ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBキーパー、ビュルキ‼「こうすればレアルを倒せる!」インタビュー《ドイツの反応》




キッカー

BVBキーパー、ビュルキ!こうすればレアルを倒せる!


entry_img_1857.jpg


グラートバッハ戦において6:1で勝利したドルトムントは、チャンピオンズリーグでレアル・マドリッドを迎える。ロマン・ビュルキはインタビューにおいて、クリスティアーノ・ロナルド達を前に、眠れぬ夜を過ごす事はない理由や、勝利へのカギについて語った。



シグナル・イドゥナ・パルクでボルシア・ドルトムントとレアル・マドリッドはこれまでに6度対決しているが、ここでスペインのチームが勝ったことはまだ一度もない。


現在のチャンピオンズリーグ優勝者も3引き分けだった。“僕たちの観客の前で僕たちを倒すのは難しいよ。”とビュルキは語る。
続きを読む
[ 2017/09/25 18:25 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(11)

BVB会長ヴァツケ!デンベレー負傷による収入減のニュースを否定!《ドイツの反応》




Sport1】

ウスマン・デンベレー:ヴァツケ、収入減のニュースを否定!


entry_img_1849.jpg



ヴァツケ会長によると、ウスマン・デンベレーが負傷しても移籍金ボーナスに与える影響はそれほどないようだ。さらにバルサの監督は、デンベレの負傷の一部は自分のせいであると発言している。

続きを読む
[ 2017/09/20 18:45 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(3)

【ビデオ判定】ケルン!ビデオ判定の抗議とドルトムントとの再試合の要求取り下げ!《ドイツの反応》




Tオンライン】

議論はあったが、ケルン抗議を取り下げる。



entry_img_1848.jpg



ケルンは5:0で敗れたドルトムント戦の後で、2点目に対する審判の判定に異議を唱えていた。そして抗議の意思を表していた。しかしクラブの情報によると、抗議はしないことにしたようだ。
続きを読む
[ 2017/09/20 06:11 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(2)

BVB対ハンブルガー!香川今シーズンリーガ初先発か?ドイツ紙先発予想!《ドイツの反応》




Wa.de】


中盤で選手交代か?ハンブルク戦の先発予想!




entry_img_1846.jpg


現在リーガ首位のドルトムントが、ハンブルガーを相手に名刺を渡す事になる。BVB監督ペーター・ボシュは、少なくとも中盤でいくつかの選択肢を持っている。我々が先発を予想する!



負傷者

シュメルツァー(足首)、ゲレイロ(くるぶし手術)、ドゥルム(腰手術)、ローデ(骨の疲労ストレス)、ロイス(膝十字靭帯)、はまだプレーできない。シュルレ(靭帯)、バルトラ(内転筋)はトレーニングに戻ってきたが、次の試合に出るには早すぎる。トルヤン(筋肉に問題)も同様だ。

続きを読む
[ 2017/09/19 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(19)

ケルン!ビデオ判定への抗議、ドルトムントとの再試合要求はやめるべき!ドイツ紙コラム《ドイツの反応》




ビルトコラム


ケルンが抗議すべきでない理由!


entry_img_1845.jpg


もちろん、2:0となったドルトムントのゴールは不当なものだったので、ケルンはそれに対して抗議する権利はあるだろう。

このゴールは、ビデオ審判の介入があったとはいえ、認められてはいけないものだった。なぜならボールがゴールラインを割る直前に笛が吹かれてしまい、その時点で試合は中断されたからだ。なので、このゴールは規則に反している。
続きを読む
[ 2017/09/18 18:15 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(8)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。