ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川アシスト!最高評価の「1」も!ドルトムント勝利でCL出場決定!選手採点と寸評!《ドイツの反応》


entry_img_1676.jpg


レヴィーア・スポーツ


ビュルキ 2-
ユヌゾヴィッチを相手に前半注意深くセーブし、それ以外にも彼の責任になるようなことはなかった。2:3にされた場面では、もう少し素早く飛び出せば、失点は防げたかもしれない。



ドゥルム 4
この試合の様子からしたら、彼も1アシスト決めれたかもしれない。しかし彼の繊細なクロスをオバメヤンはフリーでヘディングしたが、外してしまった。それ以外は:目立たない。前半終了で交代。
続きを読む
[ 2017/05/21 02:05 ] 香川2017 | TB(-) | CM(35)

香川!BVBマガジンに出演しドイツ語インタビューに挑戦!《ドイツの反応》



entry_img_1660.jpg
引用元:BVB


最近は内部騒動と、あまり明るい話題がありませんでしたが、明日のアウグスブルク戦を前に香川選手がBVBマガジンに出演し、ノビ―・ディッケルと対談しています。そのうち、日本語字幕のついたものもアップされるかもしれませんが、いくつか紹介したいと思います。


https://www.youtube.com/watch?v=m8fnU_ai4pw

・1:00~


ノビ―:君は日本ではスターだね。シンジ!ドルトムントは日本ではどんな風に受け止められているんだい?

シンジ:BVBは2年前に日本に来ましたね。スタジアムはいっぱいでしたし、BVBの人気は僕よりも高いです。
続きを読む
[ 2017/05/13 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(24)

ドルトムント!香川に契約延長オファー!!BVB幹部のツォルクも認める!《ドイツの反応》




Spox



BVB、香川と契約延長へ!


ツォルクが認めた:香川との契約延長!

entry_img_1642.jpg
引用元:Spox



今シーズンの香川真司の出場は不定期なものであったが、契約延長するとされている。ボルシア・ドルトムントは、この日本人を引きとどめるつもりだ。ミヒャエル・ツォルクがそれを認めた。

続きを読む
[ 2017/05/02 17:57 ] 香川2017 | TB(-) | CM(47)

ドイツ紙「香川が移籍したらセリエAからリャイッチを獲得か?」《ドイツの反応》



ガイレ・トーレ】



もし香川真司が移籍したら:この2500万ユーロの攻撃のスター選手がBVBの補強となる!

entry_img_1639.jpg
引用元:ガイレ トーレ


次の順番がやってきた。


BVBのファンたちは、毎週オバメヤンの後継者の名前が上がる事、そしてそれに関して来シーズンのメンバーに関してもたくさん噂されることに慣れている。


ここ最近は、力強いパフォーマンスで契約延長の材料がそろったとはいえ、香川真司の残留はまだ確かではない。
続きを読む
[ 2017/05/01 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(18)

ドイツ紙「香川!ドルトムントの束の間のヒーロー」ここ最近の香川のプレーを特集《ドイツの反応》




ZDF】※モナコ戦セカンドレグ直前の記事になります。


香川!ドルトムント、束の間のヒーロー




20170413045858e5d.jpg
写真引用元:BVB公式ツイッター


香川真司は、再び以前の輝かしい状態に近づいている。チャンピオンズリーグの準決勝に進むかどうか、このミッドフィルダーに期待が寄せられる。


彼は非常に良く考え、そして静かに語った。それは母国語を理解する日本のジャーナリストでさえも耳を澄ませばならないほどだった。“まだあまり良く眠ることができないですね。不安はまだあります。”と香川真司はようやく日常に戻ったブンデスリーガ、アイントラハト戦での勝利の後で語っている。この28歳もこのBVBを狙った爆撃テロから解き放たれてはいなかった。しかし彼はフィールド上ではそれをあまり感じさせなかった。ここ数週間、彼はドルトムントの中で最も優れた選手となっている。そしてその傾向は、チャンピオンズリーグ準々決勝のモナコ戦でも
途絶えることはない。
続きを読む
[ 2017/04/22 19:46 ] 香川2017 | TB(-) | CM(20)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。