ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 ファーガソンが香川の移籍を褒める!!の記事に対するファンの反応とやっぱり気になってしまうバイエルンファン

今回は、先週話題になりました元マンチェスター・ユナイテッドの監督ファーガソンの香川選手を褒めるコメントに対するドイツの反応を紹介したいと思います。

今回もTオンラインの記事のコメントからまとめましたが、やはりドルトムントのファンが気になるバイエルンファンで溢れかえっていました。こういうやりとりがあるのはなぜかバイエルンファンだけなんですよね。

なによりも一番最初にコメントしているのがバイエルンファンなところなどが、興味深いです。




20141013052714713.jpg

ファーガソン監督のコメントを抜粋します。

私は、BVBと香川はすべてにおいて正しくやったと思うよ。”
シンジは再び居心地がいいと感じられる場所にいる
私はシンジにはとても満足していた。彼は私のもとで順応し、彼も我々の元で気分良くやれていると感じていたんだ。”
“モイーズがスペインのスターであるマタを獲得したことによって、香川は最初の選択ではないと感じ、断念したのかもしれないね。”
“彼はクロップという監督の元で、再び必要な自信を取り戻すだろう”


以下、それに対するファンと、バイエルンファンの反応です。




・良い選手はどこででも通用するものだ。(バイエルンファン)


・↑BVBよ心配しなくても良いよ。彼は僕らバイエルンにも合っていないからね。ここにはどこででも通用するようなプレーヤだけが来るんだよ。そうじゃない選手がBVBに行くんだ。(バイエルン)


・↑君は本当にサッカーについて詳しいのかな????


・ファーガソンが言っている事は的を得ているね。BVBがやった事は正しいよ。
これから1年でチームはチャンピオンズリーグへ向けてどんどん統合されるよ。そしてチームが完全に一緒なったら、すべての相手が更に僕達に敬意を示すだろう。


・アレックス・ファーガソンなら(真実を)知っているはずだ。


・これがファーガソンの口から語られたことは良い事だ。この前のベストのトレーナーの選出ではファーガソンはクロップと同じように、グアルディオラの前にいたしね。まあ今回もグアルディオラは出番なしかな。ヨギ・レーヴが選ばれるだろうし!(ドルトムント)


・↑別に僕はクロップが世界最高の監督に選ばれたって問題ないよ。バイエルンはその代わり優勝するさ。(バイエルン)


・モリーニョが言ったように、もしサーがそう言ったのなら、それでオシマイさ。


・香川が再びBVBなのは良い事だ。


・香川を取り戻した事は本当に正しかった。彼は違いを出せる、本当に創造性のある選手だよ。今の状態では彼一人ではさすがに無理があるけどね。代表戦の後で良くなることを祈っている。


・↑はやく変わってくれないと、来年のCL出場がやばいよ。


・ファーガソンがモイーズも素晴らしいって言っていたんだよなあ。昔はもう少ししっかりしていたんだけどね。



スポンサーリンク


・(シュネッケ)香川はとても素晴らしいプレーヤーでBVBのための良い補強だ。議論の余地はないよ。

しかし僕が不思議に思うことは、ここでいつもバイエルンが攻撃されることだよ。ゲッツェとレバンドフスキーを獲ったからってね。香川がイギリスに行った時は何も言われなかったのにさ。彼は再び“失われた息子”と見られて、そのまま迎え入れられたんだ。もしBVBが良いクラブだったら、何人か価値がある選手が出て行くことはそんなに目立つことじゃないんじゃないかな(バイエルンファン)。


・疑問なのはなんでドルトムントが嫌いな奴がドルトムント関係のサイトにいるのかだ。



・(シュネッケ)僕は別にBVBを嫌っているわけじゃないよ。ただ、香川の場合は何が違かったか知りたかっただけなんだよ。ゲッツェと比べてね。誰か説明してくれないか?


・↑単純だよ。バイエルンはライバルチームの戦力を落とすために選手を引き抜くからさ。


・↑それに香川はBVBに来た時から、子供の時の夢はマンUだって語っていたんだ。レヴァンドフスキーも契約は最後まで守ったし。問題なのはゲッツェだとそれからロイスが今抱えている問題だね。


・↑ゲッツェについてはここで散々議論されたよ。それに気づかなかったなんて、君は本当に名前の通りシュネッケに違いないね。(シュネッケはかたつむりやなめくじ)


・↑(シュネッケ)でもゲッツェやレバンドフスキーがアーセナルのようなクラブに行ったとしてもチャンピオンズリーグで会うんだから同じじゃないかい。ブンデスリーガでも2回しか対戦しないわけだから。



・アレックスがこう言った時に現在のBVBの順位は知っていたのかな?


・香川真司とBVBは移籍前からイギリスとお互いを理解しあっているようだった(マンUと)、そしてそこで彼は、イギリスでの経験から彼の本当の居場所がどこで、そして僕達と一緒のほうがもっと楽しいことに気が付いたんだ。


・失敗に帰した彼がまた戻ってきた。彼にとって世界は大きすぎたんだろう。(バイエルンファン)


・↑それは適切な判断だね。スポーツ面でドルトムントがまさに彼にとって正しい場所だから戻ってきたんだ。


・↑あぁ!彼は前はそれに気が付いてなかったの?(バイエルン)


・↑そうだったらずっといただろうね。


・こんな世界的なトレーナーのアレックス・ファーガソンからこんな説明が出てくるなんて謎めいてるね。BVBファンの葛藤は、ブンデスリーガで13位という順位と同じくらい深いんだろう。13位のドルトムントに対してFCBが10ポイント差で1位。トレーナーの差がでてるね。(バイエルン)


・↑君の場合はきっとフラストレーションが溜まっているんだろうね。君の文章からはドルトムントを攻撃すること以外読み取ることが出来ないからだよ。すべての人がバイエルンに興味が有る訳ではないよ。


・全体的に見てブンデスリーガにとって良い移籍だね。香川は、若いプレーヤー達がお金が少なくても良い将来があるという事に気がつく、という助けになるだろう。私は香川がBVBで全てが上手くいくことを願っているよ。


・お金は人生の全てではない。もし、めちゃくちゃな職場環境だったら、高い給料をもらってもなんにもならないよ。だからBVBが彼を取り戻したことはOKだったんだ。


・なんでドイツに長くいても、香川はドイツ語に強くないんだ。BVBは無責任じゃないのかい?(バイエルン)


・↑アジアの言葉からヨーロッパの言葉を学ぶのは難しいんだよ。


・アレックス・ファーガソンはユルゲン・クロップの寛容さを彼の発言で証明しているよ。そして彼がサッカーを知っていることはバイエルンファンだって疑いようがないだろうね。


・皆の中で一昨日のスポーツインサイドを見た人はいるかい?そこでマリオ・ゲッツェのインタビューの報道があったんだけど、ドルトムント側として見るにはとても不愉快だったよ。

どのように当時ドルトムント出身の17歳の優れたプロ選手がFCBの移籍を通して成長したか?だって。まるで彼がドルトムントで得た物が何もないかのようだったよ。

さあそして今、香川とゲッツェを比較しよう。ドルトムントとして今彼を見ていると、彼はとても愉しんでいるようにみえる。ゲッツェと彼の行いはただ単にムカつく!


・↑ゲッツェは今はお金はあるけど、ウォーミングアップは隠れてしなくちゃならないんだよ。(訳注:彼はドルトムントのスタジアムではブーイングを浴びるので、スタジアム内の通路でウォーミングアップしている。この間の代表戦でもそうだった。)彼のおじいちゃんも言っていたのにね。二度とバイエルンには行くなってね!


・香川がドルトムントに戻って来て、ドルトムント達から大喜びで歓迎された!彼はマンUから来たんだ。ヌリ・シャヒンはドルトムントに戻ってきて、ドルトムントから大喜びで歓迎された!彼はレアルから戻ってきたんだ!マリオ・ゲッツェはドルトムントに二度と戻ってくることはないだろう。


・ゲッツェのテーマについてもう一度蒸し返す気は無いよ。香川のことに戻ろう。彼の試合構成能力、理想的なパスでプレーする才能そして仲間との協調はドルトムントで重要だ。これらの言葉はインターナショナルでみんなが理解していることだ。


・なぜ人は香川やレヴァンドフスキーにはしないのにゲッツェをドルトムントでそんなに軽蔑するのか。それはとても簡単だよ。香川は始めの頃、いつかイギリスでそしてお気に入りのマンUでプレーしたいと言っていたからだよ。彼はまた、再びBVBでプレーする事を想像出来るだろうっても言っていた。これでBVBファンは香川を決して忘れないし、みんなは彼を愛しているんだ。

それにレヴァンドフスキーがドルトムントで軽蔑されていないのは、彼が正しい時期にバイエルンへ行きたいと表明したからだよ。そしてBVBのために成功を収めるプレーをした。

ゲッツェの場合はそうは見えなかった。あるインタビューで彼は、いつもBVBのためにいつまでもプレーする事を想像している、と言ったんだ。彼のこうした発言はファンの希望になったんだ。でも本当はこんなこと思ってもいなかったのだ。彼がBVBのファンにこんな事を言わなければそんなにひどいことはなかったよ。こう言う理由でBVBファンは彼を軽蔑しているんだよ。


・↑まったくもってその通り。


・↑それにこれを発表した時期もまずかったな。これは先にバイエルンが発表したんだよ。


・↑彼が入ったのがバイエルじゃなくて、レアルやバルサでも同じぐらい問題になったと思うよ。彼はここにいつまでも言ったのに約束を破ったんだ。


・↑彼はいつか自分が何が正しくて、何が間違っていか気がつくだろうよ。


・BVBとバイエルンの違いなんて簡単に説明できるよ。BVBは第20節で18位にいるだろうけどスタジアムには今もなお8万人訪れるだろう。バイエルの場合はあっという間に7万人以下だよ。僕はこの7万人は意図して書いたんだ。なぜなら支払われたシーズンチケットはいっつも空席の状態だからね。(訳注:おそらく接待用のシーズン席をスポンサーなどに配っているがいつも空席なのだと想像できる。)


・香川の将来のコンセプト”僕はこう予言してみるね:クロップの元での素晴らしいシーズン後にユーベや違う強豪クラブが彼を呼んでまたしても簡単に出て行くだろう。(バイエルン)


・↑僕は香川は頭が良くて、学ぶことが出来ると思っているよ。


・ファーガソンへの偉大な賛辞はTオンラインの検欄係りによって消去されたよ。Tオンラインの編集者はこれが賛辞だってこともわからなかったんだろうな。サッカー知らないんだな。




バイエルンファンが言った事で、やっぱりゲッツェの話題に火が点いてしまいましたね。見方はいろいろあるようですが、いつまでもプレーしたいと発言してしまったことがしこりを残す原因となったようですね。

一つの発言がここまでしこりを残すという事ですから、これからは選手もチームでずっとプレーしたいなどとは、簡単に言えそうもありませんね。

全体的にはファーガソンが言ったことには重みがあると見る人が多いようでしたが、モイーズを褒めていたという事に対するするどい突っ込みもありましたね。

今まで毎週2回も試合があったのに、2週間もリーガが休みなのはちょっとつらいですね。有料放送のスカイも流す事がないので、過去のチャンピオンズリーグの決勝戦とか放送してます。いずれにせよブンデスリーガ早く始まって欲しいです。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
[ 2014/10/13 06:05 ] 香川 | TB(-) | CM(34)
No title
これに説得力付ける為には、クロップがボランチとサイドバックのパスの酷さを何とかしないと話にならんな。ラモスの失点パスも2度あった。
[ 2014/10/13 06:54 ] [ 編集 ]
ゲッツェ嫌われすぎ、ワロタw
[ 2014/10/13 06:56 ] [ 編集 ]
No title
ゲッツェ好きだけど、嫌われっぷりに笑ってしまったwwww
[ 2014/10/13 07:20 ] [ 編集 ]
No title
ゲッツェ好きだけどな 
いつかドルに戻って欲しい
通路でウォームアップとか(´・ω・)カワイソス
[ 2014/10/13 07:26 ] [ 編集 ]
No title
代表ウィークはつまらないです。
早く週末来て。。。
[ 2014/10/13 07:38 ] [ 編集 ]
No title
何故ゲッツェばかり批判されるのかって、そりゃドイツ人で尚かつドルユース出身だからだろ
[ 2014/10/13 07:47 ] [ 編集 ]
No title
ドルサポがはっきり一生プレーからの~って言ってる位だしこの言葉を安易に使ってなければここまで根にもたれてなかったみたいだな。あとうえのコメ、人種で避難はしないよ?ドイツ人は英国なんかと違って能力や人柄で判断するから日本人は多少微妙な時期でも試合にでれる
[ 2014/10/13 08:39 ] [ 編集 ]
No title
ゲッツェ移籍当時のコメントのやりとりを知りたいです、よろしく > 管理人さん
[ 2014/10/13 09:03 ] [ 編集 ]
No title
いつバイエルンと戦うのかな?って調べたら11月2日じゃないか。それまでにロイスとムヒとボランチと全部揃って息を合わせられるか。なんか今からこっちまで緊張するなぁw
[ 2014/10/13 09:20 ] [ 編集 ]
ゲッツェは移籍発表のタイミングも悪かったですね。CL準決勝の直前でしたから。
その数週間前のインタビューでは移籍を否定して、ドルトムントで成長していきたいと言ってたのに、まさかのバイエルンへの移籍。ファンは裏切られた思いが強いんだと思います。
当時フンメルスが香川や移籍確実とみられていたレバについてはまだ理解できるけど、ゲッツェの移籍はショックで眠れないと話していたのが印象的でした。
[ 2014/10/13 09:52 ] [ 編集 ]
No title
香川のドルトムント復帰当初はバイエルンファンからも歓迎ムードがあったのに、やはりこうなってきたね
これは香川のチームにおける影響力の強さを改めて理解し始めたと思って良いのかな?
[ 2014/10/13 09:52 ] [ 編集 ]
ゲッツェがレバに比べて異常に恨まれているのは、なるほどこういう発言をしてからの移籍だったからなんですね
印象がいつしかのフィーゴと重なります…
彼もファンを安心させる発言をしながらレアルへ電撃移籍してバルサファンとは最悪の状態になったから「何で出来もしない約束をわざわざ…」と思ったものでしたが、ゲッツェも同じパターンですね、BVBファンの気持ちを踏みにじったと

ロイスはこういう前例を踏まえてか、ゲッツェより発言に慎重ですね。香川さんも賢明な選択をして欲しいです

[ 2014/10/13 10:19 ] [ 編集 ]
No title
的は射るもので
的は得るものではないですよ
[ 2014/10/13 10:34 ] [ 編集 ]
×的を得る
○的を射る
ドイツ語というか原文で得ると書かれていたならごめんなさい

ドルにレバ戻ってきてほしい
なんだかんだで香川とレバは相性良かったように思うし
[ 2014/10/13 10:48 ] [ 編集 ]
・香川の将来のコンセプト”僕はこう予言してみるね:クロップの元での素晴らしいシーズン後にユーベや違う強豪クラブが彼を呼んでまたしても簡単に出て行くだろう。(バイエルン)
・↑僕は香川は頭が良くて、学ぶことが出来ると思っているよ。

香川がカズに送ったメールの内容を知ったらこの素晴らしいドルトムントのファンは傷つくだろうな
[ 2014/10/13 11:51 ] [ 編集 ]
No title
バイヤンサポ vs BVBサポ 第二弾ですね〜

まるで彼らの言い合いの中に紛れ込んでしまったかのような臨場感が面白かったです。
[ 2014/10/13 11:57 ] [ 編集 ]
No title
次から次へとエースが引き抜かれるドルサポの気持ちがわかるセレサポです
夢の欧州にステップアップする移籍は応援するけど神戸に移籍した大久保が許せなかったことに似てますねw
川崎に移籍したからもう素直に応援できるけどね
[ 2014/10/13 12:02 ] [ 編集 ]
カズさんへのメールの内容が報道どおりなら将来ドルサポと香川選手の関係がどうなるか一抹の不安を感じないでもないですが…それより今は脳震盪から回復してドルトムントで大活躍してもらうのが先ですね(発言に注意しながら)。クロップの契約のこともありますし。
[ 2014/10/13 12:16 ] [ 編集 ]
No title
>香川がカズに送ったメールの内容を知ったらこの素晴らしいドルトムントのファンは傷つくだろうな

まだその記事信じてる奴いたんだ、呆れる…
[ 2014/10/13 12:19 ] [ 編集 ]
信じるも何もメールもらったカズ本人の発言なのに哀れなのは盲目的に崇拝してるお前だよ
先に言っとくが俺は別に「アンチ」じゃないからな
香川のプレーが好きなだけで神格化はしてないただのファン
[ 2014/10/13 12:33 ] [ 編集 ]
No title
ゲッツェの移籍はリーグ状況、移籍時期、移籍先、発表のタイミング、チーム状況、そしてゲッツェの歩んできたフットボールキャリア等あらゆる側面から見て考えられうる中で最悪のものでした。
確かにそれらのうち少なくない要素は彼がシーズン中に移籍をほんの僅かでも匂わせていれば多少は軽減できたことではあります。しかしその程度のことでゲッツェ本人へ向けられる極大の憎悪をどれほど取り除けたかというのは大きな疑問です。
これほどまでに憎悪をかう要素を取り揃えた移籍を私は知りません。

いずれにしてもクラブに打撃を与える最高のタイミングを見計らったのはゲッツェ本人ではないというのは想像するのに難しくないことです。そこまで彼がBVBを憎んでいたとは思いませんから。
[ 2014/10/13 12:43 ] [ 編集 ]
No title
カズへのやつは
「ドイツでまた挑戦者として一から頑張ります」
ってだけで、ビッククラブどうこうはデイリーの捏造だったのにまだあの捏造報道信じてる人居たんだw
[ 2014/10/13 13:02 ] [ 編集 ]
No title
日本の三流ゴシップ誌の報道をすべて信じて生活してみたらどういう生活になるのかというのは興味深いと思います。

いずれにしても香川がどこに移籍しようとそれは彼の自由です。BVBに生涯の忠誠を誓うべき理由が彼にありますか?
移籍するときはクラブに移籍金を残して移籍してくれるのです。おそらく再び移籍してきたときより多くの移籍金を残して。そしてそれまではクラブに貢献してくれるのです。サポーターが彼を好むのは彼がクラブの一員としてかけがえのない貢献をしてくれているからであって、彼がBVBに生涯の忠誠を誓っているからではありません。プロサッカー選手としてごくごく当たり前のことだと思いますが。
[ 2014/10/13 13:08 ] [ 編集 ]
No title
香川がカズに送ったメールの件は色々言われているけど、メディアによって
内容がバラバラだよね。たぶん「また、挑戦者として一から頑張ります」って
いうメールだったみたいだけど、それを記者が勝手に解釈して
「挑戦者としてビッグクラブに戻れるよう頑張る」って書いたんでしょ?
でも普通に解釈すれば「挑戦者としてビッグプレーヤーになれるよう頑張る」
とか「リーグ優勝やCL優勝に挑戦する」って意味だと思うけどな。
長々とスレチですみません。
[ 2014/10/13 13:27 ] [ 編集 ]
No title
>×的を得る
>○的を射る

↑これ別に間違ってないよ
むしろ得るの方が意味や由来に沿ってる
[ 2014/10/13 14:27 ] [ 編集 ]
No title
あの記事信じて叩いてる時点でアンチだろう
他社の記事見比べても「挑戦者として一から頑張ります」としかカズの発言ではのってないのに、ビッグクラブに戻れるようとかあそこしか書いてないよ
明らかに付け足してるじゃん
[ 2014/10/13 16:03 ] [ 編集 ]
No title
ゲッツ!!
[ 2014/10/13 16:12 ] [ 編集 ]
バイエルンファンたら、可愛い(笑)

いえね、香川の帰還を、一緒に喜んでくれるバイエルンファンもいたりして、その方が逆に、余裕かまして嫌味なのかもな、なんて思いました。

香川、効いてる効いてる(笑)

ドルトムントファンより
[ 2014/10/13 17:35 ] [ 編集 ]
No title
香川の復帰が決まった時に「クソッ!(涙目)」ってコメントのバイエルンサポもいたわけだしね
そりゃ香川がいた2年間バイエルンが優勝できなかったっていう事実があった訳だし、そういうコメントがあってもおかしくないよねw
それよりシャルケサポのコメントがないのはなぜなんでしょう?
[ 2014/10/13 18:09 ] [ 編集 ]
No title
ちょっと違うと思うよ
ゲッツェはドルトムントユース上がりで、一家揃ってドルトムントファンなんだ
だからこそ、ゲッツェのコメントと行動は一番に攻撃されるっていうのがある
それにバイエルンは昔から「ライバルチームの戦力を削ぐ」目的で使わない選手を獲得するチームだから、根本的に嫌われているんだよね
日本人にわかりやすく説明するなら、野球の巨人みたいなもんだよ

それに「このチームでずっとプレーしたい」なんて、そもそも軽々しく言っていい話じゃない
フンメルスが契約解除条項無しでの契約延長をしていたけど、そういう選手だけだよ、そう言えるのは
[ 2014/10/13 21:44 ] [ 編集 ]
ゲッツェは
若い、そして上昇志向滅茶強いんじゃないか?と思ったな、電撃移籍の時は

お手本にしたいと思える様な、自分より確実にレベルが上の選手と
プレイして、それでもっと上に行きたいんだよ
アイドルのシンジ、そして次はレバも移籍…非難を覚悟しての決断だった
んじゃないかなと
[ 2014/10/14 00:03 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん質問です
バイエルンファンはドルトムントファンにだけこういう感じなのでしょうか?
ひょっとしてバイヤンファンはBVBファンの結束みたいなものがうらやましいのかと思っちゃいました
[ 2014/10/14 09:58 ] [ 編集 ]
移籍についてとやかく言われるのは違うよな、ゲッツェは仕方ないけど
それに香川がドルだけじゃなく他のチームでも通用するってのは嬉しいことじゃないか、バイヤン以外なら
俺はレアルサポだけどディマリアがユナイテッドで通用してて凄く誇らしいし嬉しいよ
[ 2014/10/15 04:58 ] [ 編集 ]
No title
ゲッツエはドルユース出身だが、出身地はバイエルン州だからなー
彼にとってのアイドルチームがバイヤンだったに違いない
[ 2014/10/18 07:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。