ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ香川!最終トレーニングではリャイッチと同じ先発組で練習!《ドイツの反応》

【Fanatik】

ベシクタシュ香川!起用法が決まった!

kagawa4.jpg


ベシクタシュのセニョル・ギュネス監督は最終トレーニングで香川とリャイッチをスタメン組で練習させている。アドリアのとカネルが欠場するが、リャイッチをサイドで、そして香川をトップ下で起用するとみられている。
続きを読む
[ 2019/04/22 19:20 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)

フランクフルト長谷部!長谷部がフランクフルトの影のスターである理由とは?《ドイツの反応》

【Watson】(ベンフィカ戦直前の特集記事)

ヨヴィッチ?レビッチ?いいや!

この年とった日本人がアイントラハトの影のスターである理由!

hasebe21.jpg


今シーズン、ノーゴル、ノーアシスト。チーム最年長。それだけを見ると長谷部誠は決して特別な選手ではないように思える。しかしこの日本人をもっとしっかり観察する事は決して無駄な事ではない。木曜日の夜にはベンフィカ・リスボンと再び対決するがこの選手は決定的な選手となるかもしれない。


本来であれば35歳のサッカー選手はとうにピークを過ぎている。30も半ばになると節々が痛んでくるものだ。そして若く素早い選手が追い抜いていく。


続きを読む
[ 2019/04/21 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)

長谷部フランクフルト!ベンフィカに勝利し準決勝進出!次はチェルシー《ドイツの反応》

【ビルト】

フランクフルト対ベンフィカ 2:0

アイントラハト、ヨーロッパの奇跡が続く!

hasebe21.jpg


フランクフルトのヨーロッパでの活躍が続く!


ベンフィカ・リスボンを相手に2:0で勝利だ。ファーストレグでは2:4で敗れていたが、アウェーゴールでヨーロッパリーグ準決勝進出を決めている。


フランクフルトがヨーロッパの大会で準決勝に進むのは39年ぶりの事だ。1980年にはUEFAカップで優勝している。

続きを読む
[ 2019/04/19 17:21 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)

ドルトムント監督ファヴレ!CLでマンチェスター・シティが準決勝に進出したと思い込んでいた!《ドイツの反応》

【ビルト】

ファヴレ!グアルディオラが勝ち進んだと思っていた!

favre13.jpg


昨日の夜のマンチェスターでのアディショナルタイムの出来事はサッカーの歴史に残るものだった。しかし一人だけ、それを見ていなかった人物がいる!BVB監督のルシアン・ファヴレだ。



マンチェスター・シティは昨日の試合93分の段階で4:3とリードしていた。そしてその後スターリングが5:3となるゴールを決めたが、どうやらファヴレはこれで試合が決まったと思ってしまったらしい。このスイス人はテレビを消し、その後のドラマチックな68秒の出来事を見ることがなかったのだ。
続きを読む
[ 2019/04/19 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)

ドルトムント!アザールとすでに合意!!移籍交渉がまとまらなければ2020年にフリー獲得!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

トルガン・アザール!BVBに移籍!遅くとも2020年までに!

hazar.jpg


キッカーが報じたところによると、グラートバッハはいずれにせよアザールをドルトムントに取られてしまうようだ。このサイドアタッカーはすでにBVB移籍で合意しているとみられており、交渉がまとまらなければ2020年にフリーで移籍するとのことである。


続きを読む
[ 2019/04/18 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。