ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ!グアルディオラ、シュテーガー監督を批判!《ドイツの反応》



スポーツビルト】



ゲッツェ!グアルティオラと元BVB監督シュテーガーを批判




entry_img_2345.jpeg



マリオ・ゲッツェは4部構成となるドキュメンタリー、“Being Götze”(6月9日19時よりDAZNにて放送)にて、これまでになかったぐらいオープンに彼の代謝障害について、グアルディオラ監督の欠点について、そしてペーター・シュテーガー監督について語っている。


シュテーガーはゲッツェのファンではなかったようだ。彼の下では23試合でプレーしたが、これが結果としてロシアワールドカップ出場を逃す事へとつながった。シュテーガーは“ワールドカップのチャンスは関係ない”と強調していた。
続きを読む
[ 2018/06/09 19:25 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(39)

ドルトムント!ゲッツェ!ブンデスリーガ選手が選ぶ最も失墜した選手に!!《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ】



ゲッツェ!プロ選手たちが選ぶ、最も失墜した選手に!



entry_img_2331.jpeg

BVBスターのゲッツェはキッカーのアンケートで3度連続で不名誉なタイトルを獲得した。


ここ数週間インターネット上に現れた彼の写真は幸せそうなものばかりだった。アメリカでのツアーの後、そのまま婚約者のアン・カトリンとアメリカで数日間休暇を楽しんでいるのだ。BVBのファン達は、マリオ・ゲッツェがこの休暇で完全に休養し、来シーズンからパフォーマンスを発揮することを期待している。しかしそうなるまで、ブンデスリーガのプロ選手たちが彼に平手打ちを食らわせたことを受け入れなければならない。
続きを読む
[ 2018/06/01 18:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(19)

ドイツ紙「ゲッツェ!代表監督の前でアピールに成功!W杯に望みをつなぐ!」《ドイツの反応》



ビルト】



ロイス!再びロケット!

ヨーギ、あと5試合震えなければならない!


entry_img_2268.jpeg



マルコ・ロイスは、ドイツサッカー界において2度も悲劇を経験している。彼は負傷のため2014年のワールドカップと2016年のユーロを欠場しているのだ。
続きを読む
[ 2018/04/25 06:02 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(22)

ドルトムント・ゲッツェ!シュテーガーから平手打ち!もはや起用せず!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】



シュテーガー!マリオ・ゲッツェをもはや起用せず!そして平手打ち!



entry_img_2258.jpeg

マリオ・ゲッツェはシュテーガーの言葉をまるで平手打ちのように感じたに違いない。“マリオは才能のある良い選手だ。”とシュテーガーは0:2で敗れた後で語った。そして彼をスタメンで起用しなかった事については“信頼”関係によるものだと語っている。そしてこれは代表監督の場合もそうだろうか?

5月15日にはワールドカップ前のメンバーが発表されるが、何よりもドルトムントのマリオ・ゲッツェが呼ばれない可能性が高まっている。
続きを読む
[ 2018/04/17 06:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(32)

ドルトムント、ゲッツェは夢を見すぎ!彼はワールドカップに行くべきだと思う?《ドイツの反応》



ビルト】



ゲッツェは夢を見すぎだ!

マリオ・ゲッツェは2014年のワールドカップで決勝点を放った。夢のゴールで。



entry_img_2256.jpeg


しかし彼は、その後夢を見すぎたように思う。


ペップ・グアルディオラの下で彼はレギュラーではなかった。世界最高の監督がどうして彼をしばしば起用しなかったのだろうか?答えは単純だ。彼のパフォーマンスが値しないからだ。

続きを読む
[ 2018/04/16 19:08 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(26)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。