ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部フランクフルト!ポカール第一回戦で4部のウルムにまさかの敗退!《ドイツの反応》

【スポ―ツビルト】

frankfurt.jpg


ポカール・センセーション!
1:2!ポカールチャンピオンがまさかの敗退!


4部のウルムを相手に1:2だ。


今から91日前にアイントラハト・フランクフルトはポカールで優勝した。そしてチャンピオンは敗退してしまった。


フランクフルトはすでにスーパーカップでもバイエルンに0:5で敗れていたが、準備トレーニングもうまく行かず、今度はポカール敗退だ。
続きを読む
[ 2018/08/19 06:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(5)

トルヤンとドルトムント‼2500万ユーロの誤解!!!《ドイツの反応》

【ビルト】

toljan.jpg


トルヤンとドルトムント

2500万ユーロの誤解!

この移籍に関しては敗者しかいない・・・・

U21ユーロ大会で力強いパフォーマンスの後でBVBはジェレミー・トルヤンを獲得した。

ドルトムントはホッフェンハイムに700万ユーロを送金し、トルヤンは年俸350万ユーロの5年契約にサインしている。

続きを読む
[ 2018/08/17 16:22 ] 未分類 | TB(-) | CM(7)

ドイツ紙!「ポドルスキーからイニエスタのゴールに世界中のサッカーファンが熱狂!」《ドイツの反応》

【TAG24】

poldi.jpg


ポルディからイニエスタ!この素晴らしいゴールを見るんだ!!


このオールディ達のプレーする様子と言ったらまさにレジェンドだ!!ヴィッセル神戸対ジュビロ磐田(2:1)の試合でワールドカップチャンピオンの、ルーカス・ポドルスキーとアンドレス・イニエスタがプレーし、二人でまさに夢のゴールを見せてくれたのだ!


アンドレス・イニエスタが、FCバルセロナから神戸に移籍した時は、世界中のファンが喜んだ。なぜならポドルスキーとの一緒のプレーに期待感が高まったからだ。

続きを読む
[ 2018/08/13 12:07 ] 未分類 | TB(-) | CM(4)

ドルトムント新加入ヴィッツェル!髪型の秘密について明かす!初インタビュー《ドイツの反応》

【BAMS】

witzel.jpg

ヴィッツェル・インタビュー


ヴィッツェルさん、ブンデスリーガへようこそ!どうしてドルトムントに決めたんですか?


ベルギー代表で信じられないようなワールドカップの後で、ヨーロッパに帰ってくることが僕の目標だった。そしてドルトムントからオファーが来た時、彼らは僕を獲得したいと示してくれたんだ。ドルトムントはヨーロッパでも最高のクラブの一つなので、これは正しい選択だったね。


中国では年俸1800万ユーロをもらっていたそうですが、ドルトムントでは1000万ユーロも減ってしまうそうですね。減給を受け入れるのはむずかしくありませんでしたか?


(笑)すべての数字を知っいて素晴らしいね!冗談はさておき、ヨーロッパに戻るのが目標だったんだ。それにはお金は重要じゃない。ここにこれてうれしいよ。


他のクラブからのオファーはありましたか?


いくつかのオファーはあったけれど、長く待ちたくはなかったんだ。ドルトムントはすぐに僕を獲得したいと示してくれたし、良い話し合いもできた。だからドルトムントに決めたんだ。
続きを読む
[ 2018/08/12 18:20 ] 未分類 | TB(-) | CM(1)

レヴァンドフスキー!バイエルン残留が決定的に!「レヴァンドフスキーは移籍禁止を受け入れたよ。」《ドイツの反応》


【スポーツビルト】
lewandovski.jpg


コヴァチ!レヴァンドフスキーは移籍禁止を受け入れたよ

レヴァンドフスキ―はバイエルンに残留する。


レヴァンドフスキ―とニコ・コヴァチ監督の間で、個人面談が行われたが、その結果このストライカーはミュンヘンに残る事になったようだ。


“先週ロベルトと私が個人面談したのは正しかった。”とコヴァチはスポーツビルトにおいて語っている。“ロベルトは私が彼をどう起用としているか、どう考えているか分かっているよ。クラブ皆が彼のクオリティーを知っている。彼は世界でもトップ3に入るストライカーだ。だから彼を放出するつもりはない。これは彼に言った言葉でもあるよ。彼もこれを聞いて喜んでいたね。”

続きを読む
[ 2018/08/08 19:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(4)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。