ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァンドフスキ―!バイエルン幹部を批判!「誰も僕を守ってくれなかった。」《ドイツの反応》

【Welt】


lewandovski.jpg

レヴァンドフスキ―!バイエルンの幹部たちを批判!!


またしてもバイエルンでひと騒動が起こった。ロベルト・レヴァンドフスキーはクラブをどうしても去りたかったと語り、その点で幹部を批判している。しかし彼は今では残留を決断したようだ。


ロベルト・レヴァンドフスキーが沈黙を破った。そして彼が語った事は、決してみんなが気に入るような内容ではなかった。特にバイエルンの幹部たちにとっては気に入らないだろう。このミュンヘンのストライカーは昨シーズンを思い出しながら、クラブ幹部たちを批判したのだ。

続きを読む
[ 2018/08/22 21:00 ] レヴァンドフスキ- | TB(-) | CM(7)

ザマー!レヴァンドフスキーに警告!「それじゃ最高値に二度と到達できないよ!」《ドイツの反応》

【SPOX】
sammer.jpg

ザマー、レヴァンドフスキーに警告!

“そんなんじゃ二度とポテンシャルの限界値に到達できないよ”


マティアス・ザマーはバイエルン・ミュンヘンでプレーするレヴァンドフスキーに警告を送っている。


“ロベルトにとっては長い間、、もうだれにも文句を言われないぐらいの最高のレベルに向かって進むことが出来ていない。外に向けても内に向けてもね。”とユーロスポーツ解説者のザマーは語っている。

続きを読む
[ 2018/08/10 01:02 ] レヴァンドフスキ- | TB(-) | CM(9)

W杯無得点のレヴァンドフスキー!「夜眠れなかった。」《ドイツの反応》





スポーツビルト】

レヴァンドフスキー:「眠れない夜もあったよ!」



entry_img_2425.jpeg


スポーツビルトの情報によると、ロベルト・レヴァンドフスキーは移籍の茶番劇を演じた後で、まだ幹部たちに支えてもらえるかどうか、話し合いを行うつもりのようだ。しかしこのポーランド人はワールドカップでノーゴールに終わったことで別な問題を抱えているようだ。


ポーランドのスポーツ新聞、“プレツグラード・スポルトヴィ”のインタビューで彼はワールドカップの敗退について語っている。
続きを読む
[ 2018/07/19 12:11 ] レヴァンドフスキ- | TB(-) | CM(12)

【W杯】ドイツ紙「レヴァンドフスキーのノーゴールはいい気味だ!!」《ドイツの反応》



ビルト】




コラム


レヴァンドフスキ―のノーゴールはいい気味だ!!






ブンデスリーガではここ数年来王様だが、ワールドカップではこのバイエルのスター達は大部分良くても平均的、もしくは悪いプレーをしている。


バイエルンの選手からは12人がワールドカップでプレーしているが、これまで誰一人としてゴールしていない。
続きを読む
[ 2018/06/26 18:10 ] レヴァンドフスキ- | TB(-) | CM(27)

【W杯】レヴァンドフスキー!代表チームメートを批判!!《ドイツの反応》



ビルト】



ポーランド敗退後!


エゴ!レヴァンドフスキー!チームメートを批判!




entry_img_2380.jpeg



約1300万人がポーランドとレヴァンドフスキーのワールドカップ敗退を目撃した。0:3で敗れたコロンビア戦でも、このバイエルンのストライカーに見どころはなかった。


レヴァンドフスキ―はここ最近の大きな試合同様、またしても消えていた。彼が5分に放ったヘディングはコロンビアのキーパー、オスピーナにとっては難しくないものだった。58分にはクリチョヴィアクの縦パスからフリーでシュートを放つもののキーパーに阻まれ、87分には驚異的な場面が見られたが遅すぎた。
続きを読む
[ 2018/06/26 06:00 ] レヴァンドフスキ- | TB(-) | CM(29)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。