ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙、フランクフルトの鍵を握る選手として長谷部誠を選出!《ドイツの反応》

【Ichliebefusballnews】

hasebe.jpg



ドイツ紙、フランクフルトの鍵を握る選手として長谷部誠を選出!


ドイツ紙「フスバール・ニュース」が10月3日付の記事で、“アイントラハト・フランクフルトの5人のキーププレーヤー”と題して特集しているが、その5人の一人として長谷部誠が取り上げられている。

続きを読む
[ 2018/10/03 21:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(4)

フランクフルト長谷部!ライプツィヒ戦で活躍しキッカーのベストイレブンに選ばれる!《ドイツの反応》

【Ichliebefussbanews】

hasebe.jpg


フランクフルト長谷部!ライプツィヒ戦で活躍しキッカーのベストイレブンに選ばれる!


アイントラハト・フランクフルトでプレーする長谷部誠は、9月23日に行われたライプツィヒ戦で今シーズン、ブンデスリーガにおいて初めてスタメンとしてプレーし、ドイツ紙キッカーで高評価を受け、さらにベストイレブンに選ばれている。

今シーズンリーガ開幕戦となったフライブルク戦で体調不良のため欠場となっていた長谷部誠だが、続くブレーメン戦では戦術的な理由でベンチ外、そして先週行われたドルトムント戦ではベンチとなっており、地元紙からも監督の起用を疑問視する声が上がっていた。

続きを読む
[ 2018/09/24 17:36 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(6)

【EL】長谷部先発フランクフルト!酒井宏樹の所属するマルセイユに2:1で勝利!試合は無観客試合《ドイツの反応》

【ビルト】

hasebe6.jpg

マルセイユ対フランクフルト 1:2

無観客試合。レッドカード。3ポイント


フランクフルトは無観客試合でマルセイユにショックを与えた。なぜならジョーカーのジョヴィッチが89分に2:1となるゴールをあげたからだ。

フランクフルトはすでに開始59分にすでにイエローカードを受けていたヴィレムスがパイェを相手にファールをする。それが再びイエローとなり、累積で退場となったのだ。
続きを読む
[ 2018/09/21 09:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(2)

フランクフルト長谷部!現状に不満!右サイドバックでプレーか?《ドイツの反応》

【ビルト】

hasebe.jpg


長谷部、この前はベンチ外!

長谷部、右サイドバックでアピール


“今の状況には不満ですね。”

とアイントラハトのオールラウンダー、長谷部誠は語る。この日本人は、ヒュットナー監督が3バックから4バックに変更したことによってベンチ外となっていた。フライブルク戦は体調不良で欠場となったがブレーメン戦ではベンチ外だったのだ。長谷部はワールドカップに出場したため、トレーニングが遅れていたが、“また万全になりました。”と語っている。
続きを読む
[ 2018/09/14 09:30 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(8)

フランクフルト長谷部!いきなり居場所がなくなる?《ドイツの反応》

【フランクフルター・アルゲマイネ新聞】

hasebe.jpg


長谷部誠、驚くべきことに現在居場所無し!


長谷部誠は、すでにアイントラハトの重要な人物だと思われていた。少なくとも、アイントラハト育ちで長い間フランクフルトでプレーしているマーク・ステンデラ、マルコ・ルス、ティモシ―・チャンドラーらと同じぐらいには。現在34歳になる長谷部は2014年以来フランクフルトでプレーしており、忠実で非常に信頼のおける選手で、クラブを体現化する選手だった。

続きを読む
[ 2018/09/10 19:19 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(10)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。