ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ヘルタ原口!独誌インタビュー!「6ゴール決めれなかったら、ブンデスリーガに相応しくない!」《ドイツの反応》



ベルリン新聞】9月15日




ヘルタのサイドアタッカー


原口:もし僕が6ゴール決めれなかったら、僕はブンデスリーガに相応しくない!


entry_img_1240.jpeg
引用元:ベルリン新聞



原口はヘルタで最多のアシストを決めている。彼は私生活ではベルリンに慣れてきたが、今スポーツ面で自分に新たなプレッシャーをかけている。
続きを読む
[ 2016/09/25 18:15 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(8)

2アシストのヘルタ原口!ドイツでの注目度もアップ!「どうして原口はゴール前での脅威となったのか?」原口特集《ドイツの反応》




モルゲンポスト




どうして原口元気がゴール前で脅威となったのか?


20160911173809fd1.jpeg



ヘルタの攻撃の選手は、まったくゴール前で危険ではない選手だとされていた。しかしこの日本人は、ヘルタの4ゴール中3ゴールをアシストしている。それは夏に大学を訪問したからでもある。



夜、ベルリンへと行く飛行機の中、ルフトハンザのパイロットは、ヘルタがその便を選んだことに関して感謝を述べ、さらに2:0でインゴルシュタットに勝利したことについてお祝いの言葉を述べだ。そして飛行機の中ではマヨルカ島への着陸が成功した時と同じように、拍手が鳴り響いた。これはまるでマヨルカでの休暇のような雰囲気だ。ヘルタが2位として飛行機にのるなんてことはそんなに頻繁にはない。

続きを読む
[ 2016/09/13 06:00 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(13)

ドイツ紙「原口!ブンデスリーガのスターへ向けてスプリント!!」監督も絶賛!特集記事!《ドイツの反応》



【ベルリナー・クリエール】



ヘルタ・スプリント


速い、より速い、原口(注:最も速い=原口)




entry_img_1207.jpeg
引用元: Berliner Kurier



ベルリン

ヘルタの原口元気は、ブンデスリーガのスターへ向けてスプリント?この日本からのサイドアタッカーはようやく花開いた。フライブルクを相手の開幕戦での勝利の後で、パル・ダルダイ監督も彼を称賛する!“僕の意見では、彼がフィールド上最も良かった選手だね。”と監督は語る。原口元気の3年目となる今シーズン、彼はついにブレイクするか?
続きを読む
[ 2016/09/07 18:00 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(4)

好調ヘルタ原口!「ゴール不発からようやく解き放たれた!」ドイツ地元紙が特集!《ドイツの反応》

【ベルリン新聞】3月20日夜



ヘルタのサイド

原口元気、ようやくゴール不発から解き放たれる!



entry_img_930.jpeg


日本の素早いサイドの選手、原口元気はインゴルシュタット戦で今シーズン2ゴール目となるゴールをあげた。彼は今後、さらに多くのゴールを挙げることを宣言している。
続きを読む
[ 2016/03/22 18:38 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(8)

「原口がヘルタ成功の土台となった!」ベルリン地元紙特集記事!《ドイツの反応》

ここ最近はドルトムントが勝ち続けていたこともあり、あまり他の日本人選手の記事を取り上げる事ができませんでした。ブンデスリーガも前半戦が今日で終わり、なんと原口選手の在籍するヘルタがドルトムントに6ポイント差の単独3位でフィニッシュしました。少し前の記事になりますが、12月8日に地元ベルリンのスポーツ新聞、ベルリナー・クリエールに掲載された特集記事を紹介します。







【ベルリナー・クリエール】


entry_img_784.jpeg

野心:原口は点取り屋になるつもり!!



ベルリン:ヘルタBSCの今シーズンは非常にうまくいっている。前半戦はあと2試合を残すところとなったが、既に26ポイントを獲得しており、期待を大きく上回っている。素早いドリブラーである原口元気は、その中でも成功の土台となっている。しかしながらこの日本人は少しばかり幸せではないようだ。彼はもっと多くのものを要求ししている。つまり自分自身に!!
続きを読む
[ 2015/12/21 06:00 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(3)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。