ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「マリオ・ゲッツェはファブレの下では補欠となってしまうのか?」《ドイツの反応》

【ビルト】


goet.jpg

90分ベンチ



ゲッツェはファブレの下では補欠なのか?


彼は4:1でライプツィヒに勝利した後で、黄色の壁の前で腕を上げてチームと共に喜びを分かち合った。しかしその試合でマリオ・ゲッツェはまったくプレーしなかったのだ。

続きを読む
[ 2018/08/28 12:33 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(18)

ドルトムントSDツォルク!マリオ・ゲッツェに出番がなかった理由を語る!《ドイツの反応》

【Spox】

goetzezorc-600.jpg


ツォルク!ゲッツェがライプツィヒ戦でプレーしなかったことを説明!


ボルシア・ドルトムントのツォルクはマリオ・ゲッツェがベンチで座っていた事について口を開いた。


“彼は良い準備をしたと思うが、メンバーの層は非常に厚いし、クオリティーも高い。特に攻撃的中盤ではね。”とツォルクはスカイについて語っている。

続きを読む
[ 2018/08/27 19:34 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(11)

マリオ・ゲッツェ!ヒュルト戦でフロップ(失敗作)・オブ・ザ・マッチに選ばれる!ファンの反応は?《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト・ゲッツェ掲示板より】

götze


・彼は夏の準備トレーニングにフルに参加した。それでも60分しか持たなかった。守備は頑張っていたが、攻撃はまたしても何もなかった。

SPOXが彼をフロップ・・オブ・ザ・マッチに選んでいるね。


フロップ・オブ・ザ・マッチ:マリオ・ゲッツェ
他のドルトムントの攻撃選手と同様にポジションを入れ替えながらプレーしていたが、これはまったく彼には合わなかった。試合に入る事は一度もなく、彼のパス成功率64.5%はひど過ぎる。そして一対一にも一度しか勝てなかった。64分でお終い。



・これがシーズン最初の試合だという事を考慮しても、あまりにも少なすぎる。彼はもっと自分自身に対する要求が高くて当然のはずだ。隣はロイスだというのに。このようなプレーは許されない。香川の方が明らかにゲッツェよりも良いよ。ゲッツェは時々良い動きの片鱗を見せるが、それ以上になる事はない。


スポーツ面ではゲッツェが復活すれば、それは望ましい事だ。彼は準備トレーニングをフルにした割には、まったく仕上がっていない。今ダメなら、もうだめだろう。


続きを読む
[ 2018/08/21 18:07 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(26)

マリオ・ゲッツェ!すでに3月にはワールドカップ落選を予感していた!《ドイツの反応》

【BAMS】

gotye.jpg


BVBスター、彼の夏について語る!
ワールドカップ落選はすでに3月から予感していた!


2014年のワールドカップでマリオ・ゲッツェは決勝ゴールを放ったが、2018年にワールドカップ参加することはなかった。レ―ヴ代表監督が彼をノミネートしなかったのだ。


ゲッツェはヴェルト日曜版においてワールドカップに落選した時の事を語っている。


ゲッツェ:“そのことは発表の一日前に分かっていた。だけどその前からそうなる予感がしていたんだ。3月のスペイン戦とブラジル戦でノミネートされなかった時に、こうなるかもしれないって思ったんだ。だからそれほど大きな驚きではなかった。もちろんそれでもハードだったけどね。”

続きを読む
[ 2018/08/05 21:13 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(17)

マリオ・ゲッツェ!ドルトムント新監督ファヴレを絶賛!!《ドイツの反応》




SPOX】


BVB:マリオ・ゲッツェ、ドルトムント新監督のファヴレを絶賛!


entry_img_2459.jpeg


ボルシア・ドルトムントは良い準備期間をすごしており、これまでのチャンピオンズ・カップ3試合でも、正規時間内には負けていない。BVBの雰囲気は良いが、これは新監督ファヴレのおかげである。マリオ・ゲッツェも感激した様子だ。


“彼の取り組む様子は本当に素晴らしいと思う。”とゲッツェはアメリカからドイツに戻る前に語っている。“これから来ることを楽しみにしている。新シーズンもね。”
続きを読む
[ 2018/07/27 19:13 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(32)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。