ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBマリオ・ゲッツェ!W杯選考に外れたことに対して口を開く!《ドイツの反応》



ビルト】



BVBスター!選考外について口を開く!

ゲッツェ!沈黙を破る!




entry_img_2432.jpeg


猛暑から氷の中へ!

シカゴで90分プレーした後、マリオ・ゲッツェはまずは水風呂を楽しんだ。これが回復に役立つのだ。そしてこれは、騒々しかったここ数か月をクールダウンさせるためにも良かったに違いない。そしてその後ゲッツェは初めてワールドカップで選考外となったことについて口を開いたのだ。
続きを読む
[ 2018/07/21 19:55 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(8)

日本代表!元アーセナルの監督アーセン・ヴェンゲルが候補ナンバー1に!!ドイツ紙《ドイツの反応》



Tekk】


日本代表!アーセン・ヴェンゲルが監督候補ナンバー1に!



entry_img_2431.jpeg



アーセン・ヴェンゲルが、日本代表監督候補のナンバー1になっている。この元アーセナル監督は、すでにレアル・マドリッドやパリSGとも噂になっていたが、マドリッドはすでにレポテグイを発表してしまったので、もう実現することはない。パリSGはマネージャーではなくてディレクターだ。


この元アーセナルの監督には、すでに中国の複数のクラブが興味を示していたが、彼は2年前に一度オファーを断っている。そしてアーセナル残留を決めた。
続きを読む

ドルトムント!ファヴレ監督が取り組むべき5つの改善点とは?香川は控え?《ドイツの反応》





Tオンライン】


これが5つの改善点だ!



entry_img_2430.jpeg


BVBはすでに5300万ユーロを投資している。しかしまだルシアン・ファヴレ監督にはやる事が沢山ある。


ボルシア・ドルトムントは、パッとしないシーズンの後で大変革が待たれている。昨シーズンは、なんとかチャンピオンズリーグ入りを果たす4位を守ったが、今シーズンはそんなにぎりぎりではいけない。


問題は、シーズンスタートを4週間前に控えてもドルトムントのスカッドには多くの問題がある事だ。5300万ユーロも投資したにも関わらず。いま新監督ファヴレとSDツォルクの力が問われている。しかし全ての問題が短期間に解決することはないだろう。


以下が5つの改善点だ。
続きを読む
[ 2018/07/21 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(18)

大迫!7月27日にブレーメン入り!今はまだ休暇中!ドイツ地元紙《ドイツの反応》



Deutschstube】


日本人はまだ休暇中!

大迫!7月27日にブレーメンにやって来る!




entry_img_2429.jpeg



彼がいれば、それは完璧なテストマッチとなっただろう。たくさんの昔のチームメートに会う事になったから。でもヴェルダー新加入の大迫勇也はワールドカップに出場したためまだ休暇中で、金曜日に行われる彼の元クラブFCケルンとのテストマッチには出場しない。
続きを読む
[ 2018/07/20 21:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(3)

クロップ!リヴァプール!ブラジルキーパーのアリソンを獲得!!《ドイツの反応》





ビルト】



新たなリヴァプールのスター!


クロップ!ブラジル人キーパー!アリソン・ベッカーを獲得!


entry_img_2428.jpeg


ブラジル人キーパー、アリソン・ベッカーのASローマからの移籍は完璧だ!



木曜の夕方、ドイツ人でリヴァプール監督を務めるユルゲン・クロップは、こう発表した。“彼は世界で最高のキーパーの一人だ。”

アリソンは長期契約にサインしたようだが、詳しい事まではクラブは発表していない。

続きを読む
[ 2018/07/20 18:25 ] クロップ | TB(-) | CM(11)

【W杯総括】ドイツ紙「香川は説得力のあるプレーを見せた!」《ドイツの反応》



キッカー】

光と影!



entry_img_2427.jpeg


ブンデスリーガで活躍する外国人で、今回のワールドカップで説得力のあるプレーを見せた選手は少ない。多くの選手が期待値以下のパフォーマンスを残している。


フランスが優勝し、ブンデスリーガもそれに伴って少しばかり喜ぶことができた。少なくともシュトゥットガルトとミュンヘンでは。なぜならベンニャミン・パヴァ―ルとコレンタン・トリッソが参加していたからだ。いずれにせよ、フランス代表でのこの二人の活躍は少ないものだった。トリッソは中盤でのポジション争いでマテュイディに敗れ、途中出場要因だった。このバイエルンの選手は、タイトルを獲得したものの、もっと多くの物を期待していただろう。パヴァールは右サイドバックでレギュラーを獲得し、アルゼンチン戦でのゴールはそのハイライトだ。しかしいくつかの試合でこのシュトゥットガルターは明らかにその守備における弱みをさらしていた。常に高いパフォーマンスを発揮していたわけではなかったが、バイエルンが彼の獲得に興味を持っている。

続きを読む
[ 2018/07/20 05:59 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(29)

ドイツ紙がブンデスリーガでプレーする選手のW杯を査定!香川、原口がトップにランクイン!《ドイツの反応》




Ichliebefussballニュース

ドイツ、サッカー専門誌キッカーが、7月19日発売の木曜版で、ブンデスリーガでプレーする外国人選手のワールドカップでのパフォーマンスを査定し、カテゴリー別に選別した。
カテゴリーはそれぞれ“説得力のあるプレー”、“オーケー”、“がっかり”の3つに分けられたが、日本代表の香川真司と原口元気が、“説得力のあるプレー”をした選手に選ばれている。また同じく日本代表の長谷部誠、武藤嘉紀、大迫勇也、酒井高徳らの4人は“オーケー”のカテゴリーに分類され、宇佐美貴史は、“がっかり”のカテゴリーに分類されていた。
続きを読む
[ 2018/07/19 17:40 ] Ichliebefussball news | TB(-) | CM(11)

W杯無得点のレヴァンドフスキー!「夜眠れなかった。」《ドイツの反応》





スポーツビルト】

レヴァンドフスキー:「眠れない夜もあったよ!」



entry_img_2425.jpeg


スポーツビルトの情報によると、ロベルト・レヴァンドフスキーは移籍の茶番劇を演じた後で、まだ幹部たちに支えてもらえるかどうか、話し合いを行うつもりのようだ。しかしこのポーランド人はワールドカップでノーゴールに終わったことで別な問題を抱えているようだ。


ポーランドのスポーツ新聞、“プレツグラード・スポルトヴィ”のインタビューで彼はワールドカップの敗退について語っている。
続きを読む
[ 2018/07/19 12:11 ] レヴァンドフスキ- | TB(-) | CM(11)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。