ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川を発掘したドルトムントのスカウト部長!アーセナルが引き抜きか?《ドイツの反応》




ビルト】

ドルトムントのスーパー・スカウト移籍間近?



entry_img_1948.jpeg

ドルトムントはスーパー・スカウトを失う事になるのだろうか?

スペインのオンラインメディア“ESPN”が報じたところによると、イングランドのトップクラブ、アーセナルロンドンが、BVBのスヴェン・ミスリンタートの引き抜きを計画しているようだ。


スポンサーリンク


ミスリンタートは2007年からBVBで働いているが、その前はヴェストファリア・ヴェルネというチームの助監督だった。彼は現在では第一級の評判を得るに至っているが、BVBでレヴァンドフスキー、オバメヤンらを発掘し、最近ではエムレ・モア、ウスマン・デンベレー、プリシチなどをドルトムントに連れてきている。


ミスリンタートはBVBと2021年まで契約をしており、SDのミヒャエル・ツォルクの右腕として知られている。彼は今年からプロサッカー部門の部長に昇格している。


しかし彼もトーマス・トゥヘルの時代は難しい時期を過ごしている。元監督は彼がトレーニング場に入る事を禁止していた。





以上です。

肝心のアーセナルがどのようなポジションで呼ぶか、ということについては全く触れられていませんが、スポーツディレクターのような地位だったら、出ていく可能性もあるでしょうね。
これまでにもブンデスリーガのクラブからスポーツディレクターとしてオファーが来ていましたが、ドルトムントは彼を留めることに成功してきました。





[ 2017/11/16 19:45 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(8)
ミスリンタートまで出て行ってしまったらますますトゥヘルを解任した意味が・・・
[ 2017/11/16 20:43 ] [ 編集 ]
 ミスリンタートだけはダメだ。絶対に渡してはならない。彼はクラブの将来的な幹部になってもらう人材でしょう。
[ 2017/11/16 20:43 ] [ 編集 ]
『ESPN FC』では、香川の発見を大きく取り上げ、ミスリンタート自身も「私のスカウトとしてのキープレーヤーは香川真司だった」と今年初めに語っていたそうですよ。

香川は昨日、英メディアからも、アーセナルが狙うのでは?と書かれていますね。
[ 2017/11/16 22:03 ] [ 編集 ]
ここ数年はあんまりいい印象ないからか、出るにしても残るにしてもどちらでもいいかなあって率直に思いました。
[ 2017/11/16 23:23 ] [ 編集 ]
正直まともな補強ができたかと言われれば疑問がつくね
[ 2017/11/17 02:42 ] [ 編集 ]
今年の夏にはバイエルンもミスリンタートにオファーしてましたからね。
香川をはじめ、レバンドフスキ、オバメヤン、デンベレ、ゲレイロ、プリシッチなどなど。
ほんと敏腕スカウトですよね。
[ 2017/11/17 05:23 ] [ 編集 ]
出来れば留まって欲しい…けど給料とかの面ではプレミアには敵わないでしょうね。
ドルトムントは若手の発掘もいいですが、ユヴェントスのように中堅のいい選手も連れてこれるようにして欲しい。まあクラブの運営的に無いでしょうが、clでもガチで戦えるようにまたなって欲しいなあ。
[ 2017/11/17 06:05 ] [ 編集 ]
実現したら、アーセナルで人材を発掘して、ドルテムントにレンタル、ローンになるのでしょうか。

ますます、ブンデスがプレミアの育成の場になりそうで嘆かわしいです。

選手だけでなく、クロップ、ペップ、ミスリンタート等、プレミアへの人材流出が止まりそうもありませんね。
[ 2017/11/20 14:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。