ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【今週のキッカー】1アシストの香川に高評価!採点と試合評!《ドイツの反応》

本日発売のキッカーからになります。




entry_img_984.jpeg

キッカー日本人採点

香川 2

酒井高徳 4

長谷部 3.5

原口 3.5

酒井宏樹 3

清武 3.5


スポンサーリンク





【ドルトムント対ハンブルク試合評】


ドルトムント採点 4231

ビュルキ 3、ギンター 3、ベンダー 4.5、 フンメルス 2、パスラック 3.5、ギュンドガン 4、シャヒン 3.5、カストロ 3.5、香川 2、プリシッチ 2.5、ラモス 2

20160418172453060.jpeg


ハンブルク採点 4231

アドラー 4、酒井 4、クレバー 5、スパヒッチ 5、オストロツォレク 6、エクダル 4.5、カサル 5、ミュラー 5、ホルトビー 5、イリチェヴィッチ 5、ラソッガ 4.5 シップロック 6、ドロブニ― 5


・ゴール 1:0プリシッチ(38、右足、フンメルス)、2:0 ラモス (44、右足、シャヒン)、3:0 ラモス (86、左足、香川)



審判採点 フリッツ 3.5
一対一の判定があいまい:開始7分のクレバーの香川へ登った場面に対してはPKの判定をしても良かった。アドラーの香川へのファールに対するレッド・カードは非常に厳しいが、許容範囲。



試合採点 3

前半は長く感じるような試合。一人退場となってから一方的な試合に。



キッカー分析

あまり進展しない試合において1:0が決定的に

BVB監督のトゥヘルは先週の試合と同様に、ヨーロッパリーグから8人のメンバーを入れ替えてきた。HSVのラバッディア監督は3つのポジションを変えただけにとどまった。

ハンブルクは非常にコンパクトでスペースを少なくするように努めていたのに対し、ドルトムントは試合をコントロールする努力をしていた。攻撃への道筋を探していたがパスに正確性を欠き、それによって長い間チャンスが訪れなかった。

最初のチャンスは攻撃で素早いカウンターを見せたハンブルクに訪れた(17分、イリチェビッチ)。しかし先制するチャンスを逃してしまった。
少し眠たそうなBVBはテンポが不足していたが、最初のコンビネーションが1:0へとつながり、これによって攻撃の結び目がほどけることになった。

ドルトムントは後半になると試合をコントロールし、ボールを保持した。アドラーの退場が決定的となり、その後ハンブルクはチャンスを作る事ができなかった。



・まとめ

ハンブルクはチャンスをものにすることができなかった。BVBが非常に効果的に得点を挙げ、試合に相応しかった。



・マン・オブ・ザ・マッチ
あまり動きのない試合でアドリアン・アモスがドッペルパックを達成。また52分には素晴らしいパスを香川へ送り、彼もアドラーを退場へと追いやった。




entry_img_983.jpeg







以上になります。

ブンデスリーガのアシストですが、キッカーでは香川選手のアシストとなっています。ブンデスリーガ公式は基準が少し異なるようですが、ドイツではやはり紙媒体であるキッカーの基準が広く一般的なのではないかと思います(インターネットが普及するまでブンデスリーガ公式記録は人目に触れるチャンスがあまりありませんでした。)。毎週キッカーを買っている管理人は、特にその情報で足りてしまうので、ブンデスリーガの記録まではいちいちチェックしていませんし、そういう人が多いように思います。

アシストとゴールをともに1ポイントとしたスコア・ポイントというのはキッカーがやり始めた方式だそうで、この認識もかなり広がってきていますね。

さて、ハノーファーとフランクフルトが現在降格の危機に立たされていますね。清武選手と長谷部選手はまた降格を経験してしまうのでしょうか・・・。引退後クラブに残るという話もある長谷部選手は、2部でプレーするという事もあるかもしれませんね・・。

それから3部リーグでは管理人の地元ディナモ・ドレスデンが昨日2部昇格を決めてくれました!実はスタジアムの維持費などは公費からもでているのですが、2部になって収入増となるため、街にかかる負担が減るという観点からも大喜びとなっています。


2016041817235994b.jpeg

長谷部2部でやるならJに帰ってきてくれないかな
まぁ本人はそんな気ないだろうけど、願望を言ってみただけ...
[ 2016/04/18 19:12 ] [ 編集 ]
公費とは驚きです!地域に根付いてるんですやね。サッカー文化恐るべし!
[ 2016/04/18 19:32 ] [ 編集 ]
管理人さん良かったですね。公費の負担も大きいですがやはり地元のクラブが昇格というのは喜ばしい事です。
[ 2016/04/18 20:31 ] [ 編集 ]
Yaaaaa!
ディナモ・ドレスデンおめでとうーございます。
[ 2016/04/18 20:34 ] [ 編集 ]
キッカーは4231で採点しましたか。
ケルン戦から香川が先発の試合は大抵4231か3241なのに433で採点されて最低点が多かったのでまともですね。
3試合続けて中2、3日で先発でしたので疲れが心配でしたが香川はこの試合攻守に本当に良かったです。
DWSportsでフンメルスと共にベストイレブンに選出と聞き嬉しいです。
[ 2016/04/18 20:59 ] [ 編集 ]
カストロの採点が抜けてますが、何点だったのでしょうか?
[ 2016/04/18 21:10 ] [ 編集 ]
相性最悪のHSVに対して勝利した上に高評価は素晴らしい!
[ 2016/04/18 21:57 ] [ 編集 ]
デニス・エルドマンという選手はまだプレーしてるんでしょうか?
ロイスを壊すようなファールした癖に怒りに火を注ぐようなコメントをして
ドレスデンのラルフ・ミンゲSDが謝罪のコメント出した事ありましたよね?
すんごく後味悪かったですねあれは
[ 2016/04/18 22:27 ] [ 編集 ]
3-0で負けたとはいえ、高徳良かったと思うんだけどなー。
[ 2016/04/18 22:28 ] [ 編集 ]
ドレスデン昇格おめでとうございます!

管理人さんはドレスデンの試合も結構見に行かれるんですか?
[ 2016/04/18 22:46 ] [ 編集 ]
地元チームの昇格おめでとうございます。やはり地元チームに抱く気持ちは特別ですよね。
私の地元チームはベルマーレ湘南です。中田英寿が居たころは本当に毎試合ワクワクして観てましたが、最近は1部と2部を行ったり来たりです。今シーズンは、遠藤航はじめ、GKから中盤フォワードまでのセンターライン4人がごっそり移籍してしまい、未だに未勝利・・2部への降格は免れないでしょう。でも、どんな状況でも頑張っている選手への気持ちは変わりませんし、応援を止めようと思ったことは無いです。(勿論負ければ悔しいですし、怒り狂いますが・・)
だから、ドルトムントの地元サポーターとここのコメ主とがトゥヘルに対して思う感情がずれるのもしかたないのでしょうね。私も、ドルトムントは強くなければ、そこまで応援するかなあ?って思いますからね。
[ 2016/04/18 23:02 ] [ 編集 ]
おはこんにちこんばんは。いつも生の新鮮な情報の提供ありがとうございます。
スコアポイントの件について、ブンデスリーガ公式よりもキッカー紙の記録のほうが一般的な記録と認識されるのですねー!勉強になりました。
そして管理人さんの地元のクラブの2部昇格おめでとうございます!しかも運営費の一部が公費で賄われているなんて、サッカーの街への根付きっぷりがハンパないですね!こんなの絶対応援しますよ。
ディナモ・ドレスデンの試合、どんなチームなんだろう…。もし何か素材(映像など)があれば、来シーズンが始まる前にでもご紹介下さい。
[ 2016/04/18 23:35 ] [ 編集 ]
勉強になりますφ(..)
香川は高評価で一安心です。

長谷部は引退後に監督やコーチの道に進んでほしいです。
[ 2016/04/18 23:39 ] [ 編集 ]
久しぶりにいいニュース!
管理人さんが喜んでる時は、このブログが始まってからよくこうやって書き込んでる気がします。よかったですね^^

清武選手はどこに移籍するのか注目しています。
あと最近宮市選手が復帰してる、ザンクトパウリも昇格できたらいいですね!
[ 2016/04/19 00:06 ] [ 編集 ]
香川とフンメルスがいればこのメンバーでこのレベルの相手ならどうにかなるのがわかった試合だった。
個人的にはMOMはフンメルス、次点で香川だな。香川はまた随分自由に動けるようになったよな。
以前なら交代させられてるよ。守備戦術のアラがでてフンメルスの発言から変わってきてるな。
シャヒンの調子が上がらないのが気になるね。

21:20へ、か ストロは3.5。
[ 2016/04/19 06:24 ] [ 編集 ]
公費かあ
我が地元のチームもスタジアムの賃料バカ高いから、公費使ってスタジアム建設しても誰も怒らないとおも、・・おもいたい・・まずは寄付かな
[ 2016/04/19 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。