ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【今週のキッカー】香川・清武高評価!ミキがベストプレーヤーに!BVB採点+日本人採点《ドイツの反応》


【今週のベストプレーヤー】

ミキタリアン



【日本人選手採点】

香川 2

清武 2 マン・オブ・ザ・マッチ
後半から、ハノーファーの攻撃を指揮した。清武弘嗣は勢いを与え、ボールを散らし、テンポを上げ、自ら同点ゴールを決めた。


20160426041012dfd.jpeg


酒井宏樹 3

大迫 2.5

長谷部 3.5

酒井高徳 3

スポンサーリンク



entry_img_998.jpeg


【シュトゥットガルト対ドルトムント試合評】

・ドルトムント採点 41221

ビュルキ 3、ピスチェク 3、ソクラティス 3、ギンター 2.5、ドゥルム 2.5、ヴァイグル 2、香川 2、ロイス 1.5、ミキタリアン 1、プリシッチ 2、ラモス 2



・シュトゥットガルト採点 4231
ティトン 5、インシュア 5、バルダ 5、シュヴァープ 4、クライン 5、ルップ 5、ゲントナー 4、ハルニク 4、ディダヴィ 5、コスティッチ 4、ヴェルナー 5



・審判 ズィーベルト 3

全体的には手堅い判断だったが、一対一の判断に少し問題あり。



・試合 3
ドルトムント側だけが美しいサッカーをみせた。



・試合分析

ドルトムントが得点するのは最初から時間の問題であった。非常にせっかちに動くシュトゥットガルトに対してボールが安定して、素早いドルトムント。シュトゥットガルトでは簡単に守備できるロングボールばかり、一方ドルトムント側のボールの扱いはほぼ完ぺきだった。シュトゥットガルトはボールを失ってから頭を下げ(意欲を失い)、素早いドルトムントのハイスピード・サッカーを可能にしてしまった。
 シュトゥットガルトは失点してから、試合に対するとっかかりを得たかに見えたが、それでもドルトムントの方がより相手にとって危険だった。ディダヴィの不運なシュートは的をとらえる事ができず、コスティッチのクロスを受ける選手もいなかった。
 前半終了間際に2:0となったことで試合は決した。ドルトムントは最後まで真剣にプレーし、全力をだすことはなかったが、それでも74分にハルニクのシュートで最初のチャンスを得たシュトゥットガルトよりも危険だった。その後の二―ダ―マイアーのヘディングシュートが2本目にして最後のシュートとなった。



・まとめ
シュトゥットガルトは非常に嘆かわしい印象を与えることに。0:3の後でシュトゥットガルトは心身ともにくたくただった。



・マン・オブ・ザ・マッチ
ヘンリク・ミキタリアンがシュトゥットガルトの守備陣を切り裂く様子を見ることは目の保養だった。2アシスト1ゴールを記録した。





以上です。

先週末の試合では日本人選手が活躍しましたね!!ハノーファーも同点としましたが、やはり降格ですね・・。清武選手らの今後の去就が注目されるところです。

 さてベストプレイヤーに選ばれたミキタリアン。今シーズンは本当に素晴らしいですね。すでにアシスト数18を記録していますが、デ・ブルイネが記録した21を更新するかもしれないです。そうなったら本当にすごいですね。なんとか残ってほしいですが、まあ待ちましょう。

それからキッカーの採点についてですが、キッカーは2人の採点者がスタジアムで試合を観戦しその場で採点します。その採点を元に会議をし、修正すべき点があれば修正するようですね。採点者の趣向が反映されにくいように、採点するクラブはローテーションしているようです。
採点は1から6まで11段階にわかれていますが、3.5を0ポイント、3が2ポイント、4が-2ポイントなどとポイント化されています。最高の1は10ポイントで、最低点の6は-10ポイントです。(このポイントはキッカーマネージャーというゲーム用ですが。)
このことからも可もなく不可もない採点が3.5であることが分かりますね。



【おまけ今日のドイツ】


DSC05598_convert_20160426042214.jpg

湖にいるあひるを撮ろうと近づいたら威嚇されました。
横目で睨まれると結構怖いです。
改めてドルトムントの選手層の厚さ、レベルの高さを思い知らされた試合でした。
一人ひとりが本当にしっかりしていますね。
まったく負けないし、この勝ち点は凄いです。
[ 2016/04/26 07:01 ] [ 編集 ]
追記:
後半戦負けなし。
フツーであれば優勝レベルなのに、どれだけ勝っても勝っても、上にいるバイエルンって何なんだ…と思いました(^^;
[ 2016/04/26 07:19 ] [ 編集 ]
ロイス 1.5 WOW
[ 2016/04/26 07:25 ] [ 編集 ]
選手一人一人の能力差が如実に出ましたね。キッカーの採点はさすがです。過去でも疑問なことはほとんどありませんでしたし。

RNの記事は、これからも知りたいです。ドルトムントの多くの人が読んでいる新聞だからです。そこの情報が多くの人の印象になっていると思うからです。それだから、採点以上に、>香川は調子が悪いから出番がなかった。(日本の記者の取材では、調子自体はかなり良い、と答えているのに)というような、取材無しの憶測記事が不信感の一番です。でも、RNの記事で地元のファンは調子が悪いと思っているのなら、そのこと知った上でのファンコメを読みたいから・・
[ 2016/04/26 08:39 ] [ 編集 ]
ロイスの採点がおかしい
まぁいつものことか
[ 2016/04/26 09:13 ] [ 編集 ]
香川選手が2でロイスが1.5っておかしくないですか?採点逆じゃないかなと・・・。
ロイスはオフサイド連発してたのに、こんな高評価もらえるんですね。もし香川選手なら最低点になってたところでしょう。

香川選手は、ここのところMОM級の働きでも他選手がすごすぎて、ヘルタ戦以外はなかなかMОMに選ばれないことが歯がゆいですね。やはりドルの選手たちのレベルの高さを改めて感じます。

清武選手は、ハノーファーは清武選手しかいないと言っても過言ではないチームなので、MОMに選出されることが多いのも当然かな。

そう考えると、チームによって全然違うなと思いますね。香川選手がスタメン外れたら日本のメディアはここぞとばかり騒ぎますけど、チームレベルや事情など冷静に考えてもらいたいですね。
香川選手は、欧州で活躍する日本人選手の中で間違いなくトップレベルのチームにいて、常にトップレベルの戦いをしてるんですから・・・。
[ 2016/04/26 12:02 ] [ 編集 ]
初めて今日のドイツで笑いました。昔ドイツでアヒルの集団を見つけてかわいくて管理人さんと同じことをしようとしたら餌付けをしているおばちゃんにNein!と威嚇されました。おばちゃんの私有地でもないのに。だいぶ怖かったです。(笑) 逆に別都市ではバス待ちしていたらおばあちゃんが「あれを撮りなされ。」と教えてくれた橋下に白鳥の夫婦と赤ちゃん2匹がいました。
[ 2016/04/26 12:35 ] [ 編集 ]
そりゃ子連れだからでしょ。。。
子を守るためならアヒルも必死っすよ。
[ 2016/04/26 12:45 ] [ 編集 ]
香川の絶好調、とってもうれしいよ!
[ 2016/04/26 13:02 ] [ 編集 ]
マルコロイス大好きです。

しかし 1.5 ???。なぜだ…。
[ 2016/04/26 14:08 ] [ 編集 ]
清武は心配ですね。
今季、昨季ともにチームの核でありながらの2期連続降格はかなり印象が悪い感じです。

今回は1部の他チームから声がかからないかも知れませんね・・・
[ 2016/04/26 14:37 ] [ 編集 ]
キッカーさんついにサッカーをまともに見るのやめたか。採点はキッカーだけがまともだったのに残念だ。ロイスが1.5とか試合見てた?それともロイスがキッカーにお金でも払ったの?
[ 2016/04/26 15:08 ] [ 編集 ]
日本人が活躍してくれて嬉しいです。清武は上位チームに移籍できるといいなと思いますね。それから代表では香川と一緒に使って欲しいです。清武が試合を組み立てられれば香川の負担はかなり減ると思いますし、得点も伸びるのではないでしょうか。

アヒル可愛いです。でも結構気が強いですよね。クチバシ丸いのにつつかれると痛いです。次回のおまけコーナーも楽しみにしています。
[ 2016/04/26 15:23 ] [ 編集 ]
清武他では評価低く、がっかりさせられたとか書かれてたけどどっち信用したら良いんだ?
[ 2016/04/26 16:40 ] [ 編集 ]
管理人さん、補足ありがとうございます。
日本の誌面は煽るのが好きですね。

前に香川が波があるって言って叩かれたんですが、当時はメンタルで監督の信頼を勝ち取れなかったってことですかね。
最近はうまく乗れてる気がしますし、ふっきれてるというか、自信が感じ取れる気がします。
凄い上手くて見惚れるプレイが出来る選手だと思うので、このままグイグイ行って欲しいです。
そしてまたワールドクラスの採点見たいですね。
[ 2016/04/26 16:58 ] [ 編集 ]
香川の採点記事に15しかコメントがないのも、先日からの事で、小さな新聞の採点にいちいち反応するほうがおかしいという流れが影響してるんですかね。

もともと採点自体にいちいち目くじら立ててたわけじゃないとは思いますけどね。あの記事の内容が問題だったのに。もうRNの採点は気にしないスタンスになつまた人も多いかも。
[ 2016/04/27 08:06 ] [ 編集 ]
いや〜ムヒは凄いね…
ムヒが2人いたら、中央(ボランチかな)とサイドの両方で使いたいほどw
技術も身体能力も高く、良い選手なのは分かっていたけど、これほど凄まじい影響力を発揮する選手になるとは…
ギュンドアンと同じくらい凄みや迫力を感じるようになったよ。
[ 2016/04/30 08:39 ] [ 編集 ]
そして全盛期の香川にあったのも、何よりこの「凄み」や「迫力」だ。
復調しているが、バリバリのオーラがあった頃と比べると、まだもう一歩。
そこはメンタル面があると思う。
二連覇時代のように日本人離れした負けん気の強さを出して、どんどん怖さを見せていってもらいたい。
[ 2016/04/30 08:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。