だけのラモスさんという人気があるのに
[ 2016/04/09 08:30 ] [ 編集 ]
ラモス、絶好調だったのに背中を痛めてたのですか・・シャルケ戦も無理なんですかね
データに関しては「リバプールがファーストレグをドローで終え、ラウンド進出を決めた数は12試合中11試合」とか
「ドルトムントがこれまで参加した欧州カップ戦で、ホームで1:1と引き分けた場合敗退している」(1957/58の対ミラン、1989/90の対サンプドリアと2つしかデータはありませんが)もあります
下馬評ではドルトムントが有利となってましたし、イギリスのどこのメディアか忘れましたがオーバメヤンの活躍でドルトムントが勝つみたいな記事もみました
下馬評や過去のデータなんて全く気にしてませんが、ただ今のリバプールにはクロップという強豪に滅法強くどんな相手にも強気でくる監督がいますから安心はできませんよね
[ 2016/04/09 09:25 ] [ 編集 ]
途中就任なうえに、プレミアは選手の疲れをとる時間のために、戦術練習する時間がない!、とか言ってたので今期は完全にあきらめているレッズファンです。リーグでも強豪に勝ってくれるのはうれしいし、選手もノれるし、監督への求心力もあがってwinwinなんでしょうけど、攻守におえる連動性では、まだまだプレミアって感じなんですよね。なのでとりあえず、今期はうまく調整に使ってほしいなあ、と結構切実に思っています。ELとれる位置で終われることを、優先してほしいっす、、、
[ 2016/04/09 10:40 ] [ 編集 ]
リヴァプールがホームで勝てないから… まぁ負け惜しみ的ですよね。
ちなみに、もしもホームで引いて守られたら誰が崩すの?
トゥヘル監督は知的だし一生懸命で真面目な人なんだろうなぁ、とは思うんですが…この戦い方になってから案の定というか攻撃陣は試合毎に調子を落としてるように見え、数々の記録を立てたというわりには得点がコーナーから挙げた1点だけって、攻撃陣を誇るチームがそれで良い訳ないじゃないですか。

香川は結果を出そうが何しようがおそらく出番は与えられないのだろうと、やはりそうなってしまいましたが、プレカン記者が余計なことを訊いたおかげで、クロップ監督が逐一知っててくれたようなのは判ったし、少なくとも調子が悪いから出てないとは思われてなかった、その点は救われました。
ラモスは間に合うといいですが、2ndはリヴァプール応援してしまいそうな複雑な気持ち。
CLではトゥヘルの負けないサッカーより、クロップの勝ちに行くサッカーがまた見たいもの。
[ 2016/04/09 14:23 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。

この記事は本当に情けないですね。こじつけもいいところです。
前回、リバプールがマンユーにアンフィーで勝った試合見ましたけど、素晴らしかったです。あの一体感、半端じゃなかったですね。久し振りに感動しました。就任してまだ長くないのに、サポーターと選手のモチベーションをあそこまで引き上げられるのはクロップの凄いところだと思います。
ドルトムントも凄いって思ってたんですけど、試合でミスすれば選手の批判、怒鳴りまくって自信を喪失させる、クロップと真逆ですよね。
次はどちらが勝つかわかりませんけど、マンユーに勝った時の再現を見たいです。
トゥヘルは少し痛い目にあって欲しいですね。

ラモスは怪我だったんですか?ショックです。
早く良くなりますように。

この前のイチゴの写真を見て、思わず買ってしまいました。無性に食べたくなりました。でも日本は値段が高すぎですね。
[ 2016/04/09 16:21 ] [ 編集 ]
戦術家にも色々あるんでしょうけれどもトゥヘルは奇策を講じるタイプですよね
場合によっては1、2試合は通用しているように見えるんですけれども綻びが出てきても修正できない印象で、単純にうまくいかないものは捨ててしまったり、選手やフォーメーションを変えたりするのが関の山といいますか
チーム自体も中盤の選手が変わったり攻守の約束事にも違いのせいなのかはたまた個よりの戦術の影響なのかあまり連携も良くない気がするのです
負けなしの状態が続いているにも関わらず、チームとしての強さを個人的に感じないのです
前半戦の方が互いに補えてチームとしての良さがあったと思うのですが、これからどうなるのでしょうか

まずはダービーですね
ラモスが出られないのはとても残念ですが、面白い試合になるといいなと思います
[ 2016/04/09 18:48 ] [ 編集 ]
トゥヘルは単に自分の戦術重視でそれに合う選手をコンディションなんか考えずに入れてるだけ。
しかもその戦術が対戦相手にあってないことが後半戦に何度あったか。。。
リバポで343って相性悪い戦術でいった時本当にスカウティングして戦術練ってるのかと目を疑ったよ。
クロップは明らかに343でくると読んでたしね。最近のトゥヘルの戦術はわかりやすいもんなw
トゥヘルはオーバ、ロイス、ムヒいれば点取れるだろってリバポの守備をなめくさってたね。
まあ前半はリバポも雑なとこあったからドルに決定機決められずに助かったとこもあった。
でも後半はベンダーが不安だったんならパパ入れて、ドゥルムとカストロに変えて香川とライトナーでいって守備も考えながら点を取りに行くべきだっただろう。
後半の交代擁護してる人は後半はヴァイデンがたまたますごかったおかげで1−3にならなくて済んでることを忘れないでほしい。
選手はリーグの優勝もカップの優勝も諦めてないのにトゥヘルがこれじゃね。
明らかにロイス、ドゥルムは不調なのに使われ続けて、プリシッチが交代で出てくる。
これで一部の日本人ドルファンからはクロップの方が選手起用が公平じゃないとかツイッターで言われんだからね。
クロップも選手の好みはあったがトゥヘルだってあるだろうよ。
[ 2016/04/09 22:32 ] [ 編集 ]
22:32さんに完全同意です!!
[ 2016/04/10 01:25 ] [ 編集 ]
1stレグの結果でリバプールが勝ち進む確率は91%ですよ?
その上、経験値が高くドルトムントの選手を知り尽くしたクロップが相手ですよ?
実際、ドルトムントが勝ち進む確率は9%より低いと思います。
負けない弱小クラブの戦術では、1st・2ndレグで引き分けてもアウェーゴールで敗退しますよ?リーグ戦では記録更新したらしいけど。
いい加減、強豪相手に勝負どころで勝負して下さいよ。他クラブが羨むくらい戦力揃ってんだから。
[ 2016/04/10 01:41 ] [ 編集 ]
ドルトムントファンが、クロップは選手起用が公平ではなかったって言ってるの見ました。
その意見は間違ってると思います。
クロップはたしか選手の実力は見れば分かる?と言っていました。クロップはチーム内で実力が上の選手を起用していたんです。これは競争がきちんとあるとゆうことで、実力のない選手には冷たかったようですが、そうゆう部分はプロフェッショナルで尊敬出来ます。

トゥヘルの失言はスルー出来ますが、戦術家ではなさそうなのがショックでした。戦術家なんだろうけど期待してたレベルじゃないとゆうか、、、手のひら返しさせてくれるのを待ってます。
[ 2016/04/10 01:43 ] [ 編集 ]
ラモスがケガで・・・という言い訳に聞こえます。
普通よほどのケガでなければそのまま出場するのは当たり前だと思いますけどね
動けないほどのケガですか?
なにか、コンディションがどうとかでいつも言い訳してますが、多分、ムヒもオバメもロイスもどこか痛めてるはずです。スポーツやってた人はわかると思いますが、どこか痛めてるのが普通です。特にシーズンも終盤ですし、
ラモスにいい話が来てるか、牛丼もなにかあると思う。
ヴァーディは骨折しても出場してました、ケガで・・・という理由で試合に出れなくなる場合ってどこのリーグでも何かあったりしますよね
という妄想をしてしまう今の監督のコメントの言い方がファン含めて周りのモチベーションを高められてない気がします。
[ 2016/04/10 02:04 ] [ 編集 ]
22:32さん
凄い!素晴らしい洞察力ですね!
特に「トゥヘルは単に自分の戦術重視でそれに合う選手をコンディションなんか考えずに入れてるだけ」ってのはこの試合だけに限らずシーズン初めからの選手起用とかみてるとその通りだと思います
>これで一部の日本人ドルファンからはクロップの方が選手起用が公平じゃないとかツイッターで言われんだからね
これは自分もみましたが???になりました
[ 2016/04/10 02:25 ] [ 編集 ]
まあアディショナルタイムに、アウェーのリバプールサポがYNWAを高らかに歌っていた事がすべてかなと。
もし次、負けるような事があるとすれば、ドルトムントは結局クロップから逃れられないのか…となる怖れがある。
トゥヘルはアンフィールドで必ずチームを勝たせなければならない責任がある。
選手たちを周囲の雑音から守り、いかに力を発揮させられるかが重要になる。
ピッチの中だけが勝負ではない。
メンタルの持って行き方もクロップと比べられるのは間違いないだろう。
[ 2016/04/10 02:42 ] [ 編集 ]
リヴァポサポの俺歓喜。
元々トーナメントなどの一発勝負に強く、さらにビッグクラブを相手にすると異常な粘りを発揮するチームだったのですが、クロップが来てからさらにその傾向が強く…w
とはいえ今回は「ボロ負けするんだろうなぁ、まぁ来季があるさ!」という感じだったのですが、まさかドローになるとは…。
ただホームで弱いのは事実なのでホームだからといって舐めてかかれないのがリパプールの弱みであり、強み(?)でもあります。
何はともあれクロップに期待…。
[ 2016/04/10 05:58 ] [ 編集 ]
前半戦の433なら3-0でドルトムントが勝つと思います。
ピシュチェクOUTギンターINでお願いしたい。ピシュチェクはリスク管理が下手。 IHに関してはカストロor香川とギュンドアン。
[ 2016/04/10 14:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。