ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トーマス・トゥヘルがヨーロッパで大人気の理由とは?《ドイツの反応》




【ビルト】



トゥヘルがヨーロッパで大人気の理由!




entry_img_2227.jpeg

バイエルン、セヴィリア、チェルシー、アーセナル、パリ、これらのクラブがトゥヘルに興味を持っている。トップクラブの監督の席が不安定になると、すぐに彼の名前が上がるのだ。


ヨーロッパ中がトゥヘルを熱望!


トゥヘルはまだ7年しか監督をやっていないにも関わらず!マインツで5年、そしてドルトムントで2年だ。
続きを読む
[ 2018/03/31 06:00 ] トゥヘル | TB(-) | CM(32)

トーマス・トゥヘルがバイエルン監督に決まらなかったのは、選手が望まなかったから!《ドイツの反応》


【BILD】



バイエルンのスター達がトゥヘルを望まなかった。


entry_img_2226.jpeg


ウリ・ヘーネスがトゥヘル獲得に躊躇していた原因はなんだろうか?

ビルトの情報によると:ほぼすべてのスター選手たちが反対したからだという事だ。

トゥヘルはヘーネスから接触があってから約1週間後にバイエルンに断りの連絡を入れている。外国のクラブ(おそらくパリかチェルシー)に決めていたからだ。

しかしバイエルンの控室では多くのファンの反応とは異なり、決してこれを悲しむ雰囲気にはならなかったようだ。むしろその反対だ。何人かの若い選手を除いては、トゥヘルが来ない事を皆喜んだという事だ。 続きを読む
[ 2018/03/30 18:25 ] トゥヘル | TB(-) | CM(25)

ドイツ紙ビルト「トゥヘルはパリSGの監督の可能性大!」《ドイツの反応》




ビルト】

バイエルンに断りの後で。

トゥヘル、どこに移籍するのか?



entry_img_2218.jpeg


キッカー”はアーセナル移籍を報道しているが、しかしパリ移籍の可能性大だ。



彼は現時点で獲得可能な最も人気のある監督だ。しかしトゥヘルはどこに行くのだろうか?

キッカーが伝えたところによると、この元ドルトムント監督は、アーセナル移籍間近とのことだ。

続きを読む
[ 2018/03/26 06:00 ] トゥヘル | TB(-) | CM(16)

トーマス・トゥヘル!バイエルンを断りアーセナルの監督へ!!《ドイツの反応》





キッカー】

バイエルンを断り:トゥヘル、アーセナルの監督に!



entry_img_2217.jpeg



FCバイエルンではハインケスの後継者を探していたが、キッカーの情報によるとトーマス・トゥヘルはロンドンに行くことが決まったようだ。そこでヴェンゲル監督の遺産を相続するとのことだ。


トーマス・トゥヘルは2017年5月にポカール勝者としてBVBを去った。それ以来この44歳は表舞台から姿を消していたが、次のオファーに向けて時間をたっぷりかけたようだ。彼は何度もユップ・ハインケスの後継者としてバイエルン監督の候補に挙がっていた。
続きを読む
[ 2018/03/25 19:11 ] トゥヘル | TB(-) | CM(52)

トゥヘル!バイエルンの監督を断る!!その理由とは?《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞】


entry_img_2216.jpeg




トゥヘル!バイエルンを断る!その理由とは?


ブンデスリーガに驚き!



次期バイエルン監督候補最有力だったトーマス・トゥヘルが、断った。すでにビルトが報じている。


その理由とは:すでに外国のトップクラブのオファーを引き受けたとのことだ。そのためバイエルンの監督を引き受けることはできないとの事らしい。
続きを読む
[ 2018/03/25 12:04 ] トゥヘル | TB(-) | CM(20)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。