ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBズボティッチ‼肋骨摘出手術成功!我慢が続く!ドイツ紙 《ドイツの反応》



キッカー




肋骨摘出!ズボティッチは我慢のしどころ!



entry_img_1123.jpeg



ネヴェン・ズボティッチは月曜日に肋骨摘出の手術を受けた。ドルトムントのセンターバックは本来であったらプレミア・リーグのミドルズブラに移籍するはずであったが、そこで医者から青信号のサインをもらう事が出来なかったが手術は成功した。彼はセンターバックとしては特に不思議なことではないが、今後耐えなければならない。


スポンサーリンク



ズボティチには医師から今年いっぱいの休養が課せられた。彼のカムバック・プランは3か月後に開始する簡単なトレーにニングからだ。ズボティッチは手術の後で病院のベットで“肋骨が必要な人がいたら連絡してくれ。製造年1988年のものが一本あるよ。”とインスタグラムに投稿している。



2016072803434583d.jpeg
引用元:ズボティッチのインスタグラム




この27歳のセルビア人は昨シーズンの後半は腕の血栓のため離脱していた。彼は再び健康になったように感じていたが、先週の水曜日にミドルズブラのメディカル・チェックで引っかかった。この手術の詳しい理由については説明がないが、専門家たちは、肋骨摘出手術については動脈周辺のスペースを確保するためではないか、とみている。



ボルシア・ドルトムントとミドルスブラはすでに詳細まで話を進めており、800万ユーロの移籍金で合意していた。しかしこの移籍は無効となっている。





以上です。


肋骨摘出、無事に済んだようで良かったですね。しかし肋骨を摘出したとすれば、それはやはり血栓によって引き起こされる危険性を少なくするためのものかもしれませんね。先週のビルトの記事で似たようなスポーツ選手の例が出ていました(こちらです。)

できればシーズン後半あたりにドルトムントでプレーする姿をみせてほしいです。


【おまけ 夏休みの余韻】


20160728035448d65.jpeg


時間が経っても日本で食べた美味しい思い出は消えてなくならないですね。
[ 2016/07/28 06:00 ] ズボティッチ | TB(-) | CM(5)
早期回復を祈る

今年はセンターバックが手薄だし日程もオリンピックのため後ろにずれこんで冬の休暇明けからはゲームが立て込む
だから後半戦には絶対出てきてほしい

それに今流行りのサッカーはアトレチコみたいに10人がかなりコンパクトに守ってくるので、バックからのロングフィードで相手のバックライン後ろ向かすことが絶対に必要になる。スポティッチは長いボールでゲーム組み立てるのが得意なんでいろんな意味で競ったとこで絶対必要になる
[ 2016/07/28 06:48 ] [ 編集 ]
とりあえず第一段階はクリアというところなのでしょうか。本人が元気そうで何よりです。
これで来季も逆転の残留とはならないのでしょうか?
しかし、今は早期回復を願うのみです。
[ 2016/07/28 09:46 ] [ 編集 ]
高原選手なんかも自己管理を徹底していますね、それでも再発したり…大変だろうなあと思いますが、とりあえず元気そうで良かった!
しかし同じ内容でもビルトはスボティッチに電話を切られた!とかすわ引退か!とか、変な味付け満載ですが、意外と病気については参考になりました 笑
[ 2016/07/28 12:18 ] [ 編集 ]
彼には気持ちを切り替えて、怪我の完治とドルトムントでの早期復帰を目指してほしい。きっとチャンスは来ると信じている。
[ 2016/07/28 13:39 ] [ 編集 ]
素人だから分からないけど、肋骨摘出の後遺症はあるの?元の状態でプレー出来れば良いね
[ 2016/07/28 13:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。