ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「長谷部のおかげ!」好調長谷部!ベッケンバウア―に続き、今度はローター・マテウスと比べられる!!ドイツ紙《ドイツの反応》



【ビルト】


長谷部はローター・マテウスを思い出させるね!



日本人、リベロとして3バークで説得力のあるプレー!




entry_img_1321.jpg
引用元:Bild

最初は、皇帝ことフランツ・ベッケンバウアー、そして日本のレジェンド宮本恒靖だった。今度はドイツ代表出場記録を持つローター・マテウスだ。ここ数週間、長谷部誠はこのような選手と比較されるほどの栄光を得ている。なによりもニコ・コヴァチから。
続きを読む
[ 2016/11/07 19:33 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(13)

リベロ長谷部!ドイツ紙「日本のベッケンバウアー、そして日本のイコンだ!」長谷部特集《ドイツの反応》




ビルト



“リべロ”長谷部



日本のディフェンダーのレジェンドに例えられる!



entry_img_1306.jpg
引用元:Bild 続きを読む
[ 2016/10/31 07:53 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(9)

フランクフルト長谷部:ドイツ紙ビルトで特集記事!《ドイツの反応》



ビルト】8月11日



フランクフルトの国際イレブン



長谷部!僕たちならなんとかできる!!!


entry_img_1151.jpeg
引用元:BILD 続きを読む
[ 2016/08/12 06:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(8)

長谷部誠 「未解決の謎」ドイツ紙報道!《ドイツの反応》

先週のブンデスリーガで疲労を考慮してベンチ外となった長谷部選手ですが、それにまつわる記事がいくつかでていましたのでちょっと時間があきましたが紹介します。

SGE4EVERというサイトに10月15日に掲載されました記事と同じ日にビルトに掲載された記事を紹介します。







【ビルト記事】


フランクフルト

フェーが長谷部をアイフェル地方へ送る!(注:アイフェルは休暇地。熱海へ送るみたいなニュアンス)

entry_img_671.jpeg

長谷部誠は木曜日に30分トレーニングをした後で、再び控室へともどる事になった。


続きを読む
[ 2015/10/24 19:05 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(15)

《ドイツの反応》長谷部誠がチームについて語る ドイツ紙インタビュー

アイントラハト・フランクフルトの長谷部選手の地元紙インタビューになります。2月28日のフランクフルター・ノイエ・プレッセに掲載されたインタビューですので、一週間前ハンブルク戦前のものになりますが、そこまで古くはありませんので取り上げようと思います。






アイントラハトの中盤のボス


長谷部インタビュー“中盤の安定性にかけている”


20150307184045b4a.jpg

日本の中盤の指揮官、長谷部誠がハンブルク戦を前にメンタリティと人間性についてインタビューで答える。


1:3という結果に終わったマインツ戦では、長谷部誠の出場が痛いくらい望まれた。この中盤のボスはイエローカード累積で出ることが出来なかったのだ。しかしながらハンブルク戦では、この日本代表のキャプテンは再び出場する準備ができている。この31才が当然知っていることではあるが、彼一人では要求に答えることは出来ない。


調子はどうですか?背中の具合はどうですか?それにインフルエンザから十分に回復しましたか?


そうですね。状態もよく健康だと感じていますし、特に問題は無いですね。


マインツ戦では、あなたがチームにいなかったことが様々なシーンで浮き彫りとなりましたが?


僕が出場したからといって、違った結果になったかは分かりません。一人でどうこうなるものでもありませんし。それに試合に出ないでテレビや観客席から試合を見ることは、フィールド場にいるのと同じぐらいきつい事なんです。


あなたの印象はどうでしたか?試合への臨み方はシャルケ戦での勝利と同じでしたか?


僕らはいつも同じように試合に臨みます。僕らはいつも勝とうとしています!前半の試合運びは拮抗したものだったとおもいます。そしてシュテファン・アイグナーのゴールは本当に良いコンビネーションからのものでした。前半終了間際のマインツの同点ゴールは出来れば避けたかったところですね。後半開始後続けて2点取られた事で、僕達の計画はダメになってしまいました。それによってコントロールを失ってしまったんです。
続きを読む
[ 2015/03/07 19:40 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(4)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。