ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川は再び力強さを発揮!しかし今後はゲッツェ次第か?!」《ドイツの反応》



ルーア・ナッハリヒテン】4月22日 マティアス・デルシュ



ゲッツェの落とし穴

香川が「頭を冷やす期間」を経て再び力強く!


entry_img_992.jpeg


香川は難しい時期を経て、ボルシア・ドルトムントのスタメンの座へと返り咲いた。3:0となった水曜日にベルリンで行われたポカール準決勝では、この日本人は最も力強い選手の一人であり、両ゴールに絡み、非常に熱心なプレーを見せた。しかしながら彼が今後もドルトムントのレギュラーとしての展望を望めるかどうかはマリオ・ゲッツェ次第となりそうだ・・。

スポンサーリンク




毎週大勢の日本のジャーナリストがBVBでの彼の試合を見にやって来る。試合の後のミックス・ゾーンで彼らは多くのプロ選手を素通りさせるが、香川真司がやってくると非常にあくせくとした場面が見られることになる。この27歳の選手の一歩一歩が追われ、故郷のために止められることになるのだ。そして一言一言が吸い上げられ、それはまるでスポンジのようだ。そして香川も彼の故郷からやってきた記者たちと多くの言葉を交わす。これは周りから見ると、まるで彼が本をまるまる一冊口述しているかのように見える。本当にこの質問と答えのお遊びは長いのだ。


しかしこの日本の旅行者たちにとっての厳しい時期は過ぎ去った。香川は18節から25節までブンデスリーガでは5試合に出場し、2度もベンチ外となった。この日本のシャーナリストの集団たちは故郷に火をつけるようなネタを手に入れられずにいたのだ。トーマス・トゥヘルがこの創造的な選手に満足していない、という事以外は。


頭を冷やす期間


当時トゥヘルは、このベンチ外が“独裁的なキャラクター”を持つものではないと強調した。そして彼らの関係が“破たんした”わけではないことも。しかしこのベンチ外の措置は、いわゆる“頭を冷やせ(戒め)”というメッセージだと受け取られた。

良い方向への転換期となったのは香川がフル出場した3月中旬のマインツ戦での勝利だった。それ以降香川は3ゴールを挙げ、リーガとポカールではそれぞれ1アシストを記録している。水曜日にまだ万全ではなく、トゥヘルがシーズン終盤のために温存したがっていたイルカイ・ギュンドガンの代わりに出場した。そしてこの日本人は素晴らしいドリブルや良いパス、そして多くの創造性を発揮して説得力のあるパフォーマンスを見せた。


典型的な10番ではない


彼の最近の結果が、今後トゥヘルの計画の中で、継続的にキープレーヤーとなるものか、それとも一時的なものかどうかというのは、シーズン終盤に向けて非常に興味深い質問だ。なぜなら香川にとって基本的な問題は残ったままとなるからだ。それはトゥヘルのシステムには香川が最も得意とする典型的な10番のポジションがないという事だ。彼はそのため、あまり得意としない8番のポジションに移ることもしばしばだ。そしてこれはベルリンの試合では非常に上手く行ったが、ホッフェンハイムやハノーファー戦では上手く行かなかった。


なので香川に関しては、今後、非常に熱望されているマリオ・ゲッツェのカムバック計画がどうなるのか大きな興味がもたれる事だろう。2014年のワールドカップ優勝者と香川はすでにBVBでは成功を収めているが、ゲッツェは当時たいてい4231のサイドでプレーしていた。しかし最近ではゲッツェは中央をポジションとしている。


BVBのファンの大部分が望んでいるようにゲッツェがもし本当にもどっててきたとしたら、日本のジャーナリストたちはまたしても問題を抱えることになるかもしれない。彼らの紙面をうめるために・・。





以上です。

香川選手に関する特集記事ですが、どうも日本のジャーナリストに対する当てつけのような記事ですね。


ドルトムントと密接な関係を築いているルーア・ナッハリヒテンにとっては日本のジャーナリストの振る舞いが異様で、悪い印象を抱いているとみて間違いないのではないかと思いました。


試合後に香川選手は日本のジャーナリストに囲まれ、地元紙の記者である彼らが質問する事など不可能な状況に腹を立てているのかもしれないですね。あくまで想像ですが。


以前もフジテレビの記者の質問が失笑を買って問題となりましたが、管理人が想像するに、その原因は、いつも「今の香川真司に対してどう思いますか?」と同じ質問しかしないからではないかと思います。


それから、この新聞ではギュンドガンがスタメンではなかった原因をあくまで温存と結論づけていますが、これはかなり無理やりではないかと思います。この後訳そうと思っていますが、ドイツ全国紙ヴェルトでは、移籍するために、トゥヘルは未来のメンバーを起用しているだけ、と判断した記事を掲載しています。


さて、以前の記事でのジャーナリストに対するコメントでも、営利企業だから売れるようにするのは当然だ、などというような意見もみられました。しかし日本には目先のお金儲けよりも、良いものを作ろうというプライドを持って働いているプロ達(もの作りや芸術の分野など)はまだまだたくさんいますし、管理人個人的にはその気概をジャーナリストには求めたいですね。彼らはそれで生活するプロなわけですから、ある程度の質を維持して当然だと思います。

[ 2016/04/22 19:47 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(90)
誰が残るのかが不透明すぎて来期がどうとか論議しようにも無理ですよね
抜けるのもそれぞれ替えが利かない選手ばかりで補強しようがないっていう

色んな噂あるけど噂通りに入れ替わりが激しいなら
香川の居場所は今年よりも更になくなる気がしますね

どうなるんだろうなぁ
ギュンはもう無理っぽいので他の全員を残留させるのが一番の補強だと思いますね
[ 2016/04/22 19:54 ] [ 編集 ]
国内(熊本での素行)で恥をさらし当然海外でも恥を晒す
この国のメディア(大手)は世界でも断トツで酷い
米国にも馬鹿なメディアは溢れてるが大手まともだ
[ 2016/04/22 20:01 ] [ 編集 ]
10番のポジションが無いと言ってるのに、10番にはゲッツェが入ると言う。
[ 2016/04/22 20:05 ] [ 編集 ]
日本の記者はセリエでもプレミアでもどこでも日本人選手について聞くからなあ
あれほんと恥ずかしいのでやめてほしい…
20日にもイベントでセスクにシンジ(岡崎)はどうですかー?って聞いた馬鹿記者がいたみたいですし
なんで新作のスパイクお披露目イベントで関係ない選手の質問してんだか…うんざりする
[ 2016/04/22 20:13 ] [ 編集 ]
日本の報道陣への侮蔑的な感じがしますね。いつも同じ質問しかしない、それだけならまだしも聞いてはならないタイミングでも執拗に聞く、同じ日本人が見たって不快に感じるのだから欧州メディアの中では相当バカにされ、公害扱いされてそうですね。というか文面からそんな感じがしました。

それにしても香川選手の今後はゲッツェ次第って失礼しちゃいますね。裏切るような形でやめた彼と追い出されるように移籍した香川選手なのに。この差はドイツ人と東洋人という隔たりですよね。どんなに成果を出してもドイツ人優先ですね。むしろ香川選手、ロイス、ゲッツェの同時起用を試してほしいですよ。
[ 2016/04/22 20:27 ] [ 編集 ]
このマティアス・デルシュなる記者さんが香川選手を嫌いだという事はよく理解できました。
相変わらず今季の香川選手のポジションに関する認識もアレですしね。
ギュンドアン選手だって、もう殆どの人は移籍絡みでの出場減だと気付いてると思うんですけど、この方は温存と捉えるわけですね...一発勝負で負けられない大事なポカール準決勝だというのに。
香川選手に対する戒めだの何だのと、妄想でこんな記事を書く記者がドイツにも居るんですね。
日本のメディアを批判する資格ありますかね?このマティアス・デルシュさんに。
[ 2016/04/22 20:36 ] [ 編集 ]
管理人さん、翻訳ありがとうございます。
確かに日本人記者の振る舞いは悪いと思いますがこの記事も日本人記者だけでなく香川選手に対して悪意がありますよね。香川選手が日本人記者に時間をできる限りとって丁寧に答えるのは昔からでそれを知りもせず揶揄するように書く必要はないですよね。頭を冷やす期間というのも香川選手からは取材せずに憶測で書いてます。ビルトの記者はちゃんと香川選手に取材しました。前半戦は8番のポジションでずっとプレーしているのに8番が得意じゃないと書いてその例えに後半戦のシャドーでプレーしたホッフェンハイムとヘルタを出してます。それからトゥヘル体制では10番のポジションがないと書きながらゲッツェが来たら中央つまり10番でプレーすると書いてます。温存な訳がないのにギュンドアンの代わりと書くのもそうですよね。正直ゲッツェを復帰させやすくするために香川選手の印象を悪くする印象操作をしているようにみえます。ルールナッハリヒテンは香川選手が良いプレーをしても試合を決定づける働きをしても採点が低いですし有名な香川選手嫌いの某記者もいます。もし日本人記者の振る舞いの悪印象が香川選手の印象や評価に影響しているのならそれもおかしい話です。香川選手は英語のインタビューはリクエストがあれば答えてますからルールナッハリヒテンの記者も香川選手に取材する気がないと思います。ビルトの香川選手好きの記者は香川選手に必要なら取材をして日本人記者からの取材も受けてます。日本に限らずどの国のメディアも偏った見方がありますし地元紙ですからドイツ人贔屓があるのは確かでしょう。このところのゲッツェに関する報道を読んでいると穿ってみれば香川選手を放出するためにドルトムントのフロントが意図して書かせているのではないかと思います。それならそれで飼い殺しにならないので良いですが。
[ 2016/04/22 20:43 ] [ 編集 ]
だからいつも採点低い?日本人ジャーナリストさん達嫌われてるんですかね?
でも、いつも香川選手にしか興味がないと思われているんでしょうね

ゲッツェが来ても来なくても、必ず香川選手のライバルとなるMFは取ると思います。
それでも、きっと香川選手だったらがんばってくれると信じてます

[ 2016/04/22 20:49 ] [ 編集 ]
「香川についてどう思いますか?」みたいな質問をする歪んだジャーナリストに対して
「そんな質問するな!自然な流れで香川が評価されてる記事を読みたいんだよ!」
って考えてる人は結構いると思いますけど、それって結局サポーターの側もスポーツファンとして
歪んでるってことですよね。
日本人が褒められてるのを見聞きしたいという欲求が頭の中の大半を占めてるわけですから。
マスコミが醜いっていうのは、とりもなおさずサポーター(の一部?)が醜いってことなんだろうね。
[ 2016/04/22 20:50 ] [ 編集 ]
管理人さんの最後のヤツ ほんとその通りだと思います
そんな記事をうっかりクリックしてる我々も 気概をもって進んでいきたい
[ 2016/04/22 20:57 ] [ 編集 ]
そりゃ日本のメディアはスポーツ全体を見ようとせず香川だけ見ているから嘲笑されますよね。人情話とかスポーツの本質とずれたことばっかやってますからね日本のメディアは。
売れるようにするのは当然だし、そういう態度で行けば馬鹿にされるのは当然のことです。

まぁルーア・ナッハリヒテンも紙面をうめるために日本のジャーナリスト使うなよって感じですけどね・・。
[ 2016/04/22 20:58 ] [ 編集 ]
香川のインタビューが取れないからじゃないの?
日本では毎回試合ごとに記事が出てるけど、ドイツでは香川が何を考えてたか、とかさっぱりでない。
ただ、この程度の日本のマスコミに辟易してるとはドルはクラブ規模としてはまだまだかな?という印象を抱いてしまった。

ユナイテッドはもっと利権と動いてる金がでかかったから、日本のマスコミはもっと多かったけど、さくっと裁いてたし、
メディアコントロールがものすごかったから、毎試合インタビューに答えなくてもよかったから。
ユナイテッドも現地重鎮記者とかいたし、現地記者が日本人記者が気に入らないといちいちチクチク言うのは、
媒体規模として小さいし、ドルの仕切り次第で何とかなる問題を日本人のせいにされても知らんがな、という印象。

アジア人スター様が所属してたらアジア人市場おさえて、スポンサーもうはうわとか、ビジネスの考えとして甘い部分が
ブンデスはずっと気になってるけど、考えるスケールが小さいからそうなるだけであって。
昔と違って香川の知名度が増したから、日本人記者も増えただろうしアジア人スターがでかい顔してるのが、気に入らないって感じがするな。
ゲッツェの方がもっとスターなのに、という感じで外国人記者に慣れてないから、日本人記者がターゲットとなってムカつかれてるのかも。
香川は記者が群がる程スターなのに、日本企業は投資効果を査定してくるから、簡単にドルのスポンサーにはならないシビアさもあるし。

プレミアだと世界中の選手が所属してるから、世界中からジャーナリストが集まってるけど、ドイツだとドイツ人VS外国人記者で
アジア人である日本人記者がターゲットになってるというか。これがプレミアなら、うざいけどそれを利用して世界中にビジネス展開したろ、という
図太さがあるけど、ブンデスはドイツ語なので、最大ドイツ語圏だけをターゲットにしてて、国内だけで物事が完結してますよね。
プレミアは国際市場を開いてるけど、ブンデスはいまだに閉鎖的な村社会っぽいものをこの記事からかなり感じてしまったな。
ナイーブやのうというか、これがプレミアならチクチクいうよりそれをいかして金にする方法を探すのに。
ルールとか読んでるとドルトムントって想像以上に田舎社会なんだろうな、と毎回思う部分があるので、日本のマスコミはなんでルールをこんなに
重要視してるんだろ?と疑問に思うことがあるのですが、日本人記者がゲスイのは否定はしないけど、ちょっと別問題に見える

あと、私はゲッツェのドル帰還は大歓迎ですね。
冷たく聞こえるかもしれませんが、トゥヘルやドルの野望やドイツ国内規模の展開には興味なくて、香川が今後利用できる存在だと思うから。
[ 2016/04/22 21:00 ] [ 編集 ]
同意です。
なるほどと思いました。
それと同時にゲッツェは大部分のファンに本当は望まれているのだろうか、と思いました。日本では反対に伝えられていますので。
地元紙なのでそこはこちらで伝わるより現地の正確な感覚を持っているかとは思いますが、日本でも多くの人はそんなことを思っていないのにまるでその代弁者のような物言いで書く記事であったりメディアはあるので、そこらへんを含めまして、この記事をどういう位置づけで見ればいいのか判断に迷うところがあります。
個人的にはシャルケ戦でのトゥエルの反応、リバプール戦後の言動、チームのパフォーマンス、香川のパフォーマンスを見れば、現在、香川を戦術的に非常に重要な存在として捉えていると思われるのですが、そこらへんの現地の分析が見られないかな、と思います。勿論、個人的な考察に過ぎませんが。
少なくともチームの戦術が変化する中で難しい状況に追い込まれながらも、香川はチームで求められていることと自らの個性を全力でもってピッチで表現するその美しい技術と創造力とメンタルに私は感動を覚えます。素晴らしいと思います。
正直このような当てつけのためのような厭味ったらしい批評に香川を巻き込んでほしくないですね。直接日本のマスコミに対して批評するのがフェアであり、敬意を持ったやり方だと思います。
[ 2016/04/22 21:07 ] [ 編集 ]
そもそもゲッツェはプレイメーカータイプじゃないから香川とはかぶらないとおもうけど。ライバルになるとしたらやっぱりサイドのムヒやロイスになると思うよ
[ 2016/04/22 21:08 ] [ 編集 ]
日本のマスコミに対する皮肉には納得できる感じですが、ゲッツェに関しては提灯記事っぽい印象を受けました。フンメルスがどうも移籍しそうで、代わりになる有名どころのドイツ人の選手としてドルがゲッツェを必要としていて、復帰容認の流れを作り出したいのかな、と。

しかし、頭を冷やす期間という表現は何とも監督側に都合の良い表現ですね。結局、あの時期に試した戦術は定着せず、その後も変更を繰り返して香川以外の攻撃陣も低調になっていました。カストロも似たような状況でプレーした結果ベンチ外になっていますし、オバメやロイスも不調に近い状態に陥りましたから。

『ドルトムントと密接な関係を築いているルーア・ナッハリヒテン』がこの論調(ゲッツェが来ればそれほど香川を必要としない)ということは、ドルの首脳陣も似たような意識なのかもしれませんね。そうであれば、残念ながら助っ人外国人と自国の選手が似たような評価であれば、自国の選手を使うのが当たり前なので、香川選手は移籍を考える必要があるかもしれませんね。本当に残念ですけど……。
[ 2016/04/22 21:16 ] [ 編集 ]
ハノーファー戦って背中怪我してた時ですよね。
うん、背中怪我したってインタビューとれてないよね。

あと、この記者って香川の事を「現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「香川はこの夏の移籍を考えているのではないか?」でググってみると解りますが。
「彼がこの夏に移籍しても驚かない。ギュンドアンの去就は関係ない。(香川は)もうトゥヘルの求める戦力にはならないだろうし……。
ライトナーのように、練習で努力し、それにトゥヘルが報いたという例はある。しかし、果たして香川はそういうタイプだろうか?」
って言ってた人ですよね

夏のツアーで日本にも来てた人で、アジア人のくせに知名度がある香川の人気にムカついてる人でしょ。
香川はマーケティングでアジア市場を持ってるからっていうのを主張してる方がドルサポにいるけど、
この人もそのタイプで、そんな気配ずっと出してるから日本のスポンサーもクラブでなく香川個人についちゃうんでしょ
[ 2016/04/22 21:18 ] [ 編集 ]
なんでこんな言われ方されにゃならんのだ
腹立つわ
[ 2016/04/22 21:21 ] [ 編集 ]
 香川選手がファーガソン監督の元にいた時はこうした問題は一切ありませんでした。それは厳しく規制管理されていたからです。試合後に香川選手に日本の記者が近づくことが許可されることはなく、試合前の監督会見でも特定の記者以外は入れないようになっていました。こうしたメディア規制は、世界中から注目されるグローバルなビッククラブにとって、クラブと選手を守る為に必用なことだと私は思います。
 BVBも色々な国の選手とファンが存在するグローバルなクラブになってきましたし、ある程度のメディア規制はすべきなのかもしれませんね。
[ 2016/04/22 21:24 ] [ 編集 ]
日本のマスコミの話になると、どこの国も自国選手の事を聞くのは当たり前だって擁護する輩が決まってよく出る
でも、こんな記事が出てくるってことは、やっぱり日本のマスコミの自国選手への粘着ぶりはグローバルスタンダードで見ると異常なんだなってことがよくわかる
そもそも前回失笑買ったクロップの記者会見での質問みたいに無理矢理聞き出した内容なんて誰も喜ばないだろうに
むしろ日本人記者の評判悪くなるデメリットの方が明らかに大きそうなものだが
[ 2016/04/22 21:28 ] [ 編集 ]
日本のマスコミのこのような傾向は、日本人選手だけを追いかけている一部のファンを見れば分かる通り、まだまだサッカーが文化として日本に定着するには程遠いということなのでしょうね。
以前中田がマスコミに対して、現役選手の立場であるにも関わらず苦言を呈した時から何一つ成長してないのだと思います。
サッカーを楽しんでるんではないですからねこういう人たちは・・・。
[ 2016/04/22 21:31 ] [ 編集 ]
仮にゲッツェが戻ったとしても
これだけ走るドルにすぐさまフィットできるとは思えないけどね
あと香川のように8番でもプレーがこなせる器用さはゲッツェにはないよ
[ 2016/04/22 21:32 ] [ 編集 ]
ルーア・ナッハリヒテンは採点に関しても香川には常に低めの評価ですからね
1G1Aのレバークーゼン戦でも他紙以外は大絶賛だったのにルーア・ナッハリヒテンは及第点でしたw
ギュンドアンの温存云々の件は怪我から復帰してもベンチスタートとか先発しても途中交代がほとんどですね
やはり移籍がほぼ確定で来シーズンに向けてのチーム作りと考えるのが普通でしょう
武藤の怪我前は日本人記者のほとんどがそっちに行って香川も平和だったと思いますが、ブンデスには他にもたくさん選手がいるので分散したらいいのに
[ 2016/04/22 21:33 ] [ 編集 ]
先の記事でも売れる記事のためなんだから仕方ない、と言い訳めいたコメントがありましたが、それで現地から反感を抱かれては、むしろ仕事が捗らなくなってしまう気がしますね。
パーティーでも飲み会でも合コンでも、周りの話を無視して自分の話しかしない人は嫌われるものです。

現に先日のクロップ監督の時も、質問自体はまともな回答を貰えずジョークではぐらかされただけですし。むしろ微妙な空気になったことに気を使われたのだとしたら、なんとも惨めなことです。
何も得られず現地の新聞で嫌味書かれて晒し者にされただけなんだから、損しか生んでないし「しかたない」は本当に捨て台詞でしかないですよね。
[ 2016/04/22 21:37 ] [ 編集 ]
何故いつも香川の採点が辛口なのかも意外と関係あるのかという気がしてきましたね。香川が明らかに日本のメディアの前ではよく話すしドイツ語も得意ではない。地元紙としては面白くないのは当たり前ですよね。

それに香川のことしか興味ない日本メディアにもうんざりしてるのかな。確かに我々日本人も香川の事を知りたいけどたまに香川は日本メディアに喋りすぎじゃないかと思う事がある。
もっとドイツ語を話せるようになって地元紙の不満も解消する努力も必要かもしれませんね。
[ 2016/04/22 21:45 ] [ 編集 ]
えっ?ゲッツェってファンから復帰を期待されてるんですか?
嫌われてるとばかり思ってましたが
[ 2016/04/22 21:46 ] [ 編集 ]
日本の記者もどうかと思うがルーア・ナッハリヒテンの記者の見る目のなさもどうかと思うよ
[ 2016/04/22 21:47 ] [ 編集 ]
香川がドルトムントに復帰する際の現地の期待ぶり、熱狂ぶりはハンパじゃなかった。
その期待に答えられたかというと、正直答えられていないし、いっぱい失望されたと思う。
中には、もう終わったと思っている人々がいても不思議ではない。
沈む所まで沈んだから、今後の香川はレベルの高いプレーをシーズン通して安定して出し続けられるように頑張って欲しい。
メンタル面がかなりプレーに出るから、常にハイレベルな競争の中で、緊張感と野心を持ち続けることが大事だと思う。
ビッククラブに行ってやるって思い続けてた二連覇時代の頃のように。
香川にとって、今シーズンはものすごく貴重で勉強になる事が多かったと思う。
[ 2016/04/22 21:52 ] [ 編集 ]
各国各リーグに特定のチームの機関誌みたいな新聞がありますからねぇ。管理人さんも以前各紙の色を少し説明してましたが、メディアの色を分かってないと簡単に印象操作されてしまいますね。日本人は元々メディアリテラシーという部分については弱いんですが、日本のメディアは意図的に引用するメディアの色を隠して報道するので簡単に印象操作される日本人はまだまだ多いです。ルーアについてはドルトムントの首脳レベルの意向を反映してるのではないかと…現実と乖離した評価が散見されるので。となるとやはり香川の将来を楽観視出来ないんですよね。ゲッツェについてもDBFとドルトムントの間では方向性が一致してるんじゃないかな。日本人としては心配ですね
[ 2016/04/22 22:09 ] [ 編集 ]
> 試合後に香川選手は日本のジャーナリストに囲まれ、地元紙の記者である彼らが質問する事など不可能な状況に腹を立てているのかもしれない

これはもしかしたらあるかも知れませんね。

自分は生まれが熊本で、先の震災について報道しせんが為、被災地を踏み荒らす報道陣の蛮行にとても胸を痛めております。
それ以前の災害においても同じような蛮行が屡繰り返されてきたことは通信インフラの発達によって世間の明るみになる所となりましたが、実際の所、最近に限ったことではなくジャーナリズムという考え方が日本に根付いた頃から既に存在している問題のようです。

また、お金を稼ぐ為に、という意見が以前の記事にも見られましたが、実際無料で閲覧できるカテゴリに目を惹く為の記事をアップして、儲けられるのか?儲ける為の仕組みをつくれるのか?という疑問が残ります。
事実、直接的なジャーナルの分野ではありませんが、出版業界はそれをやって売上が著しく低下しています。「活字離れ」がその直接の原因ではなく、「ネットビジネスの成功例が無い」というのが実情のようです。出版の場合、著者による動画配信や、メディア露出による売名という手段があり、それを行っているにも関わらず、実際の生き残りは極わずかということです。

と、ここまで否定的悲観的な意見を述べましたが、気概を持って活動している方々も少なくはあるけれど存在しているのもまた事実で、その選択ができるようになったのは情報インフラの発達の恩恵だと思います。

また、情報に対するユーザー側のニーズや価値観もそれぞれですので、特にこういう正解のない分野では多少必要とされる面もあるのかも知れません。
とは言え多過ぎると思いますが…

長文失礼致しました。
[ 2016/04/22 22:12 ] [ 編集 ]
まるでゲッツェが日本の報道陣を成敗することを期待しているかのような記事ですね
日本でもドイツでも、確かにジャーナリズムは欠如しているようです
そしてその一因に我々が加担していることも忘れてはなりません
[ 2016/04/22 22:13 ] [ 編集 ]
現地で不評を買って取材してる割にはネットニュースで出るくらいの日本のスポーツの扱い、興味の無さがそれはそれで腹立たしいです。話は変わりますが、鈴木良平さんというグラードバッハにコーチ留学して今でもFoot!という番組でそちらに取材に行かれてる方がいるんですが、BVBの試合後にトゥヘルのコメントが映像付きで流されるんですが、なんでトゥヘルは英語で答えるんだろうと毎回の様に言われるんですが、確かにロイスやマッツはドイツ語で答えていますし、自分もなんでだろうと思い始めてきたんですが、そちらでは話の種にもなってませんか?将来イングランド行く気満々だとも取れますが。
[ 2016/04/22 22:14 ] [ 編集 ]
この記事へのコメント欄が、意外に、やっぱり日本のマスコミは……という流れ一辺倒ではなく、ユナイテッドを引き合いに出した反撃とも言えるものが多いのは興味深いし、正直気分がスカッとしますね。

やはり現地の記事でも、安易にそれが全て正しい、とか、これが現地の反応の全てだと考えるのは危険ですね。
どこの国にだって色んなマスコミがいるものだし、いつも綿密な取材の元に書かれた記事だけがドイツに流れているはずがないですから。

プレミアに比べて、クラブのマスコミのらあしらいが下手とか、そういう話は目新しくて面白い視点だと思いました。
[ 2016/04/22 22:24 ] [ 編集 ]
日本人記者の行状と香川は無関係だろうよ
混同して香川までバカにしてるルールの記者も、大概メディアとしてレベル低いわ
まあ、ドルのフロントと蜜月だからドルとトゥヘルとドイツサッカー協会の意向が、ゲッツェin香川outなんだろうよ
飼い殺しにせず放出してくれるから、まあいいけどな
[ 2016/04/22 22:33 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございました。とても気になった記事だったので内容がわかって助かりました。
管理人の意見には完全に同意です。日本のマスコミの言動が良い印象を与えて無いのはツイッターでも感じ取る時がありましたので。香川選手に対する印象や評価にも影響を与えるのではとずっと心配だったのですが、RNの採点が低めなのは関連あるような気がしてきました。
日本の社会では空気を読むっていうのが重要ですよね?私も海外生活の経験があるので感じるのですが、場の空気を読んだり、相手を思いやったり、ごうに入っては剛に従うっていうのが日本人の良さでもあると思うんです。でも日本のマスコミだけは逆を行ってますね。香川選手に限らず頑張ってる日本人選手の応援どころか、足を引っ張ってるとしか思えない。爆買い中国の方のマナーが日本では印象良く無かったりしますが、消費してくれるから受け入れてます。日本のマスコミの態度はそれに近い気がします。ドルトムント側(関係者すべて)にとって迷惑でもクラブの宣伝になりますから内心不快でも受け入れるでしょう。
彼らがもし現地の言葉を理解して、現地の友達がいて、現地社会で暮らす必要があるのなら、日本人としてどれだけ恥ずかしい行いをしているか気づくはずなんですが。
香川選手への取材に殺到するのが悪いとは思いません。需要があるのなら。ただやり方に問題があるのだと思います。現地には現地のマナーや暗黙のルールがあるでしょう。リバプール戦の前にクロップに場違いの質問をして失笑をかった記者がいましたが、プロとしてはレベルが低いと思います。もちろん海外メディアにも問題はありますが、少なくともサッカーに関係しては日本のマスコミのレベルは低いですね。

フンメルスとゲッツェの移籍問題がどうなるか、香川選手の今後にどんな影響があるのか、これから目が離せませんが日本のマスコミが暴走しない事だけを祈ります。
[ 2016/04/22 22:45 ] [ 編集 ]
なんか・・・独断的な評論を押し通している印象。
でも、マスコミなんて、一部以外は「この程度のことを書いても、追求されない」のだと思う。
なんて言ったって「言論の自由」があるから・・・。

日本のマスコミも、最近はアポもとらずに突撃取材したり、ルールも礼儀もない記者が多い。
そのうえに、視界も狭い。
世界に出るマスコミは、マシな脳細胞の人に出て欲しいけれど、そういうわけにもいかない。
辛いところであります。

管理人さん、いつもありがとうございます。
[ 2016/04/22 22:49 ] [ 編集 ]
管理人さん、翻訳ありがとうございました。
完全に八つ当たりですね。

この記者が日本人記者の仕事の姿勢が気に入らないのと、香川選手のパフォーマンスと今後は別の話ですよね。

日本の記者に対する疎ましさと、香川選手に取材出来ない苛立ちを
選手に対して的外れな論調で綴るとは思いませんでした。

まず日本の記者はクラブに許可をもらって取材しています。その範囲は分かりません。
この記者は香川選手にしか取材をしないのを揶揄していますが、仮に香川選手以外の選手に
取材を申し込んだとして、この記者は更に営業妨害だと思うのではないでしょうか。
もし日本人記者に文句があるならクラブと話すか、日本人記者と話し合いをすればいいのではないでしょうか。

香川選手に取材を申し込みたいなら本人に聞くか、広報を通すだけなので、
彼らには簡単な事なのではないですかね。
日本人記者に頼んでまでコメントをもらいたくない、小さなプライドの為に選手を傷つける記事を書かなくても・・・
と思いました。

ゲッツェの外堀の埋め方もエグイですね。
[ 2016/04/22 22:50 ] [ 編集 ]
ジャーナリズムもジャーナリストも存在しない日本ですからね!
取材対象と恋愛関係になったり、鳥越の様に自称ジャーナリストがイチ企業のCMに出演したりするんですから
[ 2016/04/22 22:55 ] [ 編集 ]
上の人で香川がドルトムントに復帰する際の現地の期待ぶり、熱狂ぶりはハンパじゃなかった。
と言ってるけど復帰した移籍金額ででそこまで過剰に期待を押し付けるのもどうかと思うが
香川レベルの選手や稼働率からもあの金額でとれたなんてドルにとって得でしかなかったと思うが
[ 2016/04/22 23:02 ] [ 編集 ]
なんだろうね。すごく不快な記事ではあるけど、以前渡辺謙さんがラストサムライでアカデミー賞にノミネートされた時、授賞式に現れた大量の日本人ジャーナリストが渡辺氏が助演男優賞を逃した途端に皆居なくなったので、アメリカ人ジャーナリストが日本人の島国根性に驚いたって言う記事を思い出しました。
今ここに偉大なハリウッドの俳優がたくさんいるのに、たった一人の日本人だけを取材しに来た日本人たち。
アメリカ人ジャーナリストが日本人に驚きと侮蔑を感じたように、きっとルーアの記者も日々苦々しく思っているのでしょう。
ただ、これをどうにかする為にはもう少し日本サッカー自体が強くなって成熟しなくては対等には思われないだろうし(それでもここ数年で香川などの活躍で大分前進したとは思いますが)、記者は記者で自分たちの仕事の分野でドイツ人に一目置かれるようなことをしなくてはなりませんね。
たとえばミムラ氏などの良記事がドイツ語で発表でもされたら、日本人の熱心な仕事が理解されると思いますが。

さて、ゲッツェですが本当に帰ってくることを望んでいるのなら、イバラの道なのかもしれないけれど応援したいと思っています。
香川が移籍したときには「もう少しゲッツェと一緒にプレーしてほしかった」というのが心残りだったもんで・・・
サポも反発はあるかと思いますが、それをプレーで見返すことが出来たら最高ですね


[ 2016/04/22 23:03 ] [ 編集 ]
そもそもゲッツェ本当に戻って来るの?
戻って来たら初戦みるのが怖いもの観たさで楽しみでもありますが(南スタンドの熱狂的サポの反応とか)w
まぁゲッツェ復帰はこの記者の希望なんでしょうけど
例えゲッツェが戻って来て香川が追い出される形になったも今期の成績で移籍先はたくさんあるでしょうから心配してませんよ
[ 2016/04/22 23:04 ] [ 編集 ]
日本のマスコミを擁護する気はまったくありませんが、仮に日本人記者に腹を立てていたとしても、それと選手の評価は本来なら分けて考えるべきこと。
レヴァークーゼン戦の低評価を見てから、ルールナハリヒテンのことはメディアとして信用してません。
評価の分かれる試合はありますが、あれはさすがに香川個人への悪意がない限りあり得ない採点です。
[ 2016/04/22 23:04 ] [ 編集 ]
普段の採点のトンチンカン度と合わせて考えると、単に日本のマスコミの
振る舞いをあてつけに使っての香川下げ記事な感じですね。
ルールナハリヒテンの採点記者は、香川嫌いなんだろうなーと思っていましたが、確信になりました。
興味深い記事です、翻訳ありがとうございました。
[ 2016/04/22 23:19 ] [ 編集 ]
気分の悪くなる記事ですね。香川選手と日本人記者とは別個に考えてほしいです。
香川選手はドルの選手であるけれど、ドイツ人じゃなく日本人です。日本人ではあるけれど、ドルトムントと言うチームのために
精一杯プレイしているのだから、ドイツ紙の不満解消?のために媚びうる事無いと思います。
[ 2016/04/22 23:20 ] [ 編集 ]
いい加減、日本の記者の人達は考えてもらいたい。
国内のサッカージャーナリストのツイッターやフェイスブックでも、
苦言を呈されていましたよ。(先日のリバポクロップ会見でのこと
恥知らずが記者になるとはよく言ったものです。
[ 2016/04/22 23:22 ] [ 編集 ]
日本のメディアの質も低いんだろうけど、ルーアだってたいしたことないよね
記事の内容みたら、矛盾したことばかりだし まるでわかってないし
香川サゲの記事を意図して書いてばかりなんだからさ、それって平等なジャーナリズムと言えるのか?
どっちもどっち 目くそ鼻くそ(下品ですが)
いいんじゃない、ゲッツェ戻っても 何といってもドイツ人で代表選手だから
自分は、香川はドルに拘る必要ないと思ってる 彼がもっといい経験をつめるチームに移籍できることを望んでる
[ 2016/04/22 23:48 ] [ 編集 ]
日本の記者の態度は、他の記者に迷惑をかけ続けているのでしょうね。それだけではなく、クラブや監督にも迷惑をかけている。
日本人記者はクラブの練習場にも大量にやってきては、その場のルールを無視して、かなり迷惑をかけているそうです。

つい先日(4/18)Liverpoolの記者会見で一人の選手のことだけ聞く記者に対し、とうとうクロップが怒りましたね。
一人の選手だけ注目して喋るのはえこひいきになるし、チーム内のバランスを崩すことになるので監督としてはとにかく避けたいのでしょう。

なのに日本の記者はそれをし続ける。他の記者たちも相当怒っていると思われます。
日本の記者は、とにかく自分たちのことだけを考えている。

このままではドイツでの香川の立場が悪くなる一方でしょう。
ドイツを含め、他の国の記者は、日本人の特に香川の記事を書きたいとは思わなくなっている。
というか、もうすでにかなりひどい状況になっているんでしょうね。

なぜ日本のマスコミは、日本では記者同士のルールを守るのに、海外では滅茶苦茶なんでしょうね・・・。
例えば海外の災害被災地でも、日本の記者は入ってはいけない場所に無理矢理入って迷惑をかけている・・・。
取材対象の立場を苦しめる記者って、一体何なんでしょうね・・・。
[ 2016/04/22 23:57 ] [ 編集 ]
了戒記者毎試合後香川の記事書いてるけどしつこいしハンブルガーSV戦でフルで出たから「たった一つ残されたタイトルがかかってるポカールの準決勝にはひょっとして・・」とか失礼なことを書いてましたね
日本人記者でも香川に好意的な人もいれば好意的でない人もいる
制限すればいいと思うけどね
[ 2016/04/23 00:13 ] [ 編集 ]
その失笑されてる、多くの日本人記者も地元経済に協力している。大リーグが日本人選手を獲得すると、多くの記者、マスコミ関係がくっついてきて、現地のホテルやお店が潤う。年俸とか直ぐに元とれる
[ 2016/04/23 00:19 ] [ 編集 ]
でも日本でドルトムントの試合を見てる人は殆どが香川選手がいるからだと思う。試合に出る出ないは別としてきっかけは香川。

日本じゃまだまだサッカーは浸透してない。日本人にとってメッシの知名度はジョコビッチやジアンビーより下だろうし一般人の殆どはクリロナさえ知らない。

多分ネイマールやハメスのほうが知られてる。日本のCMとW杯の影響で。

こんなんだから「ドルトムント」に需要はなく「香川」の記事を下劣なマスコミが求めるのも当然。

日本のサッカーを押し上げていくしかない。

[ 2016/04/23 00:52 ] [ 編集 ]
ルーア・ナッハリヒテンって意味不明な評価してるなーと思ってたらドルトムントと密接なんですか・・・
つまり
[ 2016/04/23 00:55 ] [ 編集 ]
海外サッカーにしろMLBにしろ、所属の日本人選手がどうだったかが興味の殆どだからね。
入れ替わり立ち代りどいつもこいつもミエミエのリップサービス目当てに現地に出張って
「○○はどうですか?どう思いますか?」っておらが村のヒーローの評判と動向しか興味ないんだから
そら侮蔑もされましょう。
[ 2016/04/23 00:55 ] [ 編集 ]
最近買ったサッカー専門雑の記事で少し気になっていたのですが、ドイツ人ダニエル・テーベライト氏が>ドルトムントの試合後にはいつも、山守淳平氏に沢山の仕事が待っていた。・・・ドイツ人記者たちの数多くの質問をこなれた様子で日本語に訳していた。香川が卓越したパフォーマンスを見せることは日常茶飯事で、そのたびに記者たちが殺到していたのである。そんな山守氏はもういない。(中略)ただし今、試合後の香川が何も語ることなくドイツ人記者たちの前を通り抜けていくのは通訳がいないことが理由ではない。香川よりも他の選手のコメントの方が求められているからである。というものです。香川がドイツ語が堪能であったら、または記者が香川は全くしゃべれないという偏見が無ければ何も語らず通り抜けるという事にはならないと思うのですが。
それと、今思い返せばトゥヘルになってからの数か月間で香川のテレビ特番、密着取材が少なくても4本は放送されました。私生活がテーマのもの、海外移籍からの活躍や苦悩を描いたもの、ドルトムントの町クラブサポーターの紹介のもの、少年時代のエピソード中心のものなど各テレビ番組がありました。ファンにとっては知らなかった人柄や生活が分かり、ますます好きになりましたが、非常に個人的な内容だったので、たぶん多くの人が香川のファンになってもドルトムントのファンにはならなかったと思います。そういう取材を得意とするサッカー専門の記者ではない記者達もが最近は取材に行っている可能性があり、山守氏がいなくなってしまった事が更にドイツ人記者たちを遠ざけてしまっていますよね。明らかにメディアの対応が上手くいっていないと思います。ベテラン現地記者の香川密着取材という記事も、マルクス・パーク氏ですが、東スポか!っていう位取材無しの感想文ですから、これがドイツで読まれているのならファンが、香川は不調だっただの8番は無理だの言うのも分かります。
香川も、マネージャーが居るのですから、メディアの対応をしっかりさせたいですね。
[ 2016/04/23 01:00 ] [ 編集 ]
日本のマスコミも大概だし、同じ日本人でもおかしいんじゃないの?と思う様な質問、失礼にあたることを質問をぶつけてるのをたまに見かけます。しかもそれを当たり前の様に悪気を感じていない様子を見て無知で恥ずかしく思います。
でもルーア・ナッハリヒテンも日本ほどではないかもしれないけど大概ですね。
特に試合後の採点はいい加減の様な気がします。なんかやっつけ仕事でやってる様にも思えてしまう様なことが多々あります。
それに選手によって採点が甘かったりなので、なんかピンと来ないです。
特にムヒタリアンに関しては採点が甘い様に思えて仕方ないです。もちろんムヒタリアンが良い選手と言うのは疑いようがありませんが、ムヒタリアンにもパッとしない試合や、消えている試合もあるのに3.0、3.5、4.0は全く見ない様な気がします。もしよければ、管理人さんの採点についての意見をお聞きしたいです。
[ 2016/04/23 01:24 ] [ 編集 ]
ゲッツェとは合ってたし別に共存したらいいし
[ 2016/04/23 01:35 ] [ 編集 ]
メディアに関しては日本だけでは無いですが、勘弁してもらいのが本音です。
ただし記者の立場にたってみると上司からコメント絶対もらってこい!と言われてるかも知れません...(私はマスコミ、インタビュー、取材等はまったく分からなく、素人の考えです)

管理人さんや皆の声が大元のテレビ局、新聞社等に届く事を願います。
[ 2016/04/23 01:54 ] [ 編集 ]
マスコミそんなに多いのかよ、試合後とかリーグ中とか毎週そんなに長時間選手に負担かけんじゃねえよ。記者のやつらっていまだに昔を引っ張り出して比較したりちょっとおとなしい試合の時香川には責めるような言葉で質問してるし。
[ 2016/04/23 01:57 ] [ 編集 ]
ゲッツェの移籍騒動をリアルタイムで見てかなりのショックを受けたので、正直帰ってくんなと言う気持ちです…。いまだに顔見るとちょっと思い出すし、腹立ちますね。
管理人さんはあの時のゲッツェにどのような感情を抱かれたでしょうか?

あとRNの記者で名前は出しませんが1人香川の事が嫌いなんだなあと感じさせる人がいます。
Twitterでもたまに悪意のあるつぶやきをしています。
日本のメディアもほんと恥ずかしいし香川のイメージが悪くなるのでやめて欲しいですが、記者なのに感情丸出しな人に言われたくはないなあというのが本音です。
[ 2016/04/23 02:34 ] [ 編集 ]
ルーア・ナッハリヒテンごときの記者が何言ってもな
言ってることもお粗末だし、妄想でネタを作りあげる日本の記者と変わりゃしないよ。
[ 2016/04/23 02:43 ] [ 編集 ]
日本のメディアが最悪なのは日本人も知っている、でもそのせいもあってか?なんだかとてもトゲがある記事ですね。香川へのリスペクトもどこかない。
[ 2016/04/23 02:44 ] [ 編集 ]
地上波の記者はダメダメでしょ、まだCSの記者のほうがまともだと思う
[ 2016/04/23 05:11 ] [ 編集 ]
この記事から推測すると、
現在 香川の地元メディアへのインタビューやコメントが非常に少ないのではないでしょうか?(ドイツ語か英語での)
地元での露出が少ないので 印象が悪いて事はあるかな?

[ 2016/04/23 06:52 ] [ 編集 ]
地上波が絡むとおかしな記者が紛れ込む
CSや専門誌ではきちんと取材してるし、選手とも近い
そういうの読んでるとプロでやってる人は迷惑してると思うよ
たぶん俺ら読者よりムカついてると思う
ただ批判を言うとあいつら(メジャーどころ)ってそれをあげつらって潰しに来るから始末が悪い
専門誌って結局マイナーだからね
[ 2016/04/23 07:07 ] [ 編集 ]
本当は香川ともっと話したい事への裏返しでもあると思う。実際ドルの試合を見て香川を無視するのは難しいですからね。ビルトの番記者のように仲良くもできないので彼らなりにもストレスが溜まっているのかもしれない。
[ 2016/04/23 07:16 ] [ 編集 ]
いつもお疲れ様です。
日本人記者には日本人もウンザリしています。
でもだからといって香川に対して不当な評価や記事を書いていいという理由にはならない訳で・・・。
プレーを見ず、自分の感情を優先する記者が日本人記者をバカに出来るのか?と思ってしまいます。
[ 2016/04/23 07:31 ] [ 編集 ]
ギュンドアン温存説やらげたどこの国のマスコミも同じようなもんですね
[ 2016/04/23 08:11 ] [ 編集 ]
ルーアの記者も、ギュンと香川間違えて採点したり、23に背番号戻ってからも、ずっと7番になってたし、日本のマスコミと大差ないね。
[ 2016/04/23 08:22 ] [ 編集 ]
ルーア・ナッハリヒテンもフジテレビも同じレベルでしょう
それと会社の資金で欧州取材をしてる記者とフリーの記者、現地在住で委託されてる記者色々立場がありますから
フジテレビなんざ擁護もしたくないが、香川はどうか?って質問を1回でもしなければ、
その質問1つも出来ないの?君の変わりはいくらでも居るから、欧州担当から外れてもらうなんて事もあるわな
[ 2016/04/23 08:43 ] [ 編集 ]
ゲッツェを獲得するとなるとドルトムント史上最高額になる可能性大だろうな
それとも干されてるから少し安くなるのか
いずれにせよバイエルンに移籍した時と同じでフロント主導だろうし
ユーロも終わってるしトゥヘルはどう扱うんだろう

[ 2016/04/23 08:57 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。

最期の方、BVBのファンの大部分が望んでいるようにゲッツェがもし本当にもどっててきたとしたら、とありますが、過激でないファンは、容認しているということでしょうか?なんか歓迎しているという印象をつけるために書いているように感じるのはうがった見方でしょうか?

日本のメディアに関してうっとおしく感じる現地は、まあ想像がつきます。大分以前ですが、スイスにメディアを連れて取材してもらう仕事の際、本社の上司から「日本人は自分たちで固まって、写真を撮られた際見た目も美しくないから、招待人数に制限を設ける」と言われ、お連れする方のダメ出しにまであってしまいました。

露出をたくさん日本で獲得したいものとしては、なんて失礼な奴らだと思いましたが、周りとコミュニケーションをとらずに、自分の欲しいことだけを効率的に欲するようなことがあれば、よくは思われないのは、ある程度はしょうがないのかなと思った記憶があります。

香川選手は、日本人を代表する選手として、日本メディアを満遍なく大事にしなくてはならないでしょうし、悩ましいところだと思います。香川選手が、現地のメディアと意識的にコミュニケーションをとる努力をしてもらって、信頼関係を作ってもらうことで、バランスが少しずつ改善されていくのではないでしょうか。

単純なことですが、現地メディアのSNSをフォローしたり、ニュースをリトリートしたりするだけでも、印象が変わるような気がします。

それにしても人気選手は大変です。

[ 2016/04/23 09:53 ] [ 編集 ]
自分の感情丸出しで記事書いてる時点で日本のマスコミどうこう言う資格はないな
[ 2016/04/23 11:07 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝見しています。
私は週末になると、「サッカー」「海外の反応」というキーワードで記事を探し、日本人選手の活躍ぶりを縦列的にチェックします。また、日本人選手が大活躍したと知ると、嬉しくなって詳しい記事を漁るように探します。多分私と同じような方も多いと思います。

私のような人間が、日本人選手に対する国内マスコミの態度を誘因しているのかなと思います。しかし、こうした週末の楽しみ方も一概に悪いことではないですよね…
[ 2016/04/23 11:35 ] [ 編集 ]
なんとなくイメージで『香川はドルトムントでは特別で愛されている選手』と無邪気に考えてしまうけど
現実は甘く無いというか色々事情が絡んでいてそう単純な話では無いですね

ただ 所詮助っ人外人である と考えれば変に情緒的にならずサクッと移籍できそうで良いかもしれない
[ 2016/04/23 12:40 ] [ 編集 ]
日本のジャーナリズムは先進国の中でもレベルが低いでしょう。世界の戦争内紛、領土問題で日本に被害がなければどのテレビ局も日本に関係ないことは、起こってないことですから。日本のジャーナリズムに教養は足りてません。見る方もそうですが、物足りない人はネットで自ら複数の情報を集めていますね。
国際問題にしてもこのレベルですからスポーツ分野ではまだまだお気に入りのフリー記者に頼らざるをえません。記事の責任、質の責任=記者の責任で彼らは書いてますから。

それと香川とゲッツェの流れは別問題ですね。言いたい不満を移籍問題に無理やり絡めているように思えます。
[ 2016/04/23 12:40 ] [ 編集 ]
日本人記者がどうのこうのは、オブラートに包んでるだけかと。
単にプレー内容に不満なだけだと思います。
ずっと活躍している選手ならこんな皮肉は言われないと思います。(二連覇時代の香川であれば。)

ドルトムントがもっと上を目指すなら、不安定な選手をメインには使えないというのも分かるといえば分かります。計算できないので。
ここの所の上向きな調子を、香川を事細かくチェックしている日本人サポや日本人記者であれば「適応できてよかったね!」と単純に思えるけど、果たしてを向こうの記者や現地のドルサポ(香川ファンではない)はそんな生温かいイメージで思ってくれてるだろうか…
多分、トゥヘルやクラブ側の方がずっと香川のことを理解はしてくれているかもしれない。
でも向こうの記者たちからすると、新システムが~など関係なく、単純に不安定な選手としてしか判定されていないのではないか…。もう残り一ヶ月ですもんね。
確かに他のスタメン選手は年間通して安定したプレーを見せ、チームに貢献しているし、ムヒタリアンなんかは1シーズンのみの不調で、今やすっかりスーパーな選手・大黒柱へと成長している。
それだけに、スタメン組の中での香川のふがいなさは目に付くかもしれない。ベンチ要因であれば別にいいけど…。
ここに来て調子を上げようが、もう遅いと思われてるかもしれないし、日本人の目線と向こうでどう思われているかというのは、かなり乖離している可能性もあるかもしれない…と自分は思っています。
[ 2016/04/23 12:56 ] [ 編集 ]
 
日本のスポーツマスコミの酷さは中田の頃から一切成長してないのがよく分かる
[ 2016/04/23 13:46 ] [ 編集 ]
というかゲッツェが来ると本当に思ってるやついるの?w
[ 2016/04/23 14:58 ] [ 編集 ]
香川はまたプレミアに挑戦するつもりだからいいんじゃない
[ 2016/04/23 15:08 ] [ 編集 ]
ファンの大部分がゲッチェの帰還を望んでるのは真実なのかな?
この地元の新聞の信憑性がどれくらいあるのか分からない
[ 2016/04/23 15:10 ] [ 編集 ]
本当にゲッツェが来るなら前線はこのフォーメーションが見たいね!
オーバメヤン
ロイスカガワゲッツェミキ
ヴァイグル
DF4枚
うん 強い
[ 2016/04/23 15:53 ] [ 編集 ]
記者だけではなく、日本からドルトムントに応援に行っている大勢のファンのマナーなんかはどうなんですかね?
日本人多いらしいですからね。
毎日、練習所であらゆる選手に群がってサインもらっていそうなイメージなのですが…大丈夫ですかね。
[ 2016/04/23 16:08 ] [ 編集 ]
> ずっと活躍している選手ならこんな皮肉は言われないと思います。(二連覇時代の香川であれば。)
> 確かに他のスタメン選手は年間通して安定したプレーを見せ、チームに貢献している

二連覇時の香川だってずっと活躍してたわけじゃないよ
怪我の後はスランプだったしいろいろ言われてたじゃん
ムヒ以外誰も安定したプレーみせてないよ
ロイス、オバメ、バイグル、フン、ゴンゾ、ギュン、ピシュ他みんな調子悪かったりフォメに影響されたじゃん
皮肉ってフンはシーズン前半散々メディアに叩かれてたし、ロイスだって怪我の後はスランプ続きで言われてたよ
ロイス、オバメ、バイグルも今年になってパフォ落ちて採点最低点ばかりだった時期あったじゃん
この記事はフォメもポジも的外れだしゲッツェ戻るの後押ししたいだけだよ
[ 2016/04/23 16:41 ] [ 編集 ]
RNは香川選手が以前在籍していたときから採点は辛いです。
プレー内容がどうこうでとう話ではないと思います。

香川選手が一時試合になかなか出れてないときがあったのは事実で、フォーメーションや各選手の役割を理解していないRNの記者には調子、プレー内容が悪いと思われても仕方ないかもしれません。
ただ、では他の選手はどうだったのか。
今シーズンずっと調子を維持できていた選手はミキくらいです。
調子が悪くてもスタメンで出続けていた選手は何人もいます。
香川選手だけ安定していないと思われるなら、記者として失格ですね、バイアスがかかって見ているわけですから。
採点をしたりしているわけですから、最低限の目は持ってほしいと思います。
[ 2016/04/23 19:35 ] [ 編集 ]
香川が不安定って言われるけど、ゴールとアシストなしで採点が悪かったのは後半戦は1月半だけでリーグ戦は4試合しかないんだよね。
今季の出場試合数や時間も攻撃陣の中ではムヒ、オバに続いて多いし、他のドルトムントの選手と比べてもかなりいい方。
[ 2016/04/23 19:54 ] [ 編集 ]
管理人さん、はじめまして。いつも記事を楽しみしています。

>毎日、練習所であらゆる選手に群がってサインもらっていそうなイメージなのですが…大丈夫ですかね。
セレッソがそういうファンサービスを随分時間を掛けてやっているようですが、
Jリーグと同じ感覚で群がっていたとしたらゾッとするものが。
女性に多いですがサッカー選手を芸能人と同じように思っているというか、あまりアイドル視しすぎるのもいかがなものかと思います。
日本はメディアまでもがそういう感覚なのか、内田選手に集まっている記者が女性だらけだった画像を見たことがありますが、
あくまでもスポーツ選手なのだということを忘れないでほしいです。

ルーアの記事は、今のミックスゾーンの現状を解決しようとしていない香川選手にも苛立っているように感じますがどうでしょうか?
選手はメディアを敵にまわしたくないあまりハッキリ言うことは出来ないと思われるのでチームの広報にお願いするなどして、
香川選手への日本のメディアの質問は代表者が2〜3つまでにまとめてもらう、
個々の取材はそれぞれアポイントをとってOKが出たものだけ、とか何か対策が必要なのではないでしょうか。
[ 2016/04/23 20:31 ] [ 編集 ]
香川よりもフンメルスとかロイスとか個人的に追ってほしいが、
そもそも記者がサッカーにあんまり興味ないんだろ
日本人=香川の記事しか読まないって思考しかもってないのでしょうがないし
香川がドルトにいるのでドルトにいったって記者がほとんどだし
サッカー記者ではなく香川記者だから仕方ないね
[ 2016/04/23 22:26 ] [ 編集 ]
ドルトムントの選手の中で香川だけが不安定だから仕方ないとか、メディアが言ってることを無条件に信じてるやつがチラホラいるな。
この記事は明らかに、ゲッツェの出戻りを後押しするための記事で、ゲッツェ出戻りのためには無駄に人気がある香川が邪魔だなあって意図が透けてみえるがな。
[ 2016/04/23 22:29 ] [ 編集 ]
香川のプレー内容が現地の記者やサポの期待に答えられていない、不満でなければこんな皮肉を言われないとコメントされている方々がいますが、香川は昨シーズン後半と今シーズン前半の2015年通して活躍しチームに貢献しましたので、ユーロスポーツの2015年通年のベスト11にロイス、オバメヤンと共に選ばれています。また今シーズン前半は現地サポのフォーラムトランスファーマルクトでブンデスベスト11にオバメヤン、フンメルス、ムヒタリアン、ギンターと共に選ばれています。後半にシャドーになり苦境を経験しましたがこのポジションでロイス、カ ストロ、ムヒタリアンより早く適応し活躍しています。

ムヒタリアン以外他の主力の選手たちも今シーズン不調の時期はあり、その都度ドイツメディアに批判されています。ムヒタリアンも昨シーズンはほぼシーズンを通して批判されていました。活躍したことはすぐ忘れて批判をし、あたかもずっと不調であるかのように批判するのは日本のマスコミもドイツのマスコミも一緒だと思います。ルーア・ナッハリヒテンの香川嫌いはいつものことですし、サッカー専門誌のキッカーですら後半戦に入ってしばらくの間前半戦の433で採点していたので、ルーア・ナッハリヒテンレベルの記者に戦術やポジションが分かるわけがないです。戦術やポジションに関しては日本の記者の方が分かっていると思います。香川が移籍すると思っていたこのルーア・ナッハリヒテンの記者にとって香川が現在苦境を乗り越えて活躍しているのが予想外で、ドイツ人であるゲッツェの帰還を望んで香川を当て馬にこの記事を書いたのでしょう。管理人さんが前に何度か訳されたトランスファーマルクトのサポのコメントをみると、マスコミの記事を鵜呑みにするようなサポはほとんどいないと思います。

日本人記者の印象がドイツ人記者に悪いのはリバプール戦前日会見のフジの行動をみれば当然だと思います。フジが質問した途端に笑い声が聞こえクロップの対応から日本人記者が普段からこういう事をしているのだと思いました。しかし管理人さんのように日本人記者数名があのフジの行動に対して疑問を呈していましたし、良い記事を書く方もいます。管理人さんの他のブログの記事にコメントをしましたが、Numberに良記事が載っていました。
[ 2016/04/24 00:39 ] [ 編集 ]
日本人記者の件はユナイテッドの時も同じような話しがありました。グローバルな感覚を身につけられない日本人記者の振る舞いは、同じ日本人として恥ずかしい。しかし、ルーア・ナッハヒリテンの香川真司に対する記事にも納得いかないことの方がはるかに多い。香川は日本人ですが、ドルトムントを愛していますし、ゲッツェとファンの関係が悪くても香川とゲッツェは友人です。もしゲッツェがドルトムントに戻ったとして、トゥヘルがどう使うか分かりませんが、香川とゲッツェは一緒にやっていけます。むしろ、リーグ優勝とCLタイトルを狙うならワールドクラスの選手がもっと必要です。いずれにしても、香川をダシにするのはやめて頂きたいと思いました。
[ 2016/04/24 01:04 ] [ 編集 ]
ルーア ナッハリテンについて詳しく存じ上げないのですが、記者は本当にドルトムントを愛し、中立かつ精緻な調査をしている方かどうかも気になります。
ルーアの名前から、シャルケのファンも読者にいるのかもしれません。それならば偏向した報道にも、一定の合点がいきます。

今のシャルケは記事にならないほど退屈ですので、ドルトムントの選手を褒めたりけなしたりすることで、バランスを保ちながらエッジの効いた(と記者は思っているが実際は独善的な)記事が編集責任者もすり抜け記事になっているのかもしれません…
[ 2016/04/24 06:49 ] [ 編集 ]
ルールナハリヒテンを批判する意味が分からないなあ…
二連覇時代のルールはめちゃ香川大好きだったし、高評価ばかりだったよ。
まあ復帰してからのプレーが原因だろうね。
残念ながら、それだけ目を見張るプレーが無くなってしまったんだよ。
地味で堅実なだけじゃ駄目だ。
積極性に欠けるようになったのも事実だし、ファンの自分でも納得はできるよ。
やっぱり香川といえば、もっともっと華やかでスカッとするプレーが見たいでしょ!
[ 2016/04/30 09:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。