ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ルーア・ナッハリヒテンへの批判について 《ドイツの反応》 ※補足済み


entry_img_995.png

最近ルーア・ナッハリヒテンに対する批判が後を絶ちません。



これはあくまでルーア・ナッハリヒテンから多くの記事を訳してきた管理人の感想ですが、ルーア・ナッハリヒテンは非常にごく普通の一般紙だと思います。特にメディア批判に値するような面は見当たりません。(実際に購読して毎日読んでいませんのでそれ以上は言及できませんが、ここ2年間では誰よりも多くの記事を紹介してきたのではないかと思います。)


香川ゴールでBVBはVfBに勝利!!好調香川は高評価!ドイツ紙寸評と採点 

スポンサーリンク




香川選手のファンの方が香川選手の批判記事や低い採点に腹を立てて、そのメディアに文句を言いたい気持ちは理解できます。しかし現状ではネット掲示板などで書き込まれた、低い採点に対する感情的な発言が、いわゆるまとめサイトなどで大きく取り上げられ、いつのまにかそのようなイメージで簡単に処理されるようになってしまったというのが、こうしたメディア批判の主な原因だと思っています。



中には、日本人差別、アジア人差別、反日、印象操作といった過激な意見もかなりの確率で飛び交い、それらを通してルーア・ナッハリヒテンに対するマイナスの見方が増幅されているのだろうと想像することは難しくありません。



もちろん記事の内容が悪ければその記者とメディアは批判にさらされるべきであると思います。ただし、そのメディアがどいういうものかを知ることなく正当な批判はできないのではないでしょうか?




ドイツという国は日本の国の在り方とは全く違います。それぞれ限定的な統治権をもった16の州から成り立つ国家なので、一都市に集中する事なく、どこの街でも様々な文化が手に入ります。その代わり東京のような大都市は一つもなく、良くも悪くも田舎な部分があります。北と南、東と西でも全く違います。



なので新聞の在り方も日本とは基本的に大きく違います。読売新聞や朝日新聞のように何百万部も発行するような大手新聞は一つもなく、それぞれの地域に2種類ぐらいずつ地元紙があるだけです。発行部数は1日10万部から30万部ぐらいでしょうか。(全国各地で購読できる高級紙というものがありますが発行部数はフランクフルターアルゲマイネ新聞でも25万部です!!)


そしてドルトムントで発行されている2つの新聞が西ドイツアルゲマイネ新聞とルーア・ナッハリヒテンです。そしてルーア・ナッハリヒテンの発行部数は一日12万部と、日本の感覚で言ったら非常に小さな新聞社です。



彼らの主な目的は地域住民にスポーツを含めた地元を中心とした幅広いニュースを提供する事です。こうした前提の下でボルシア・ドルトムントの取材も行われています。地元なので当然ドルトムントとも自然と密接な関係になりますが、だからと言ってBVBのニュースを売りにしている新聞ではありません。



なので正直にってしまえば、そうした新聞には熱心なサッカーファンが求めるような質を期待することはできないと思います。新聞自体がサッカー専門誌レベルを目的としていないのである意味当然でもあります。彼らの目的はスポーツを含めた地元のニュースを提供する事ですから。 



それを補うようにドイツには専門誌であるキッカーがありますね。



このあたりが日本の読者との大きなずれがあるのではないでしょうか。




記事の内容が悪ければそれを批判するのは当たり前だと思います。でもルーア・ナッハリヒテンに専門誌並みの質を期待して、それが得られないからという批判や、メディア全体に対する批判はフェアではないと思います。(少し変な例えかもしれませんが、500円の定食に5000円の懐石料理を期待して批判することはフェアではありまんよね。)




今後も当ブログをはじめ様々なメディアでルーア・ナッハリヒテンの記事を目にすることがあると思いますが、是非ともこのような性格を頭に入れて読んでいただければと思います。




ルーア・ナッハリヒテンの採点を紹介し始めたのはおそらく当ブログではないかと思います。なので今回のルーア・ナッハリヒテンの批判に対して思う事がありましたので補足的に書かせていただきました。



香川ゴールでBVBはVfBに勝利!!好調香川は高評価!ドイツ紙寸評と採点 

ドイツ紙「香川は再び力強さを発揮!しかし今後はゲッツェ次第か?!」

 なお上記の記事で「香川は8番を渋々ひきうけた」というような日本の記事を見かけましたが、そのような記事は原文には見当たりません。



※補足 コメント欄での質問の答えなどです。


・問題点について


この記事で問題にしているのは、一部の記事を元に「ルーア・ナッハリヒテン=くだらないメディア、反日メディア」だというような極端な批判に対してです。(結構あります。) 

採点やスポーツ面の記事そのものを批判する事と、それを通してメディア全体を批判することには大きな違いがあると感じています。

もちろん記事や採点を読者の観点で批判する事は正当なことだと思います。



・ルーア・ナッハリヒテンの採点についての管理人の感想

個人的には地元紙の採点というのはこんなものだろうと思っています。相手チームの採点はしませんしそれだけすでに主観的になっています。実際にマルコ・ロイスやオバメヤンにも香川選手と同じぐらい低い点がつけられおり香川選手が不当な扱いを受けているとは感じていません。以前のマルコ・ロイスの寸評で「まずまずの出来」という寸評で採点が4の時もあったことからも、彼らの基準では平均的なパフォーマンスでは3.5から4だと思います。もちろん記者によって多少のばらつきはあります。ぜひ香川選手が出ない時の他の選手の採点などにも目を通していただければと思います(ちなみにキッカーが採点をポイント化していますが、3.5が0ポイントとなっています。1が10ポイントで6が-10ポイントです。3や3.5は決して低くないです!!)


・ルーア・ナッハリヒテンは以前は甘かったが最近は厳しいという点について。


これはキッカーの採点もそうですが、香川選手は復帰してからはまだ一度もキッカー採点で「1」を獲得していません。平均点はマンチェスター移籍前が2点台でしたが、今シーズンは平均点3.31とチーム平均よりも下回っています。(ちなみにキッカーのリヴァプール戦での香川選手に対する採点は他のメディアと大きく異なり4.5でした。個人的にはこれこそ議論に値すると思います!!)採点が以前に対して厳しくなったのではなく、やはり現状のパフォーマンスを反映していると考えるほうが妥当ではないかと思います。今シーズンは2点台は非常に多く、十分高パフォーマンスだと思いますが、2012年のような採点は本当に特別でめったに出ません!!そこを基準にしてしまうといろいろと難しいと思います。



・小さい新聞だから質が悪くてもしょうがないと思っているのかという意見について。


少し誤解を招いてしまったようですので補足します。どのメディアも高い質を目指して書いてほしいとは思いますが、サッカーに関して、地元一般紙とサッカー専門誌に同レベルに質を要求することはできません。しょうがない、というわけではなく、それぞれの役割が違うので当然の事だと思っています。

 日本サッカーファンの採点に関して求めているクオリティーは非常に高いと思います。それを満たせるようなメディアは専門誌であるキッカーだけだと思います。

ルーア・ナッハリヒテンには地元一般紙というカテゴリーの中で質の高い新聞を書いてほしいと思っています。

それから管理人は日本人なので、日本のメディアに対して質を要求する権利はあると思っています。自分の国のメディアですからね。我々が要求しないで誰がするのでしょうか?多くのコメントにもありましたが、それと同様に日本人としてドイツメディアに質を要求したり、批判をして当然という図式が成り立つかどうかは良くわかりません。彼らの読者はあくまでドイツ地元民ですから。直接的な読者ではない我々日本人が、ドイツローカル紙を批判する事と、日本人が日本メディアを批判する事を同列に扱う事はできないように感じますが・・。いかがでしょうか?




さて、当ブログでは当初より、それぞれのメディアの性格を伝える努力をしてきています。ルーア・ナッハリヒテンを特別に擁護しているわけではなく、引き続きメディアの性格を伝えたいと思っているだけです。これも以前から何度も書いていることですが、ドイツメディアだからと言ってすべてが正しいわけではありません。大事なのはそうした背景を踏まえ、過剰な報道に惑わされることなくそれぞれが判断される事ではないかと思います。



[ 2016/04/24 06:29 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(131)
いつも楽しく読ませていただいております
他スレにも書かせていただいたのですがこちらにも
貼らせていただければと思います。

ドイツ人(ヨーロッパ人)からすれば選手個人はあくまでもクラブの一構成要素。選手個人の応援というよりクラブの応援がすべてで、個人チャントなんて香川が例外なくらいで向こうには無い。だからクラブの中心選手が移籍しようがずっと贔屓のクラブを応援し続ける。香川がマンUに移籍したらマンU応援、ドルトムントに戻ってきたらまたドルトムント応援…ヨ-ロッパの人たちはそんなことしない。現地メディアからすれば日本のメディアに対してドルトムントの取材ではなくて香川個人の取材に来ているだけなのね…というところがとても理解できないしフラストレ-ションになっているのかもしれない。フットボ-ルという競技自体ヨ-ロッパ文化そのものであるし最低限日本人もそういうところはリスペクトしなければいけないと思うけどね。
[ 2016/04/24 06:42 ] [ 編集 ]
まあ、なんとなくわかります。
競馬専門新聞と一般新聞の競馬欄ぐらいのクオリティの差なのでしょうかね。

いっそルーア・ナッハリヒテンの採点は紹介しないという方向性も選択肢のひとつかと思いますよ。
管理人さんが並列的に各メディアの採点を並べる以上、どうしても読者からすると各採点メディアが同程度のクオリティ・影響度を持っているという誤解を持ってしまうと思います。
その都度「ここはクオリティが低いので」と前置きするのも疲れることかと思いますので・・・
個人的には、「まあRNだから」というお約束ネタのような感覚で採点を眺めてますが
Web版でも記者採点と読者採点が乖離しているケースもよく見られるので、RN記者のつけた採点を参考とすることに正直あまり意味を感じられません。
[ 2016/04/24 07:16 ] [ 編集 ]
最近のネットで見かける記事について
この記事を読む事が出来てとても良かったと思います。

私の印象としては、最近のネットでみかける記事は早さやインパクトが重視され、見出しや取り上げ方がある特定の言葉を切り抜いて不自然に強調されたものが多く、
きちんと読み込まないと場合によってはものすごく偏った解釈をしてしまうものを多くみかけます。

それとどんな記事でもわかってしかるべきという考え方は危険ですね。

これからも頑張ってくださいませ。
[ 2016/04/24 07:19 ] [ 編集 ]
飲食店と公共媒体の新聞を比較してCP歌ったら終わりですよ
安い新聞は中身適当で間違った情報が掲載されていても文句言うなという風に捉えられてしまいます
新聞媒体はどのような記事であれそれを載せてしまえば、その情報に対する責任と当然批判される覚悟が必要です
それが嫌なら掲載しなければいいのです、情報の取捨選択は発行側が持っているのですから
ただ、内容を精査せず先入観のみで叩くなという事を指摘されたいのかなというのは伝わってきました

しかし、アジア人差別とか反日とかまで意見出てるって凄いですね
自意識過剰すぎますかね
[ 2016/04/24 07:25 ] [ 編集 ]
要するに、ドイツと違って日本のみんなは新聞とかメディアが繰り出す一般論にアタマが汚染されてるんだよ(笑)で、悪いことにそのことに気付いている人が極端に少ないし、喜んじゃってる人たちもかなりいる(笑)一般論なんて、メディアのセールストークでしかないし、ぶっちゃけ不特定多数が作り出す雰囲気、気分を言葉にしただけなんだけどね。だから何でもかんでもこれでやっちゃうから、気に入らなければ他人や他所の事情とか関係なく容赦なく悪く言うし、意図的な誤訳やありもしない文章をつけ足したりすることなんかが頻発する。下手すると言論統制的なことも起こるわけさ。現にネットじゃ香川や本田に対してのスレやレスはほぼこれだ。ビジネスマンまで絡んでやっちゃってるけどね(笑)
[ 2016/04/24 07:35 ] [ 編集 ]
まぁ確かに全体的に書いてるし地方紙だから質が落ちるし、悪気があるわけじゃない。というのも分かるけど、
ゴールを決めても、ゴールを決めていない選手より低い最低点タイの4点や
ゴール決めてないけど起点になってアシストも2回もした。ってときでも4点になるから、
不公平に感じるのはしょうがないよ。
特にこういう地元紙の評価を選手は見てしまっているみたいだから、それで選手のフラストレーションにも影響したり、
ドルトムントと密接だからこそドルトムントのファンの評価に影響したりもするから嫌な気持ちになってしまう。
他の選手は無難な出来でも少なくとも3だし、おかしいと感じてしまう。。
[ 2016/04/24 07:36 ] [ 編集 ]
小さいから許されるって訳じゃないと思うな。ドル公式がスポンサーリンクに表示してるから。
イングランドでもプレミアに日本人記者群がってましたし、今でも群がってますよ
現地ではまた日本人記者かよ、って思ってる事はあるだろうし、リバプール戦でイングランドの記者から
聞いて気が大きくなったドイツ人もいるから、あんな記事堂々と出したんでしょう。

でもね、イングランド人は内輪で言ったとしても大学生のサークルみたいなノリでSNSとか公共の場でやり取りしたり
あんな記事には絶対に表には出しませんよ。なぜならプレミアは市場開拓してるって知ってるから。
サッカーの発展途上国が大きなお取引先という自覚は絶対に持ってましたから。
だから、余計ドル周辺の記者に違和感を抱く人が多くて管理人さんの想像以上に反応が大きいんだと思いますよ。
ドルは想像以上に意識低いクラブなの?ブンデスはプレミアみたいに市場開拓とか野心はないの?え?と逆にびっくりしてるというか。

それに、プレミア時代は日本での日本代表戦での香川の取材にも向こうから来てます。
日本人記者に日本語向けで答えてる中の一人として日本語できる人が入ってきて、誤訳騒動がおきたりしてましたが、
在日英国人が翻訳が違うわ、翻訳は難しいよね~とか突っ込みが入って訂正記事がガーディアンに掲載とかありましたから。
プレミア時代からと比べられても困ると思いますが、読んでる方は無意識に比較してしまって大きな違和感を感じてしまうんですよね。
[ 2016/04/24 07:43 ] [ 編集 ]
理由無き批判はありません。
そして批判をする権利は誰にでもあります。少なくとも日本には。

ルーアナッハリヒテンが日本人記者を批判するような記事を書けばそれを批判するのも自由です。
そしてルーアの記者が日本人記者の立場を理解しかねるなら、ルーアを批判する人もその新聞の全容を知ることもありません。
彼等はただ香川選手の情報を探して辿り着くわけですから。

反日だのと過剰な反応を示す輩に関しては一般人の見解とはかけ離れた特殊な人達なので除外して考えたほうがいいです。

そういう人はネット上に少なからず棲息して、どこにでも現れ、目立ちます。
[ 2016/04/24 07:47 ] [ 編集 ]
地方紙はあくまで地方の物
遠く離れた日本人なんかが批判するもんじゃないですもんねー
地元の方はあれを求めてるんだからよその人間がどうこう言っていいことじゃないですよね
ああいう文化なのだし文化否定はよくないですよね
[ 2016/04/24 07:48 ] [ 編集 ]
そうではなくて、新聞に書いてあることが全て正しいわけではない、ということを日本人は知っているだけですよ
キッカーとナハリテンを比べて内容に乖離があるのなら、どちらをより信用した方が効率が良いか
そういう話をしているわけです
[ 2016/04/24 08:00 ] [ 編集 ]
地方のノリで書いてたのに翻訳されて広められて新聞は被害者ですよね
身内で楽しんでたら晒されたみたいな感じですか
[ 2016/04/24 08:04 ] [ 編集 ]
他のどのメディアより香川だけ特別に低評価してることが批判されているのであって、
レベルの差ではなく差別や悪意のレベルだと思われてるのが原因ですよ。
単なる質の問題ではありません。
各メディアでの各選手の平均点出せば分かりやすい差があるはずです。
[ 2016/04/24 08:05 ] [ 編集 ]
>管理人個人的にはその気概をジャーナリストには求めたいですね。彼らはそれで生活するプロなわけですから、ある程度の質を維持して当然だと思います。

過去記事に日本のどうしようもないジャーナリストについて、こう〆てますよね。
ですから、おかしい評価をするドイツの新聞に対し文句を言う我々もまた当然の行為なのではとも思います。

個人的には香川以外の記事をもう少し見たいんですよね。
今日の試合なら好調のムヒタリアン、低調だったロイスはどういう扱い(記事の大きさや掲示板のリアクション)になってるのか?とかね。
[ 2016/04/24 08:06 ] [ 編集 ]
読みやすくてかつ勉強になりました。
なんとなく専門紙のイメージがあったので、知れてよかったです。
ありがとうございました!
[ 2016/04/24 08:12 ] [ 編集 ]
確かに地元の小さな新聞社の採点に多くを求めすぎるのかもしれません。その大きな要因は日本でさもドイツの代表のように紹介されていることですね。このブログではきちんと説明されていますが他の媒体ではそうではありません。そして採点自体も首を傾げるものが多くより不信感が増して大きな声になって行ってると思います。

とはいえそういうものだと認識してまたかと笑える余裕も必要かなという気もします。
[ 2016/04/24 08:13 ] [ 編集 ]
だったら尚のこと日本人はこういう人たちですよってこの新聞が書かないといけないんじゃない? 
小っちゃい新聞社だからそのへんは蔑ろにしていいの?
ぶっちゃけいつも香川のことこの小さい日本人はとか書いてるでしょ?
ドルトムントにも貢献してきた選手だよね?
香川は175センチだよ?バレーやバスケの選手ならそれでいいかもしれないけどサッカー選手だよご存知じないかもしれませんけど(笑)
高原のときだってスシボンバーって書いてたじゃん
ブッフバルトが浦和でやってるときソーセージ野郎とかいわれてた?
自分たちは好き放題で日本人は節度をもって相手を常にリスペクトしないといけないわけ?
レッテル貼って傲慢なのは欧米人だとおれは思うよ
これは15年ヨーロッパに住んでた俺の感想
[ 2016/04/24 08:14 ] [ 編集 ]
スレッド違いのレスがついてますが、香川ファン、サッカー好きじゃないみたいな言われようですね。

それはともかく、よそのまとめはそんなに見ないので、色々まとめられてしまって、RNの批判が増えた責任を感じておられるのでしょうね。

それだけ人を惹き付ける記事を書き、人が多く集まるようになったブログだからだと思います。おそらく最初にされていた頃のようなコントロールが難しいでしょうね。

ただ、ここだけでなく、TwitterでもRNの記者さんは呟いていますし、昨日それらを自分で訳している方がコメント欄で傾向を書いていたので、キッカケはこちらでも、現況認識はここだけではないと思いますよ。

ただ小さな新聞という情報は、頭に入れておかなけばならないでしょうね。

ずれにせよ、香川選手を冷遇してるように思える新聞という印象は変わりませんけれど。
[ 2016/04/24 08:18 ] [ 編集 ]
そう、”地元紙"という点をきちんと分けて見れてない人が、
というか知らない人が多いから仕方ないともいえるけど
当人が喋った事とか、現地の記事とか
とにかく正確に伝えない事が多いのも事実で
ルーア云々ではなく、他国の記事とかもだけど
原文見て確かめた方がいいよね。
日本語にすると難しい言葉も確かに有るけど
「そーじゃないだろw」と思う訳も今まで何度も見て来てるし。
[ 2016/04/24 08:23 ] [ 編集 ]
※1 別に日本も基本は同じでしょう。特例で香川が中国代表に入っても(ありえないけど)中国代表ファンに乗り換えないでしょうし、アデミウソンファンのマリノスサポがアデミウソンが移籍しただけでガンバサポにもならないように。地元のサポーターにとっては当たり前でしょ。
チームの地元住民以外で、選手個人の熱烈なファンとか親しい関係の人の場合は、その選手が移籍したら移籍先のチームを応援することもあり得ますよね。
日本の場合は、日本人が海外で活躍する事が日本サッカーの発展に大きく関係してくるので、日本サッカーの事を考えると個人選手を追いかけてしまう。
「俺は香川が来る前からドルトムントサポだ、香川目当てのニワカが集まって来てんじゃねーよ。え?ドルトムントに行ったことあるかって?日本から出たことねーよ」って人はイライラするでしょうけど。

[ 2016/04/24 08:25 ] [ 編集 ]
管理人様
もちろんここが日本語サイトとしては件の紙面の翻訳を最も多く行ってきたと思われますが、もしそのことで責任をお感じならば、それは全く無用だと思います。ルーアナハリヒテンに対する批判の根源は、その記事内容と情報に対する不信です。
選手に対する寸評や採点は、主観が入るのは当前で、ある特定の選手に対して好みや独自の見方が映されるのは当然で、読者のほとんどはその点において了解していると思います。
しかしルーア紙の場合は(今回のようにプリシッチ選手の働きを香川選手より評価するなどその独特な評価の仕方にも違和感がありますが、)それ以上にゴール、アシスト、プレアシストなど、客観的に検証可能なデータレベルの間違いが多く、その間違いに基づく採点寸評が、なぜか香川選手に対してなされる機会が目立ち、ご存知かと思いますが過去複数回ありました。こちらのブログの開始以降の例で言うなら、例えば実際は香川選手のアシストであったのが、ギュンドアン選手のものとして語られ、それが明らかに採点に反映していました。
そんなわけですから、その非を問うべきは、書いた記者と承認した新聞社の責任であって、我々が反省するなどという類の事例ではありません。
信頼を回復したければ、正確なデータと筆の力で説得力ある記事を上げていくしかありません。
[ 2016/04/24 08:27 ] [ 編集 ]
根底にはまず、最近の日本のマスコミに対する極度の不信感があると思います
管理人さんは日本を離れて長いようですが、ここ数年で一気に日本では、マスコミの言うことはまず疑って掛かるもの、という雰囲気になっています
恐らく管理人さんとは、マスコミに対する信頼度に温度差があるのではないでしょうか?
日本のファンに流れる、信頼出来るのはキッカーだけ、という空気も、マスコミを迂闊に信用してはいけない、という考えが根底にあるからだと思います
[ 2016/04/24 08:29 ] [ 編集 ]
なるほど。現地の話は勉強になりますね。ありがとうございます。
[ 2016/04/24 08:34 ] [ 編集 ]
ルーア紙については管理人氏の言うとうりかもせれませんが、欧州は白人至上主義だし、アジア人を馬鹿にしてますよね…
[ 2016/04/24 08:39 ] [ 編集 ]
以前にも同じようなことを記事でおっしゃられてませんでしたっけ?
それから私はルールはこういう記事なんだなぁと気楽に読むようになりました。

今批判してる方々は多分、その似たような記事を読んでなかったんでしょうね。

ルールを批判することって、極論ですが、居酒屋のおっさんのスポーツ談義にツッコムのと同じようなものですよね笑
[ 2016/04/24 08:53 ] [ 編集 ]
前のRNの記事のコメント欄を読み返したけど、香川の採点が低いからって理由でRNを批判している人はいないんじゃない?あの記事の香川についての内容がお粗末で事実じゃないからRNは採点も低いよねって文句は2、3あるけど。某RNの記者のツイートがあからさまだから香川嫌いの記者が一部いるのは事実だし。そうじゃなきゃここまでRNだけが香川嫌いと言われない。WAZやキッカーも香川の採点が低いことあるけど批判されないよね。あの記事を書いた記者も日本人記者の態度と香川を絡めることなかったし。だいたい日本人で採点気にしてる人ってキッカーしかみないよね。
[ 2016/04/24 08:54 ] [ 編集 ]
大多数の読者が香川のホルホルネタにしか興味ないから、無理してでも色んな選手や監督に香川についてどう思ってるかインタビューしてるんでしょ。だからある意味仕事はちゃんとしてる

記者やマスコミ批判する前に我々日本人のサッカーに対する観方を変えなければいけない
[ 2016/04/24 08:58 ] [ 編集 ]
個人的にはここの翻訳記事を2ちゃんねるやアフィサイト、それどころかスポーツ新聞の記者まで引用し、香川が低く見られているという批判へつなげてる感じ。実際そういう部分はあるのだろうけど前に管理人さんが言ったように記者が何人かいる、といった部分に突っ込んでる人はあまり見ない。
[ 2016/04/24 08:58 ] [ 編集 ]
つまり500円の定食より5000円の懐石料理を信用すればいいっていうことですよね
やはり採点に関しては高級料理キッカーを信用すればいいってこと!
[ 2016/04/24 09:07 ] [ 編集 ]
選手を採点する以上は正当な評価を下すべきだと思うけど。サッカーに特化した新聞じゃないからといって、明らかに試合をちゃんと見てないような採点を載せてるのはちょっと…
[ 2016/04/24 09:10 ] [ 編集 ]
言いたいことも分からなくはないし、日本人記者の行動にもどうかと思う部分はたくさんありけど、そういう日本人記者の行動なんかをからかうように書くのは質の問題とは関係ない気がするけど
単に香川の評価が低いからってだけでの批判とはまた別問題のような
[ 2016/04/24 09:25 ] [ 編集 ]
普段コメントせずしれっと去っている者です
カテゴリの採点基準の記事、あぁこれだ
興味深い内容だったからうっすら覚えてたんだよ

・3ではなく4が及第点
・地元紙は相手チームの採点をしていない

このサイトはとてもお気に入りです。そちらから香りが漂ってくると言いましょうか
ドルトムントの話題をはじめ、サッカーにおける様々な出来事がドイツ視点で頭に入ってくるんですよ
度々閲覧させてもらっています。いつも面白い記事をありがとうございます
[ 2016/04/24 09:27 ] [ 編集 ]
インターネットが当然の時代になってから各メディアの性質を知らずに並列なものとして捉える人が増えましたね。
東スポや夕刊紙、本屋の片隅に置いてあるアングラ雑誌の内容を主流のメディアと混同したり。
サッカーの場合は海外の小さなブログメディアを取り上げてまるでその国の代表的な意見かのように紹介したり。
そんな中で媒体の性質を紹介するというのは真摯な態度だと思います
[ 2016/04/24 09:28 ] [ 編集 ]
管理人さん更新お疲れさまです。
今回も管理人さんの真摯な態度と高いインテリジェンスが感じられたとても良い内容ですね。
実は自分もRNにはあまり良い印象を持っていなかったのですが、今回の更新で印象が変わりました。
また更新楽しみにしています。
[ 2016/04/24 09:28 ] [ 編集 ]
管理人さんご自身でも分かっていると思うけど、発行部数が少ないんだから割り引いてやれなんてことなら、個人ブログのコメント欄の匿名の意見なんて尚更割り引かなきゃならない。

管理人さんが生活しているドイツの諸々をろくに知りもしないど素人が平気で叩くんじゃない!ってことだと思うけど、こればっかりは仕方がない。記事を紹介している以上、新聞社も管理人さんもこのブログも批判を免れ得ないのだから。

新聞社が叩かれはじめた責任を感じてのことなら心配は無用だと思う。もともと新聞なんてのは半分は大衆に暴力振るってるようなものなんだし。ある人にとっては良い情報でも、他の人にとっては都合が悪かったり。ドイツだって同じでしょう。批判されたくないーなんて言う新聞社は一つもないはず。
[ 2016/04/24 09:29 ] [ 編集 ]
ルーアの記者レベルが低いのは仕方なくて、日本の記者レベルが低いのは仕方なくないってのはダブルスタンダードだと思うんですが
しかもルーアは自分がレベル高くないくせに他所批判とか
[ 2016/04/24 09:35 ] [ 編集 ]
いつも楽しく読んでいます

サッカーの記事を読むことは
採点は特にですが
私はこう見たけど、こう感じたけど
こう見る人もいるのね
という複数の視点が手に入ることだと
私は思っています

いろいろな視点があって
いいよね
それが豊かなことだよね
ということだと思います

自分が感じたことと
ちがうからといって
それを批判するのは
自ら豊かさを手放してしまうこと
なのではないでしょうか

日本にかぎらず
世界中でそういう傾向が
あるのは知ってます

例えば
昨季のムヒタリアンとか
ヤヌザイ、プリシッチ、
レスターのマーレズとか
強引なドリブラーが
評価される基準があるんだな
というのも私にとっては発見でした

これからも楽しみにしています
マイペースでがんばってください
[ 2016/04/24 09:41 ] [ 編集 ]
香川とドルトムント側が話し合って規制をかけることで改善はされそうだけど、この前のクロップへの質問みたいのは、避けられないだろうね。やっぱり遠いヨーロッパで活躍する日本人のことが知りたいっていうのは、一般の多くの人が感じていることだろうから、大衆紙を発行している新聞社はそういう質問を優先するよね、ただ、そこで、場の空気を読んだり最低限のマナー意識を持っていればああいうことも起こらなくなると思う。この前の震災でもマスコミがやらかしたけど、郷に入れば郷に従えっていうように最低限のマナーを身に付けなければならない。日本のマスコミは基本的に自分たちが上で取材のためなら何でもしてもいいという傲慢な意識があるから。
でも、日本のマスコミの問題と今回のルールナハリヒテンの態度は区別して考えなければいけないと思う。
[ 2016/04/24 09:43 ] [ 編集 ]
いつも記事を楽しみにさせてもらってます。
ルーアが日本人に差別的とは思っていませんが、全体的に辛口な採点だなとは思っていました。他のチームに対しても辛口な採点なのでしょうか?
その辺りは少し気になります。
[ 2016/04/24 09:56 ] [ 編集 ]
いつも翻訳を楽しみに読ませていただいています
香川選手への同紙の採点については他紙に比べてちょっと低めかな、と感じつつ見ています
だからといって的外れなレイシズムまで持ち出して批判するのはお門違いですよね
個人的には二連覇時のインパクトが凄すぎてそれが基準になってしまっているのかなと勝手に想像しています
移籍関係なんかは一番信頼度が高いですし、採点に一喜一憂することなく今後も参考にさせていただきます
[ 2016/04/24 10:07 ] [ 編集 ]
ならもうルーア・ナッハリヒテンの採点はまとめない方がいいんじゃない?
もしくはルーア・ナッハリヒテンの採点を載せた後に目立つように注意書きでこの記事へ誘導するようにしておくとか。
例えば「※ルーア・ナッハリヒテンの採点についてコメントする前にこの記事をお読み下さい」みたいな。
しつこいくらいにこのブログの読者にも意識を植え付けないと毎回批判だらけのコメント欄になっちゃうと思う。
せっかく他じゃ見れないいい記事が多いのに一つのメディアに対しての批判がコメント欄の大半を占めちゃうようじゃ悲しいわ。
[ 2016/04/24 10:08 ] [ 編集 ]
件の新聞社が低い評価を付けてるのはほとんど気にならない。
香川が数年前に評価1を連発してるシーズンのプレーに比べたら、最近の調子がいい試合でも2.5や3の評価を受けるのは、見方によれば妥当に感じることもある。
[ 2016/04/24 10:15 ] [ 編集 ]
このサイト、今シーズンで一気にコメントが増えたのはいいんだけども、極端な意見というか、穏やかじゃないコメントが増えて管理人も大変ですね
[ 2016/04/24 10:16 ] [ 編集 ]
ルールナハリヒテンで仕事してる記者のTwitterでの私情を挟んだ選手批判はさすがに擁護できんけどな
[ 2016/04/24 10:41 ] [ 編集 ]
原文は読めないので管理人さんの翻訳でしか判断できませんが
件の翻訳記事を読んで、正直記者としての質は五十歩百歩じゃんって思った人間がほとんどだと思いますわ
それは、日本人選手にしか興味がない日本人記者をバカにして皮肉めいた内容であると同時に、自分たちも香川に取材せず憶測で香川に対しての記事を書いてるから。
ビルドの記者のように直接香川に取材して記事を書けばいいんじゃないの?
結局自分たちもドイツ人にしか興味ないんだろうよ
[ 2016/04/24 10:58 ] [ 編集 ]
管理人さん、情報ありがとうございます。
ナハリヒテンがそれほど小規模新聞だとは思ってませんでした。

では、私たちが重視すべき、ドイツでも影響力が強い新聞は、どこなのでしょうか?管理人さんの個人見解を教えてください。
キッカーはそれとして、後はですが。ビルトでしょうか?
[ 2016/04/24 11:05 ] [ 編集 ]
頻繁にこのメディアの採点を取り上げておいて、専門誌じゃないから質を求めるな過度な批判するなってことでしょうか?
このメディアの関係者なんですか?
矛盾してるというかあえて記事にしてまでそんなこと言う意図や必要性がわかりませんね。
そもそも日本に「このメディア全体」を批判してる人なんて居ないと思いますし、特にアジア人だから云々なんて辛口メディアを一部香川ファンが皮肉ってるだけなので、そんなこと本気で言ってる人なんてほとんど居ませんよ。
日本のネットなんて大して思ってないことをノリで書く人多いですから、過剰に受け取りすぎかと思います。
ドイツが好きなのはわかりますが、見てるこちらは日本ですからね。
最近脱線しすぎな気がします。
[ 2016/04/24 11:10 ] [ 編集 ]
ルーア・ナッハリヒテンの採点を紹介し始めたのはおそらく当ブログではないかと思います
ということはここが発端で各マスコミがルーアの記事を載せるようになったということですかね?
[ 2016/04/24 11:11 ] [ 編集 ]
管理人さんは度々、ドイツの事情や日独の違い等々の解説や、コメントにおける注意喚起の記事を書いてくださって、
数少ない貴重なドイツ語翻訳ブログの管理人として、責任感を持っていらっしゃってご立派です。
コメントする側の私たちも、書き込む前に冷静になって、責任感を持っていきたいですね。
[ 2016/04/24 11:29 ] [ 編集 ]
管理人さんが前回書かれてたようにルーア・ナッハリヒテン紙の採点は、全体的にどっか可笑しいんだよね。
攻撃的選手はドッペルパックでも、どんなに守備で活躍しても、ちょっとの時間でも消えてたら「1」は絶対出さん!みたいな。
それはここを前から見てれば分かることなんだけど、最近、ヤフーニュースとかで海外の反応サイトが転載されるようになちゃって、香川の採点だけを取り出した記事を見た輩が、人種差別だとかなんとか頓珍漢なこと言ってるんだろうなぁ。
[ 2016/04/24 11:33 ] [ 編集 ]
思ったことを書いて何が悪い、という人もいるだろうけど

仮にドイツの人が香川に興味を持ってくれて
ドイツのサッカーやドルトムントが日本ではどんな風に思われてるんだろうと調べたときに
自分のコメントが翻訳されて堂々としていられるのかという話なんだよね
[ 2016/04/24 11:33 ] [ 編集 ]
長文レスさせていただきます。
現実問題、日本語のまとめ記事では現地でしか知り得ない情報を提供するのは無理なんですよね。ルーアは地方紙ではありますが海外の地方紙は日本に住んでいる限り知り得ない内容なので貴重な情報なのです。だからこそ、通ぶりたいネット住人が声高らかに他サイトで自慢する形になってしまっているのではないでしょうか。そういう自己顕示欲が強い人たちは時間を経て人間的に落ち着かないと何を言っても無駄です。加えて、自己顕示欲の強い人は自分をより完璧に見せようとします。批判するコメントは人を賢く見せる効果があるのですが、そういう効果を知ってか知らずか彼らはよく他者を批判します。
管理人さんのサイトの様な良質なサイトがそういった人たちに利用されるのは悲しみを感じますが情報を発信している以上は仕方のない事かも知れませんね
[ 2016/04/24 11:41 ] [ 編集 ]
香川が前にドルにいた頃もナハリヒテンの記事や採点は2chでリンク貼るやつ毎回いて見てたよ。昔はむしろ香川は好かれてるのか採点甘めだった。最近は全く逆になったけど。
[ 2016/04/24 11:56 ] [ 編集 ]
大変勉強になりました。
私は過激思想ではありませんが、それでも香川の扱いに疑問を感じておりました。
おかげ様で、より冷静に記事を見られそうです
[ 2016/04/24 11:58 ] [ 編集 ]
日本人がクラブよりも個人を見ることは仕方ないと思いますがねえ
まずヨーロッパ人の場合強い4大リーグのクラブが自国にあるということ、香川ぐらいの選手なら自国にいくらでもいるということがありますからね 日本人は香川が最高峰ですし、Jリーグはお世辞にも強いとは言えないので まあもちろんまだサッカー文化が成熟してないというのもありますけど
そういうこともコメントするなら考慮してほしいですね
[ 2016/04/24 11:59 ] [ 編集 ]
ルーア・ナッハリヒテンへの過剰な批判を擁護をされた管理人さんに対して、一部理解できる点はあります。
ですが、質の悪い情報をさも当然の如く垂れ流すメディアに対して批判的なのは、当たり前の事なのではないでしょうか?
それは日本にせよドイツにせよです。
朝日新聞が日本で叩かれることが多いのは、その質の悪さや品の無さからだと思います。

管理人さんは同紙の香川選手への評価が正当だと思われて擁護されているのでしょうか?
それとも地方紙で専門知識が少ないから、適当なことを書いても許されるという意味で擁護されているのでしょうか?

前者であれば、見かたは人それぞれのため仕方ないかと思いますが、後者であれば批判されるのが当然のため、擁護するのは筋違いだと思われます。
どちらでしょう?
[ 2016/04/24 12:08 ] [ 編集 ]
自分は例の記事を「日本はサッカー(クラブ)に関心がない!」と皮肉ってて面白いと思いました。
それを受けても日本の、一部ファン?とメディアは皮肉られてる行動に走っていて酷く滑稽です。

しかし香川の事を思うと滑稽なのに笑えない・・・。
更には良記事を翻訳紹介してくれるブログ主様の気苦労も増やしてる・・・。

ここの記事を楽しむ人には、紹介記事の内容や(批判)発言の影響に考えを巡らせて欲しいものですね。
[ 2016/04/24 12:18 ] [ 編集 ]
↑のコメントは管理人さんの意図を汲んでないね。大衆紙と専門誌では視点もずれてくるし選手への評価が杜撰でも理解を示してこうねってことなのに。。 他スレでの議論がどんなだったか知らないが記事に関係ないものいきなりコピペで貼られても。サッカー文化への理解と大衆紙の評価が的を得ていないのは関係ないよ。
[ 2016/04/24 12:41 ] [ 編集 ]
初めてコメントさせていただきます。

このサイトがとても好きです。
いろいろとご苦労があるかと思いますが、応援しています。
[ 2016/04/24 12:44 ] [ 編集 ]
日本人記者の存在って地元の記者にはほんとに不思議に映ってしまうのでしょうね

でも私達 遠くに住む日本人からしてみると
現地に行って香川選手のことを伝えてくれる存在はありがたいし
現地でそんなふうに思われてることも承知の上で 一人の選手のコメントをとるのに大変な中取材してくれているのかもしれませんね

私は 実際に香川選手のコメントを聞くことも
地元紙を手に取ることもできないので
香川選手に取材してくれる記者さんのことも
地元紙の内容や現地の様子やドイツの方の考え方などありのまま伝えてくださる管理人様のことも ありがたいと思っています

ちょっと厳しいかな と思う採点や 首をかしげたくなる評価の時もありますが
どこの国でもあることですし
そもそもフットボールにおいての価値観というものや 地元のクラブへの愛というものに対しての感じ方も違っているので しょうがないですよね!

いつもためになる記事をありがとうございます
[ 2016/04/24 12:52 ] [ 編集 ]
ルールの採点そのものより、日本のメディアがいちいち「ドイツの地元紙で絶賛!」とか「酷評!」とか大きく記事タイトルにするのが問題なんだと思います
[ 2016/04/24 12:58 ] [ 編集 ]
きちんとした評価を出来ないメディアは翻訳すべきではないのでは?

フェアという話が出るのであれば、相手はメディアですし、人様を勝手に評価する以上はリスクを負って然るべきです。
それとルーア・ナッハリヒテンの評価を妥当だと思ったことは1度もないです。これだけチームの核となって活躍している香川選手を低評価し続ければ揶揄されても仕方ないと思いますよ。
これはメディアの責任でありますし、翻訳者の責任かと思います。
翻訳者がしっかりと「日本でいうところの東スポレベスの新聞社です」と宣言していただければ、そのように読めますし理解も広まるでしょうから、結局は発言者の責任です。
[ 2016/04/24 12:59 ] [ 編集 ]
記事がおかしいと思ったら批判すればいいと思います。ただ、メディアの背景を理解することで当該記事への理解や反応は変わるんですよね。ここは管理人さんの仰る通りだと思います。例えば、アメリカの世界的にも知名度が高い某新聞には日本に批判的な記事を書く記者が常時3~4いて数十年に渡って日本批判記事を世に送り出してます。これは、この某新聞の政治志向というものが背景にあるんだけど、それを分かってるか否かで記事への理解や反応が変わるんですよね。一方で、メディアの背景を知ることで無意識に色眼鏡で記事を読む危険性も生じる訳ですが…この辺のバランスが難しいですね。
[ 2016/04/24 13:22 ] [ 編集 ]
ゲッツェ復帰で云々書いてた人はシャルカーっぽいしその辺の皮肉もあるんだろうけどね
ローカル紙でシャルケとドルトどっちも密接だと面倒くさいww
[ 2016/04/24 13:31 ] [ 編集 ]
久々にコメントします
管理人さんの言われるように最近は陰謀論やら、日本人差別、反日だどーだとかいう極端な考えのコメントが多いですね
まとめサイトの弊害ですね
昔は2ちゃんは割と閉ざされた世界だったんですけど、まとめサイトのせいで一般的になってしまいました
ネットリテラシーが低い人や、子供まで見るので、偏った意見をまともに信じる人が増えていると感じます
大人から子供までスマホを持っていれば仕方のないことかもしれませんが

管理人さんのいつも偏りのない冷静なご意見と現地の事情も加味した翻訳、本当に有り難いです
いろいろ困ったコメントも寄せられるでしょうが、マイペースで良いので続けていただければ嬉しいです
[ 2016/04/24 13:47 ] [ 編集 ]
日本に限らず、基本的にドイツも含め世界中全ての国がそうですよ
エジルが移籍すればアーセナルに興味を示すドイツ人は激減するでしょ
[ 2016/04/24 13:49 ] [ 編集 ]
国ごとに文化があるから、こういう選手だから悪く批判するのは違うってことですよね?

確かに、日本にも文化がありますし、この記事、記者はこういう風だと割り切ったほうがよいですね。
一番の問題は日本のマスコミですね、日本人かどうか怪しい所もありますが、一番の問題は日本のマスコミですね

基本言いたいことだけで言ってるだけなので、気にする必要はありませんし。
[ 2016/04/24 13:51 ] [ 編集 ]
詳しい解説ありがとうございます。管理人さんの翻訳をいつも楽しみにしています。

23日に『ドルト香川に独紙「8番としての仕事を渋々……」「日本人記者は彼の発言を一字一句スポンジのように吸い上げる」』という見出しの記事のことですね。原文にない文章が載るというのは非常に恐ろしいことです。
『ドイツ紙も香川ベンチ外を大きく報道!ドイツ地元紙詳細記事①《ドイツの反応》』でも『管理人はルーア・ナッハリヒテンをもとに書かれた日本の記事を読んだのですが、そこではトゥヘルが「彼が正しい姿勢と運動ができていなかった」と語ったと報道されていました。しかしそのような発言の事実は管理人は確認できませんでした。』とコメントされています。どうも日本のメディアがルーア・ナッハリヒテンの記事を訳すと原文にないものが載ってしまうようですね。そしてその文章が香川に好意的ではないことと、採点にバラつきがあることで「ルーアは香川嫌い」という印象を日本人は持っているのだと思います。

私はこちらの記事が一番信憑性が高いと思い、いつも感謝しながら拝読しております。それでも、ルーア・ナッハリヒテンの記事は時々用いられる皮肉が(ネガティブな文章が)中途半端だという印象があります。したがって批判的なのか何かをターゲットに皮肉っているのか少しわかり辛い。日本語に訳すからなのか、それともドイツと日本の文化の違いなのか。もしくは客観性についての文化の違いなのか。客観性をどのように捉えるかは個人差もあると思いますが、文化的背景も大きいと思います。言葉は文化ですから。
香川がユナイテッドに居た時も同じように日本人記者の振る舞いが異様に映ったようで記事になったと思いますが、イギリスのせいかもっと皮肉が効いていたので批判対象は日本人記者、と誰もが分かる内容だったと記憶しております。(原文は探せなかった)

今回の記事は改めて色々と考えるきっかけになり、ためになる記事でした。ありがとうございました。
[ 2016/04/24 13:54 ] [ 編集 ]
 海外メディアの情報を楽しむには、そのメディアがどんなメディアなのかを理解しなければなりませんが、海外メディアに疎い方は同じものとして考えてしまいますから誤解してしまう人が多いのでしょう。そのうちみんな慣れていくと思いますよ。長く海外サッカーを追っているサッカーファンはそれを理解してる方が大半です。こうしてRNの批判が出るというのは新しいファンが増えているとポジティブに解釈して良いように思います。
[ 2016/04/24 13:58 ] [ 編集 ]
ここのコメント欄でもルーアは日本のマスコミと同レベルとかそういうコメントをたくさん見ましたが話がずれてきたなーと思いました。管理人さんの指摘されたように問題なのは日本のマスコミの取材姿勢ですよね。試合に関係のない自己中な質問をして場を凍らせる、公的な場なのにその場にいる大勢の時間泥棒してまで聞く内容ではないことをいつも聞く、ルーアはそんなことは少なくともしてないですよね。

むしろ私は日本のメディアに対する批判が日本以外で公に出たことがうれしいです。日本のマスコミはいくら批判されても馬鹿にされても長年変わらないですし、変わろうって意志も全く感じられないのでこれで逆にクラブ側がメディア規制を意識してくれて先日のフジテレビみたいなのを事前にけん制してくれればいいのではないかと思います。他の方のコメントでマンUはその辺のコントロールが徹底されているから、というのを読んでなるほどと感心しました。

本音を言えば、いちいち言わなくてもわかるでしょってレベルの話ですが日本のメディアは全く理解してないから事前にNG質問の通達、入れる記者の選別、必要に応じて出禁措置などをクラブで行ってほしいですね。そうでないと目に浮かびますよ。来季CLで日本のメディアが対戦相手にバルサやレアルが来たら、監督やビッグネームに魔法の呪文「カガワドウオモウ?」を連呼して世界中に高速で恥を晒すのが。そういうのはハットトリックとかセルティック時代の中村のマンU戦でのフリーキックとかぐらいの大事が起こってからにしてほしいですよ。

でもその無理やりとった称賛コメントをありがたがるファンが多いからマスコミも態度を改めないですよね。最近だとセスクが岡崎を絶賛!!という記事タイトルを見かけましたが絶対に場違いに関係ないところで無理やり聞いたな、と思い釣り針をスルーしたらここのコメントで私の読みは正しかったことを知りました。(笑)
 
ファンも記事のタイトルで釣り餌が本物なのかどうか見極めないといけない時代にきてると思います。ビッグネームがチームメイトや監督でもないのに日本人選手を褒めてくれるのってどういう場合?と。大半がただ同リーグだから、先方がビッグネームだからマスコミが無理やり聞いてるだけですね。忘れられないぐらいのインパクトを残して外国で絶賛されるレベルの選手は日本人で何人いるのか?って話ですよ。

あのフジテレビの失態動画で不要に恥をかかされた気分でこの話題にはつい熱くなってしまいます。長文失礼しました。
[ 2016/04/24 14:10 ] [ 編集 ]
そもそもよく知らない日本人がドイツ紙にあれこれ言ってるのが間違いだと思います。
勿論管理人さんのようなドイツ在住でそういった方がいるかもしれないですがほとんど日本在住でしょう。
[ 2016/04/24 14:12 ] [ 編集 ]
ルーアに関して私は擁護できません。特にポジションについてはシーズン初めから今に至るまで、事実と全く逆の主張をした上でそれを根拠に据えて選手を批評しているわけですから、事実に基づかない批判、すなわち誹謗中傷の部類に入ると思います。専門的でないならポジションについて書かないという選択肢が常にあるわけですからね。これについては香川選手への批判だけではなく、ミッキーへの正しくない評価の仕方でも同様です。

イギリスでもドイツでも日本でも批判的な記事や変に持ち上げた記事はよくありますが、結論在りきで創作的に理由をこじつけているものと、独自の見方、若しくは、つたない分析力によって独自の批判や称賛の結論に至っているという記事では言及内容の具体性に違いがあり見分けがつくものと私は思っています。そしてルーアに関しては前者の残念なパターンだと感じます。

きっとドルトムントのファン(少なくとも親しみと誇りを持っている方々)である事に変わりはないと思うので、地元の人間でもない者があまり批判も出来ませんが、ジャーナリズム的な視点で評価するなら、やっちゃ駄目な事をやってしまってる地方メディアという印象を持ちます。

ドイツメディア全般に関して報道の独立性という点で好印象を持っています。与党による報道への圧力が度々話題に上る日本とは文化的成熟度が違うとも思います。しかし、ルーアの選手批評記事に関してはかなり異質に思います。
[ 2016/04/24 14:13 ] [ 編集 ]
地元紙なのでクラブを中心としてニュースを発信するのは当然ですよね。サッカーだけでなく一般ニュースも発信するのも普通のこと。
香川選手がドルトムントに復帰して多くの日本メディアがやってきたけど、ほとんどは香川選手だけの取材で終わっているので地元の人達は「なんだこりゃ?」となるでしょうね。

また地元クラブのファンと選手個人のファン。この二つは立ち位置が大きく違いますよね。
この二つを分けて考えられないと偏った批判になってしまうのではないでしょうか?

身近なところで、地元のJリーグサポの人はこの件の意味するところがよく分かるんじゃないかな。
[ 2016/04/24 14:17 ] [ 編集 ]
良い記事
西ドイツアルマイネやルーア・ナッハリヒテンが専門誌ではなく一般紙というのはこのブログの以前の記事でも言及されていたので、採点が伸びなくても個人的には多少のムカツキ(苦笑)はあれど、個人的にはまあこんなもんだろうと割り切って拝見していました。

ただ、多くの日本のサッカーファン、香川ファンにとっては文面だけ見れば怒りを伴って誤解する人もかなり多く出てくるだろうな、という印象は受けます。

例えば、香川がマンチェスター・ユナイテッドに移籍した以前にドルトムントに在籍していた頃は、全くと言って良い程に香川に対する日本のメディアを通したドイツ誌(特にビルト)によるネガティブな記事を目にする事はありませんでした。

当時日本のメディアに扱われていた「ドイツ(地元)の評価」はビルトかキッカーに限られており、更に香川をドルトムント快進撃のアイコン的な扱いをしていたビルトの比率が多かったのが要因だと思います。

私はこのブログの指摘のおかげで初めてビルトはイタリアのガゼッタのようなスポーツ紙ではないことを知りました。
しかし私やこのブログの記事を毎回読むような人、すなわちドイツスポーツメディアの一端を知る人の数は、インターネット上に絞ったとしても、かなりの少数派だと思います。

今でも、ビルトとキッカーを同じ類(同格)のスポーツ専門誌だと誤解している人が日本では多数派です。
ましてや地元一般紙をや、です。

そのような認識の多数派の人たちが地元紙の寸評を見る事で


『香川が活躍しても地元紙に高い採点してもらえない≒香川がどれほど活躍してもドルトムント(引いてはドイツ)から認めてもらえない』

という更なる誤解を引き起こし、他の人が憶測や感情を込めて批判しているコメントを目にすることで

「やっぱりそうだ!香川は不当な評価や扱いを受けている!」

と怒りを抑えきれないコメントが連鎖反応で引き寄せられていた状態になっていたのではないかと。


そう言った意味では、今回の記事はドイツのスポーツメディア事情の一端を知る上で良い記事だったのではないかと思います。
今後も感情的な批判コメントは出るかと思いますので、一案ですが当分の間は評価記事の際は文末にでも当記事へのリンクをされてみてはいかがでしょうか。この記事を読むだけでも、”感情的な(笑)”落ち着きに一役買ってくれることを期待できるかと思います。

このブログはドルトムントを主としたサッカーと共にドイツの国事情や考え方を知る事ができるのが、大きな魅力だと感じています。

これからも粘り強く、記事を通して様々なドイツの姿を紹介し続けてくれることを期待しています。
[ 2016/04/24 14:22 ] [ 編集 ]
自分はルーアがどういう成り立ちの新聞か、については全く知らなかった側の人間ですが、気になったので一つだけ。
仮に小さいとしてもメディアが不正確な記事を書いていた時に専門誌でないから許される・・というのはいかがなものなんでしょう❔害を与える側をそう見るのは自分には受け入れ難い部分です
[ 2016/04/24 14:44 ] [ 編集 ]
個人的には採点は興味なし。
[ 2016/04/24 14:49 ] [ 編集 ]
いま日本ではメディアの正確性や公平性、報道のあり方などに非常に敏感で懐疑的になっているので
そういった背景もあるかと思います。

ただこちらでもスポーツ新聞をまじめに批判している人はそうそういないので、
管理人さんがおっしゃる通り、ドイツの新聞というしっかりとしてそうなイメージで過大評価しているのも原因でしょうね。
[ 2016/04/24 15:31 ] [ 編集 ]
管理人様、よくぞ言ってくださいました。
このサイトのコメント欄に限りませんが、以前から一部のファン達によるルーアへの目の敵にした感情的な発言が多く、
本当に呆れていました。
このような冷静で客観的な発言が聞けたことを嬉しく思います。

[ 2016/04/24 15:33 ] [ 編集 ]
香川の採点が低いことや批判記事に腹を立ててそれが原因でネットのまとめサイトでルーアのイメージが悪くなって感情的に香川のファンがルーアを批判というのは短絡的ではないですか。ルーアの採点が低いのは定番でキッカーの採点だけ信頼している人が多いですよ。低評価が批判の元なら他のメディア媒体も同様に批判されてるのでは。このルーアの香川の記事は記者の私見が見受けられてその受け取り方によって不快になる書き方だったから批判されます。いくらルーアがサッカー専門誌ではない地元紙でも情報に誤りがあれば批判されるのは当然です。それに記者の主観が入っている以上メディア媒体のランクによって批判に正当性があるかないかも一概には言えないことかと。そもそも主観が入ってない批判はメディア媒体にも読者にもほとんどないのでは。
ルーアへの批判はルーアの記者の私見が記者自身のツイやこういう記事の翻訳でわかるようになったのが原因かと。ネットのまとめ記事でも引用元のリンク先を翻訳なりして確認出来ます。逆に言えば不用意な言動がなければ批判されることはないということです。現にルーア以外の他の媒体そのものに対しての批判はあまりないです。ルーアの記者の中には香川を含めた特定の選手を好んでいない記者がいるのは個人的に確認してます。中には言葉使いや表現の仕方が差別にも取られかねなく批判を受けたのか削除されたツイもあります。記者の主観が意図した意味でとられない可能性があると同時に感じ方は人それぞれです。それはこの批判を受けたルーアの記事の受け取り方が人によって違うのと同じでは。
[ 2016/04/24 16:07 ] [ 編集 ]
専門誌じゃないから適当採点もショウガナイですよねー
[ 2016/04/24 16:07 ] [ 編集 ]
日常でのサッカー談義にルーアの採点が出ることはありませんが
ネット上では、ルーアに対するコメントは悪目立ちする場合かルーアの試合採点数値を用いてシーズン中の断定的な評価に利用す場面が多い。と同時に、段々と採点基準が一致しない点等について気にする人は自分も含め「スルー」といった対応をする様になってきました。
ただ、管理人さんの仰る問題を実感しています。
日本記者の話題が前の記事でもありましたが、メディアが採るライト層の取り込み指針(憶測:あるメディアの古くから続く取材手法は芸能ゴシップに適したものではないかと思う程なので)と長年の成果が相俟って、日本人のスポーツを取り巻くファンやサポ同士にも齟齬が大きく生じてきているのではないかと。
また、この件では簡単に批評すること優位性を示そう、注目を集めようとすることに、ある部分ルーアが利用されていることも考慮するべきで、他の情報や議論に飲み込まれたり諸々波及した結果が(ネット上の特性か)ルーアへの安易な批判、そして管理人さんの目に余る現状になったのだとも思います。
個人的に、露出の多い大手がどこに向かいどういった記事を作ろうとするかと言えば、日本ではマスコミやスポーツ紙とゴシップの関係や売上げ推移と記事の質の変遷が評論されていたりと、スポーツの本質とは遠いものだと考えています。
マスメディアの存在がある一方、読者が一定のガイドラインを守る様になればクラブや選手への姿勢も左右されない確かなものになると思いますし。楽しみ方や応援の仕方がそれぞれ自由なのは当然のこととはいえ、情報の受け手が自らソース元を知る、情報を精査することから議論を始めようという水準がしっかりあればいいなと、他リーグクラブのファンである自分も切に願っています。
日本の一次(メディア)の問題が二次(受け手)に影響を及ぼし、二次が一次の問題を看過してしまうよう、押し進めてしまうようになっているというのが抽象的な感想です。
始終大げさだと思いますが、管理人さんの意図は情報社会の根幹だと感じたので大事な記事だと思います。
現地が苦言を呈する事態、そして管理人さんが危惧する事態となってしまっていることは残念です。
移籍話や嬉しい結果が出ていてそわそわする時期ですし、くれぐれもご自愛ください。
具体的な内容を周知フォロー出来れば良いなと思います。長文乱文失礼致しました。
[ 2016/04/24 16:15 ] [ 編集 ]
ルーアの翻訳記事は今後載せないのがいいんじゃないかな。
別に日本人差別だとか言うつもりはないけど、ルーアの採点が失笑ものなのは明らかだし。
採点に主観でばらつきが出るのは当たり前だけど、あそこはばらつきの許容範囲を超えて明らかにおかしい。
影響力の小さな新聞ならなおさら取り上げる必要はない。
世の中には無視すりゃいいのに、攻撃的になる奴もいるからね。
[ 2016/04/24 16:19 ] [ 編集 ]
まとめサイトだけでなく、ヤフーコメントなどでも見受けられますね。
一部の人は自分と違う意見だと烈火のごとく怒り狂って当たり散らしていますね。
なぜ採点をそこまで気にするのかなとも思います。
まるで自分の人生がかかっているかのように採点に固執しています。不思議です。
不正確な情報とかおっしゃって怒っている人もいますが、それにしても外から見てると、その執着ぶりは異常に見えます。
一部ではドイツ人が差別的だとまで言っている人もいます。
少しネットから離れて生活してはどうかと思います。

[ 2016/04/24 16:27 ] [ 編集 ]
人目を気にしすぎなんでしょうね。
新聞の採点をあそこまで気にするなんて。
あんなもん、ふ~んくらいの距離感で読めばいいのに。
自分が応援してる選手なら外野がどうこう関係なく応援すればいいだけです。
自分の人生の採点をされているのかと思うほど、熱くなる人もいますが。
なんかアイドルのオタクみたいですね、メディアに認めてもらいたいと思う姿勢が。
[ 2016/04/24 16:34 ] [ 編集 ]
ルーアナハリテンが2.5の評価をしても、低い!とか怒っている人がいますね。
意味不明です。十分高いじゃないですか。
もう少し自分と違った視点を受け入れてほしいですね。
香川選手も大変ですよ、盲目的で狂信的なファンのおかげで嫌味言われてしまうんですから。
[ 2016/04/24 16:39 ] [ 編集 ]
たしかに目の敵にするというか、ちょっと熱くなってる方々が居るように感じますね・・・

もともと採点自体が主観的なもので、メディアによってもかなりばらつきがありますからねw
視点がそれぞれな以上、神様が作ってるんじゃないんだし、重箱の隅をつつくように相手に完璧を求めすぎる態度を批判者というなら、お客様根性で相手に甘えすぎですね。
記事をツマミにファンが各々採点して語ってるように、あくまで参考です。

少しでも公平性を欠いたんだから、批判するのは「当然」だ!なんて居直られても、そういって批判する方々の中には、自分側の公平性はどこいった?って方も多いですし。
攻撃行為はなんであれ正義にはなり得ないし、度を超せばただの悪質なヒステリーですから少し冷静になってほしいですね。見てて気分いいものじゃないし。
[ 2016/04/24 16:45 ] [ 編集 ]
香川選手の点数が悪いことへの不満を訴える人はウジャウジャいますが、
逆に「これは高すぎる」という声はほとんど無いですよね。

このことからも分かるように、連中は「正当な評価」を求めているのではなく、
「香川をできるだけ高く採点してほしい」というワガママの表れと言えます。

「ルーアなんて無視すればいい」などと言いながら、「ルーアは今後は載せない方がいい」と、
ちっとも無視できていない人もいますね。


[ 2016/04/24 17:23 ] [ 編集 ]
採点が低いことを問題にしてる人間は少数では?
それよりも日本のメディアと同レベルな取材姿勢でいながら、さも自分たちは日本のメディアより上である!的な皮肉たっぷり。
同記事の中では、香川はゲッツェが戻って来たらまたベンチになるって個人的な憶測で煽り記事を書いてるし、
以前は、香川の練習態度が悪いからトゥヘルに干されたんじゃないの?って内容の憶測記事を書いてた。
ドルトムントに密接してるなら、ちゃんと香川に取材して憶測ではない記事を書いたらいかがなもんか?っていう批判でしょう
少なくとも俺はそうだが
報道する側なら批判も受け入れてしかるべきでしょ
[ 2016/04/24 17:27 ] [ 編集 ]
>「香川は8番を渋々ひきうけた」というような日本の記事を見かけましたが、そのような記事は原文には見当たりません。

これは多々ある事ですが問題ですね。日本の記者が勝手な解釈を付け加えるという。おそらくドイツ現地で取材してる日本の記者とルーア社の関係が余り良くないのかもしれないですね。
[ 2016/04/24 17:38 ] [ 編集 ]
更新、いつもお疲れ様です
ルーアの採点・寸評を載せなくて良いとおっしゃる方が居ますが・・・・・・
自分は情報源は多い方が有り難いです。その方が自分の分析と照らし合わせる際に参考になりますし。まあやはり妥当だと思えるのは大方キッカーですが。
それでも、キッカーだけでは足りない視点(主に批判的な視点)もあるので。より公平に見るには複数取り上げていただく方がいいなと感じます。主さんは大変かもしれませんが・・・・・・
[ 2016/04/24 17:40 ] [ 編集 ]
管理人
質問もありましたので少し補足しました。!ご覧ください 管理人
[ 2016/04/24 17:58 ] [ 編集 ]
難しいですね、ナハリヒテンは以前の(ドイツに来た頃の)香川を求めているのかなと思っています。それはトゥヘルもそうなのかな。
外国人から見るとエゴが足りないかな。後は香川がドイツ語が得意じゃないこと、日本人マスコミが囲んでしまっていることにやっぱり壁はあるのかなと思います。
日本での匿名サイトでぐちゃぐちゃ言っても彼らには届かないから管理人さんも気にしなくていいと思いますよ。

[ 2016/04/24 18:10 ] [ 編集 ]
管理人さん、補足ありがとうございます!
[ 2016/04/24 18:11 ] [ 編集 ]
>平均的なパフォーマンスでは3.5から4だと思います。

ネット上では2.5ですら文句言ってる人いますからねえ。

>ちなみにキッカーのリヴァプール戦での香川選手に対する採点は他のメディアと大きく異なり4.5でした。

各紙の視点で評価も様々なんですね。
そこに怒りではなく、面白さを見出したいものです。
[ 2016/04/24 18:31 ] [ 編集 ]
すごい議論になってますね。
記事の公平性や信憑性が問題になっているようなので、二つコメントさせて頂きたいと思います。

私がドルトムントに滞在していた時にお世話になっていたご家庭では、やっぱり毎日ルール・ナハリヒテンを購読していました。スーパーやキオスクなどでも、買い物ついでに一緒に手に取っていく若いお兄さんを見かけたりとか、やはり地元では一番馴染みのある新聞ではないかなと思います。
部数としては少ないかもですが、まあそういう意味でも日本の都道府県の新聞と同じ感じですかね。だいたいの家庭のテーブルには置いてある、みたいな。
日本のファンのように熱心に情報を追いかけている人は、やはりドイツでも少数派じゃないかなと思います。大半は細かいことにはあまり興味がなくて(良い意味でも悪い意味でも)、地元だから応援するのが当たり前で、チームには勝って欲しい、選手たちには活躍して欲しいという感じです。ただし応援する熱量は大きく、家や車にBVBのマークを掲げている人は本当に多いですし、私がお世話になった家でも食卓に貼ってありました。

あと日本メディアの記事にあった「香川は8番を渋々ひきうけた」という翻訳ですが、
Eine klassische Zehner-Position, die Kagawas Stärken entspricht, gibt es in Tuchels System nicht. Er muss daher meist auf die Rolle des Achters ausweichen, die ihm weniger liegt.
そうとれないこともないかな~と思いました。ものすごく細かい指摘をすれば、管理人さんもmussを省いているように見えますので、日本語の文章も人によって受け取り方が変わるように、誤差の範疇ではないかな~と思います。
[ 2016/04/24 18:33 ] [ 編集 ]
補足について
補足説明、非常に分かりやすかったです。ありがとうございます。
確かに、いくら何でも「反日メディアだ」という意見は極端ですね。記事の翻訳内容から反日に繋がる文言は無いと思います。結局のところ「地元新聞なのだから香川寄りの記事であたりまえ」という日本人が抱く勝手なイメージの問題かもしれませんね。これはなかなか難しい。
ですが、管理人さんのスタンスを全面的に支持していますので、これまで通り翻訳をお願い致します。また、各新聞の特性や文化的背景を教えて頂けるのを楽しみにしています。
[ 2016/04/24 18:48 ] [ 編集 ]
管理人さんのような一つ一つを考察した上での窘めなら理解もしやすいけど、04/24 06:42みたいな上から目線の押さえつけには反発があって然るべきだね
むしろ日本人はチームありき語たり卑屈にも選手を軽視しすぎ、だからバイエルン戦もシャルケ戦もリバポ戦も香川使う使わない関係なくファンでも分かるようなベスメンじゃなくて勝ち星を捨てたのに監督を擁護し、批判や批評をしたサポやファン相手にケチつけるようなことを言い出すんだし
[ 2016/04/24 18:50 ] [ 編集 ]
RNはドルのパートナーだよね。BVBPartnerで公式にはっきりリンクがされているから。
[ 2016/04/24 18:58 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

>
> あと日本メディアの記事にあった「香川は8番を渋々ひきうけた」という翻訳ですが、
> Eine klassische Zehner-Position, die Kagawas Stärken entspricht, gibt es in Tuchels System nicht. Er muss daher meist auf die Rolle des Achters ausweichen, die ihm weniger liegt.
> そうとれないこともないかな~と思いました。ものすごく細かい指摘をすれば、管理人さんもmussを省いているように見えますので、日本語の文章も人によって受け取り方が変わるように、誤差の範疇ではないかな~と思います。

ご指摘ありがとうございました。
問題の箇所はAusweichenという言葉をどう訳すかだと思いますが、この言葉は、車で車道を走っていたら障害物があったからよけるというような“動き”を表す言葉です。しっかり訳すと、トゥヘルのシステムには香川の得意とする典型的な10番のポジションがない。そのためたいてい余り得意でない8番のポジションに移動しなければならない。となりますね。たしかに強制的に移動せざるを得ないというニュアンスを含む言葉ですが、“渋々に”をいうところ協調すると、あくまで香川選手がやりたくないのにやっているというニュアンスが強化されてしまいます。10番がないので8番でプレーせざるを得ないという、あくまで“動き”に焦点を当てた文章であって、そのことに関して香川選手がどう感じていたかはこの場合全く重要ではないと思います。

くだんの記事では8番としての役割を“渋々”とやっている状態だ、とその部分が“”で明らかに強調されていますし、タイトルにも取り上げられています。そこまで強調するニュアンスは管理人には感じられません。
[ 2016/04/24 19:00 ] [ 編集 ]
こういう記事こそ管理人さんの真骨頂ですね。読者がいろんな意見を言う場になって、もうすごいです。ありがとうございます。
こちらのブログのおかげで、「独紙」とタイトルに入っている記事は 他で全然 読まなくなりました。独紙絶賛か酷評のどちらかにしてクリックさせようとしてるように見えて(苦笑)。こちらの情報の方が丁寧だし、管理人さんご自身のコメントも最後につけてくれているので好感を持っていまして、いつも真っ先にお邪魔しております。

あと私もどちらかというと多様な情報源があったほうがうれしいです。(今日のドイツも好きだし。)これからもよろしくお願いします!
[ 2016/04/24 19:14 ] [ 編集 ]
いつも興味深く読ませていただいています。
ここも随分とにぎわってきましたね、良くも悪くも。

ルーアの採点・寸評を載せなくて良いとおっしゃる方が居ますが
地元だと、こういう意見もあるよ! という記事を書いてくださるのは
やはり貴重です。
採点者についても説明してくださるのは助かっています。

キッカー、ビルトの採点は最近は日本のメディアにも載っていますし。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2016/04/24 19:16 ] [ 編集 ]
管理人さんルーア・ナッハリヒテンの採点が平等のは少し違うと思いますよ
香川にいい採点をつけたのは今期アウグスブルク戦の3アシスト(ブンデス公式だけは2アシストになっていました)とここ2試合くらいです
一番笑ったのはレバークーゼン戦で1G1Aで全紙高評価キッカーではベストイレブンにも選ばれたのにルーア・ナッハリヒテンでは及第点だったことかなw
[ 2016/04/24 19:23 ] [ 編集 ]
近年、批判に驚くほど敏感で弱い日本人が急増してるように感じる。
厚切りジェイソンとか、セル爺とか、ほんの少し疑問を言ったり批判しただけで反日認定し、強烈に反発する人間が多すぎて怖くなる。
核家族家庭で育ったせいか、それともユトリ教育のせいか、怒られるってことに慣れてないんじゃないかな。
部分的な否定を全否定と捉え反発するコメントを見ると、危機感と同時に絶望感を抱かざるを得ない。
香川の評価点が低いのも、期待が高いが故と思えば何でもないのに。
[ 2016/04/24 19:28 ] [ 編集 ]
上の方でもコメントしてる人がいるけど、
日本のマスコミに対する強烈な不信感が日本の一般市民にあって、
マスメディアの色々な偏ったり不正確だったりする記事への
怒りに繋がってる部分もあるんじゃないかな。
[ 2016/04/24 19:33 ] [ 編集 ]
定食屋からよりも会席料理屋からの評価が高い
これで十分じゃないですか
何を論議することがあるのでしょうか?
[ 2016/04/24 19:41 ] [ 編集 ]
皆、長文すげぇ!!
管理人さんの自負する通り、数あるサッカーサイトの中で一番現地の情報に触れており、コメントも非常に建設的な論議でいつもためになってます。

若干、スレのナハリヒテンの件から外れてしまいますが、昨今は本当にサッカーそのものとは逸脱した国・文化の批判、選手批判、あること無いこと、対立煽りなる者まで存在するような世界。こういう中で、やっぱりこのブログのような存在があるのは良いですね。
時に、清武は移籍関係とかどうなるんだろうと。 失礼しました~
[ 2016/04/24 19:58 ] [ 編集 ]
大変面白いコラムをありがとうございました。
自分はこちらのブログで4が及第点だということを知り、へぇ~、そうなんだ、と思った記憶があります。
いろいろ知らないことを教えていただけるので、とても勉強になります。
日本で暮らしていると「日本が基準」になってしまうので、旅行時に気付かされることが多々あります。
管理人さんがドイツと日本の違いを説明されるのはとても大変だと思いますが、またお手数だと思いますが根気強く説明をしていただけたらと嬉しく思います。
多くの人はドイツ以外からこちらのブログを拝見させていただいているので、ついつい自分がいる場所を基準に考えてしまいますので注意勧告代わりに・・・。


サッカーの採点につきまして、ことあるごとに管理人さんが媒体の特徴や性質を記載してくださるので納得しています。
第一、私はサッカーをしたことがないので(遊びはともかく)、採点にとやかく言うほど知識がなく、どのような採点を見てもそういうものかと思います。(良い採点はもちろん嬉しいです)採点のばらつきも人それぞれ感じ方が違うので、これまたそういうものと思っています。

香川の背番号がいつ「23」に表記変更されるのかだけ、ちょっと楽しみです。
今季は「7」のままなのかな? 意地っ張りの子供みたいで笑えます。
まぁ、これも私はクスッとしてしまいますが(最初は困惑しました。校正してないのかと思って)、憤っている人もいますからやっぱりひとそれぞれ、いろいろな考え方があるということを忘れないようにしたいです。
[ 2016/04/24 20:21 ] [ 編集 ]
ドイツ1年目からドイツ紙では大勢でやってくる日本メディアのことはちょくちょく触れられてたような。
ナハリヒテンといったらドル1年目の時の香川のシャルケ戦のゴールの写真を大きく引き伸ばして本社のビルの壁面に飾ってた画像を何年か前に見たことがある。元々は香川に好意的だったよ。
[ 2016/04/24 20:27 ] [ 編集 ]
このブログを読むのが毎回楽しみです。
なので、管理人さんに負担がかかり過ぎないように、続けていってほしいです。
[ 2016/04/24 20:39 ] [ 編集 ]
あぁもうほんとにうんざり。

自分の信じる記事を信じればいいじゃない、いつまでも鬱陶しいわ。
ビルトでもキッカーでもルーアでもアルゲでもどーでもいい。
各紙毎回評価や評価ポイントなんて違うし(そんなのずっと前からそう)、
ルーアの評価が悪かった、だから何なの。
私は評価が悪かったとしても、私の目から見て「良かった」と思えばよかっただし、
「今日はいまいちだな」と思てて評価が高ければ「そーなんだ」で終わりだし、
ネチネチネチネチうるさいわ。
女々しすぎてほんとにしつこい。いつまでも。

評価低いよなんでーー→反日だ、とかどんな思考回路してんのよ。
こんなことくらいでいつまでも挙げ足とるようなコメしてる人は
他サイトに移ってよ。
まとめサイトいっぱいあるし、何よりあんたたちみたいなのがいっぱい常駐してるから
気が合うと思うし。
視野が狭すぎて救いようがなさすぎる。
[ 2016/04/24 20:43 ] [ 編集 ]
補足説明ありがとうございます。すごく分かりやすいです。

>ドイツという国は日本の国の在り方とは全く違います。
>それぞれ限定的な統治権をもった16の州から成り立つ国家なので、一都市に集中する事なく、
>どこの街でも様々な文化が手に入ります。その代わり東京のような大都市は一つもなく、良くも悪くも田舎な部分があります。
>北と南、東と西でも全く違います。

おそらく日本のファンの方々が一番共感しにくい部分がここだと思います。
人によっては 香川はドイツ全土ですごく知名度があると勘違いしている人がいるかも?
自分も海外在住が長いのですが、その国の文化・風土・思想の違いを完全に理解させるのはなかなか難しいです。

何名かの地元記者と全国紙、日本人記者の1試合ごとのインタビュー、記事内容と掲載されてるメディアを原文で読んで比較して、
ようやく理解できるのかなと思います。
[ 2016/04/24 20:46 ] [ 編集 ]
まあ色々な意見があってこんなに議論できる場所ってある意味貴重だよね。だからコメが伸びる伸びる。ただ本当に読むのが大変なので長文の方は要点をまとめて欲しい。お願いします。
[ 2016/04/24 20:53 ] [ 編集 ]
一番上のコメント欄の方の意見、私はすごく理解出来ますね。
私自身、地元のJ2のクラブチームを応援していますが、仮に今居る外国人選手に出身国に恐ろしい程の数のファンが居て、大挙して応援に来たりするのはまだ微笑ましいが、その国のメディアも大勢やってきて傍若無人に振る舞い始め、地元の小新聞社の内容を煽るように翻訳してしまい、それを元にその出身国のファンが怒り出すとか、はっきり言ってキョーフです!
地元チームが勝ったかな?負けたかな位のぬるい地元の読者にとっては外国人の動向まで気にしてないし、なんだか面倒臭いな、その外国人選手もう出て行ってくれないかな…位思われ始めてもおかしくないんじゃないでしょうか。
理不尽なことを書かれたりするのはプロスポーツ選手なら慣れていると思うんです。
でもそれを抗議するのは選手自身がすればいいことですよね。

外国に移籍した選手を応援するのは楽しいけれど、ともすればグローリーハンターのように感じることもあります。Jリーグももっと盛り上がって、香川選手のような優秀な選手が移籍しなくてもいいくらいのリーグになれば楽しいのにな…と思います。
なんだか脱線してるかもですが。
[ 2016/04/24 21:06 ] [ 編集 ]
逆の立場で考えてみました。
自分の職場等を外国人の価値観で荒らされたならば、流石にその国の人間について嫌悪感を抱くのは当然だろうと思います。
だからとは言え、私情でスポーツにおける採点等を操作する事が是とは全く思えませんが。

しかし何を言ってもルーアは、現地で書かれる現地の為の記事であり、間違っても外国人の為に書かれたものではないでしょう。
そこを踏まえてルーアの批判をしているのかってことじゃないでしょうか。

採点等本来正確な答えなど無いものに、そこまで腹など立つものでしょうか。
ルーアの記事にトゥヘルが感化されて、香川がベンチ外に追いやられるわけでも無いのに。

虚偽などで致命的に自国を毀損されたりしたら怒りも当然だと思いますが、この程度の記事に外国人が何かを変えさせようとするのはやり過ぎであり、それは自国の人がするべき事だと思います。
これを日本とドイツ置き換えて考えると、やはり余計にそう思います。


そこでコメント欄まで読ませて貰い感じたことは、「自分の気に入る採点を出さない記事なんて載せないようにすれば?」との内容コメントに驚きました。
ここのブログは唯一ドイツから発信されているものであり、より近い距離でその空気に触れられる貴重な場所だと考えています。
なので香川が現地でどんな評価をされていようとも、知る機会が持ててありがたいです。
香川の評価が低くて嫌なのであれば、意図的に記事を読まなければ良いだけです。
それを管理人さんに求めるのは如何なものかと思われます。
[ 2016/04/24 21:12 ] [ 編集 ]
自分はナハリテン好きです。twitterでも練習の内容をUPしてくれるし、前に放送がない試合を記者さんがパソコンのカメラで流してくれてたこともある
採点に関しては、アシストと得点ではなく1対1の勝率をメインに採点してるのでは?
[ 2016/04/24 21:57 ] [ 編集 ]
管理人さんありがとうございます!

サッカーを通して、翻訳、言葉、新聞まで、語り合えるなんて、最高の場です。

サッカーは文化ですね

NRに関しては、香川選手には、辛口の意地悪な新聞というイメージですが、、。

小さな地方紙らしいですが、今はネットを通じて、世界中に情報は拡散します。

今更ながら、情報の発信は難しいものだと、実感しました。



[ 2016/04/24 22:22 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝読してます。こんなことを言っては身も蓋もありませんが、
定食屋の料理、常連の与太話や蘊蓄などの内輪話はその空間の中でこそ心地よく成立しているものですから、
それを公開・拡散(RSS等)すると、一定数こういう反応が返ってくるのは仕方ないんじゃないですか。
ある種ここも定食屋ですから、迷い込んだ一見さんに理解してもらうのは難しいかもしれません。
[ 2016/04/24 22:26 ] [ 編集 ]
1234
イギリスもアメリカのNTも金さえ貰えば反日記事を書きますし
日本のマスコミがゴミなのもあるし
白人至上主義も黒人には言い難いからアジア人に差別が向かう話は今でも実際にある事だし
独の新聞も商売上、○○移籍か~と根拠が無い記事でファンに買わせようとしているのもあるし

いろんな説が成り立つ


[ 2016/04/24 22:44 ] [ 編集 ]
補足ありがとうございます。
まさに同感です。
読者に迎合することなく、これからも自身の率直な考えを表明していただきたい。
是非そのスタンスでいてください。

[ 2016/04/24 22:56 ] [ 編集 ]
メディアの問題。管理人さんのお気持ちご意見はごもっともだと思います。でも、RNについて感情的に怒っている人は多いとは思いますが、冷静に疑問を持っている良識ある方も多いと思います。私は今までに一度もRNについてはコメントしてきませんでしたが、管理人さんが日本の記者に其処まで言うなら(私は日本の記者には批判的なコメはしてきました)一つ擁護したいと思います。それは、場所や時間等問題は有ったとは思いますが少なくともきちんと取材はしている、と言う事です。RNのの香川の記事では全く取材した形跡がない憶測や、感想文的な個人的感情の記事が多く、そのことが冷静な疑問や不信感になっているのだと思います。
前にもコメントしましたが、やはり今期山守氏がいなくなってから香川とドイツ人記者の間には距離ができてしまった事、取材しない、できない?事がネガティブに影響していると思われます。RNの記者も逆に日本人記者に取材してネタ記事書く位のコミニュケーションが有ったら・・
[ 2016/04/24 22:56 ] [ 編集 ]
皆さん長々と書かれているので、自分は簡潔に

管理人さんは、ネット上の意見に関して質を求めていませんか?
それこそ無駄な話です
本ブログに寄せられるコメントについてのこと、そのコメントを承認しないこと、承認しないことについて批判されること
この辺に問題が生じているなら、きっぱりと「これは自分のブログですから」と毅然と対処すればいいだけで
批判は無視すればいいことですよ
「善意でやっている」などとは思ってないでしょうが、「自分の為にやっている」ということをはっきりさせればいいだけです
グダグダやってると却って面倒で、モチベが下がるだけだと思いますよ

結構長くなってしまいましたね。すみません
[ 2016/04/24 23:23 ] [ 編集 ]
ルール新聞社に対して反感を持つ人が多くなったのは、政治的なものも多く関わって来てるものと思われます。国営放送が起こしたエイドリアン大統領に対する敬意を払わない風刺の行いなど。
特に影響があるのはメルケル首相の印象が非常に悪くなっており、中国に比べて日本に対する公平でない言動や行動が根底にあり、ドイツは昔に比べてずいぶん冷たくなったなぁ、という感情がルール新聞の香川の記事でリンクするのでしょう。加えてドイツ人であるトゥヘル監督のサッカーに対する敬意のなさや彼が贔屓する選手以外単なる駒としてしか思ってないような酷い扱いをみて根底に負の感情があるのだと思います。その為、公的機関のマスコミが行う行為を切っ掛けとして、敏感に大きく反応してしまうんだろうと思います。
[ 2016/04/24 23:37 ] [ 編集 ]
いつも楽しみに拝見しています。
ルーアに関しては、ずっとネタ評価として楽しんでいます。
これも一つの見解として、ドイツを知るよい機会です。

管理人様が感じている違和感はとてもよく伝わりました。
ここ数年で起きている日本社会においてのネット情報の価値の重要化とネットリテラシーの低下は、
おそらく海外在住の管理人様にとって、とても変に映っているのでしょう。
ルーアに対する偏見と似たようなものが、今の日本社会のネットワーク上では日常的に溢れています。
また差別的表現をネットワーク上で多用することに、拒否感も低くなっていることを常々感じます。
[ 2016/04/24 23:40 ] [ 編集 ]
おはこんにちこんばんは。
うおお……なんだかコメント欄がエライことになってますね(汗)そのコメントを受けての追記お疲れ様です。

管理人さんが今回気にされている“ルーア紙へのあらぬ誤解”に関しては、やはり日本と現地とではそのメディアに対する誤解や乖離が生じることは仕様がないことかもしれません。
その誤解や乖離について管理人さんが責任を感じる必要なんてないことではありますが、もしその解決を望まれるならば、丁寧に誤解を解いていく努力を続けていくほか無いのかもしれませんね。

個人的にはルーアの採点・寸評はいっそ無くしてしまえばよい…って思ったりします。
たまに「ルーア紙でこんな事書いてました」って程度で十分だったりしますし、逆に「日本のメディアでこんな風に書かれているけれど、元記事にはそんなこと一切書いてないので」なんて教えていただければこんなありがたいことはないってなもんです。

まあそれにしても1つ思ったことは“このサイト愛されてるなぁ~”ってことですね。
愛されてるからこそ、要求の数や質を求める声が大きくなるものですが、これからも無理のない程度に続けていってもらえれば幸いです。
[ 2016/04/24 23:51 ] [ 編集 ]
初コメです
いつもドイツの雰囲気を感じる記事の数々、ありがとうございます。毎日アクセスするのが楽しみな、数少ないサッカー関係のブログです。
RNの記事は訳さなくてもいいなどというご意見もあるようですが、こちらはあくまでも管理人さん個人が運営するサイトですから、訳すも訳さないを決める権利があるのは管理人さんです。RNの記事を読みたくない人は、その記事を回避すればいいだけのこと。読み手にもその点、選択肢があるので、ご自分の感覚で選択すればいいのでは。
私自身は、これ以上読者に親切にする必要はないと思いますが、あえて何か「対策」するのなら、トップページの最初の最初に、固定でこのサイトで扱う主な新聞と、その性格、サイトのリンク、また管理人さんのスタンスを明記することでしょうか。
私は、実はドルトムントのサポーターではありません。もともとはドイツ代表が好きで、ブンデスリーガを見始めました。ここの皆さんからは嫌な顔をされるかもですが、好きな選手はトーマス・ミュラーです。
そんな私ですが、管理人さんが心を込めて翻訳してくださった記事を読むのは毎日の楽しみです。真実の愛度がぬるめでも、管理人さんのブログは読んでてワクワクします。
これからも、管理人さんらしいブログを楽しみにしています!

[ 2016/04/25 00:00 ] [ 編集 ]
管理人さんのご意見と補足読ませていただきました。
フラットは視点での思想で、すごく為になりました。

おっしゃる通り、RN紙は
「彼らの主な目的は地域住民にスポーツを含めた地元を中心とした幅広いニュースを提供する事」ですね。

とは言え、記事を見ると色んな感想が出てきます。
皆が全く同じ意見である必要もないので、あれこれ考えを巡らし、意見交換出来ればいいと思っています。
その中で始めと言っている事が違ったり、考えが変わってもいいですよね。
こちらのブログで以前から採点や媒体について根気よくその辺を説明してくださった事もあり、自分は随分と見方が変わりました。

基本的には良かった場合だけニヤニヤしております。ドイツ紙の褒める時の大げさな表現、楽しいですからね!!
管理人さんの翻訳でより理解出来て本当に有難く思っております。ありがとうございます!!
[ 2016/04/25 00:01 ] [ 編集 ]
みなさん
見ず知らずの他人の採点より 自分の評価に自信もちましょ
サッカーを 楽しみましょ

0940 さん1244 さん そして1449さん
似たよなこと俺も思ってます
1634さん 気持ちよくは読めなかったけど 同意です

管理人さん
この頃 仕事し過ぎじゃないですか?
いい仕事‥
ゆるゆる 王侯貴族の香りの紅茶とか飲んでてください

またも読まないと決めていたコメント欄まで読んでしまいました‥
オーエンは密かに続けます
[ 2016/04/25 00:57 ] [ 編集 ]
管理人さん、だいぶこの新聞も日本のサッカー&香川選手ファンに浸透してきたのか、採点は厳しくて当たり前、たまに2点台だと「あのルーアナハリヒテンがデレた!!(デレデレした)」と騒ぐくらいですから大丈夫ですよ。
でも、生きたドイツの情報を知れるのは楽しいです。

私はドイツにおけるサッカークラブの考え方が知りたいです。ドイツ内ではそんなにバイエルンはアンタッチャブルでひれ伏すような存在なのかとか。
[ 2016/04/25 03:47 ] [ 編集 ]
チーム内の誰かと採点を競う競技ではないのですから、自分が今日のプレーをどう感じたかが一番大事で、それが他人と異なることは当然ですし、他人の物差しを批判したところで、批判された側が考えを変えることはおそらくないでしょう。
管理人さんは記事を紹介してくれただけなのだから、参考程度に捉えればいいのに印象操作とか言い出す人を見るとほんと怖くなっちゃいますね。病的です。

香川選手の価値は、キッカーでもルーア・ナッハリヒテンでもなく、市場が証明するでしょう。好きなものを貶されたような、嫌な気持ちになるのは理解できますけどね。批評を批判してその批判をまた批判され。嫌な気持ちのループには参加しないのが吉です。
しかしまぁ、地球の裏側の小さな新聞社まで俺色に染めたいなんてすごい時代ですね!便利ですが窮屈な世の中なので、できるだけ便利の方だけ享受したいもんです。
[ 2016/04/25 11:54 ] [ 編集 ]
ルーアを無くした方がいいんじゃないとか、それこそよくないと思う。
管理人さんはいままで通りのスタンスでやって欲しいです。
心ない言葉に傷つく事も多々あると思いますが開設当初からずっと応援しております。
[ 2016/04/25 14:46 ] [ 編集 ]
香川の評価が低いのはまたルールが…って笑い話ですむけど、
不当に貶められるのは我慢がならないってことではないですか
ドイツのドルサポにそれで納得されたくないって思うから
ドルとRNはつながってるんだから、香川が不当な扱いされたくないと思うのは日本のファンとしては普通だよね
まぁ、差別とかまでは言うつもりないけどね
管理人さんお疲れさん
[ 2016/04/25 15:23 ] [ 編集 ]
メディアつながりで…。ちょっと不真面目というか、お笑いな話題を目にしまして。
ハノーファーが降格するに際して、地元のxx店がサービスをするという記事を目にしました。(ビルトの記事だったかな?)キャンペーンのキャッチコピーや記事の締め?が面白かった印象です。
もしこの記事に対するドイツの反応などがあれば見てみたいです。またこの他にもクラブチームに連動して面白いサービスなどありますか?
よろしければブログのネタにでもしていただければ嬉しいです。
[ 2016/04/25 23:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。