ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァンドフスキー!FCバイエルンを批判!!移籍のオファーについて語る!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

lewa3.jpg

ロベルト・レヴァンドフスキー、バイエルンを批判!


移籍のオファーについて語る!


FCバイエルンとロベルト・レヴァンドフスキー!かつては夢のコンビだった。しかし昨シーズンの終わりごろからFCバイエルンとレヴァンドフスキーの関係は悪化している。


そして今、このポーランド人は彼が受けたオファーについて語っている。


ロベルト・レヴァンドフスキーはFCバイエルンで最も大きなスターだ。この30歳はこれまでの205試合で159ゴールをあげている。しかしレヴァンドフスキーはそれでもFCバイエルンが居心地が良いとは感じていなかったようだ。

続きを読む
[ 2018/10/12 13:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(7)

元ドイツ代表のマテウス!バイエルンのレヴァンドフスキーとハメスの“エゴイズム”を批判!《ドイツの反応》

【TZ】

mattaus.jpg


マテウス!
バイエルンの二人の選手のエゴイズムを批判!



“クラブ、監督、チームメートに対して敬意がない!”




ローター・マテウスは物事をはっきり言う事で有名だ。そしてこのスカイの解説者はインタビューにおいて、バイエルンの二人の選手を批判している。



バイエルンは4戦未勝利となっているが、それには2連敗も含まれている。だから多くの専門家がバイエルンについて意見を言うのは当然の流れだ。ローター・マテウスもそうした中でバイエルンの現状を分析している。

続きを読む
[ 2018/10/11 19:06 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(7)

バイエルンが抱える問題はドイツ代表と同じ!!《ドイツの反応》

【ビルト】

jogi2.jpg

バイエルンはドイツ代表と同じぐらい悪い理由!


バイエルンはグラートバッハに0:3で敗れたが、その試合を見た観客の間には、“韓国に敗れたドイツ代表みたいだ。”という言葉が飛びかった。


ヨーギ・レーヴとニコ・コヴァチは二人とも危機的な状況にある。


レーヴは昨日:“まずは選手たちと話をしなければならない。フンメルス、ボアテン、ミュラー、ノイアーは経験がある。一週間の間にまったく違ったパフォーマンスを見せることは可能だ。”と語っている。
続きを読む
[ 2018/10/11 09:28 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)

不調バイエルン!コヴァチ監督は希望した二人の選手を幹部に拒否されていた!!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】
kovac.jpg

バイエルンのボスが獲得を拒否!

コヴァチ、この二人の選手の獲得を望んでいた。



グラートバッハ戦で0:3で敗れたにもかかわらず、バイエルン内ではニコ・コヴァチ監督を責める意見は今のところない。バイエルンの幹部たちはニコ・コヴァチと同じ船に乗っていることを知っているのだ。補強政策は失敗し、さらに幹部たちはコヴァチが望んだ選手も断っていたからだ。
続きを読む
[ 2018/10/10 21:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(13)

元ドイツ代表マテウス!「補強政策が間違っている!」バイエルンを批判《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


mat.jpg


マテウス!バイエルンの補強政策と、選手たちを批判!

ローター・マテウスは自身も1984年から1988年まで、そして1992年から2000年までバイエルンでプレーしているが、スカイのテレビ番組において、バイエルンの危機を分析している。彼はニコ・コヴァチ監督を擁護し、それよりも選手たちとクラブ幹部の補強政策を批判している。

マテウス:“クラブはここ10年にわたって成功を収めたチームを若返らせること、を忘れてしまったようだ。その批判を受け入れなければならないね。”とバイエルン幹部に向けた発言をしている。
続きを読む
[ 2018/10/10 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。