ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

不調が続くドルトムント、ロイス!ついにビルトのターゲットに!《ドイツの反応》


【ビルト】


reus9.jpg



ロイススタートダッシュに初めて躓く


ロイスの小さな危機


ホッフェンハイム戦で打ち上げ失敗という事態にならなければよいのだが・・・。

ルシアン・ファヴレ監督がこれまでのリーガやチャンピオンズリーグで獲得したポイント数は素晴らしいものだ。しかしこのスイス人の監督も、ホッフェンハイム戦を前に、スポーツ面ではまだまだ改善の余地がある事に気が付いたようだ。

続きを読む
[ 2018/09/22 21:30 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(1)

ホッフェンハイム監督ナーゲルスマン!ゲッツェの現在の状況にコメント!《ドイツの反応》

【Sport1】

goetze4.jpg

ホッフェンハイム監督ナーゲルスマン!ゲッツェにベンチ外にコメント

ホッフェンハイム監督のユリアン・ナーゲルスマンはマリオ・ゲッツェの現在の状況についてコメントしている。

ボルシア・ドルトムントのマリオ・ゲッツェはほとんどプレーしていないのにも関わらず、みんなが彼について話をするという状況になっている。

さらにナーゲルスマン監督までもが、記者会見でマリオ・ゲッツェについてコメントすることになった。

続きを読む
[ 2018/09/22 20:19 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(4)

BVBゲッツェ!ホッフェンハイム戦ベンチ外!ゲッツェファンの反応は?《ドイツの反応》

【トランスファーマルクトゲッツェ掲示板より】

goet8.jpg


・明日の試合ではゲッツェはベンチ外だ。


・僕も今読んだところだよ。これは当然の結果だ。香川をまた連れて行かないと判断したらそれこそ間違いだ。


・これは間違った判断だね。ヴォルフ、サンチョ、ロイスもブリュッゲ戦では良くなかった。僕は驚くような瞬間が好きだからこれは残念だ。


・↑君は気が付かないのかい?いったいゲッツェはいつ良いプレーをしたのか教えてくれ。サンチョはブリュッゲ戦の前では良いプレーをしたし、ヴォルフもまだ来たばかりだ。ロイスは深刻でないことを祈ろう・・・。
続きを読む
[ 2018/09/22 16:06 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(13)

リヴァプール監督クロップ!アマゾンのドキュメタリー番組“オール・オア・ナッシング”を断る!《ドイツの反応》

【SKY】

klopp 3


クロップ、アマゾンを断る!


今シーズン、FCリヴァプールのドキュメンタリーが作られるとされていた。しかしクロップがそれに反対したのだ。


アマゾンのシリーズ“オール・オア・ナッシング”の第1シーズンではマンチェスター・シティーのペップ・グアルディオラのドキュメンタリーが報道された。そして第2シーズンはリヴァプールになるはずであったが、それが実現することはなかった。

続きを読む
[ 2018/09/22 13:25 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)

元BVB監督トーマス・トゥヘル!PSGでもドルトムント同様争いに!!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

tuchel8.jpg


ドルトムント同様に:トーマス・トゥヘル!PSGでも争いに!


ボルシア・ドルトムントは2017年にトーマス・トゥヘルと別れた。監督とクラブ幹部の意見の食い違いがその理由として挙げられている。このパリSGの監督は、そこでも同じような運命が待っているだろうか?
続きを読む
[ 2018/09/22 09:30 ] トゥヘル | TB(-) | CM(10)

ホッフェンハイム戦!マリオ・ゲッツェがベンチ外に!香川はホッフェンハイムに同行!《ドイツの反応》

【ビルト】

goetze4.jpg

ファヴレ!ゲッツェをベンチ外に!

これでシーズン最低ポイントに達成した!


ボルシア・ドルトムントは土曜日にホッフェンハイムと対戦するが、マリオ・ゲッツェがメンバー入りしなかったのだ。


ブンデスリーガでこれまで3試合連続でベンチだったが、今度はベンチ外となった。新監督ルシアン・ファヴレの下で、ゲッツェのプレーするチャンスはみるみる減っている。
続きを読む
[ 2018/09/22 05:31 ] 香川 | TB(-) | CM(25)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。