ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「この輝きの失せた別れはギュンドガン自身の責任!」《ドイツの反応》

【ヴェルト】



この輝きの失せた別れはギュンドガン自身の責任!



entry_img_993.jpeg

トーマス・トゥヘルはシーズン終盤になってイルカイ・ギュンドガンを起用していない。この代表選手は補欠となっている。これはまったくもって正しい決断であり、当然の結果だ。

スポンサーリンク



BVBはドイツポカールの決勝進出を果たした。これはこの国のサッカー界が提供することができるもっとも感情的な最高点の一つだ。ドルトムントは決勝の魔法の力を知っているし、だからヘルタを3:0で下した後でフィールド上に集まって、大喜びし、少しほっとしたようにお互いにたたえ合った。喜びのあまりじゃれ合う黒と黄色。試合に負けてがっかりしたヘルタの選手達と:イルカイ・ギュンドガンをのぞいて。


20160422215623d37.jpeg
一人で去るギュンドガン 左下



90分のみの忠誠心


彼はポカール決勝戦のあとでチームメートたちとは違った道に進む事になるだろう。彼はマンチェスターシティへ移籍するとみられており、今シーズンでボルシアとの時間は終わることになる。そしてその関係は同じ目的をもった一つの関係となることはなかった。彼のみせたパフォーマンスはBVBにいくつかの成功をもたらしたが、彼はそのドルトムントの舞台を他のヨーロッパのビッククラブへの移籍の夢をかなえるための舞台として利用したのだ。


ギュンドガンの忠誠心は審判が笛を試合開始の笛を吹いてから、終了の笛を吹くまでであった。これはプロフェッショナルだ。しかしそれ以上でもそれ以下でもない。ギュンドガンをBVBのスローガン“本物の愛”を要求することは、マーケティングのスペシャリストでさえ難しいことだったろう。(注:“本物の愛”がマーケティングであることから。)


そしてこのクラブとの一緒の仕事も非常に無感情的に終わることになる。彼の契約は2017年の6月30までとなっているが、すでに別れは始まっている。彼はこれまでにも負傷でスタメンを外れたり、戦術的な理由などでベンチ外となったことはあった。しかし彼の移籍が決まってからは、彼の役割はリーガにおいてはますます意味をなさないであろう。この25歳にとって決定的となるような試合はもうない。


201604222146184d6.jpeg


ヨーロッパリーグでのリヴァプール戦180分間での彼の出場時間はたった480秒間で、ヘルタとのポカール準決勝は13分間だった。試合が決定的となる2:0の場面までトーマス・トゥヘル監督はベルリンを相手にゴンザロ・カストロを起用したのだ。そしてトゥヘルのヴァリエーション豊富な戦術の中心となる人物は、もう長い間彼ではない。ユリアン・ヴァイグル・20歳だ。



トゥヘルの選択は理解できる。


トゥヘルは将来を見据えている。そしてそれは正しいことだ。ドルトムントでは将来外国でプレーする選手を起用しないことに対して誰も悪い気はしないであろう。ギュンドガンはそれに対し、残りの日数を数える事となる。彼はすでに頭の中はマンチェスターの事でいっぱいのようだ。あと5試合残されている。


彼が見せた試合で、彼がパフォーマンスを理由に強風にさらされる(弱点をさらす)ようなことはあまりなかった。しかしながら5年間も非常に熱心な黒と黄色のコスモの中で過ごすことができる、クラブを体現する選手としてはファンタジーが欠けていたようだ。この合理性には非常に目をみはるものがある。





以上です。

非常に厳しい記事ですね。でも記者の言っていることは理解できますし、ベルリンの試合の後で彼一人喜びの輪に加わらず控室へと一人歩く姿は非常に印象的なものでした。
トゥヘルの決断も、今後を見据えたものとして考えれば、彼の意思を貫くものであり、今回は理解を示すファンも多いです。

この終わりはちょっと寂しいですね。でもまあ昨年からの流れを考えればしょうがないかなあ、とも思えます。



【おまけ今日のドイツ】

DSC05623_convert_20160422220240.jpg


モーリッツブルク城の入り口
[ 2016/04/23 06:00 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(66)
それでも
プロとして、そして人として尊敬するアスリートである
どこにいっても応援します
たとえバイエルンにいったとしても…
[ 2016/04/23 06:53 ] [ 編集 ]
しゃあない、というか早い段階でリーグ戦、実質二位確定で100%のチームを組む必要がなくなったからな
取りこぼさないように最善を尽くすより来季に残るメンバーで連携深めるほうが優先順位高くなっただけ
早い段階でカストロをボランチで試せたからある程度の結果が出せて、今は大事な試合でもギュンドガン使わなくても良くなってきた
もっと一位か三位と接戦なら最後まで使ったろうけど、まぁタイミングと状況がそう傾いたって話やね
[ 2016/04/23 06:54 ] [ 編集 ]
機械翻訳なのであっているかわかりませんが、ギュンドアンは脛を打撲したので早く引いただけだとギュンドアンが一人去っていく写真をアップしたWAZの記者がツイートしています。
記者自身も写真への反応にショックを受けてビルトなどでひどい記事になったので写真を削除するとツイートしています。
これまでのギュンドアンのチームへの貢献を棚に上げての批判は本当に悲しいです。
[ 2016/04/23 07:01 ] [ 編集 ]
プロなんだから、移籍するのは当然。今後を見据えて使わないのも当然。
ただそれだけだと思う。
[ 2016/04/23 07:18 ] [ 編集 ]
ギュンも結局トルコ系だから、こんなバッシングを受けるんだろうな
移籍なんて普通のことだろうよ
[ 2016/04/23 07:24 ] [ 編集 ]
なんか酷い書かれようだなあ
[ 2016/04/23 07:43 ] [ 編集 ]
ギュンドアン自身はひどい奴に見えない、家族は知らんけど。
[ 2016/04/23 07:44 ] [ 編集 ]
今年一年残ってくれた事に加え、フリーでの放出ではなく移籍金を残して出て行ってくれる。
十分ドルトムント愛を感じます。次のステージでも大活躍を期待しています。
[ 2016/04/23 07:46 ] [ 編集 ]
これでギュンが残って香川が出ってたら大爆笑するけどな(笑)
[ 2016/04/23 08:09 ] [ 編集 ]
今シーズン残ってくれただけでも感謝なのに、この起用は酷いな
ゲッツェ見たいな裏切りでもなく、当該ポジションに若手が居る訳でもないのに酷すぎるわ
[ 2016/04/23 08:28 ] [ 編集 ]
香川が元気なかった原因の一つかな。ギュンドンとは仲良かったから。
[ 2016/04/23 08:30 ] [ 編集 ]
ケガ治ってないし、移籍前に悪化して売り物にならないのは困る。ギュンは早い段階で移籍決まったが、他選手もシーズン終了から移籍に動くかもしれないよ。この記事は感じ悪いですね。
[ 2016/04/23 08:31 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
日時と対戦相手は忘れましたが、香川がドイツに来て絶賛売り出し中の時に、キーパーと1対2になり、香川もゴール出来ましたが、左を走っていたギュンにパスを出して彼がフリーで流し込みました。周りが駆け寄るのを制止しながら香川に駆け寄り抱きついたのを思い出しました。記憶は定かではありませんが、その時からの香川との友情を育んだような気がします。週末になると、眠気を払いながらリーグやポカールの優勝決定の瞬間を見ていたのが懐かしいです。
その頃大好きだったクバが居なくなり、レバやゲッツェ、ペリシッチも‥。ギュンやフンメルスが居なくなるとムヒやオバが残留したとしても、一つの時代の終わりのような気がします。何処へいっても頑張って欲しいですね。
[ 2016/04/23 08:50 ] [ 編集 ]
ギュンドガンの場合去年のあの流れで一気に厳しい目で見られるようになってしまいましたね。
その辺の経緯をよくわからずに印象でコメント書いてる方もいらっしゃるみたいですが…。
移籍金を残してくれるということは御の字でしょうけども、やっぱりさみしいというか残念だなぁという気持ちでいっぱいです。
カップを取ることと、来季を見据えてリーグ戦残り試合実りある試合(もちろん全部勝ってほしいです)をしていってほしいですね。
補強もうまくしてほしいです。
[ 2016/04/23 08:51 ] [ 編集 ]
ギュン自身は愛情深い人に見えるので残念ですね。ただ去年の移籍するしないのゴタゴタがずっと尾を引いてるので去り方は難しいとつくづく思います。特にギュンの場合は怪我で長期離脱の後だったので印象が悪かったですよ。

とはいえギュンがドルを大事に思っていないはずはない。ドルを去ることに胸の痛みを感じないはずはないです。親友の香川と離れることも寂しく思ってる。それでも自分の道をしっかり歩いて欲しいですね。
[ 2016/04/23 08:54 ] [ 編集 ]
厳しい記事?こんなのただの恨み節じゃん
お金や名声を求めて何が悪いのさ。

彼自身クラブやファンに対して後ろめたさや罪悪感を感じてるからこそ、足早にピッチを去ったんでしょ
何が本物の愛だよ。本当のファンなら暖かく見送ってやれや
[ 2016/04/23 09:08 ] [ 編集 ]
本物の愛(真実の愛)が、マーケティング的だなあと今年になってずっと感じていましたが、ドイツでもそのように言われているのが興味深かったです。でもそれが、前からなのか、最近なのかが気になります。

ゲッツエのことがちらついて(ポジ的には互換性はないけれど、予算的な点で関係する)ギュンを使ってフロントは、また新しい都合のいいシナリオを作ろうとしているような気がしてしょうがありません。

まあ、去年のバタバタがあったし、怪我で長く戦力になれなかったことを考えると、彼も多くはチームに望めないのでしょうけれど。

新天地での活躍で、またシナリオは変わります。がんばってください。
[ 2016/04/23 09:28 ] [ 編集 ]
親父の評判があまり良くないってのは見たことがあるな
プロ選手は実働年数考えたら年俸高いところに移籍はある意味当たり前だし仕方の無いこと
プレミアで活躍してCLの舞台でドルトムントと戦って欲しい、頑張れギュンドアン
[ 2016/04/23 10:04 ] [ 編集 ]
誰がどう見ても腰掛けにしか見えないんだろうね。
重症を負ってリハビリをしていた1年2ヶ月、給料は労災から出たらしいけど
恩知らずな奴だと思う人も少なくないはず。
これはシャヒンも同じく。
[ 2016/04/23 10:10 ] [ 編集 ]
私は全く分かる気はしません。
これまでの彼の貢献や、彼のキャラクターからを考えると理不尽なくらいの言われようだと思います。
実際に御本人にお会いして話をした印象では、本当に誠実で、少しシャイな、可愛らしい方でした。サッカーが大好きでプロフェッショナルなんだと感じました。自身のステップアップを考えるのは当たり前の事ですし、ニュルから加入してからはフィットするまで苦しみながら頑張ってましたよね。それを2冠達成までやってのけるくらいまで成長してみせてくれたのに…
ギュンドガンに対しての過度な批判は敬意を欠いているとしか思えません、本当に。
[ 2016/04/23 10:12 ] [ 編集 ]
まあ移籍絡みのゴタゴタは代理人絡みなのでしょうがないとは思う。選手が忠誠心を持つかどうかはクラブ側の問題。

ドルトムントにもっとブランド力があれば選手の流出も防げる。
[ 2016/04/23 10:14 ] [ 編集 ]
>彼はそのドルトムントの舞台を他のヨーロッパのビッククラブへの移籍の夢をかなえるための舞台として利用したのだ

ドルトムントから移籍する選手には毎回こういう言い方するんですかね
[ 2016/04/23 10:28 ] [ 編集 ]
それでも香川とカストロの疲労度を考えたらギュンのスタメン起用があってもよかったんじゃないかなと
にしても黒と黄色のコスモすかw
[ 2016/04/23 10:44 ] [ 編集 ]
去年の移籍の騒動にしたって、バルサの不祥事が原因でギュンドガンはむしろ被害者だと思うのですが…
この写真のように、悪く見ようと思えばいくらでも悪く見れますが、これだけクラブに貢献してくれた選手に対してやることではないと思います
もちろんドルトムントに残ってくれれば嬉しいですが、気持ちよく送り出せないものなのでしょうかね
別にバイエルンやシャルケに移籍するわけではないのですから
[ 2016/04/23 11:15 ] [ 編集 ]
ギュンに関しては昨季の時点で移籍する意向を示していたけど、怪我などもあってか結局期待したオファーが来なかったこともあり1年残留、おそらく次は移籍するだろうという雰囲気ありありでしたからね。
昨季から移籍に関する情報がやたら表に出てはギュン自身がそれを弁明し、でも延長はしなかったことで顰蹙を買ったりと色々ごたごたして批判されてましたので、その意味ではもう十分冷めて見られていたように思います。
もちろん今季は怪我による不調からの復活も果たし文句のない素晴らしいプレーでチームに貢献しているので、そこは十二分に評価されていると思います。
ギュン自身に大きな問題があるというよりも、どちらかと言えば親族でもある代理人のやり方に不愉快な思いをしている人が多い印象です。
[ 2016/04/23 11:18 ] [ 編集 ]
どうか孤独の淵に落ちないでほしい。
[ 2016/04/23 11:32 ] [ 編集 ]
怪我明けの移籍騒動と1年更新が致命的だったね
結構活躍したからこれで済んでるけど
もう少し不調が多かったらこんなもんじゃ済まなかったと思う
[ 2016/04/23 11:39 ] [ 編集 ]
ポカールの決勝には出させて欲しいな
出ていくのは決まってるかもしれないけどせめて一つでもタイトルをとって良い終わり方を迎えて欲しい

[ 2016/04/23 11:47 ] [ 編集 ]
さすがに少し酷いな。
移籍が確定的になったと解ると掌を返したような言われようだし起用のされ方だ。長年チームに貢献した選手への扱いじゃない。
リーグ戦なら起用に関しては百歩譲って理解しよう。
しかし、カップ戦は別だ。
チームの最高戦力で挑まなければならない。
ポカール決勝でトゥヘルがどんな布陣でスタートするのか非常に興味深い。
トゥヘルの評価はその時決める。
[ 2016/04/23 12:12 ] [ 編集 ]
前に書かれている人もいめすが、私もギュンは痛めた箇所があって先にベンチに帰ったと聞いています。発信した人が削除しようと思ったような写真を、こんなふうに注釈をつけると物語のようになるんですね。

酷いもんだな~
移籍なんて誰にでもある事なのに。

日本の記事をどうこう言えないレベルの記事ですよね、これ。
[ 2016/04/23 12:13 ] [ 編集 ]
一つ前のナハリヒテンの記事見ると、ドイツにも嫌気がさす。
香川選手にも、使い方に問題があるなら、ドルから移って欲しいと最近考えが変わってきました。
[ 2016/04/23 12:32 ] [ 編集 ]
酷い記事ですね。

確かに一年残ったのは、ペップがバイエルンから移りそうだったからかもしれませんが、今年ドルトムントのリーグ2位に貢献したのは、明らかです。怪我からベストの状態にもどるのに、この1年は彼にとっても移籍の前に必要だったと思います。ドルトムントにとっても、ギュントアンにとってもお互い一年間は意味のあるものだったと思うので、こんなに酷く言われたら、気の毒です。移籍金だって手にはいるわけですから。ギュンドアンの移籍が他のチームメートの移籍に何らかの影響を与える?連鎖反応みたいのを危惧しているのかなぁ?
[ 2016/04/23 12:40 ] [ 編集 ]
問題はギュンだけなのか?フンメルスは移籍しそうだし、ムヒタリアンも怪しい。
この三人の穴埋めなんか無理だろ。
[ 2016/04/23 12:40 ] [ 編集 ]
どんな才能ある選手もガストアルバイター扱い、か
[ 2016/04/23 12:43 ] [ 編集 ]
ギュンが1人寂しくベンチに下がる姿は大変印象的ですね。
ファン含めドルトムント全体が彼を冷遇してる理由の一つには、ゲッツェのときと同じような面影が見え隠れしているからでしょうか。
ライバルチームへの移籍ではないとは言えども、シティと秘密裏に交渉していたという記事が公になったことで、やはりトゥヘルの選択は正しいことがわかりますね。
個人的にはギュンはこの際そのままでいいにしても、フンメルスにはトゥヘルのサッカーの将来性を考えてもらって是非とも残留してもらいたいところですね。
[ 2016/04/23 12:46 ] [ 編集 ]
こんなのお互い様だから仕方ないと思うんだけどね。
ドルトムントもドルトムントで、割とアッサリ選手を見切るじゃん。
“本物の愛”を持っていたグロスクロイツはどうなった?
[ 2016/04/23 13:20 ] [ 編集 ]
移籍しないのが本物の愛なの?

ご都合主義に本物の愛などという言葉を使わないでほしいね。

まぁ日本の東スポみたいな雑誌なんだろうけど。
[ 2016/04/23 13:36 ] [ 編集 ]
サポやメディアからも愛されたまま出て行った香川は本当に幸せな移籍の仕方をしたんだな
[ 2016/04/23 14:29 ] [ 編集 ]
若者は挑戦したいものですよね。ギュンの移籍はしょうがないことです。
最近、ヴァイグルが、縦に運ぶようなドリブルを時々見せてますね。
骨格はしっかりしているので、筋肉をつけるとすごいCMFになりそうです。
サッカーは人生と同じだと、海外のファンはよく言いますが、まさにそうですね。
人生を味わうように、サッカー観戦を楽しみたいです。
[ 2016/04/23 14:44 ] [ 編集 ]
シャヒン、カストロとメリーノもくるから、ギュンドガンは抜けても大丈夫。
フンメルスだけは残ってほしいけど。
でもフンメルスが残ったら、ズボティッチが出ていくだろうなぁ。
どっちも寂しい。
[ 2016/04/23 14:54 ] [ 編集 ]
どこ行っても応援するよ👍
[ 2016/04/23 15:22 ] [ 編集 ]
香川は来期の合宿やウィンターブレイクは誰と同室になるんやろ?とどうでもいい事が気になってしまった…
[ 2016/04/23 16:02 ] [ 編集 ]
1年、残ってくれたおかげでクラブは移籍金を得る事ができるし、カストロ、ライトナー達がフィットする時間も得られた。今季始めからギュンがいなかったらこれ程楽に今の順位にいられただろうか?逆にこの1年残った事で彼のメリットは何かあっただろうか?

去年の残留は他ならぬ愛では無いのか?

クラブの為に貴重な選手生命を犠牲にした
選手に対して愛が無いなどと
言うセリフは余りにも愛が無い。
[ 2016/04/23 16:50 ] [ 編集 ]
エジルも家族がマネージメントに口出してややこしい事になってるんだよね。
トルコ人は家族愛が強いらしいけど、金が絡むと余計に面倒な事になるんだろうな。
[ 2016/04/23 16:57 ] [ 編集 ]
ギュンドアンと言えば、チームの大黒柱・司令塔としてずっとプレーしていた。
なので、このところの起用のされ方やプレーの仕方(いつものように自らがチームの中心となってプレーしようとしなくなった。周りに譲ったり、控えめ。)を見ると、ああ、移籍してしまうのだなあとしみじみ感じられる。
それでもヘルタ戦の途中から出てきたギュンドアのボールの持ち方、体の動かし方はもう別格というか風格がものすごかった…
ドルトムントレベルではもう無い選手だなと。
しかい香川の方がずっと上だったのに、ユナイテッド以降ずいぶん差が付いてしまったな…と感じずにはいられない…
[ 2016/04/23 17:25 ] [ 編集 ]
酷い言われ方ではあるけど、ちょっとそうだよね・・と思ってしまいました。
いくら膝を怪我したからって、チーム皆が歓喜の踊りしているのにベンチへ下がるかなあ?香川ならしないよね。我慢して一緒に喜ぶ。ギュンは香川以外のチームメイトとあまり上手くいってなかったのかとまで勘ぐってしまいました。
ギュンドアンさんごめんなさい。
[ 2016/04/23 17:36 ] [ 編集 ]
この記事にもトゥヘルにも本当の愛は持ち合わせてないだろ
いくら去年からチームを去ろうとしたとしてもギュドアンのチームへの貢献を考えたらよくやってくれただろ
それにドルトムントのバランスを一番うまく取ってるのもギュドアンだろ、パスもうまいしスピードもあってドリブルも出来て守備もうまいし時には自分からシュートも打てる
かなり利他的で時には自分でって、それがちょうど良い比率でこんな選手なかなかいないけどと思う
そういうプレーを大事にするドルトムントを象徴する様な選手だと思う
そもそも選手ならお金やステップアップを考えるのは当然
ドルトムントがそのステップアップの頂点のチームじゃないし、仕方ない
それにベップもどきの元より本物のベップが呼んでくれてるし本物の元でプレーしたいと考えるのは普通だと思う
ギュドアンにはシティでもどこに行っても頑張って欲しい
[ 2016/04/23 17:50 ] [ 編集 ]
ここまでクラブに貢献した選手に対してこういう扱いをしている限り、
ドルトムントは永遠に世界のビッククラブに肩を並べる存在になれないし、
選手にとってステップアップの場所でしかないだろうな。
[ 2016/04/23 18:35 ] [ 編集 ]
香川がユナイテッドに移籍したときは、噂はたくさんあっても交渉内容など
具体的な情報が漏れることは決してありませんでした。
香川自身も代理人もメディアに対して駆け引きめいた発言は全くせず
そもそも移籍に関することはするもしないも完全ノーコメントだったと思います。
リーグ優勝も自身のゴールで決め、カップ戦決勝で1G1Aの活躍をして優勝、クラブ初の2冠達成。
観客席にファギーが来ていて試合後に聞かれてもグロスクロイツが助け舟を出してノーコメント。
その後のパレードでもインタビューでも移籍にはノーコメント。
最後に誰にも別れを告げずにクラブのロッカーを出るときにクロップと抱き合って泣く場面まで
本当に完璧に立つ鳥あとを濁さないクリーンな移籍劇でした。

長文ですみません。
ギュンドアンは新しいステージにチャレンジしたいでしょうし、最後にカップ戦で優勝して
綺麗に〆て移籍してほしいですね。
[ 2016/04/23 18:45 ] [ 編集 ]
酷い書かれかたですが
打撲にしろ怪我が多すぎませんか?
移籍は規定路線だと思いますが、噂されてるプレミア移籍が確実なら怪我の多さで心配でなりません
[ 2016/04/23 18:46 ] [ 編集 ]
私も会社を渡り歩て来たが、いたいたこんなネガティブ上司(野郎)
こんな記事書くようじゃダメよ。何も生み出さない。
[ 2016/04/23 19:01 ] [ 編集 ]
デイリーメールに英国のスポーツ選手の年収トップ10のリストが載りました。ルーニーが驚くべきことに8200万ポンド(100億円を超える)で1位、アグエロ3300万ポンドで5位、シルバ3100万ポンドで6位、ファブレガスとファルカオ2900万ポンドで7位、ナスリ2200万ポンド9位、アザール1900万ポンド10位。ギュンドガンがシティに行くとなると、年収は2000万ポンド近くはもらえるのではないですかね。さっと計算しても、25億円くらいは稼ぐことになるのではないでしょうか。これじゃ太刀打ちできませんね。それにしてもオイル漬けクラブはすごい。ベスト10に6人も入っている。
[ 2016/04/23 19:12 ] [ 編集 ]
このように訳してくれる人が現れてから思うことはドイツ人記者って結構冷たいなぁということ
ギュンドアンもドイツ人ですがトルコ系だからロイスやメディアに強い力をもった代理人がいるミキなどに比べるとキツい書かれ方しますよね
[ 2016/04/23 20:14 ] [ 編集 ]
なんか香川またメンタルやられそうだね。丸岡がいなくなった後もなかなかやばかったし……こんなに仲のいいコンビだったのに。ピッチの上でもいつもギュンドアンは香川を見ていた。でもギュンドアンはポカール決勝決まった時に話に加わらなかったのは気に入らない。残り少ないチームメートとの日を大切にすべきだ。この言動はどんな感情からくるものなの?BVBのチームメイトが好きじゃないのか。ペップが率いてもメガ選手が居ないとマンチェスターシティが成功するかなんて分からんのにな。レスターを見て欲しい
[ 2016/04/23 20:38 ] [ 編集 ]
トゥヘルの内心は分かりませんが、個人的には単純にフィットネスの問題だと思っています。
ポカールの決勝にいないなら話は分かりますが、今の段階から未確定な来年のチームを前提としてポカールに臨むという事はさすがにないのではないかと。今シーズンはもうチーム内競争が必要な時期でもないですし、決勝へ向けて連携を高めるのみ!
[ 2016/04/23 20:59 ] [ 編集 ]
香川の友達って事はつまり俺の友達って事だ(笑)。
ギュンよ、大志を抱け!君は君を絶対裏切らない。
[ 2016/04/23 21:26 ] [ 編集 ]
ギュン、ありがとう。
君のことは忘れないし、どこへ行こうと応援してるよ。
[ 2016/04/23 21:48 ] [ 編集 ]
ギュンは調子少し落としてるから使われないんだと思う。

香川と比べてるコメはポジション違うのわかってないでしょ。
[ 2016/04/23 22:30 ] [ 編集 ]
移籍する選手に裏切り者よばわりのレッテル張り。クロップがいた時代はまだ情緒的に許せたが、これはクラブとして、またドイツ人として何か欠陥があるんじゃないのかな?

移籍は裏切り行為じゃない。クラブが選手に魅力ある環境を作っていく責任がある。クロップ時代にはそれがあったから、ドイツやドルファンは勘違いしてるんじゃないのか?

ドルに魅力がなければ良い選手はよそのクラブに移籍するのは、当たり前のこと。
そんなことも分からん奴らには開いた口がふさがらない。
[ 2016/04/23 22:53 ] [ 編集 ]
まあこれはしょうがないよな
どのサッカー選手だってこういう問題を抱えている
理想のチームと現実のチームは違うし常に変化し続ける
忠誠心つってもなあ。難しいよ。それに将来の生活もあるしさ
[ 2016/04/24 00:25 ] [ 編集 ]
ギュンドアンはBVBを愛してなかった? いや俺はそうは思わないけどな。まぁ真実は彼にしか分からないが。
フンメルスやムヒタリアン、いずれはオバだって引き抜かれるだろう? その時にはまたこう言った言葉を投げかけるのか?
そうじゃないとしたら、それはえこひいきになる。

俺は伝統あるこのドルトムントが好きだ、だがこう言った嫌いがあるのもまた事実だ。
[ 2016/04/24 01:00 ] [ 編集 ]
あの2冠達成時のメンバー
ゲッツェが抜け、レヴァンドフスキが抜け、両翼のクバグロクロ、ペリシッチが抜け、ついにギュンドアンも。。さらにはフンメルスも。
香川が大活躍したあのシーズンはかなり印象に残っているだけに、本当に寂しすぎますね。

本当に1つの時代が終わった感じですね。。。
[ 2016/04/24 01:11 ] [ 編集 ]
香川を追いかけてきた俺ら日本人の目から見れば香川に匹敵する好選手だからなあ
サッカーぐらいは人種の問題なんかに悩まないで住む世界であって欲しいよ
[ 2016/04/24 01:18 ] [ 編集 ]
選手からチームへの愛は要求するのに、チームから選手への愛はぞんざいだよね
今までどれだけ貢献してきたと思ってるんだ
[ 2016/04/24 09:27 ] [ 編集 ]
こんな記事書かれちゃうのはある程度仕方ないかなとは思う。

けど俺はギュドアンを応援してるわ。
代表ユニ着て香川の応援してくれたのは本当に最高だった
[ 2016/04/24 12:56 ] [ 編集 ]
ケガで稼働してないのにドルが長期で面倒見てたって背景もあるから、
よくある移籍話として括るには難しいかもね
[ 2016/04/24 17:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。