ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ファヴレ!「時間が必要!正しいシステムが見つかるまで数週間はかかる!」試合前記者会見《ドイツの反応》

【Sport.de】

favre4.jpg

次節ホッフェンハイム戦でアルカセルの出場は微妙か


チャンピオンズリーグの後は、ブンデスリーガの前。


BVBは次節ホッフェンハイムと対戦する。以下が記者会見の内容。



パコ・アルカセルの出場は微妙。

記者会見が始まったが、最初に悪いニュースだ。パコ・アルカセルはプレーできない可能性が強い。

ファヴレ:“彼の状態が万全かどうか我々はまだわからない。”
続きを読む
[ 2018/09/20 21:41 ] ファヴレ | TB(-) | CM(28)

PSG監督トーマス・トゥヘル!「ママから電話がかかってきた!」冗談が上達!?《ドイツの反応》

【ビルト】
tuchel7.jpg


トーマス・トゥヘル!


彼のクロップ・コンプレックスは継続することになったが、その代わり試合後に彼は笑いを誘った。


チャンピオンズリーグでユルゲン・クロップ率いるリヴァプールと対戦したトーマス・トゥヘルは、11戦目でもクロップを倒すことができなかった。
続きを読む
[ 2018/09/20 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)

ドルトムント!ファヴレが監督になってから良くなった事とは?《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

favre6.jpg


ドルトムント!ファヴレが監督になってから良くなった事とは?

ボルシア・ドルトムントがブリュッゲ戦で見せた物は、決して楽しいお祭りではなかった。スピードは遅く、インスピレーションもない。アイデアもない。そしてドルトムントよりも格下とみられるベルギーチャンピオンを相手にゴールチャンスも少ない。

しかしそれでもドルトムントが勝ったのはラッキーだった。しかしファヴレはこれまでの前任者が出来なかった点を改善させることが出来ている。守備だ。
続きを読む
[ 2018/09/20 17:06 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(25)

BVBファヴレ!ドルトムントの攻撃に不満!ブリュッゲ戦後インタビュー!《ドイツの反応》

【ルーア・ナッハリヒテン】

favre8.jpg


ファヴレ、ドルトムントの攻撃に不満足!


BVBの監督ルシアン・ファヴレはチャンピオンズリーグ、ブリュッゲ戦で1:0で勝利した後で、攻撃陣を批判している。


どうしてマリオ・ゲッツェとユリアン・ヴァイグルを起用したのですか?



中盤をローテーションし、ヴァイグルを起用したかったんだ。彼は4か月もプレーしていなかったから、そろそろプレーする時期だと思ったんだ。でもすぐに素晴らしいプレーを期待してはいけないね。それ以外は個人的なパフォーマンスについては話さないよ。


続きを読む
[ 2018/09/20 13:30 ] ファヴレ | TB(-) | CM(26)

【CL】ユベントス、ロナルド!レッドカードを貰い泣きながら退場!!《ドルトムント》

【ビルト】

ronaldo2.jpg


チャンピオンズリーグ第1試合

ロナルド涙のレッドカード!


スーパー・スター、クリスティアーノ・ロナルドのユベントスでのチャンピオンズリーグデビューは29分で終わってしまった。
続きを読む
[ 2018/09/20 09:36 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)

ドルトムント香川!今シーズンデビュー戦について議論するファン!《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト香川スレッド】

kagawa11.jpg



・今日の香川は決して輝かしいパフォーマンスではなかった。それでも良く動いて努力していた。僕らに足りないのはまさにこのようなタイプだ。だからシンジが続けてプレーし、力を証明することを願っている。スタメンか、少なくとも途中からね。


今の中盤はヴィッツェル、香川、ディレイニーか香川、ダフード、ヴィッツェルが良いと思う。


・今日のシンジのプレーを見ることができなかった。だけどゲッツェよりも彼が見たいよ。ゲッツェを見ていると何かが足りないと思ってしまうんだ。


・↑香川は別に良くなかった。どちらかと言えば、どうしてゲッツェと香川が起用されないのかを証明した音もう。もちろんサンチョとヴォルフも良くなかったけれど(A)。
続きを読む
[ 2018/09/20 05:51 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(24)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。