ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・ゲッツェ!シュテーガーから平手打ち!もはや起用せず!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】



シュテーガー!マリオ・ゲッツェをもはや起用せず!そして平手打ち!



entry_img_2258.jpeg

マリオ・ゲッツェはシュテーガーの言葉をまるで平手打ちのように感じたに違いない。“マリオは才能のある良い選手だ。”とシュテーガーは0:2で敗れた後で語った。そして彼をスタメンで起用しなかった事については“信頼”関係によるものだと語っている。そしてこれは代表監督の場合もそうだろうか?

5月15日にはワールドカップ前のメンバーが発表されるが、何よりもドルトムントのマリオ・ゲッツェが呼ばれない可能性が高まっている。
続きを読む
[ 2018/04/17 06:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(32)

ドルトムント、ゲッツェは夢を見すぎ!彼はワールドカップに行くべきだと思う?《ドイツの反応》



ビルト】



ゲッツェは夢を見すぎだ!

マリオ・ゲッツェは2014年のワールドカップで決勝点を放った。夢のゴールで。



entry_img_2256.jpeg


しかし彼は、その後夢を見すぎたように思う。


ペップ・グアルディオラの下で彼はレギュラーではなかった。世界最高の監督がどうして彼をしばしば起用しなかったのだろうか?答えは単純だ。彼のパフォーマンスが値しないからだ。

続きを読む
[ 2018/04/16 19:08 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(26)

マリオ・ゲッツェ「僕はもう完全に健康だ!」インタビュ-《ドイツの反応》





entry_img_2252.jpeg

ビルト】




あなたのボスのヴァツケは、マリオには何かが欠けていると言っていましたが、彼は何の事を言っているのでしょうか?


ゲッツェ:彼が何を言っているのか、はっきりしたことは分からない。だけど我々がチームとして要求を満たせなかった事ははっきりしている。見て分かる通り、ここ12か月で起こったことは、僕たちにとってもある意味挑戦だ。みんな一丸となって乗り越えなければならないよ。



どのようにして?

ゲッツェ:僕たちは今シーズンチームとして、何度も後退することになった。バス襲撃事件や、異なる監督、チームを牽引する選手はクラブを去るか、もしくは長い間負傷していた。これはどうして今シーズン上手く行かないかのほんの一部の理由に過ぎない。だけどはっきり言うけれど言い訳は探していない。結局はフィールド上で成果を出さなければいけないからね。

続きを読む
[ 2018/04/14 18:45 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(28)

ドイツ紙「ゲッツェ!出番なし!ティーンエージャーの交代は最大の屈辱!」《ドイツの反応》





ヴェルト】



ゲッツェ!出番なし!ティーンエージャーの交代は最大の屈辱!


entry_img_2246.jpeg


マリオ・ゲッツェは3:0で勝利した対シュトゥットガルト戦で90ベンチに座る事になった。監督は若い選手に飴を与えたのだ。彼のワールドカップ出場のチャンスは少ない。


謝ってすむ時間は過ぎた。ユリアン・ヴァイグルが欠場した事に対して、シュテーガーは“彼は週の半ばに風邪をひいていたから。”と答えている。
続きを読む
[ 2018/04/10 06:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(20)

「何かが足りない・・・。」ヴァツケ!ゲッツェを心配!《ドイツの反応》





ビルト】

どういうわけか何かが足りない・・・

ヴァツケ、ゲッツェを心配



entry_img_2245.jpeg


ドルトムントの会長、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは現在低調のマリオ・ゲッツェを心配している。



“どういうわけか、何かが欠けているね・・。”とヴァツケはフランクフルター・アルゲマイネ新聞の日曜版で語っている。

続きを読む
[ 2018/04/09 05:50 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(20)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。