ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!SDツォルク!ドイツの育成システムを批判!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

bvb topralk


ドルトムント!SDツォルク!ドイツの育成システムを批判!


ボルシア・ドルトムントはここ数年、ドイツ人の若き才能をプロチームに入れる事に成功していない。ツォルクはTオンラインのインタビューにおいて、このポイントについて語っている。クリスティアン・プリシチ、ウスマン・デンベレー、そしてジョルダン・サンチョらは皆外国からやってきた選手達だ。


続きを読む
[ 2018/08/11 19:28 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(11)

ドルトムント!トプラク!トルコ・フェネルバフチェにローン移籍か?《ドイツの反応》

【Fussballeck】

bvb topralk

フェネルバフチェが獲得に興味!ドルトムントからローン移籍か?



ドルトムントはすでにこの夏、スカッドにかなり手を入れている。すでに7人の選手か加入し、8人の選手が去っている。しかし8月の終わりまでには、まだ数人が放出されなければならない。


現在ドルトムントで契約している選手は29人となっており、みんなが満足できるシーズンにするには多すぎる。そのためBVB幹部たちは、まだ何人かの選手を放出できる事を願っている。最近ではトルコ・メディアがフェネルバフチェがドルトムントのエマ―・トプラクをローン移籍で獲得しようと報じている。


続きを読む
[ 2018/08/11 17:11 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(6)

元ドルトムントFWバチュアイ!BVB復帰はなくなる!バレンシアへ移籍が決定!《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト】

ba.jpg


BVBへの復帰はなくなった:
バチュアイ、ローンでチェルシーからバレンシアへ!



ミッチー・バチュアイがソーシャル・メディアを盛んに利用していることは今となっては驚きでも何でもない。彼がこうもりをツイートするのもバットマンのファンだからだ。しかしどうやらそれはこうもりをクラブのシンボルとするFCバレンシアを示唆したものだったようだ。

続きを読む
[ 2018/08/11 09:33 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(12)

ドルトムントがこれらの選手を放出しない理由は!?《ドイツの反応》

【ビルト】

michael-zorc-600.jpg

BVBがこれらの選手を放出しない理由!


昨シーズンは4位と壊滅的なシーズンだったが、この夏ドルトムントはそれを変えようとエンジン全開だ。その結果:6人の新たなスターがやって来、そして5人が去った。しかしそれでもまだシーズンスタートを前にして29人も選手がいる。


どうしてツォルクがこれらの選手を放出しないのかその理由を語る!


▶トルヤン:

ドルトムントは今から一年前に彼と5年契約を結んでいる。しかしたった1年、そしてリーガ18試合でトルヤンは放出候補となっている。

問題:移籍市場が開いたばかりの頃にはナポリやバレンシアなどからのオファーもあった。しかしツォルクは代わりがいないのでその時点では放出の意思はなかった。アフラフ・ハキミを獲得した今、ドルトムントはトルヤンを放出したがっている。しかしトルヤンは新監督のファヴレの下でチャンスをもらおうと燃えている。売り時を逃してしまった・・。

続きを読む
[ 2018/08/11 06:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(13)

ドルトムント!16歳の若きタレントを獲得か?《ドイツの反応》

【フスバールトランスファー】

w950_h526_x1500_y1000_DPA_bfunk_dpa_5F9A02006693ACE4-ebf128718b498071 (1)

ドルトムント、16歳の若きタレントを獲得か?

ドルトムントは、若きタレントと交渉するのがうまい事で有名で。ドルトムントはここ最近フランスで若きタレント探しを行っているが、そこから新たな才能がやって来るかもしれない。


ドルトムントの幹部たちはこの夏、正しいミックスを探している。この夏はトーマス・ディレイニーやアクセル・ヴィッツェルなど、すでに経験のある選手の補強を行っているが、それと並行して若き才能探しも行っていたのだ。

続きを読む
[ 2018/08/10 21:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(2)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。