ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川、ドルトムントの下部チームでプレー!4部のエッセンと対戦!4ゴールに絡む活躍!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

kagawa14.jpg

BVB2:香川とローデがエッセン戦でプレー!!


エッセンはヴィーデンブリュックに2:1で勝利したばかりだが、一息つく暇もないようだ。火曜日にはBVBの2部チームと対戦する。


試合は19時に始まるが、スタメンにはプロチームから4人の選手が名を連ねた。


エリック・エールシュレーゲルとアレクサンダー・イサークがすでにこれまでもプレーしているが、今度は予想に反してセバスティアン・ローデと香川真司がメンバー入りしたのだ。
続きを読む
[ 2018/11/07 05:16 ] 香川 | TB(-) | CM(41)

ドルトムント!香川、ゲッツェの市場価格が下落!サンチョは2倍以上に跳ね上がる!《ドイツの反応》

【ドルトムント24】
kagawa 4


サンチョ!世界でも最も高額な18歳に!


ジェイドン・サンチョが今シーズンBVBで最大の勝者となった。トランスファ―マルクトが市場価格を更新したが、サンチョの価格が2000万ユーロから4500万ユーロに上がったのだ。

これでジェイドン・サンチョは18歳としては世界で最も高額な選手になっている。

続きを読む
[ 2018/10/23 17:09 ] 香川 | TB(-) | CM(23)

ドルトムントは首位に立っているが、香川ら7人の選手は力を出し切れていない!《ドイツの反応》

【90Min】

kagawa19.jpg


BVBは首位!しかしこの7人の選手はまだ力を出し切れていない。

ブンデスリーガ第8節を前に、ボルシア・ドルトムントは首位に立っている。チームの大部分はルシアン・ファヴレの考えに対応できている。しかし何人かの選手はまだその力を出し切れていない。


1.ラファエル・ゲレイロ

ゲレイロは本来であれば、BVBでレギュラーになるためのすべてを備えている。このポルトガル人は左サイドや中央でもプレーできる。しかし彼の競争相手が良いパフォーマンスを発揮し、彼も太ももを負傷していたため、今の所あまり大きな役割を担っていない。

続きを読む
[ 2018/10/20 06:00 ] 香川 | TB(-) | CM(22)

ドルトムント!トレーニング再開!負傷中の香川は欠席。次の試合も出場は微妙か?《ドイツの反応》

【ルーア・ナッハリヒテン】

kagawa 4


ドルトムント、休暇の後でトレーニング再開!


多くの選手は各国の代表試合に参加している。そのためファヴレは小さなスカッドと仕事をしている。何人か心配されていた選手が戻ってきている。


ルーカス・ピスチェクは故郷に戻り、マリオ・ゲッツェはマヨルカ島で短い休暇を楽しんだが、再びドルトムントに戻って来ている。ボルシア・ドルトムントは三週間で7試合という厳しい日程の後で一息ついたところだ。
続きを読む
[ 2018/10/11 06:00 ] 香川 | TB(-) | CM(18)

CL欠場の香川、負傷箇所は再び足首!プリシチも肉離れで欠場!《ドイツの反応》

【Ichliebefusballnews】

kagawa5.jpg


CL欠場の香川、負傷箇所は再び足首!プリシチも肉離れで欠場!



ドルトムントは、10月3日にチャンピオンズリーグのグループリーグでASモナコと対戦するが、3人の選手が欠場する事となった。


すでに試合前に行われた記者会見でドルトムントのルシアン・ファヴレ監督が、香川真司が負傷のために欠場する可能性について言及していたが、負傷に関する具体的な情報には一切触れられていなかった。
続きを読む
[ 2018/10/04 05:07 ] 香川 | TB(-) | CM(9)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。