ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「僕は運が良かった!」香川ドイツ紙インタビュー!①《ドイツの反応》





ルーア・ナッハリヒテン】


香川真司:僕は運が良かった


entry_img_1950.jpeg


香川真司のインタビューは非常に珍しいが、その中で現在のBVBの不調、オバメヤンの靴磨きなどについて語っている。


香川真司がドイツのジャーナリストの前で語るのは珍しい事だ。BVBで6シーズン目となるが、いまだに言葉の壁がある。しかしこの日本人が一度口を開けば、彼は思っていたよりもすごく愉快な人物である。香川は冗談が好きだ。でも今回は真面目なテーマについて語ってくれた。




この前はピエール・エメリック・オバメヤンの靴磨きをさせられたようですね。


(笑)お互いにPK合戦をやったんですよ。オバば僕のPKを止めて、僕を相手に決めたんです。その後で靴磨きをすることになりました。
続きを読む
[ 2017/11/18 07:10 ] 香川2017 | TB(-) | CM(4)

BVBスター香川!給料の1%を寄付!ルール地方では初!ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞


BVBスター香川真司!レヴィーア地区の選手としては初!給与の1%を寄付!


entry_img_1915.jpeg


日本代表選手であり、ポカール優勝者である香川真司が、ユリアン・ナーゲルスマンやマッツ・フンメルスの後に続いた。

続きを読む
[ 2017/10/27 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(12)

香川1ゴール1アシスト!マグデブルク戦後のファンの反応!ゲッツェとの比較も《ドイツの反応》



トランスファーマルクト


entry_img_1912.jpeg


試合前

・アウグスブルク戦は素晴らしいゴールだった。僕はシンジとゲッツェとシャヒンが一緒にプレーする所がみたい。2011年には良いプレーをしていたからね。そしてその前にヤルモレンコ、オバ、フィリップだ。



・僕の意見では中盤はヴァイグル、香川、ゲッツェが最高だね。ヌリはリーガでは良いが、国際的には遅すぎると思う。



・香川がどうなるかは興味深いね。以前は移籍を噂されていたのに、今は良い感じだ。僕の考えでは、シンジが今までの様な中心的な存在になる事はもうないだろうね。もう10番としてプレーする事はないから。それでも彼は常に決定的な役割をすることをできる。433での彼は、どちらかといえばサブ的な使われ方だけれど、それでも定期的に彼にできる事を示している。でもスタジアム中が歌いたくなるような香川真司には足りないだろうな。
続きを読む
[ 2017/10/26 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(45)

香川!アウグスブルク戦のゴールがブンデス公式月間ゴール賞に!《ドイツの反応》




【ブンデスリーガ】



entry_img_1892.jpeg



月間ゴール賞:香川真司 

ケルン:ブンデスリーガのファンたちが毎月4週間後毎に最も美しかったゴールをFacebookを通して選んでいる。そして9月のトップ・ゴールを決めたのは、ボルシア・ドルトムントの人気者である香川真司だ。

続きを読む
[ 2017/10/13 06:15 ] 香川2017 | TB(-) | CM(8)

香川!アウグスブルク戦のゴールが月間ゴール賞にノミネート!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】

ボルシア・ドルトムント:BVBのエース、香川真司、このゴールで月間ゴールにノミネート!



entry_img_1887.jpeg


香川真司が、今シーズン初となるタイトルを獲得するかもしれない。この日本人は、月間ゴール賞にノミネートされたのだ。

彼が、アウグスブルク戦23分にみせた魔法のゴールがノミネートされることになった。このゴールで香川は、試合を2:1としている。

続きを読む
[ 2017/10/11 11:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(10)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。