ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ダービー後に大騒動!!シャルケ・フンタラ―の兄弟がドルトムントファンに石を投げる?《ドイツの反応》

【ビルト】4月14日



ダービー後の騒動


フンタラーの兄弟がBVBファンに石を投げる!



entry_img_976.jpeg


日曜日のレヴィーア・ダービーの後ではフンタラ―には延長戦がまっていた。

スポンサーリンク



シャルケのストライカー、クラース・ヤン・フンタラ―(32)の兄、ニーク・フンタラ―(34)に対して傷害罪 (直訳すると、危険な身体の負傷を引き起こす)で刑事訴訟の手続きが行われている!!彼はシャルケ・ファンのグループからドルトムントのファンに向けて石を投げたとされている。



この事件は試合後にスタジアムの駐車場で起こったようだ。シャルケのウルトラスのグループが発車しようとしていたBVBファンの車を取り囲み、発煙筒に火をつけたようだ。



警察の広報担当オラフ・ブラウヴァイラー(47):“その後の流れでBVBのファンが、傷害、器物破損、名誉棄損などの被害をうけることになった。”



警察の機動隊はエスカレートした状況を催涙スプレーや警棒などで一時的に落ち着かせる事が出来ただけだった。シャルケファンを捕まえようとした警察や、ドルトムントファンに対して石が投げられた。



警察官ブラウヴァイラー:“約200人のファン達が、一時その場で逮捕した人々を開放するために非常に力強く迫ってきました。後から応援にかけつけた警察の徹底的な交戦(介入)によってようやく現場を落ち着かせることができました。”


応援に駆け付けた警察官は、石を投げたとされるもう一人のシャルケファンを逮捕し留置所に連れて行った。ニーク・フンタラ―だ。



クラース・ヤン・フンタラ―はビルトに対して:僕の兄は家族と共にブルー・サロンで試合を観戦していました。その後、彼は駐車場に行く途中でBVBファンに攻撃されたようで、その結果として愚かな行動に出てしまったようです。彼の失敗を心の底から残念に思っています。







以上です。

ダービー後のひと騒動という事でニュースになっていました。ダービーとは言え、サッカーを見にきて、警察にまで石を投げるのは正気の沙汰とは思えませんね。管理人もブレーメンに住んでいたときは何度も機動隊を目にしていますし、ドレスデンでは、悪名高きディナモ・ドレスデンのファン集団も何度も目にしていますが、できれば近寄りたくないというのが正直な所です。ウルトラスや右翼も多いですし、何かの拍子で暴れだす危険性は常にありますね。



【おまけ今日のドイツ】


DSC05526_convert_20160414182031.jpg

教会の庭
[ 2016/04/14 18:21 ] シャルケ04 | TB(-) | CM(7)
まぁ、フンテラールからしてシュミレーションはするし思いっきり削るし、なんか荒いんだよなぁ
[ 2016/04/14 19:39 ] [ 編集 ]
ドイツというか欧州の右翼ってどうして乱暴者が多いんだろうねえ
[ 2016/04/14 19:47 ] [ 編集 ]
 弟のフンタラ―のほうも、肘打ちなどの暴力的な行為を好んでいるように見えます。もしかしたら、そういう家柄なのかもしれませんね。
[ 2016/04/14 20:33 ] [ 編集 ]
フンテラールさん一家は、皆見事に同じ顔してるんだよね
だからわかりやすかったのかも
選手の家族を攻撃しちゃダメだよね
[ 2016/04/14 21:05 ] [ 編集 ]
てっきり年の離れた弟かな?と思ったら34歳の兄でビックリ…と思いましたが、
よく考えたら、そもそも世界中の熱狂的サポの中の特にヤバイ人達って、主にオッサンですもんね…。
[ 2016/04/15 01:42 ] [ 編集 ]
自分も弟なのかと思ってて、読んでびっくりしました(笑)

教会の写真、お伽話に出てきそうな何か可愛らしい雰囲気を感じます
(^-^)
[ 2016/04/15 13:01 ] [ 編集 ]
ダービーだからでしょう
運営側の問題
ホームドルトムントの時はシャルケサポとドルサポが行き帰りに絶対スレ違わないような通路作ってたし電車、トラムもわけてた
ちなみに開場前にはドルトムントサポが早朝に強行入場しようとして逮捕されてますね
[ 2016/04/15 17:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。